ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フレームワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フレームワーク」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「移行したいが、どうすれば?」を全面サポート:
PR:専門家による全面サポートで安心、コストの悩みも解消 「顧客の悩み」から生まれたクラウド移行キャンペーンは何がすごいのか
働き方の変化やデジタルトランスフォーメーションを見据え、クラウド移行が最適な選択肢だと考えるIT担当者は多いだろう。だが、問題は「具体的にどう始めればいいか分からない」ということだ。(2021/4/21)

ついに64bit化を実現:
「Visual Studio 2022」、最初のパブリックプレビュー版は2021年夏に登場
Microsoftは統合開発環境(IDE)の次期メジャーバージョン「Visual Studio 2022」について、最初のパブリックプレビュー版を2022年夏に公開すると発表した。(2021/4/21)

検定や資格制度とも連携:
DX人材の「必須」スキル育成へ IPAら3団体が協議会設立
データサイエンティスト協会と日本ディープラーニング協会、情報処理推進機構は、共同で「デジタルリテラシー協議会」を設立した。IT、データサイエンス、AIの3方面からデジタルリテラシーの向上を目指す。(2021/4/21)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(12):
【演繹法実践編】要素を整理し、具体的な解決策を見いだす
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第12回は、これまで説明してきた「演繹法」を使って、リモートワークの課題の解決法を具体的に考える。(2021/4/21)

レッドハット伊藤氏とマイクロソフト寺田氏が語るクラウドネイティブ(3):
「Javaはクラウドネイティブに向いてない」は誤解? 設計や実装の注意点
レッドハットでソリューションアーキテクトを務める伊藤智博氏とMicrosoftでクラウドアドボケイトを務める寺田佳央氏が第3回にわたってクラウドネイティブを語る本連載。最終回はJavaとクラウドネイティブの関係について。(2021/4/19)

疲弊するインフラ担当者に朗報:
PR:「クラウド化したいが……」悩める顧客の声から生まれたMSの大型支援策とは?
コロナ禍がきっかけとなり、働き方とそれを支えるITインフラの形が大きく変化しようとしている。中でも急務といえるのが業務システムのクラウド化だが、移行の手間やコストについて懸念する声もある。この懸念を解消する方法とは何か。(2021/4/15)

VLCやOpenOfficeなどにワンクリックコード実行の脆弱性 アプリ開発におけるURI処理に課題
人気の高いソフトウェアにワンクリックコード実行の脆弱性が見つかった。ソフトウェア側の実装に問題があるため、今回発見されたソフトウェア以外にもリスクがある可能性があるという。(2021/4/16)

海外医療技術トレンド(70):
欧州をけん引するポストコロナのデータ駆動型健康戦略「EU4Healthプログラム」
本連載第57回で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にデジタルで挑む欧州を取り上げたが、今回はポストコロナ時代に向けた欧州連合(EU)の新戦略について紹介する。(2021/4/16)

変わるエンタープライズITのクラウドネイティブ基盤運用:
PR:HULFTの「Kubernetes Operator」への取り組み Day2オペレーションはどう変わるか
DX推進では、俊敏な開発環境に加えてデータを正しく扱い、運用を自動化することが必須の要件だ。データ連携で実績ある「HULFT」がコンテナ基盤での自律運用にめどを付けた。日本企業の基幹システムのクラウドネイティブ化は進むか。(2021/4/19)

NVIDIA、BlueField-3 DPU活用のAIフレームワーク「NVIDIA Morpheus」を発表
NVIDIAは、サイバーセキュリティプロバイダー向けのAIフレームワーク「NVIDIA Morpheusアプリケーションフレームワーク」を発表。機械学習などのAI機能と高性能DPU「BlueField-3」を活用し、サイバー侵害を即座に検知するAIソリューションを開発できる。(2021/4/15)

NVIDIAが「GTC 2021」で発表したことの一部まとめ
NVIDIAは4月12日にオンラインで年次カンファレンス「GTC 2021」を開催し、多数の新製品やプロジェクトを発表した。その一部を紹介する。(2021/4/13)

AI・機械学習の独学リソース:
AI/機械学習の認定資格ガイド(主要テクノロジー別)
AI/機械学習エンジニア向けの認定資格にはどのようなものがあるのか。TensorFlow/PyTorch/GCP/AWS/Azure/IBM/NVIDIA Jetson AIといったテクノロジーに関する認定資格について紹介する。(2021/4/12)

