ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フレームワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フレームワーク」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

NHS Whalesで進む電子処方箋の導入【前編】
「電子処方箋」をウェールズ全土に 処方の効率化を狙うNHS Walesの活動とは
英国のウェールズ地域を管轄するNHS Whalesは、「電子処方箋」の導入を進めている。その活動に関する年次評価レポートから、同プロジェクトの取り組みを紹介する。(2024/2/21)

実は2月1日からメールが届いていないかも?  Gmailガイドラインで事業者、利用者が知っておくべきこと
神奈川県の高校出願システムでGmailドメインのアドレスにメールが届けられず、受験生による登録や出願に影響が出る問題が発生した。この問題は他の事業者にとっても他人事ではなお。一体、いまGmailを巡って何が起こっているのか。(2024/2/21)

セキュリティニュースアラート:
GoogleがAI Cyber Defense Initiativeを立ち上げ OSSの防御ツールも公開
Googleは「AI Cyber Defense Initiative」の立ち上げを発表した。同社はこの取り組みをサイバーセキュリティのバランスを攻撃側から防御側へと傾ける大きなチャンスに位置付けている。(2024/2/20)

PR:キーパーソン対談から探る「生産性向上」の具体策 人×デジタルの活用で日本企業はどう変わるか
(2024/2/20)

開発プロジェクトの上位は分散型金融やNFT:
結局Web3開発はどのくらい普及しているのか? Web3開発プロジェクトの現況をSlashDataが調査
SlashDataはWeb3開発プロジェクトに関する動向について発表した。開発者の大多数はWeb3プロジェクトに関与せず、多くの懐疑論者がいるにもかかわらず、一部の開発者の間ではWeb3への関心が続いている。(2024/2/19)

Google、AI採用のサイバー防御イニシアチブ発表 「Magika」オープンソース化も
Googleは、「防衛者のジレンマ」に対処するための新イニシアチブ「AI Cyber Defense Initiative」の立ち上げを発表した。また、Gmailなどで活用しているAI採用マルウェア検出ツール「Magika」をオープンソース化した。(2024/2/16)

マルチモーダルAI、小規模言語モデル、シャドーAIなど:
IBM、2024年に注目すべき9つのAIトレンドを解説
IBMは、2024年に注目すべき最も重要な9つのAIトレンドを公式ブログで解説した。(2024/2/16)

CODE BLUE 2023レポート:
ランサムウェアは“波及”する――ハッカー医師が語る医療セキュリティの現実
医療業界を狙ったサイバー攻撃が日々報道で話題になる中、二人の“ハッカー医師”が「被害を受けなかった近隣の病院」への影響に着目して調査を実施した。どのような結果が得られたのだろうか。(2024/2/16)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(5):
RustとActix Webで投稿アプリに状態管理を導入しよう
第5回は、第4回の続きとして、テンプレート化した投稿アプリにセッションによる状態管理の仕組みを導入し、それを利用した入力情報の記憶やフラッシュメッセージの実装例を紹介します。(2024/2/16)

「マーケティングは原点回帰している」 B2Bマーケの第一人者・庭山氏が語る、日本企業に欠かせない原理原則とは
(2024/2/15)

ITmedia Security Week 2023 冬:
「サイバー脅威ランドスケープ」とは――名和氏が訴える、その有効性と利用シーン
2023年11月28日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・ゼロトラストセキュリティ」ゾーンで、サイバーディフェンス研究所 専務理事 上級分析官としても活躍する名和利男氏が「組織を守るために必要なサイバー脅威ランドスケープの把握」と題して講演した。あまり耳慣れない「サイバー脅威ランドスケープ」とは何か。なぜ注目すべきなのか。本稿では、講演内容を要約する。(2024/2/20)

DX運用のためのITIL 4(5):
ITIL 4でサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第5回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を取り上げる。(2024/2/15)

