ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「基幹システム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ERP − TechTargetジャパン
質問!経営情報システム→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で経営情報システム関連の質問をチェック

日立がストレージソリューションの新サービスを発表、企業のDX推進を支援
新ストレージでは独自のインターコネクトスイッチを活用して多種多様な環境を1つのシステムの中で統合。従来機の機能は全て網羅し、さらに基幹系システムとクラウド環境をシームレスに連携させて、DX実現に向けたデータやIoTの活用を支援する。(2019/10/11)

会員登録せずに手軽に買い物 Amazonが「Web接客型Amazon Pay」をEC向けに提供
Amazonは、Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」でオンラインショッピングを支援する新機能「Web接客型Amazon Pay」を開始。Amazonアカウントを使い、より少ない情報入力で買い物ができることを提案する。(2019/10/8)

幹部を支えた“過去の教訓”:
新システムを入れる、ただしカスタマイズはしない――社内の反対にぶれなかったコニカミノルタの決断
日本企業の多くが行うといわれるシステムのカスタマイズ。しかしコニカミノルタの調達部門は、新システム導入の際、社内の大反対に遭ってもカスタマイズを最小限に抑える決断を下した。その理由と、決断を支えた過去のある教訓とは。(2019/10/7)

PR:失敗しないRPA導入のコツ 「すぐ使いたい」ならクラウドで
(2019/10/3)

サブスクリプションビジネス特化型SaaS「Subsphere」、NTT Comが提供開始
既存システムとの連携や複雑なプライシングに対応する「Type A」と、新規にビジネスを立ち上げる事業者のために顧客接点やデータ連係を支援する「TypeB」の2つのプランを提供、運用に必要な機能を一元的に支援する。(2019/10/1)

エッジコンピューティングとクラウドの「切っても切れない関係」
エッジコンピューティングとは何なのか。その意味の変遷を織り交ぜつつ解説する。(2019/9/30)

若きIT識者3人が鼎談:
アジア諸国より企業のIT化が遅れている――DX後進国ニッポンを救う方法とは
アジア諸国に比べても、企業のIT化が遅れている日本。そんな日本を変えるにはどんな方法があるのか――。若きIT識者3人が「日本を元気にするためのIT」について存分に語った。(2019/9/30)

Cohesityの国内企業向け提案事例も
日本企業の課題に効くCohesity、従来のバックアップ製品やNAS製品と何が違う?
バックアップをはじめとするデータ管理の領域で革新を起こすべく登場したCohesity。本格的な日本上陸からはまだ日が浅いが、実は日本企業の身近なデータ管理のニーズに応えられる注目製品だ。実際の現場での提案事例から、その実態を探る。(2019/9/26)

サブスクリプションビジネスの複雑な会計処理を自動化 TISの統合データハブ
販売システムと会計システムをつないで、ビジネスモデルの変更に伴う金額処理を自動化する。既存システムの改修をせずに、収益認識基準への対応やサブスクリプションビジネスへの参入が可能になるという。(2019/9/25)

米国株で差別化図る マネックス証券の清明祐子社長に聞く
20周年を迎えたマネックス証券。米国株についてどう強化し、またグループに入った仮想通貨取引所コインチェックとの連携をどう進めていくのか。4月1日付で社長となった清明祐子氏に今後の戦略を聞いた。(2019/9/25)

DXが追い風になり基幹システムへの投資が増:
ERPパッケージ市場は2021年にかけて成長率3%前後で堅調推移 矢野経済研究所
矢野経済研究所が発表した国内のERPパッケージライセンス市場に関する調査結果によると、2018年のERPパッケージライセンス市場は対前年比4.4ポイント増の1123億7000万円。2019年は、対前年比3.7ポイント増の1165億2000万円の見込み。(2019/9/25)

ERPのクラウドシフト進む 18年時点でユーザー企業の3割がクラウド利用 20年には45%超えか
矢野経済研究所の調査によると、ERPパッケージベンダーのユーザー企業のうち、クラウドベースのERPシステムを導入している企業は2018年時点で28.2%で、前年から5.8ポイント増えた。(2019/9/24)

RPA化のその前に、今日からはじめる業務可視化:
「もったいない星人」の暗躍で会社が病む 迫りくる2025年の崖
「それ昔、購入したよね。まだ使えるし! まだ動くよ!」とドヤ顔で説明する経営陣のせいで、老朽化したシステムのおもりなどの無駄な業務が発生している――。この「もったいない星人」が暗躍すれば企業は2025年の崖を乗り越えられず、そのまま沈んでいくでしょう。「もったいない星人」にどう対処するのか。(2019/9/20)

