ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フレームワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フレームワーク」に関する情報が集まったページです。

CAEニュース:
スバルが衝突解析やCFDのHPC実行環境をクラウドへ移行、計算時間が約20%短縮
日本オラクルは、SUBARU(スバル)が車両設計における衝突解析および流体解析、3Dビジュアライゼーション用高性能コンピューティング(HPC)ワークロードの実行環境に、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したことを発表した。計算時間を約20%短縮し、開発効率向上およびコスト最適化を実現する。(2022/5/23)

海外医療技術トレンド(83):
EUで加速する保健データ越境利用の共通ルールづくり
本連載70回で、欧州のデータ駆動型次世代健康戦略を取り上げたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関わる制限が緩和される中、社会実装に向けた制度的仕組みづくりが本格化している。(2022/5/20)

Gartner Insights Pickup(257):
情報漏えい防止(DLP)プログラムを成功させる5つのステップ
5つのステップでデータを精緻化、展開し、積極的かつ効果的に制御する。(2022/5/20)

Inside-Out:
2020年度、200倍に急増した迷惑メールとパスワード付きZIP対策【IIR Vol.51】
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の技術情報誌「Internet Infrastructure Review(IIR)Vol.51」より、迷惑メールと暗号化ZIPファイルについてのレポートを転載してお届けします。(2022/5/20)

WebAssembly、Emscripten、Pyodideによるブラウザスタックが基盤:
Anaconda、Pythonアプリをブラウザで実行できるOSSフレームワーク「PyScript」を発表
Anacondaは、Pythonと標準HTMLを組み合わせ、ブラウザで動作するリッチなPythonアプリを作成できるOSSフレームワーク「PyScript」を開発していることを明らかにした。(2022/5/19)

組み込み開発ニュース:
AMDがROS対応のロボット開発キットでNVIDIAに対抗、開発期間を約5分の1に短縮
AMDは、SOM製品「Kria」の新たなラインアップとして、オープンソースのロボット開発フレームワーク「ROS 2」をネイティブでサポートする「Kria KR260ロボティクス・スターターキット」を発表。NVIDIAの競合ソリューションと比較して、ソフトウェア開発期間が約5分の1、消費電力1W当たりの性能が8倍以上、レイテンシが3分の1以下になるという。(2022/5/18)

山市良のうぃんどうず日記(231):
SQL Server 2008/2008 R2、3年目のESU終了目前――オンプレミスでのESU購入はコストに見合うものでしたか?
Microsoftは2019年7月のSQL Server 2008/2008 R2の延長サポート終了に合わせ、サポート終了後も最大3年間の更新プログラムの提供を受けることができる「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を用意しました。SQL Server 2012/2012 R2も間もなく2022年7月に延長サポートが終了します。もし、オンプレミスのSQL ServerのためにESUを検討しているのなら、SQL ServerのESUとWindows ServerのESUの大きな違いについて知っておくべきです。(2022/5/18)

「Distributed SQL Summit Asia」の模様をレポート:
「スケールアウトできる『PostgreSQL』」――Yugabyte Japanに聞く「分散SQLDB」のメリット
なぜ「分散SQLDB」が注目を集めているのか。日本国内における分散SQLDBの普及に注力しているYugabyte Japanに「分散SQLDB」とその利点を伺いました。記事後半では2022年3月に開催されたアジア圏向けイベント「Distributed SQL Summit Asia」の内容を紹介します。(2022/5/16)

エンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」【第3回】
「16進法の10」と「10進法の10」の違いを数学的に説明する
16進法の「10」と10進法の「10」は異なる数字を指す。16進法とはどのような記数法で、10進法の数値からどう変換すればよいのかを解説する。(2022/5/13)

PR:柔軟性と堅牢性は両立できるか――クラウド化を阻むセキュリティ対策 SBIの挑戦に学ぶ、AWS移行の勝ち筋とは
(2022/5/17)

「Flutter 3」発表 macOS・Linux向け開発に対応 ゲーム開発用のツールキットも公開
米Googleがオープンソースのアプリ開発SDK「Flutter」の最新バージョン「Flutter 3」を発表した。新たにmacOSとLinuxアプリの開発を安定版としてサポートする。(2022/5/12)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(1):
リクルートの情報検索組織が検索APIの基盤をIaaSからPaaS中心にした理由
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。初回は、PaaS中心の世界観に至った歴史的いきさつ、理由について解説する。(2022/5/13)

リアルタイムOS列伝(22):
RTOS的に使えるがRTOSではない「QP」はMATLABの代替候補にもなり得る?
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第22回は、厳密にはRTOSではないものの、RTOS的な利用も可能なフレームワーク「QP」を紹介する。(2022/5/9)

