ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フレームワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フレームワーク」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
自分でくるりと回るだけで精密な人物3Dモデル作成 1台のKinectで
Kinectで数秒、自分で回るだけで人体3D化が可能。(2020/11/27)

「NVIDIA Clara」プラットフォーム:
COVID-19対策貢献も、NVIDIAがヘルスケアAIを加速
NVIDIAの日本法人エヌビディアは2020年11月24日、「ヘルスケアAIの社会実装を加速させるNVIDIA Clara」プレスブリーフィングをオンラインで開催。同社のAIを活用したヘルスケアプラットフォーム「NVIDIA Clara」の概要や共同研究の概要などについて説明した。(2020/11/26)

製造マネジメント インタビュー:
オリンパスの新たなセキュリティ組織はなぜ“顧客中心”を掲げているのか
日立製作所が、2020年11月8〜6日に開催したオンラインイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE」に、医療機器大手のオリンパスが登壇。同社 執行役員 CISO(最高情報セキュリティ責任者)の北村正仁氏が、2019年4月に発足した新たなセキュリティ組織の体制やPSIRT構築などについて説明した。(2020/11/26)

「.NET Core」に「.NET Framework」を統合:
Microsoft、オープンソース開発プラットフォーム最新版「.NET 5.0」を公開
Microsoftは、「.NET Core」の後継となるオープンソース開発プラットフォームのメジャーリリース「.NET 5.0」を公開した。.NETの各種フレームワークを1つの.NETに統合する計画に基づく最初のリリースだ。(2020/11/25)

注目のSREやSASEのニーズに対応する:
PR:戦力になるDX人材確保の早道とは? 実践的な資格取得による人材育成アプローチ
クラウドを始めとするデジタル技術は企業のDX推進を加速させる可能性を持っている。しかしDXを推進する人材を確保できているだろうか。SREやSASEという注目キーワードから理想的なDX人材育成計画の在り方を検討する。(2020/11/25)

連載・デジタル時代の人材マネジメント:
デジタル人材だけでは、DXは実現しない 必要不可欠「ブリッジパーソン」の育て方
デジタル人材だけを獲得してもDXは実現できない。パナソニック、コニカミノルタの事例を交えながら、必要不可欠な人材「ブリッジパーソン」の育て方を解説する。(2020/11/25)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(128):
完全統合を果たしたクロスプラットフォームの「.NET 5.0」、正式リリース
2020年11月10日(米国時間)、Microsoftはアプリケーション開発/実行環境の最新メジャーリリース「.NET 5.0」を正式にリリースしました。今後、運用環境のWeb(クラウド)アプリ、およびWindows、macOS、Linuxのクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発に積極的に利用することができます。(2020/11/24)

機械学習が「爆速」に GoogleがApple M1チップ専用TensorFlowライブラリを発表
Appleが発表したばかりのSoCチップ「M1」専用の機械学習ライブラリを、Googleが発表した。Apple自身が提供するニューラルネットワークのトレーニング高速化フレームワークと組み合わせると「爆速」なトレーニングが可能になるという。(2020/11/20)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
AMDによるXilinx買収、両社のメリットと思惑
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年10月の業界動向の振り返りとして、AMDによるXilinx買収の話題をお届けする。(2020/11/18)

製造業のDX:
PR:化学・素材メーカーがDXを推進するには何が必要か、主要企業11社の“リアル”
DXが注目される中、中期経営計画に具体的に取り組みを盛り込むなど企業全体での活用を加速させているのが化学・素材メーカーである。では実際に化学・素材メーカーはどのようなことを考え、どのようなことに悩み、DXを進めているのだろうか。セールスフォース・ドットコムが主催し、主要な化学・素材メーカー11社が集まったディスカッションイベント「Salesforce Virtual Chemical Industry Round Table」から、議論の内容を紹介する。(2020/11/25)

海外医療技術トレンド(65):
米国規制当局のDXが医療イノベーションに及ぼす影響
本連載第23回で米国保健医療行政のIT戦略を取り上げたが、その後、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速している。(2020/11/13)

特集:withコロナ時代のクラウドセキュリティ最前線(2):
IaaSの設定ミスによる脆弱性を減らす「CSPM」(Cloud Security Posture Management)とは?
主にIaaS利用における「設定ミス」を防ぎ、想定外の事態を起こさないための仕組み「CSPM(Cloud Security Posture Management:クラウドセキュリティ状態管理」)に関心が集まっている。概要や必要性、使いどころ、他のリューションとの違いなどをガートナーのアナリストに聞いた。(2020/11/17)