中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解(6):
自社だけでできる、コストとリソースを最小限にした「CSIRT」構築レシピ&鉄則
広く一般的な言葉として使われるようになった「CSIRT」。中堅・中小企業にも必要な理由と、コストとリソースを最小限にした、自組織で構築する際の鉄則や具体的な方法を紹介する。(2019/9/20)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
北海道の冬を支える灯油配送、不安定な交通状況を乗り越えたクラウド活用法とは
冬の北海道の予測困難な路面状況を、クラウドとデータ活用で乗り越えた企業がある。いちたかガスワンでは、ベテラン配送員のノウハウをシステム化し、基幹システムとのクラウド連携を組み合わせ、大幅な業務改善に成功した。(2019/9/19)

クラウドのメリットを最大化するには
マルチクラウド時代の複雑性に対応するITインフラのカギは“オープン”にあり
ビジネスのスピードアップや効率化を目指す企業の間で、複数のクラウド(IaaS)を同時並行的に利用する“マルチクラウド”の状況は珍しくない。マルチクラウド化で気になるのは運用管理の問題だ。これにどう立ち向かうべきか。(2019/9/26)

PR:レポート自動作成をRPAで行うなら? 柔軟・低コストで実現できる軽技Web
少子高齢化を背景とした労働力不足への対応として、昨今注目されているのが業務の自動化だ。ソフトウェアのロボットが業務を代行してくれるRPAが有名だが、多くの企業にとってルーティンワークであるレポート作成については、より柔軟に低コストで実現する方法がある。(2019/9/12)

PR:面倒なデータ移行が会計システム刷新の妨げに…… 安価で手軽な解決策とは?
(2019/9/12)

Oracle Partner Awards受賞パートナー企業特集:
PR:30年超える深いパートナーシップが支えるExadataの品質レベルとサポート Oracle Database Appliance販売数世界最多が見据えるパートナーの「その先」
(2019/9/11)

PR:「RPAに興味はあるが踏み切れない」というジレンマに「逆転の発想」で風穴を開ける方法
「労働生産性の向上」が叫ばれる昨今、ソフトウェアによって人間の業務を代行する「RPAソリューション」への関心が高まっている。その一方で、下準備やコスト面などの問題から「関心はあるものの導入に向けた動きがなかなか進まない」という課題を抱えている企業も多い。ミツイワのデスクトップ業務自動化ツール「My Automation!」は、そうしたジレンマを抱えた企業にとっての「突破口」となる可能性を秘めている。(2019/9/24)

Oracle Partner Awards受賞パートナー企業特集:
PR:長い付き合いだから分かるクラウドの強み 徹底比較で検証した基本スペックの高さ Oracle Cloudインフルエンサーができること
(2019/9/6)

「あと5分動いてくれれば助かったのに」を解消する方法:
PR:電源トラブル対策していますか? エッジ環境に最適なUPSの形とは
企業のデジタルトランスフォーメーションが推進される中、エッジ環境の重要性が増している。そこで注意すべきは、インフラ環境における電源保護だ。停電が原因でシステムが止まってしまうと、事業継続に影響が出ることもある。その対策について考察する。(2019/9/5)

キャッシュレス決済とAzureを連携 金融機関のDX支援へ、日本マイクロソフトとインフキュリオンが協業
日本マイクロソフトとインフキュリオン・グループは、金融機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する「次世代金融プラットフォーム」で協業。QRコード決済に対応したウォレットシステムを「Microsoft Azure」上に構築し、信頼性の高い決済システムの運用環境を提供する。(2019/8/29)

Oracle Partner Awards受賞パートナー企業特集:
PR:本格的なクラウド移行に向け新機能を徹底検証 少人数の情シス部門でもOracle Cloudを
(2019/8/29)

「HCIのメリット」を確実に提供:
PR:“Nutanixならではの利便性”を、経験とノウハウをサービス化しNutanixをフル活用する日立のサポートケイパビリティ
複雑化、大規模化したインフラの運用管理負荷増大に悩む企業が多い中、急速に導入企業数が伸び続けているハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)。中でも、マルチハイパーバイザー対応、各種自動化機能など、パブリッククラウドとのハイブリッド化も見据えた数々の特長を持つNutanixは、HCI市場をけん引する製品の一つだ。だが簡単、シンプルを特長とするHCIとはいえ、単に導入するだけで期待する効果を享受できるわけではない。では、SIerとしての顔も持ち、国内企業のニーズや課題を知り尽くしている日立製作所はNutanixをどう届けるのか。詳細を探った。(2019/8/30)