構成ファイルを自動的に生成、Docker化プロセスを簡素化:
Docker、「Docker Desktop」のCLIツール「docker init」を正式リリース
Dockerは、「Docker Desktop 4.27」で新しいコマンドラインインタフェースツール「docker init」の一般提供を開始した。(2024/2/14)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
ChatGPTで「企業の公式ビジュアル」を作成してみた 試行錯誤を救う“2つの必須スキル”
ChatGPTをはじめとする生成AIを使う業務としては議事録作成や資料の要約、電子メールの下書きなどが代表的ですが、今回は全く別の使い方を紹介します。筆者が経営する企業の「公式ビジュアル」が出来上がるまでの思考錯誤から浮かび上がった、生成AIを使いこなすために欠かせない2つのスキルとは。(2024/2/14)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティング学習で陥る3つの罠 「学び方を学んでいない」迷子が多すぎる
マーケティングを学ぶとき、迷子になるマーケターが後を絶ちません。なぜでしょうか? また、学習時に陥りやすい3つの罠についても解説します。(2024/2/14)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【後編】
LenovoとDellに追い風 生成AI時代に躍動するサーバベンダー
生成AIへの関心の高まりから、サーバベンダーの業績が好調だ。HPEは生成AIに注力する方針を示した。LenovoとDell Technologiesはどうか。(2024/2/14)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(12):
マーケターにも技術的知識が必須に マーケティング成功の鍵は「相互理解」
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第12回のテーマは「マーケターが技術を理解することの重要性」だ。(2024/2/14)

CFO Dive:
違反企業は「数十億円の罰金」も? AIのリスクは大きすぎるのか問題に新たな一撃
生成AIをはじめとするAIを本格的に導入する企業は増えるばかりだ。一方で、各国政府はAIが抱えるリスクを重大視し、ルールを違反した企業に多額の罰金を課す流れが標準化するとの見方もある。(2024/2/13)

「総務」から会社を変える:
「DXした!」と満足する総務が見落とす、本当にやるべきこと
DXで目指すべきは、データマネジメントを通じた「データ駆動経営」だ。DXと密接に関連する「データマネジメント」を、総務はどう進めるべきか。(2024/2/13)

オープンソースツール「localllm」を利用:
Google、GPUを使わずCPUだけで生成AIアプリを開発する方法を解説
Google Cloudは、Google Cloudのフルマネージド開発環境「Cloud Workstation」や「クオンタイズドモデル(量子化されたモデル)」と、新しいオープンソースツール「localllm」を組み合わせることで、GPUを使わずに、LLM(大規模言語モデル)ベースのAIアプリケーションを開発する方法を公式ブログで紹介した。(2024/2/13)

プロンプトエンジニアリングツール7選【前編】
生成AIの回答を「指示の出し方」で洗練させるプロンプトエンジニアリングとは
LLM(大規模言語モデル)を活用しようとするエンドユーザーにとって、望ましい出力を生成させるために鍵となるのが「プロンプトエンジニアリング」だ。どのようなものなのか。実施するためのツールとは。(2024/2/12)

LSTCが研究開発:
経産省、2nm以降の先端半導体開発に450億円 Rapidus後押し
経済産業省は2024年2月、「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」の実施事業者として技術研究組合最先端半導体技術センター(LSTC)を採択した。2nm世代以降の先端半導体開発に向け、計450億円を支援する。(2024/2/9)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「日本企業は平均値を重視し過ぎる」 “分かった気”で終わらせない統計データの使いこなし方
ニュースや資料では多くの調査データが紹介されています。中でも目立つのが「平均値」ですが、筆者は「日本企業は平均値を重視しすぎる」と警鐘を鳴らします。ビジネスに本当に役立てるための統計データの使いこなし方とは。(2024/2/9)

Marketing Dive:
サードパーティーCookieが本当に廃止される2024年、生き残りたいマーケターが必ずやるべきこと3選
PCH Mediaのティム・ブラズ氏によれば、ゼロパーティーデータとファーストパーティーデータを優先し、消費者にフォーカスすることが重要だ。(2024/2/8)

組み込み採用事例:
オムロンが産業用エッジ開発にクラウドネイティブプラットフォームを採用
オムロンは、産業用エッジプラットフォームの開発に「Wind River Studio」を採用した。クラウドネイティブ開発プラットフォームとして活用し、ソフトウェア開発の効率化を目指す。(2024/2/8)

CODE BLUE 2023レポート:
OTシステムへの攻撃はすぐそこまで来ている マルウェア解析から分かった攻撃者の狙い
サプライチェーン攻撃の激化に伴い、ITシステムだけでなくOTシステムを狙ったサイバー攻撃が本格化する恐れがある。OTを狙ったマルウェアの実態と攻撃者の目的をリサーチャーが語った。(2024/2/8)