Active Directoryの脆弱性対策は万全ですか? Tenableが自社製品の日本語版を発表
Tenableは、同社の脆弱性リスク管理ソリューションを日本語で提供すると発表した。ADの脆弱性管理に特化したTenable.adや自社のIT/OT環境全体を可視化するTenable.otなどが対象となる。(2022/5/9)

ロボットセキュリティ最前線(3):
ロボットセキュリティの持つ3つの課題と、推進に必要な4つのポイント
人手不足やコロナ禍などにより、産業用ロボットやサービスロボットなど、ロボットの利用領域は急速に拡大している。一方でネットワーク化が進むこれらのロボットのセキュリティ対策については十分に検討されているとはいえない状況だ。本連載ではこうしたロボットセキュリティの最前線を取り上げる。第3回となる今回は、サービスロボットの動向とセキュリティの問題について取り上げる。(2022/5/10)

550人に調査:
「学んでみたいプログラミング言語」ランキング 1位は「C/C++」 他言語の順位は?
NEXERは、運営するアンケートサイト「ボイスノート」において「プログラミング言語についての調査」を実施した。その結果、「学んでみたいプログラミング言語」の第1位は、「C/C++」(106票)であることが分かった。(2022/5/6)

マイクロソフトとソフトバンク、5Gを活用する新たなビジネスモデル構築へ
日本マイクロソフトは、ソフトバンクと共催する5Gビジネス創出プロジェクトを含む通信/メディア業界向けのDX推進施策の詳細を発表した。両業界の新たな“稼ぎ方”構築に向けたDX推進策を提示する。(2022/5/6)

エンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」【第2回】
「10進法を2進法に換算する方法」を数学的に説明する
コンピュータの世界ではデータを2進法で表現することが一般的だ。われわれの日常生活ではあまりなじみのない2進法を簡潔に解説しよう。(2022/5/5)

エンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」【第1回】
「10進法の500」とは何かを数学的に説明する
コンピュータを利用する上で、2進法や16進法などの記数法を理解しておくことは重要だ。まずは身近な10進法の基礎知識をあらためて整理しよう。(2022/4/30)

経営を動かすファイナンス:
予算達成に“ひとごと”な事業部門 経営陣と危機感を共有してもらうには?
【Q】会議で部門ごとの予算に対する進捗を確認していますが、どこか“ひとごと”な様子です。経営チームはKPIの達成状況を重要視しており、達成のための危機意識がかなり強いのですが、その温度感が全社的に伝わるにはどうしたらいいでしょうか。(2022/4/28)

Gartner Insights Pickup(255):
「MITRE ATT&CK」とは何か? どう利用すべきか?
MITREは、Gartnerがよく問い合わせを受けるトピックだ。本稿では、MITRE ATT&CKのフレームワークについて説明する。(2022/4/28)

野良アプリの乱立や情報漏えいなどの対策が必要:
「2023年には新規開発の60%がローコード/ノーコードになる」 IDCがローコード/ノーコード開発に関する調査結果を発表
IDC Japanは、国内のローコード/ノーコードプラットフォームの動向に関する調査結果を発表した。2021年9月の調査では、導入率は37.7%。ユーザーが戦略や目的に応じて柔軟に選択できるようになったことが、導入を後押ししている。(2022/4/25)

Cisco、Spring Frameworkの脆弱性の影響を受ける製品を公開 迅速に対処を
Cisco製品に深刻度「緊急」および「重要」に分類される複数の脆弱性が見つかった。既にセキュリティアドバイザリが公開されているため、同製品を使用している場合は迅速に対処してほしい。(2022/4/23)

2023年には企業アプリの60%がローコード/ノーコード開発に 一方でCoE設置の課題も――IDC予測
IDCの調査によると、ローコード/ノーコードプラットフォームを活用している企業は、2021年9月時点で4割弱に上った。ベンダーの支援策なども功を奏し、ローコード/ノーコード開発は急速に標準化していく見通しだ。(2022/4/22)

Social Media Today:
「大人ゲーマー」がMeta(旧Facebook)を救う――メタバース徹底入門【前編】
「メタバース」はまだ存在しない。だが、Meta(旧Facebook)創業者で会長兼CEOのマーク・ザッカーバーグ氏には次の世界が見えているようだ。それがどのようなものかというと……。(2022/4/22)

PR:「DXの将来を占うマイルストーン」 北國銀行が挑む脱・旧システム データ分析基盤の構築プロジェクトを追う
(2022/4/25)