安全、安価、カスタマイズ可能を同時に実現:
PR:クラウド/テレワークにも対応した軍需レベルの知財保護ソリューションとは
テレワークが定着した中、オフィス外から重要なデータにアクセスする機会が増えている。サイバー攻撃や情報漏えいに対抗するには侵入を前提とした対策が必要であり、データの暗号化が有効だ。暗号化データを守るにはデータそのものではなく、暗号鍵の管理が重要であり、そのためにはハードウェアベースのソリューションが望ましいという。中堅中小企業が導入しやすいソリューションとはどのようなものだろうか。(2020/11/12)

これなら、ためらわずに導入できる!:
PR:軍事レベルのセキュリティが1万円でかなう、組み込み機器向けのHSM
インターネットにつながる、つながらないにかかわらず、組み込み機器ではセキュリティの強化が急務になっている。暗号化ソリューションとしては、本質的に安全性が高いHSM(ハードウェアセキュリティモジュール)などを使用できれば理想的だが、既存のHSMは基本的には軍事向けでサイズやコストの点で組み込み機器への搭載は難しい。だが、軍事レベルのセキュリティを実現したHSMを、組み込み機器向けに極めて安価に提供している企業がある。(2020/11/12)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる プロモーションは「会話」が勝負? シャープやタニタのSNSが人気なワケ
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/11/11)

【特集】物流Techのいま(2):
日通が採用し、ソニーや安川電機が出資、日本郵便が共創を模索する「プラットフォーマー」は物流の何を変えるのか
物流Techを語る際、直近で最も具体的な実装が進む分野の一つが倉庫オペレーションの最適化だ。EUに技術的な源流を持つ物流Tech企業が日本国内で注目を集める。ソニーや安川電機などから出資を受け、経営メンバーにはIT業界の大物も名を連ねる。注目される理由はそのビジネスモデルにある。大手企業との協働を続々と仕掛ける企業を取材した。(2020/11/11)

「商用利用に耐えるAIを人々に届けたい」:
TensorFlowのラッパー「SmallTrain ver.0.2.0」のソースコード、Geek GuildがMITライセンスで公開
Geek Guildは、AIモデルの開発に使えるディープラーニングフレームワーク「SmallTrain ver.0.2.0」のソースコードを、MITライセンスで公開した。転移学習を実施するだけで工数をかけずにAIを構築できる。(2020/11/10)

モバイルアプリ開発環境の選び方【前編】
Androidアプリ、iOSアプリ、ハイブリッドアプリ開発に使える主な言語とツールまとめ
モバイルアプリケーション開発の主な要件にデバイスのOSの種類がある。「iOS」「Android」あるいはその両方で利用できるアプリケーションの開発に適したプログラミング言語やツールには、どのようなものがあるのか。(2020/11/9)

.NET 5モダナイズ入門(1):
クラウドネイティブな「.NET 5」が既存の.NET Frameworkアプリにもたらすインパクト
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。初回は、.NET統合の現状や.NET 5のリリースにおけるキャッチアップすべきことなどについて。(2020/11/10)

国内アプリケーションPaaS市場、2021年から成長回復か――IDC
IDC Japanによると、2020年はコロナ禍で成長が鈍化するものの、前年比成長率13%で約346億円規模となる見通しだ。(2020/11/6)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
サードパーティーCookieの利用制限はデジタル広告にとって大きなチャンスでもある
2020年6月に国会で改正個人情報保護法が可決され、消費者のプライバシー保護の問題がますます注目を集めている。今後のデジタル広告はどうなっていくのか。(2020/11/5)

いまさら聞けないOSSの基礎知識(3):
「自社の成果物をOSSとして公開しよう」――何に気を付けるべき?
自社の成果物をOSSとして公開する場合、どのようなことに気を付けなければいけないでしょうか? OSS利用の変遷を振り返りつつ解説します。(2020/11/5)

追加の設定作業が必要ない:
「AWS Lambda」が拡張機能を介して各種運用ツールと統合可能に
サーバのプロビジョニングや管理をすることなくコードを実行できる「AWS Lambda」サービスが利用しやすくなった。AWS Lambda拡張機能を使うことでモニタリングや可観測性、セキュリティ、ガバナンスのための運用ツールをAWS Lambdaと統合して利用できる。(2020/11/2)

Innovative Tech:
自撮り画像を他人が撮ったように変換する技術「Unselfie」 Adobeなど開発
自撮り写真だと丸分かりにならないよう修正ができる機能。(2020/11/2)

「Windows Terminal」の基礎解説【中編】
Windows TerminalをGitHubではなく「Microsoft Store」から入手すべき理由
Microsoftのオープンソースターミナルの「Windows Terminal」は、「GitHub」と「Microsoft Store」の両方からダウンロードできる。どちらから入手すべきなのか。(2020/11/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ゲノム医療研究を支えるHPC環境、高速な演算性能だけでない大きなメリットとは
生命科学・ゲノム医療研究には、多様な解析要求に対応し、高速な処理を行うHPC環境が欠かせない。国立遺伝学研究所では、HPCプラットフォームの刷新により約1.1ペタFLOPSの総理論演算性能に加え、研究者の負荷軽減にも成功したという。(2020/11/2)