スライムしか出ないダンジョンを周回していませんか:
「案件ガチャ」はなぜ起きる
IT業界解説シリーズ、第5弾は三次請け以降で働くエンジニアが知っておきたい「案件ガチャ」の発生メカニズムと攻略法を徹底解説します。(2019/9/2)

クラウドサービスが当たり前だからこそ重要
「セキュリティ」「運用管理」「パフォーマンス」を改善するネットワーク仮想化
クラウドや仮想化の普及によってネットワーク構成が複雑となり、構築や運用に関する「従来のセオリー」が通用しなくなってきている。これまでの考え方のままで大丈夫なのだろうか。(2019/8/26)

あの会社のこの商品:
人の心を癒すロボット「Qoobo」は、どのようにして生まれたのか
「ペットを飼いたいなあ」と思っていても、何らかの事情で飼えない人も多い。そのような人たちに癒やしを提供するのが、ユカイ工学の「Qoobo」。海外でも評判が高いユニークなロボットは、どのようにして誕生したのか。(2019/8/22)

SuperStreamが15年ぶりに人事給与システムを大幅刷新:
PR:「日本の人事部の『現場に本当に必要なもの』を追求」 HRTechを実現する人事体制
人材(Human)を資産(Resources)と見なし、ITの力で有効活用を促進するHRTechが注目を浴びている。24年間、人事給与システムを作り続けてきた老舗のERPパッケージベンダーが新たにリリースした、「人材の個人情報」を活用するためのツールとは。(2019/9/4)

SaaS型ERP導入に失敗しないための「5つのポイント」:
第7回(最終回)SaaS型ERP導入の取り組み、その未来はどこへ?
最終回の今回は、クラウドを活用したSaaS型ERPの将来と各社の取り組みに加え、それらを導入する際の成功のポイントをまとめました。(2019/8/21)

Google Cloud Next Tokyo ’19:
Google CloudはAnthosで「次のVMware」になろうとしている FFGはCloud Spannerで次世代銀行システムを開発
Google Cloudのイベント「Google Cloud Next Tokyo ’19」では、分散データベース「Cloud Spanner」の利用が、金融基幹システムにも広がりつつあることが示された。一方マルチクラウドコンテナ環境の「Anthos」でGoogle Cloudは、アプリケーションのモダナイゼーションツールとしての役割を強調した。Google CloudはAnthosで、「次のVMware」になろうとしている。(2019/8/13)

製造IT導入事例:
電子部品メーカーが「SAP S/4HANA」を採用、経営の可視化や製品別の損益把握に
SAPジャパンのERPスイート「SAP S/4HANA」を日星電気が次期経営基幹システムとして採用した。これにより日星電気は、経営情報の可視化や生産管理業務全体の見直しを図り、将来のデジタル改革に向け次期プラットフォームを構築する。(2019/8/9)

重要な3つの視点:
PR:「正しいクラウド時代のデータ保護」実現に向け、情シスがとるべき道筋とは?
多くの企業でクラウドが使われるようになった一方で、管理すべき環境は複雑さを増している。日々重要になるデータを守る責務を負う情報システム部門は、どんな道筋をたどって未来へ向かえばいいのだろう。(2019/8/8)

PR:次世代ERPは「自動で分析」「Xデータと連携」――SAPが描く“仕事をラクにする”企業システム
(2019/8/5)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(7):
豪雨や地震に備えた京都大学の全面クラウド化──現実的なBCP/DRに向けたIaaS、PaaS、SaaS活用の先に得られた知見とは
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。京都大学の事例では、IaaSだけではなくPaaSやSaaSも活用した、システム全面クラウド化のポイントをお届けする。(2019/8/1)

少数精鋭の「DX専門部隊」も:
クラウド事業を強化する日本オラクル 幹部が語る、DX推進事業「4つの柱」とは
AWSやMS、Googleといった競合のひしめくクラウド業界。そんな中、日本オラクルが、「新ビジネス創出を支援する」というDX支援の取り組みを紹介した。数年の試行錯誤から生み出したという、その中身とは。(2019/7/31)

スマートファクトリー:
PR:見えない“反応”を記録、顧客志向を貫く素材製造業がスマート工場化に進むワケ
材料を投入した後は計器を眺めながら正しい反応が進んでいるかを確認する……。こうしたプロセス製造の現場でスマート工場化への取り組みが進んでいる。ポイントは「見えないモノを見る」という点だ。顧客志向で主要顧客の近くに多くの工場を展開するハリマ化成も同様である。多くの工場を展開するハリマ化成グループにとって「工場の効率」は死活問題だった。同社のスマート工場化への取り組みと仙台工場での事例について聞いた。(2019/7/30)