Innovative Tech:
動画内の顔を後から「SNOW」みたいに編集できるAI技術 Adobeなどの米国チームが開発
米Adobe Researchなどの米国の研究チームは、動画内の人物や動物の顔にステッカーなどをピタッと貼り付いているように編集できる深層学習を用いた技術を開発した。(2022/4/21)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
セキュリティベンダーはLog4j脆弱性攻撃にどう対応したか 舞台裏からゼロデイ攻撃対策を再考する
2021年末に発見された「Apache Log4j」の脆弱性。この脆弱性を悪用する攻撃に対峙したセキュリティベンダーは、どんな対処を取ったのか。実際の対応を参考に、ゼロデイ攻撃への対策を考える。(2022/4/20)

「内製化の道」も一歩から(1):
共創型SIerが解説 「内製化を実現する7つのステップ」とは
企業の競争力を上げるため、内製化が注目されている。しかし、これまで開発に注力していなかった企業にとって内製化を実現する難易度は高い。本連載はさまざまな企業の内製化を支援しているBeeXの知見を基に内製化の手順や必要となるスキルについて解説する。第1回はBeeXが提案する「内製化を実現する7つのステップ」について。(2022/4/20)

徹底解剖! SaaSのUI/UX:
“アプリUIあるある”な6つのNGボタン 人事SaaSを例に専門家が解説
なかなか問題点を直しにくいSaaSのUI/UX。人事SaaSのUIを模して作ったサンプルを基に、専門家がSaaSのUIにありがちな問題点とその改善方法を解説する。(2022/4/21)

ウェイティングリストに登録して利用:
GitHub、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」を「Visual Studio 2022」でも利用可能に
GitHubは、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」のテクニカルプレビュー版を「Visual Studio 2022」でも利用できるようにした。(2022/4/18)

アプリケーションは外部からの攻撃における最大の原因:
WhiteSource、静的アプリケーションセキュリティテスト(SAST)について解説
WhiteSourceは、静的アプリケーションセキュリティテスト(SAST)に関する解説記事を公式ブログで公開した。SASTの目的や仕組み、特徴、新世代製品のメリット、ツールの選び方、導入方法を解説している。(2022/4/15)

海外医療技術トレンド(82):
ソフトウェア部品表「SBOM」に着目、米国FDAの医療機器市販前セキュリティ対策
本連載第80回で、米国食品医薬品局(FDA)の2022会計年度医療機器ガイドライン策定計画を取り上げたが、早速、市販前サイバーセキュリティ要求事項に関する草案が公開された。(2022/4/15)

材料技術:
トヨタの材料解析クラウドサービスで住友ゴムがタイヤゴム材料開発を加速
住友ゴム工業は、オンラインで「材料解析クラウドサービスを活用した実証実験説明会」を開催し、2022年4月12日に発表した「ゴム材料開発における解析時間を100分の1以下に短縮〜トヨタ自動車の材料解析クラウドサービスを活用〜」の取り組み内容について詳しく説明した。(2022/4/14)

2022年4月の累積更新プログラムが配信 複数のMicrosoftプロダクトが対象
Microsoftは2022年4月の累積更新プログラムを配信した。今回のアップデートには深刻度「緊急」に分類される脆弱性の修正が含まれている他、既に悪用が確認されているゼロデイ脆弱性も含まれている。(2022/4/14)

Green Hills Softwareがデモ展示:
RTOS+ROSで3D LiDARを動作、セキュリティも保証
Green Hills Software(GHS)は「第25回 組込み/エッジ コンピューティング展【春】」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)で、同社の主力製品であるリアルタイムOS(RTOS)「INTEGRITY」や、マイコン用仮想化ソリューション「μ-visor」などのデモを展示した。(2022/4/13)

ossでコードも公開:
MITらがCBDCの技術を検証 「Project Hamilton」の成果は
CBDCは実用レベルで決済可能なのか。MITらが技術検証を実施し、その研究成果の第1段を発表した。毎秒170万トランザクションの処理が可能だという。検証コードはOSSとして公開している。(2022/4/13)

IVI公開シンポジウム2022春(1):
カーボンニュートラルは製造業のOSに、IVIが考える具体的手法と実現のカギ
IVIは2022年3月10〜11日、リアルとオンラインのハイブリッドで「IVI公開シンポジウム2022-Spring-」を開催した。今回はその中から、IVI 理事長の西岡靖之氏による講演「カーボンニュートラルは製造業のOSになる〜新たなゲームチェンジは何を意味するのか?」の内容を紹介する。(2022/4/12)

顧客満足度向上は「システム」から始めよ:
PR:そのFAQで本当に解決できますか? 人手に頼ったカスタマーサポートから脱却を
顧客の購買行動がオンラインに移行する中、顧客ニーズの多様化や問い合わせ件数の増加などによってカスタマーサポート業務の逼迫(ひっぱく)が課題となっている。これを改善するにはどうすればいいのか。(2022/4/13)

Innovative Tech:
古い白黒映画を“昨日撮影したかのように”AIが修復 フィルムノイズを除去しカラー
香港城市大学と米Microsoft Research、Microsoft Cloud+AIによる研究チームは、劣化の激しい古い白黒映画を修復しカラー映像に変換する深層学習フレームワークを開発した。古い映像にある独特のフィルムノイズなどを修復し、色付けを行う。(2022/4/11)

セキュリティ製品は難しいが、理解する努力を怠ると攻撃を受ける恐れも:
PR:今のセキュリティ対策に求められるのは「これを入れれば大丈夫」という発想からの脱却と脅威を直視する姿勢
DXを支えるセキュリティ対策を議論するオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2022春」が開催された。目まぐるしく環境が変化する現在、DXを加速するためのセキュリティ対策の在り方や、実戦的で投資対効果の高いセキュリティ対策が多数紹介された。本稿ではその中から、名和利男氏の基調講演とヴイエムウェア/SB C&Sの技術セッションの内容をお届けする。(2022/4/11)

Social Media Today:
GoogleがAndroid向けアプリ追跡制限を発表 iPhoneとは何が違う?
GoogleがAndroid向けの「プライバシーサンドボックス」構想を発表。データプライバシーへの取り組みは次の段階へ進んでいる。(2022/4/8)

「Java」が人気言語であり続ける5つの理由【後編】
「Java」こそが“クラウドネイティブ言語”である理由
「Java」は企業のアプリケーション開発を支え続けており、今後も有力な選択肢になり続けると考えられる。「クラウドネイティブ開発」「機能強化」「互換性」の3つの観点から、その理由を説明しよう。(2022/4/8)

Spring4Shellを悪用したサイバー攻撃が全世界で拡大中 迅速な対処を
Check Point ResearchはSpringに存在する脆弱性、通称「Spring4Shell」を悪用したサイバー攻撃が全世界で拡大していると発表した。既に3万7000件に及ぶ悪用を確認しているという。(2022/4/6)

深刻度は「9.8」:
Spring Frameworkにリモートコード実行の脆弱性 即時アップデートの適用を
Spring Frameworkにリモートコード実行の脆弱性が見つかった。同フレームワークはWebアプリケーションやエンタープライズアプリケーション開発に広く利用されており、広範囲の影響が予想される。(2022/4/4)

「データ駆動社会を2030年に実現する」:
社会全体でデータの相互運用性を確保 デジタル庁が「政府相互運用性フレームワーク」を公開
デジタル庁は「政府相互運用性フレームワーク」を公開した。データを相互運用するための体系という位置付けで、法人や土地などのデジタル台帳、行政データ、教育や防災などのデジタル化に向けた取り組みの基盤になるという。(2022/4/4)

Innovative Tech:
スピーチに応じた“ろくろ回しポーズ”を自動生成、映像に反映 中国などの研究チームが技術開発
中国科学技術大学とJD AI Researchの研究チームは、発話に応じた上半身の動作を自動で生成するモデルを開発した。単調な動きだけを繰り返すのではなく、韻律(抑揚、音調、強勢、音長など)を考慮した自然な動作を生成する。(2022/4/1)

Python環境構築入門:
Pythonディストリビューション使い分けのポイントを考えてみよう(macOS編)
macOSにPythonをインストールする方法は幾つかある。代表的なインストール方法を紹介し、選択のポイントについて考えてみる。(2022/4/1)

リクルートのプロダクト開発例に学ぶ、マイクロサービス活用の勘所(1):
新規プロダクトにマイクロサービスを選ぶ理由、注意しておきたいポイント
リクルートの新規事業におけるマイクロサービスアーキテクチャの活用を全3回にわたって紹介する本連載。初回は、現場目線でどのようなメリットがあると考えマイクロサービスを採用し、どのような構成になっているのか紹介します。(2022/3/31)

「仕事のAI」は日本企業のDXをどう変えるか:
PR:DX推進に活用すべき企業の“遊休資産”とは? リコーがAIビジネスに取り組む理由
複合機などOA機器のイメージも強いリコーが、AIを活用したDX支援サービスの提供を開始した。その名も「仕事のAI」。20年前から研究開発をしていたというAI領域で、同社が有する強みとは。そして“仕事のAI”は遅れがちな日本企業のDXをどう変革するのか。(2022/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。