DXレポート2をかみ砕く:
中小企業のDX推進を強力に促進 政府が支援する4つの領域と今後の展望は?
短期連載「DXレポート2をかみ砕く」の第3回は、企業が取るべき超短期〜中長期のアクションに対して政府がどのような支援策を提案しているのかを紹介する。(2021/4/8)

日本IBMが「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援、TSUBASA FinTech共通基盤を活用
日本IBMは、千葉銀行が提供する法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援した。T&Iイノベーションセンターが開発・運用するデジタルサービスプラットフォーム「TSUBASA FinTech共通基盤」を活用した。(2021/4/5)

Win32とUWPの垣根をなくすコンポーネントとツールのセット:
Microsoft、デスクトップアプリ開発を容易にする「Project Reunion 0.5」を公開
Microsoftが「Project Reunion 0.5」を公開した。Windowsアプリケーション開発プラットフォームの次世代の新しい開発者向けコンポーネントとツールのセットだ。Win32とUWPの垣根をなくすものと位置付けた。(2021/4/1)

豪新興企業が開発へ:
室温動作で低コスト、ダイヤモンドベースの量子演算器
オーストラリアのスタートアップ企業であるQuantum Brillianceは、オーストラリア・パースのPawsey Supercomputing Centreにダイヤモンドベースの量子アクセラレーターを導入する。Quantum BrillianceはAustralian National University(オーストラリア国立大学)が支援していて、合成ダイヤモンド技術を活用して、室温で動作する量子アクセラレーターの開発に取り組んでいる。(2021/4/1)

AIカメラ:
PR:実績豊富なAIカメラをすぐに“お試し”できる、パナソニックのスターターキット
AIカメラの本格的導入は製造業をはじめ各業界で広がりつつある。ただ、導入に向けたPoCに至る前に、そもそも「AIカメラや画像認識技術で何ができるのか」を見極める必要がある。こうしたケースで役立つのが、パナソニックが開発したVieurekaカメラを手軽かつ迅速に試せる「Vieurekaカメラ スターターキット」だ。(2021/3/31)

三大クラウドの処理性能はどう違う?:
「AWS」「Azure」「GCP」の処理性能を比較、Cockroach Labsが2021年版のレポートを公開
Cockroach Labsは、Amazon Web ServicesとMicrosoft Azure、Google Cloud Platformの処理性能を比較した年次レポートの最新版を公開した。3つの主要クラウドの処理性能がかなり異なることが分かった。(2021/3/30)

レッドハット伊藤氏とマイクロソフト寺田氏が語るクラウドネイティブ(2):
DXの実現を目指す企業がクラウドネイティブの取り組みを推進すべき理由
レッドハットでソリューションアーキテクトを務める伊藤智博氏とMicrosoftでクラウドアドボケイトを務める寺田佳央氏が第3回にわたってクラウドネイティブを語る本連載。第2回はクラウドネイティブに注目が集まる理由、クラウドネイティブの最終目的について。(2021/3/30)

表情の変化を併せて使う:
顔だけで二要素認証が可能に、ブリガムヤング大学が開発
顔認証技術は優れた認証技術の一つだ。だが、別途手に入れた写真などを使って破られる場合がある。ブリガムヤング大学の研究者は顔の表情の変化を捉えた1〜2秒間の映像を利用して、顔認証技術を強化する手法を開発した。(2021/3/29)

米Microsoft、Azureを展開する全世界のリージョンで「アベイラビリティゾーン」を提供 2021年中に
米Microsoftが、Microsoft Azureを展開する全ての国のリージョンにおいて、2021年中にAvailability Zoneを提供すると発表した。同社の主要なクラウドサービスも2021年中にアベイラビリティゾーンに対応する。(2021/3/26)

AI:
Automated MLによるAIデータ解析「ML Connect」提供開始
SBテクノロジーは、製造業・建設業向けに、機械や設備などから収集したさまざまデータを基に高度なAIを利用したデータ解析を提供する「ML Connect」を開発し、2021年2月18日から提供を開始した。(2021/3/26)