PR:RPAのリアルな疑問を解決! アンケート結果から探る「導入のコツ」とは
(2019/7/31)

基幹系システムもクラウド運用の時代
「クラウドに移行したいけど自社要件が……」と悩む担当者に知ってほしい解決策
VMware vSphereで構築した既存環境をクラウドに移行するにはどんな選択肢があるのか。VMware vSphereベースのクラウドサービスといっても設計の自由度や運用の範囲などさまざまだ。(2019/8/5)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(6):
AWSは高い? 15時間の基幹システム全停止で地獄に近づいた日機装のIT部門がV2C移行――何を重視したのか
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。基幹システムの安定化、パフォーマンス向上、コスト削減などを目指した日機装の事例からは、特にコスト削減のポイントを中心にお届けする。(2019/7/26)

データエコシステム市場はブルーオーシャン:
IoT市場には「データエコシステム」の形成が必要 IDC調査結果
IDC Japanは、IoTが生み出す価値を最大化するには「データエコシステム」の形成が必要だと主張する。IoTを活用したビジネス競争が激化する一方、外部データを活用して新市場を創造する「データエコシステム」の世界にはまだ競合相手が存在しないと見ている。(2019/7/24)

PR:電子サインを埋め込んだPDFを共通基盤として、ペーパーレス化を実現した京都銀行
2017年からiPadを使い渉外業務のペーパーレス化を進めてきた京都銀行。保険申込業務を皮切りに、取次業務、投信申込業務、住所変更業務と対応業務を拡大し、19年4月からは全店で展開している。スピーディーなペーパーレス化を可能としたのが、PDFを共通基盤として活用した点だ。(2019/7/24)

製造業IoT:
IoTはもはやレッドオーシャン!? ブルーオーシャンは「データエコシステム」に
IDC Japanは、国内でIoT事業を推進するベンダーや企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表した。(2019/7/23)

「UiPath AI EXPO ロボットにAI♡を込めて」7月30日開催:
PR:「頭脳には手や足につながる神経が必要だ」 RPA×AIで自動化の範囲が飛躍的に広がる UiPath 長谷川 CEO&PKSHA下村氏が語る“これからのビジネス”
(2019/7/17)

IT酒場放浪記:
変化が避けられない時代に「老舗企業」が生き残る方法は 8社を渡り歩いたLIXIL IT部長が学んだこと
変化の時代に老舗企業が生き残るためにすべきこととは。(2019/7/26)

「オンプレ同等のクラウド」は実現可能か
オンプレミスからクラウドへのシステム移行を経験した企業の考えを学ぶ
クラウドやオンプレミスといった環境を意識せず、システム、アプリケーションやデータを行き来させるにはどうすればいいか。福井銀行と某化学メーカーの事例から、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境を実現するヒントを探る。(2019/8/6)

「つながる」だけではない、オートノマス・ネットワークのこれから:
PR:デジタルトランスフォーメーションを支えるネットワークの姿とは?
しばしば聞かれる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という言葉だが、具体的にはどのような変化を意味するのだろうか。米Extreme Networksのペリー・コーレル氏はInterop Tokyo 2019の基調講演の中でDXによる変化をひもとき、DXを支えるネットワークに求められる要素を説明した。(2019/7/16)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
LIXILのIT部長が“真逆の世界”で見たもの――「Webベンチャーの最先端」は、伝統的な製造業で通用するのか
自由なWebの世界から、なぜ、あえて伝統的な大会社へ? ITの便利さを伝えるべく、DMM.comラボからLIXILに転職した男が見たものは!?(2019/7/25)

標準運用付きクラウドサービスが鍵に
SAPやOracleにも「2025年の崖」? 利用企業に立ちはだかる5つの課題とは
クラウド活用が一般化しつつあり、「自社もクラウドに」と基幹システムの移行を考える企業は少なくないだろう。だが特に「SAP ERP」や「Oracle EBS」を利用する企業は注意が必要だ。それはなぜか。(2019/7/23)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(2):
「クラウドによるデジタル基盤の構築」と「働き方改革」は両立する――サーバーワークスとJ. フロント リテイリング
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。サーバーワークスが協力したJ. フロント リテイリングの移行事例では、「クラウドによるデジタル基盤の構築」と「働き方改革」を両立させるためのポイントが紹介された。(2019/7/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。