組み込み開発ニュース:
組み込みLinux上で動作するFlutter向けプラグインを開発
ACCESSは、組み込みLinux上で動作する、Flutter向けのChromiumベースWebViewプラグイン「flutter_linux_webview」を、開発コミュニティー向けにオープンソースソフトウェアとして公開した。(2024/2/7)

Innovative Tech:
AIがポケモンバトルをしたら? 15年以上の熟練プレイヤーとの戦いで勝率56% 米研究者ら「PokeLLMon」開発
米ジョージア工科大学に所属する研究者らは、ポケモンバトルのようなコマンドバトルゲームで人間並みの性能を達成する大規模言語モデル(LLM)を搭載した自律型AIエージェントを提案した研究報告を発表した。(2024/2/7)

エグゼクティブリーダーがすべきこととは:
「イノベーションを起こすチーム」の作り方 ガートナージャパンが3つのステップで説明
ガートナージャパンは、エグゼクティブリーダーがイノベーションを主導するために押さえておくべき3つのステップを発表した。「不確実な時代にイノベーションを追求するエグゼクティブリーダーは、自らが次のディスラプターとなることを目指すべきだ」としている。(2024/2/7)

依然としてソーシャルメディア最強:
Facebookのデイリーアクティブユーザー数は21億1000万人、月間アクティブユーザー数は30億7000万人に
Metaの業績が急回復。2023年第4四半期の決算発表では世界最大のソーシャルメディアであるFacebookの現状も明らかにされた。(2024/2/6)

OpenLogic、OSI、Eclipse Foundationによる共同調査:
「2024 State of Open Source Report」でOSSの最新利用動向が明らかに 最も投資されているOSS分野は?
Open Source Initiative(OSI)は、世界の企業や組織におけるオープンソースソフトウェアの利用状況とサポートに関する調査結果をまとめたレポート「2024 State of Open Source Report」の公開を発表した。(2024/2/6)

セキュリティニュースアラート:
Cloudflareで不正アクセスが発生 2023年9月のOktaへの侵害がきっかけか
Cloudflareは2023年11月に検出した脅威アクターに関する調査結果を報告した。脅威アクターは2023年9月に発生したOktaへの侵害で窃取されたアクセストークンとサービスアカウントの認証情報を使用してサーバに不正アクセスした。(2024/2/5)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(9):
デザイン思考は製造業を変えたのか? 開発現場から見たデザイン思考の功罪[後編]
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回から“デザイン思考は製造業を変えたのか?”をテーマに取り上げる。[後編]では昨今のデザイン思考に対する批判の論点やデザイン思考の功績について解説する。(2024/2/5)

Unity、「visionOS」正式サポート 「Apple Vision Pro」向けアプリ・ゲーム開発を支援
Apple Vision Proの米国発売を目前に控え、米Unityが「visionOS」の公式サポートを開始したと発表した。Unityのサポートを受けながらUnityで空間コンピューティング向けアプリやゲームを作れるようになる。(2024/2/2)

ChatGPT使いこなし術:
うそをつくし、実は計算も苦手──ChatGPTを使う前に知っておきたいこと5選
「ChatGPT」の基礎から応用まで、仕事や生活で役立てるためのTipsを連載で紹介する。(2024/2/2)

開発者の負担を減らすことも重要:
「DevSecOps」を開発者にとってフレンドリーなものに向上させる5つの方法 GitHub
GitHubは、DevSecOpsを開発者にとってフレンドリーなものに向上させる5つのヒントを公式ブログで解説した。(2024/2/1)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
ChatGPTで「オリジナル穴埋め問題集」を作ってみよう
ビジネスパーソンには学ばなければならないことがたくさんあります。あなたはどんな教材で勉強していますか。「これをこういうふうに学びたい」という細かなニーズにピッタリ合う問題集をChatGPTで作る方法とは。(2024/1/31)

サステナビリティ規制「ISSB」が変える、企業の財務情報開示 日本企業はどう備える
2023年6月に発表された「ISSB基準」によって、企業の財務情報開示はどう変わっていくのでしょうか? TCFDとの違いや、対応が迫られる日本企業がやるべきことを解説します。(2024/1/31)