Innovative Tech:
ヒトのAIモデルからチンパンジーの姿勢と3次元構造を推定 Facebookなどが開発
人間のAIモデルを動物に転移させる新技術。(2020/10/30)

AIによる予知保全を可能に:
ルネサス、モーター制御用マイコン4製品を発売
ルネサス エレクトロニクスは、Armコアを搭載した32ビットマイコン「RAファミリー」として新たに、モーター制御用マイコン「RA6T1」グループ4製品の量産を始めた。「Google TensorFlow Lite」を活用すれば、モーターシステムの予知保全が可能となる。(2020/10/30)

特集:withコロナ時代のクラウドセキュリティ最前線(1):
2020年でも「おっかなびっくり、クラウド恐怖症」の根底には何がある?「責任共有モデル」を理解し現状を打破する再考ポイント
クラウドサービスの活用が急務の今、必要となる“考え方の転換”やアプローチについて、クラウドセキュリティにおける意識調査のレポートを公開した2社に話を聞いた。(2020/10/30)

Microsoft Focus:
Azureは今度こそAWSの牙城を崩せるのか? 2021年、日本マイクロソフトのクラウド戦略を解説しよう
2021年度をスタートさせた日本マイクロソフトは、DXの「一丁目一番地」にクラウド戦略を据える。これまでのAzure戦略を超える形でユーザーやパートナー向け施策を強化するだけでなく、Windows ServerやLinuxからの移行も見据えるという同社の新たな取り組みとは。(2020/10/30)

働き方改革の“成熟度” 国内企業の約6割はステージ中盤――IDC調査
企業における「働く場や働き方の変革」の実践度合いを測る調査によると、国内企業は成熟度の高い企業と低い企業に二極化しているという。ビジネス成果に直結した組織改革の秘訣(ひけつ)とは何か?(2020/10/29)

IAMに取り組む方法【後編】
IAMマネージドサービスの可能性と選び方
IAMマネージドサービスの選択に当たっては、確認すべき項目が多数ある。自社に最適なサービスをどう選べばいいのか。検討項目や推奨事項を紹介する。(2020/10/29)

山市良のうぃんどうず日記(192):
うぃんどうず、どっきり、マル秘報告――しつこいようですがWindows Updateが“へん”の話
「Windows 10 バージョン2004(May 2020 Update)」のWindows Update問題(もしかしたら仕様)について、前回までに紹介し切れなかった、もう一つの別の問題(もしかしたら仕様)を報告します。以前から疑っていた挙動ですが、前回、さまざまなパターンを試し、確証に近づけたような気がする「再試行」ボタンの謎についてです。恐らくリリースされたばかりの「Windows 10バージョン20H2(October 2020 Update)」も同じ問題を抱えています。(2020/10/28)

アプリのおいしい機能だけが簡単に使える:
iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法について解説します。(2020/10/26)

AIによるソフトウェア開発【前編】
GPT-3の登場で見えてきた「AIによるコード生成」の可能性
OpenAIの「GPT-3」は自然言語処理分野に大きな驚きをもたらした。GPT-3が持つ文章生成能力は、プログラムのコーディングにも応用できるのではないか。そう考えた人々による取り組みも始まっている。(2020/10/26)

スマートファクトリー:
製造業の将来像は3つの姿に、データの価値が高まる中でのモノづくりの在り方
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)は2020年10月8日、「IVI公開シンポジウム2020-Autumn-」をオンライン開催した。その中で「IVIオピニオン」として、IVI 理事長で法政大学 教授の西岡靖之氏が「デジタル化とデータ化と価値経済の行方」をテーマに講演。データと価値の関係という根本的な問いかけから、製造業・モノづくりが進む方向性・可能性などについて紹介した。(2020/10/22)

山市良のうぃんどうず日記(191:特別編):
【速報】Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)が正式リリースに
Windows 10の最新バージョン「Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)」が正式にリリースされました。Windows Updateを通じて段階的にロールアウトされるため、全てのPCで利用可能になっているわけではありません。案内が来るのを気長にお待ちください。(2020/10/22)

Gartner Insights Pickup(180):
クラウドのメリットを気に掛けていないCEOに投資を認めてもらうには
クラウドへの投資につながる財布のひもを握っているのは、CEOをはじめとした「非技術者」だ。こうした人たちに、クラウドの技術的なメリットだけをいくら訴えても効果は期待できない。(2020/10/23)

