ニュース
» 2010年06月03日 15時49分 UPDATE

NTTコムウェア、4700人が利用する仮想デスクトップ環境を構築

NTTコムウェアは、セキュリティ強化を目的に仮想デスクトップ環境を構築した。

[國谷武史,ITmedia]

 NTTコムウェアは、約4700の社員が利用する仮想デスクトップ環境を構築した。導入支援を手掛けたシトリックス・システムズ・ジャパンが6月3日付で発表した。

 仮想デスクトップ環境の導入理由は、セキュリティ対策やデスクトップ管理コストの削減、他社へのサービス展開となる。NTTコムウェアは、企業向けクラウドコンピューティングサービス基盤「SmartCloud」の準備を進めており、まずは自社向けに仮想デスクトップを導入した。

 構築に際しては、シトリックスのアプリケーション仮想化製品「Citrix XenApp」、デスクトップ仮想化製品「Citrix XenDesktop」、サーバ仮想化製品「Citrix XenServer」を採用した。

 NTTコムウェアは、以前からWAN経由でのアプリケーションの高速配信にXenAppを利用していた。シトリックスは2月にXenAppからXenDesktop 4への移行を支援するプログラム「トレードアッププログラム」を提供している。同プログラムは、XenAppのユーザーライセンスを2倍の数のXenDesktop 4ユーザーライセンスに交換できるもので、仮想デスクトップ環境の導入に伴うコストを削減できる。NTTコムウェアは、導入コストの抑制やセキュリティ対策の強化を見込んで採用を決めたという。

nttcmw.jpg 仮想デスクトップ環境のイメージ

 仮想デスクトップ環境の導入により、クライアント端末が紛失などにあっても情報漏えいが発生するリスクが大幅に解消された。仮想デスクトップ環境をサーバで集中管理するため、管理者が一括してOSやソフトウェアのセキュリティアップデートを適用できるようになった。従来はこの作業を社員に任せていたため、適用が行われなかった場合にマルウェアに感染する危険性が高まっていた。

 NTTコムウェアは今回の構築経験を活用し、「SmartCloud」を利用した仮想デスクトップサービスを他社に提供する予定だという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -