ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フレームワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フレームワーク」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
Qtとクアルコムが協業、IoTデバイス向けGUI開発とソフトウェア品質保証を効率化
Qt Groupは、Qualcomm Technologies(クアルコム)と協業し、産業用IoTデバイス向けのGUIの開発とソフトウェア品質保証を効率化する。ソフトウェアベンダーは、UIソリューションの開発とテスト作業の効率化が可能となる。(2024/5/17)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Intelの命運を託されたファウンドリー事業 24年Q1決算から読み解く
2024年4月に、IntelとAMDの決算(2024年第1四半期)が相次いで発表され、両社とも発表後に株価が大幅に下落した。理由はなぜなのか。そして、Intelの“危うい”業績から見て取れるのは、Intelの今後の成長の鍵を握っているのはIntel Foundryだということだ。(2024/5/17)

ブラウザだけでフルスタックのアプリ開発を開始できる:
Google、WebベースIDE「Project IDX」のβ版を提供開始
Googleは、さまざまなプラットフォームにわたって迅速、簡単にアプリケーションを構築、展開できるWebベースの統合開発環境「Project IDX」のβ版を提供開始した。(2024/5/17)

教えて!あの企業の20代エース社員:
20代で「モンスト」開発部長に スピード出世を遂げたMIXIエースの「マネジメント論」
MIXIを代表するゲーム事業『モンスターストライク』は2023年に10周年を迎えた。10年たった今でもその人気ぶりは衰えず、世界累計利用者数が6000万人を超える。そんなモンストを支える開発組織には、29歳という若さで部長に就任したエース社員がいるらしい。(2024/5/17)

海外医療技術トレンド(107):
欧州AI法やEHDSが進化を促すプライバシー強化技術の有力ディープテック
本連載第93回で、一般データ保護規則(GDPR)を起点とする欧州のプライバシー保護技術(PET)の標準化と産業創出支援活動を取り上げたが、AI法や欧州保健データスペース(EHDS)の本格施行を控えて、PETを担うディープテックの活動が加速している。(2024/5/17)

脱炭素:
日本初、浮体式石油・天然ガス生産設備におけるGHG排出量定量化に成功
三井海洋開発と日揮ホールディングスの子会社である日揮グローバルは、日本企業で初めて操業中の浮体式海洋石油・天然ガス生産貯蔵積出設備におけるメタンを含むGHG排出量の正確な把握に成功した。(2024/5/16)

Cybersecurity Dive:
MITREがサイバー攻撃に遭う 攻撃者はIvantiのVPN製品のゼロデイ脆弱性を悪用か
脅威フレームワーク「MITRE ATT&CK」などを提供するMITREは、Ivanti Connect Secureのゼロデイ脆弱性を悪用したサイバー攻撃を受けた。攻撃者はどのようにして多要素認証を回避したのだろうか。(2024/5/16)

ビジネスを成功に導く「相談の力」:
効果を最大限引き出す 相談相手の選び方
(2024/5/16)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(8):
RustとDioxusでSPAを新バージョンに対応させよう
第8回では、2024年3月末のDioxus 0.5リリースに合わせて、機能変更のポイントをWebプラットフォームに絞って紹介し、第7回で作成したアプリをバージョン0.5対応となるように修正します。(2024/5/16)

Google I/O 2024:
Google I/O 2024基調講演まとめ AI一色、GPT-4oのような機能も
Googleの年次開発者会議「Google I/O」の基調講演で発表されたことをまとめた。ハードウェアについてはAIデータセンター向けのTPUのみで、Gemini中心の基調講演だった。(2024/5/15)

人工知能ニュース:
スパコン「富岳」を活用した大規模言語モデル「Fugaku-LLM」を公開
スーパーコンピュータ「富岳」を使用して開発した大規模言語モデル「Fugaku-LLM」が公開された。ライセンスに従えば研究や商業目的で利用できる。(2024/5/15)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタルアイデンティティこそがデジタル覇権の行方を左右する――東京デジタルアイディアーズ崎村夏彦氏
GAFAを成功に導いたデジタルアイデンティティとは? デジタルの世界で劣勢に立たされている日本が再び立ち上がるポイントとして、明治維新の歴史に学び、「デジタル変法」が必要だと呼びかけた。(2024/5/15)

ITmedia Security Week 2024 冬:
みずほフィナンシャルグループCO-CISOが語るセキュリティの“かたち”――フレームワーク、組織、共助
2024年2月27日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2024 冬」で、みずほフィナンシャルグループ 執行理事 情報セキュリティ共同担当(グループCO-CISO)寺井理氏が基調講演「みずほの“グループCISO”から見る、セキュリティのかたち、組織のかたち」に登壇した。(2024/5/15)

ある調査で分かった脅威の実態【後編】
脆弱性の中でも「本当に危ない」のは“あれ” Googleが指摘
攻撃に悪用され得る脆弱性について企業は広く注意を払わなければならないが、その中でも特に警戒すべき脆弱性がある。Googleが「特に危険」と指摘する脆弱性とは。(2024/5/13)

Cybersecurity Dive:
脅威モデリングの極意 知っておくべき3つのフレームワークとその使いどころ
Gartnerのリスク管理戦略の専門家が、サイバー脅威から組織を保護するのに役立つ3つの脅威モデリング手法とその使いどころ、使う際の心構えを解説した。(2024/5/12)

Red Hat Summit 2024:
Red HatがAI戦略の要「OpenShift AI」で新機能を投入 エッジ対応やリソース割り当てなど
OpenShift AIは、Red HatのAI戦略における中核的な基盤だ。同社は年次カンファレンスにおいて、エッジ対応やGPU利用の簡素化、リソース管理などの新機能を発表した。(2024/5/10)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「何となく多数決」で未来を決めるの? IT部門の意思決定プロセスにメスを入れよう
先進テクノロジーを採用すべきかどうかを、あなたの企業ではどう決めていますか。筆者は多くの日本企業は「何となく多数決」で決めているのではと考えています。IT部門の意思決定はどうあるべきでしょうか。(2024/5/10)

Pythonデータ処理入門:
[pandas超入門]DataFrameオブジェクトの作成と行や列、要素の選択
DataFrameオブジェクトを生成する方法とその際に指定可能なオプション、DataFrameから特定の行や列、個別の要素をiloc属性とloc属性で選択する方法を見ていきます。(2024/5/10)

Red HatがAIの民主化に向けて新戦略 LLM開発を促進させるプロジェクトを発表
Red Hatは同社の年次イベントでAI基盤プラットフォームや大規模言語モデル「Granite」のオープンソース化を発表した。企業がより容易にAI活用できるように複数の支援を提供する。(2024/5/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
マーケティングファネルの誤解、必要なのはチューニング力
多くのマーケターが業務で活用する伝統的な「マーケティングファネル」を用いて、優先的に取り組むべき「効く施策」と、優先順位の低い施策が商品カテゴリーによって異なることを説明する。(2024/5/9)

生成AI vs. 人 フィッシングメールの質が高いのはどちらか? Splunkの研究成果
Splunkのグローバルセキュリティ調査チーム「SURGe」は、注意すべきサイバー攻撃の手口や生成AIによるフィッシングメールの現状について研究成果を公開した。(2024/5/8)

理想的なARグラスはまだない? 3Dスキャンアプリを無料で提供する理由は? 米Niantic技術トップに聞く
同社エンジニアリング部門のシニア・バイスプレジデントであるブライアン・マクレンドン氏に話を聞いた。彼はGoogleマップやGoogle Earth、ストリートビューなどの開発をリードした人物であり、この分野では伝説的な人物でもある。(2024/5/7)

セキュリティニュースアラート:
経産省、SBOM導入手引のバージョン2.0に関する意見公募を開始
経産省は「ソフトウェア管理に向けたSBOM導入に関する手引ver2.0(案)」の意見公募を発表した。新ガイドラインはver1.0での課題解決が取り組まれている。(2024/5/7)

「@IT 開発変革セミナー 2024 Winter」基調講演レポート:
DevOps視点で考える「ソフトウェア品質マネジメント」
「新しい開発手法やツールを導入したが、期待したほど効果が上がっていない。むしろ生産性が低下した気がする……」。そんな課題を抱える企業に不足している視点とは何か。第一線で活躍するアジャイルコーチがDevOpsの視点でソフトウェア品質について語った。(2024/5/17)

パフォーマンスエンジニアリング、セキュリティ、開発支援などの機能が強化:
Linux 6.8カーネル採用の「Ubuntu 24.04 LTS」リリース
Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 24.04 LTS」(開発コードネーム「Noble Numbat」)が公開された。10番目のLTSリリースで、Linux 6.8カーネルを採用している。(2024/5/2)

ESEC:
Qtが静的解析とアーキテクチャ解析をスイートで提供、ソフトウェアテストを強化
Qt Groupは、「第27回 組込み/エッジ コンピューティング展(ESEC)【春】」において、静的解析/アーキテクチャ検証ツール「Axivion Suite」を紹介した。(2024/5/1)

エンタープライズ向けAIデータセンター市場への展開を拡大:
Intel、生成AI活用を支援する「Gaudi 3」や「Xeon 6プロセッサー」を発表
Intelは年次イベント「Intel Vision 2024」において、同社のAIアクセラレーター「Gaudi 3」や、データセンター向け「Xeon 6プロセッサー」など生成AIに関連する新製品を発表した。(2024/5/1)

AIの価値を最大化するためにROIの捉え方を変える必要がある、と提言:
2028年までに企業の75%がAIコードアシスタントを利用 ガートナー
Gartnerは「ソフトウェアエンジニアのAIコードアシスタント使用率」に関する予測を発表した。それによると「2028年までには、企業の75%がAIコードアシスタントを利用するようになる」という。(2024/4/30)

選挙シーズンを前に:
IASがブランドセーフティーの計測を拡張 誤報に関するレポートを追加
IASは、ブランドセーフティーと適合性の計測ソリューションを拡張し、誤報とともに広告が掲載されていないかを確認できる機能を追加した。(2024/4/26)

デザインの作り込みは無駄!? 売れる提案書を作る「CLEAR」の法則に迫る
営業パーソンにとって「提案資料」は商談時の意思決定を後押しする重要な存在だ。実は、売れる提案資料には共通した法則がある。本記事では、売れる提案資料に必要な要素と、実際の作成時に重視すべき5つのポイントを紹介する。(2024/4/25)

新連載「シリーズ 企業革新」日立編:
日立の好業績を牽引する“巨大事業”の正体 日立デジタルCEOに聞く
日立は2009年当時、日本の製造業で過去最大の赤字だった状況から再成長を果たした。復活のカギとなった巨大事業、Lumadaのビジネスモデルとは――。日立デジタルの谷口潤CEOにインタビューした。(2024/4/26)

2022年と2023年の利活用動向を比較 どう変化していたのか?:
経験年数、開発分野別に見るローコード/ノーコードツールの利活用動向 SlashData
調査会社のSlashDataは、ノーコード/ローコードツールの利活用動向をまとめたレポートを公開した。開発者の経験年数やソフトウェア開発分野別にノーコード/ローコードツールの利活用動向を明らかにしている。(2024/4/24)

MetaがMR/VRヘッドセット界の“Android”を目指す 「Quest」シリーズのOSを他社に開放、ASUSやLenovoが独自の新ハードを開発中
既にASUSやLenovoが新ハードを開発中だという。(2024/4/23)

IoTセキュリティ:
CSAのIoTデバイスセキュリティ仕様に準拠したSiPやSoCを提供
Nordic Semiconductorは、CSAが発表した「IoTデバイスセキュリティ仕様1.0」、それに伴う認証プログラムと「製品セキュリティ検証マーク」への支持を表明した。(2024/4/22)

2024年4月版「TIOBEインデックス」発表:
Pythonは首位を維持、PHPの人気はピークを過ぎた? プログラミング言語の人気ランキング
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年4月版が公開された。上位の順位が不動の一方、このところ低下が続くPHPの人気は17位となり、調査開始以降、過去最低を記録した。(2024/4/22)

“できるセキュリティ人材”向けの資格4選【後編】
セキュリティエンジニアの実力を証明する「お薦め認定資格」はこれだ
巧妙な手口の攻撃に迅速かつ的確に対策を講じるには、高度なセキュリティ知識が欠かせない。セキュリティ担当者がスキルアップとキャリアアップをするための認定資格を紹介しよう。(2024/4/22)

フリー・副業向け案件が多いプログラミング言語 3位「Laravel」、2位「Vue.js」、1位は?
それぞれの言語について案件比率と月収を調査し、ランキング化した。(2024/4/20)

IoTセキュリティ:
景気減速でソフト開発の脆弱性対応が後手に? SBOM整備の取り組みも足踏みか
日本シノプシスは、商用ソフトウェアにおけるOSS(オープンソースソフトウェア)の利用状況を調査した「2024 オープンソース・セキュリティ&リスク分析(OSSRA)レポート」の結果について説明した。(2024/4/19)

海外医療技術トレンド(106):
医療機器よりも難題!? Non-SaMDに影響が及ぶ米国のIoTセキュリティ政策
米国では、本連載第98回で取り上げた消費者IoT製品向け認証/ラベリングプログラム「U.S.サイバートラストマーク」の導入準備など、非医療機器/Non-SaMD(Software as a Medical Device)を取り巻く動きが加速している。(2024/4/19)

Pythonデータ処理入門:
[pandas超入門]Seriesオブジェクトの作成とその基本
pandasが提供するデータを格納/操作するための2種類のオブジェクト、SeriesとDataFrame。そのうちのSeriesオブジェクトを作成しながら、その基本的な特徴を紹介。(2024/4/19)

“DX人材”育成のためのオンラインコース10選【前編】
一般従業員からマネジメント層まで 世界の名門大学が贈る“DX人材”研修5選
DXは一朝一夕に実現できるものではない。そのための人材の確保も課題の一つだ。多角的な視点でDXを俯瞰して推進できる人材は、どうすれば育成できるのか。そのために活用できるオンライン研修を紹介する。(2024/4/19)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(7):
RustとDioxusで投稿アプリのSPAを作ってみよう
第7回からは、第6回で作成した投稿アプリのREST APIを利用して、UI作成フレームワークDioxusでアプリのフロントエンド部分をSPAとして開発していきます。第7回では、API呼び出し関数の実装と、その呼び出し結果をページに反映するコードを通じて、Dioxusの基本動作を理解します。(2024/4/19)

「Neuronix AI Labs」と「VSI」:
Microchipが企業買収を相次ぎ発表、AIや車載ネットワーク技術で
Microchipは、ニューラルネットワークのスパース最適化技術を提供する「Neuronix AI Labs」および、車載ネットワークのオープンスタンダード「ASA Motion Link(ASA-ML)」仕様に準拠した製品などで強みを持つ「VSI」を買収した。(2024/4/18)

「防御力」に「復元力」を〜なぜなにサイバーレジリエンス(番外編2):
ランサムウェアに通用しない“名ばかりバックアップ”になっていませんか?
バックアップはデータ保護における古典的なテーマですが、適切に実施するのは実は簡単ではありません。従来のバックアップ対策ではなぜランサムウェアには通用しないのか。その理由を解説します。(2024/4/18)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
生成AIは検索エンジンではない 当たり前のようで、意識すると変わること
「ChatGPT」や「Gemini」のような生成AIを検索エンジンのように使う人も多いが、この2つは性質が異なるもの。混同していると、AIに「まぼろし」を見せられてしまう。(2024/4/18)

AIモデルの運用に不可欠:
LLMスタックのセキュリティを確保するには? Ciscoが解説
LLMスタックの保護は、データの保護、ユーザーの信頼、AIモデルの運用の完全性などを保証するために不可欠だ。本記事では、AIシステムの安全性を確保する方法を学ぶことの重要性について、LLM実装とLLMスタックに焦点を当てながら紹介する。(2024/4/17)

組み込み採用事例:
パナソニックの電動アシスト自転車にエッジAI機能を提供
STマイクロエレクトロニクスの「STM32F3」マイコンとエッジAI開発ツール「STM32Cube.AI」が、パナソニック サイクルテックの電動アシスト自転車「ティモ・A」に採用された。(2024/4/16)

関連性が高く有用なコード提案を生成するための戦略:
GitHub Copilotの能力を最大限に引き出すためのヒントとは GitHubが紹介
GitHub Copilotのコード補完機能を最大限活用するためには、できるだけ多くのコンテキストを提供する必要がある。本稿ではテキストエディタでより多くのコンテキストを提供するためのヒントを紹介する。(2024/4/16)

生成AIの弱点、どう補う? 楽天テクノロジートップに聞く活用法
生成AIの弱点として、データがなかったり、LLMがぜいじゃくだったりすると、ハルシネーションが起こる。楽天グループはこれをどう補うのか? ティン・ツァイCDOに、将来のAIの活用法を聞いた。(2024/4/15)

IVI公開シンポジウム2024春:
工場でCO2排出量1次情報をなぜ取得すべきなのか 85%以上の削減効果も
IVIは「IVI公開シンポジウム2024-Spring-」を開催。本稿では、IVI フェローでブラザー工業 品質・製造センター 製造企画部 グループマネージャーの西村栄昭氏による工場でのカーボンニュートラル1次情報の取得実証を紹介した「ここまで出来た!! ブラザーにおけるCN(カーボンニュートラル)1次データ取得」の内容をお伝えする。(2024/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。