人間が優れているもの:
自動運転車に“直感”を教えることは可能なのか
筆者は運転中に、周囲のクルマを運転する人について(男女関係なく)「嫌な奴!」と感じることがある。それは、その人が筆者の進路に割り込もうとしていると感じたときで、その勘は大体当たっている。(2020/10/22)

災害情報を電子メールで配信する自治体が増加:
「大雨特別警報を知らせるメールが届かない」 JIPDECが自治体の防災メールなりすまし対策状況を調査
JIPDECが実施した、自治体が発信する防災メールのなりすまし対策状況に関する調査によると、SPFを設定している自治体は全体の90%なのに対して、DMARCを設定している自治体は14.2%だった。(2020/10/22)

Computer Weekly日本語版
自然言語処理AI「GPT-3」によるプログラムコード生成の可能性
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/10/21)

スマートファクトリー:
IoTによる人とモノの定量化や鋳造工程の品質定量化を実証、IVIのWG活動
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)は2020年10月8日、「IVI公開シンポジウム2020-Autumn-」をオンライン開催した。その中で「2019年度業務シナリオWG(ワーキンググループ)優秀事例紹介」を実施し、最優秀賞1件、優秀賞3件、敢闘賞1件の活動内容を紹介した。(2020/10/20)

製造ITニュース:
デジタルトランスフォーメーション推進を支援する共創プログラムを提供開始
日鉄ソリューションズは、顧客のデジタルトランスフォーメーション推進を支援するデジタルイノベーション共創プログラム「Angraecum」の提供を開始した。(2020/10/20)

MLOpsイベントレポート:
MLOps実践者たちのリアルなお悩みの解決にコミュニティーがどう貢献できるか
MLOps(機械学習の実運用化)の活動目的&方針を「デザイン思考」で議論した座談会の内容をレポート。デザイン思考フレームワーク&ツール「MURAL」を紹介し、MLOps実践時の悩みと対策案を議論。世の中が抱えているMLOpsの課題を解決するためにコミュニティーの方針を検討する。(2020/10/19)

「守りの自動化」と「攻めの自動化」を融合:
PR:既存システムとクラウドネイティブを別々に自動化していませんか
2020年9月14〜18日に開催された「ITmedia DX Summit Vol.5」のDay1「運用自動化・自律化・リモート」のセッションにNEC サービス&プラットフォームSI事業部 プロジェクトマネージャー 吉田功一氏が登壇。「システム構築・運用の自動化を効率化の手段から攻めの武器に繋げる方法」と題して、オンプレミスとクラウドという2つの領域で進められてきた自動化の取り組みを一つに融合、クラウドネイティブへの対応を加速させる手法を紹介した。(2020/10/12)

石野純也のMobile Eye:
iPhone 12シリーズは5G普及の起爆剤になるか 日本市場へのインパクトを読み解く
iPhone 12シリーズは、「iPhone X」の登場以降、初めてベースのデザインを大きく変えたフルモデルチェンジの端末になる。特に大きなトピックが、5Gへの対応だ。AppleのCEO、ティム・クック氏が「新しい時代のiPhoneの幕開け」と語っていたことが、その期待感の大きさを表している。(2020/10/16)

地銀も巻き込み地方企業のDX推進を目指すマイクロソフト 日本独自の諸事情と対策はどんなものか
コロナ禍で始まる地域密着型クラウド移行支援プログラムはどんなものか。全国のWindows ServerユーザーはいつAzureに移行を完了するか。無償プログラム拡大、拠点拡張に見る日本マイクロソフトの本気度。(2020/10/16)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(124):
Azure App ServiceがWindowsコンテナを正式サポート、スケーラビリティとコスト効率を兼ね備えた新料金プランも登場
2020年9月22日(米国時間)、Azure App ServiceのWindows Serverコンテナのサポートが一般提供になりました。また、2020年10月9日(米国時間)から、従来プランよりも高いスケーラビリティを備え、コスト効率の良いApp Serviceの新料金プラン「Premium V3(Pv3)」が利用できるようになりました。(2020/10/16)

セキュアな車載ソフトウェア開発の在り方(1):
避けて通れぬ自動車のセキュリティ、ソフトウェア開発は何をすべきか
サイバーセキュリティにさらに力を入れるには、ソフトウェア開発のライフサイクル中のサイバーセキュリティ活動も含めて、自動車業界における文化的および組織的なシフトの必要性がある。自動車業界の課題や解決策について解説していく。(2020/10/16)

グロービス経営大学院・吉田教授×ゼンアーキテクツ・三宅代表:
PR:失敗しないDX、専門家に聞く 難所攻略のカギは「現地現物」の実践とクラウド導入にあり
(2020/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。