Mac40周年:
あの時、Appleは何をしていたのか 数々のデジタル革命をApple視点で振り返る(後編)
初代Macintoshがデビューしたのは、今から40年前の1984年1月24日だ。その歴史は山あり谷ありだったが、次の50周年に向けて歩みを振り返ってみた。(2024/1/31)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【後編】
専門家がそっと教える「事業目標を設定する10ステップ」
事業目標を設定するに当たって、どこから情報を調達し、どのような過程を踏めばよいのか。専門家の声から、適切な事業目標を設定するための10ステップを紹介する。(2024/1/31)

期待されつつもトレンド入りは難しそうなテクノロジーを予測:
エンタープライズ5Gや折りたたみ式端末は2024年のトレンドになる? ならない?
ABI Researchは2024年、期待されてはいるが実現困難なテクノロジーについての予測を発表した。エンタープライズ5G、折りたたみ式端末の主流化などを挙げた。(2024/1/30)

各原則が推奨する個々の設計プラクティスについて学ぶ:
オブジェクト指向設計の5つの原則「SOLID」を解説
TechTargetは、「オブジェクト指向設計の原則『SOLID』」に関する記事を公開した。本稿ではSOLIDの入門編として、この開発体系を具現化する5つの原則、各原則が推奨するプラクティス、そしてこの考え方が重要である理由について説明する。(2024/1/30)

サプライチェーン改革:
PR:企業経営の基本である「計画」を最適化できれば国内製造業は飛躍できる
製造業が生産や物流、要員シフトといった事業活動を行う際に必要になるのが「計画」だ。日立は、激化する社会環境の変化に合わせて最適な計画の立案を自動化するための「計画最適化ソリューション」を展開している。同ソリューションの強みについて4人の担当者に語ってもらった。(2024/1/31)

PythonとJavaScriptをサポート:
生成AIアプリ開発フレームワーク「LangChain」、安定版(v0.1.0)を公開
LangChainプロジェクトは、LLMアプリケーションを開発するためのオープンソースフレームワークである「Langchain」の安定版(v0.1.0)を公開した。(2024/1/29)

「Atom」や「Tree-sitter」の開発者がチームで開発、GitHub Copilotをサポート:
Rust製コードエディタ「Zed」、オープンソース化を発表
Zed Industriesは、Rust製コードエディタ「Zed」をオープンソース化した。(2024/1/29)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(9):
Windows Server 2012/2012 R2のESUに“抜け道”なし――サポートが終了したOSをセキュアに保つ正規の方法とは
Windows Server 2012/2012 R2に対して「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を通じて提供される「セキュリティ更新プログラム」は、Microsoft Updateカタログから誰でもダウンロード可能です。しかし、それをインストールするには“ESUを利用する権利”が必要です。ESUを知らずにセキュリティ更新プログラムを入手、インストールした場合、どうなるのでしょうか。検証してみました。(2024/1/30)

SBOM「3つのフォーマット」を比較【中編】
ソフトウェア部品表「SBOM」のフォーマットとは? 国際標準「SPDX」の中身
「SBOM」(Software Bill of Materials)を使うことで、セキュリティの向上を図ることができる。そのフォーマットの一つとして「SPDX」がある。これはどのようなフォーマットで、何ができるのか。(2024/1/25)

ITmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
実践的サイバー演習をお手頃価格で提供 レジリエンス強化に役立つNICTの取り組み
ランサムウェアをはじめとする脅威が激化する今、セキュリティ担当者には侵入を前提にした対策が求められている。NICTはこの実現に向けて役立つ仕組みを複数提供している。特にサイバーレジリエンス強化に利用できるものを紹介しよう。(2024/1/25)

「AIは開発者の思考や作業の抽象度を自然に引き上げるようになる」:
AIは開発者の「第2の脳」に?――GitHubがAIを使った開発の複雑さ軽減のアプローチを解説
GitHub Nextは、25人の開発者に対するインタビュー調査の結果をまとめたブログ記事「開発者の第2の脳:AIとの連携による複雑さの軽減」を公開した。(2024/1/24)

Itmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
Contiの解析から判明した“攻撃者エコシステムの実態”と“EDRの限界”
今やランサムウェアグループは分業化などが進み、組織はますます高度化している。著名なランサムウェアグループContiの実態と攻撃手法から、EDRの限界が見えてきた。(2024/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。