Innovative Tech:
好きな視点と照明でリアルな合成画像 Googleなど「Neural Light Transport」開発
リライティングと多視点合成を同時に行える深層学習フレームワーク。(2021/3/26)

Innovative Tech:
身体の一部しか見えていなくても、全身を3Dモデル化 機械学習で
人物の3Dメッシュを生成するための新しい手法。(2021/3/26)

.NET 5モダナイズ入門(4):
クラウド移行でアプリ独自のSLAとクラウドの各機能を深く理解することの重要性とは
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、SLAの重要性およびAzure App Serviceと組み合わせる機能における注意点を紹介します。(2021/3/25)

Innovative Tech:
手軽にリアルな絵を生成 粗いマスク指定とテキスト入力で
雑にマスクを切ってテキストで指定するだけで高度な合成が可能に。(2021/3/24)

Innovative Tech:
単眼カメラの映像から人物の3Dモデル(衣服込み)をリアルタイム生成 深層学習で
深度センサーなしで背面の衣服のテクスチャも推定し、高精度の3Dモデルを作成できる。(2021/3/23)

情報ガバナンスと記録管理の違い【後編】
いまさら聞けない「記録管理」とは? 「情報ガバナンス」との違いは?
「情報ガバナンス」と「記録管理」は混同されがちだが、意味は異なる。記録管理が何なのかを整理した上で、両者の違いを簡単に解説する。(2021/3/23)

Innovative Tech:
顔から感情をリアルタイムで読み取り分類 深層学習技術で
感情をカテゴライズと連続の両方で予測する技術。(2021/3/20)

Innovative Tech:
「知恵の輪」攻略法、深層学習で自動計算 米研究チームが開発
深層学習の知恵で、知恵の輪を攻略。基本は同じ。(2021/3/19)

Innovative Tech:
白黒スクリーントーンを使った漫画をカラーに自動変換 深層学習で
モノクロ原稿で使われるスクリーントーン。カラー化はやっかいな作業だが、それを自動化する。(2021/3/18)

Innovative Tech:
1回のスキャンで顔の「シワから毛穴まで」再現 リアルな皮膚の動きも自動生成
人間のモデリングで一番大変な「顔」を細部まで表現できる。(2021/3/18)

Innovative Tech:
“ARお絵かき”が進化? 現実に置かれた物体と連動する技術「RealitySketch」 Adobeなど開発
現実とバーチャルのインタラクションを簡単に行えるようにする取り組み。(2021/3/18)

幸福度マーケティングのすすめ:
あらゆるステークホルダーの「ウェルビーイング」を高めるためのトランスフォーメーション
前回は、世の中やマーケティングのトレンドに鑑みたときに、「幸福度」が新時代のマーケティングコンセプトになり得ることや、幸福度マーケティングの概要を説明した。今回は、幸福度マーケティングの各ステップの内容を詳述する。(2021/3/18)

セキュリティのコア人材確保のために「面」で取り組む:
PR:経済産業省が訴える“今そこにある危機” トップエンジニアが集まる企業の事例から「人材育成のあるべき姿」を探る
テレワークが浸透する中、セキュリティの分野でさまざまな変化が起こっている。高度化するサイバー攻撃に合わせて企業の経営者はどういった対策を取るべきなのか。サイバー空間におけるビジネスに必要となるセキュリティ体制はどのように構築すればいいのだろうか。(2021/3/30)

Innovative Tech:
Google、自然な早回しができる動画技術「SpeedNet」開発
効率的な動画視聴を可能にする技術。(2021/3/17)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【後編】
「データリテラシー」の高い社員を育てる鉄則とは? Red Hatに聞いた
データ主導型企業を目指す上で重要なのが、従業員のデータリテラシー向上だ。その実現のためには何をすればよいのか。データリテラシーに関する独自のトレーニングプログラムを始めたRed Hatに聞いた。(2021/3/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(138):
数カ月間“再起動なし”のセキュリティ更新を実現するAzure仮想マシンの新機能「ホットパッチ」とは?
Microsoftは2021年3月初め、2020年9月からパブリックプレビューとして提供している「VMゲストの自動パッチ適用」機能に、新たに「ホットパッチ」を追加しました。ホットパッチを利用すると、最大で6カ月間、仮想マシンの再起動なしでセキュリティパッチを適用できるようになります。(2021/3/16)

人手不足は機械学習を活用した“自動化”“効率化”で解決を:
PR:「2025年の崖」を超えるためのファーストステップはツールによる開発効率の向上――テスト業務効率化の秘策とは
DXに取り組まなければ今後の企業成長は困難。しかし、人手不足も相まって現行システムのメンテナンスで手がいっぱい――そんな課題に直面している企業は少なくないはずです。解決の鍵は、AI/機械学習を活用した支援ツールを取り入れることで、“人手”を減らすことにあります。(2021/3/16)

IVI公開シンポジウム2021春(2):
さまざまな製造IoTデータを容易に連携、CIOFが2022年に商用化へ
「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加するIndustrial Value Chain Initiative(IVI)は2021年3月11〜12日、オンラインで「IVI公開シンポジウム2021-Spring-」を開催した。今回はその中から、IVIが取り組む異種環境間でのデータ連携を実現する「企業間オープン連携フレームワーク」への取り組みについて紹介する。(2021/3/15)

ABテストと強化学習を用いて最適な障害軽減策を決定:
Microsoft、Azure向けの障害予測・障害軽減サービス「Project Narya」を発表
Microsoftは、Azure向けの障害予測と障害軽減のためのサービス「Project Narya」を発表した。仮想マシンの障害回避を目的としており、フィードバックループを通じて障害対応策を自動的に改善できるという。(2021/3/15)

“顧客との付き合い方”のデザイン法(2):
カスタマーサクセス立ち上げ、どうしてつまづいた? “3つの失敗”から学ぶ心得
サブスクリプション型の事業を持つ企業にとって、顧客の解約率を下げて売り上げを最大化するため、カスタマーサクセスの考え方は重要だ。カスタマーサクセスの立ち上げ経験を持つ筆者が、立ち上げの際に陥りがちな3つの失敗とその理由について解説する。(2021/3/17)

IVI公開シンポジウム2021春(1):
製造業はGAFAの下請けとなるのか、とり得る選択肢
「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加するIndustrial Value Chain Initiative(IVI)は2021年3月11〜12日、オンラインで「IVI公開シンポジウム2021-Spring-」を開催した。今回はその中から、IVI 理事長の西岡靖之氏による講演「日本の製造業はGAFAの下請けになってしまうのか?〜ソフトウェアの力と組織知能〜」の内容を紹介する。(2021/3/12)

Innovative Tech:
転んでも段差を踏み外しても颯爽と立ち上がる、4足歩行ロボット 深層学習で運動スキル習得
厳しい環境でも走破性能が高いロボットが開発された。(2021/3/12)

海外医療技術トレンド(69):
加速するEU医療機器規則とIMDRFセキュリティ原則の国際調和
本連載第50回で、欧州の医療機器規制改革とサイバーセキュリティ動向を取り上げたが、新規則施行に向けた動きが本格化してきた。(2021/3/12)

Innovative Tech:
“相互通信無し”で人やドローンとぶつからないドローン 回避の仕組みは
この技術があればドローン規制は緩和されるかもしれない。(2021/3/11)

Innovative Tech:
人が弾くピアノに合わせて演奏する仮想バイオリニスト 他者演奏の音声から演奏の動きと音を自動作成
バイオリン演奏の動きと音を同時に生成する仕組み。(2021/3/10)

4K/8K映像の伝送などに最適:
PALTEK、高性能FPGAコンピュータを発売
PALTEKは、高性能FPGAコンピュータ「HPFC」をベクトロジーと共同で開発し、販売を始める。4K/8K映像の伝送やリモート制御、医療画像診断、ロボット制御などの用途に向ける。(2021/3/8)

技術スペシャリストは、ほんの一握り:
どの時代にも生き残るエンジニアのスキルとスタンス
私がベンチャー企業を渡り歩きVPoEになるまでの経歴と、活躍している多数のエンジニアたちと出会い、一緒に仕事をしてきた経験を基に、外部の状況にかかわらず必要とされるエンジニアに共通するスキルやスタンスをお伝えします。(2021/3/8)

AWS、Ethereum版ブロックチェーン構築支援サービスを提供へ
米AWSが、暗号通貨「Ethereum」の基盤に使われるブロックチェーンのセットアップと管理ができるフルマネージドサービス「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」を、東京リージョンなどで提供すると発表した。(2021/3/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。