ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NTTコムウェア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NTTコムウェア」に関する情報が集まったページです。

検査・維持管理:
NTTコムウェアがインフラ点検分野に本格参入、第1弾はAI施工検査と情報共有クラウド
NTTコムウェアは、AI施工検査サービス「Infratector typeC」及び現場とオフィスの情報共有クラウドサービス「フィールドコラボ」を開発した。(2021/4/23)

4歩行ロボ+3Dマップで公園管理を自動化 NTTコムウェア、平城京跡で実験
4足歩行ロボットと画像認識AI、3Dマップなどを活用し、広大な公園の維持管理を効率化・自動化する「自動巡回点検検証」の実験が、奈良市・平安京跡の「平城宮跡歴史公園」で始まる。(2021/1/22)

歴史公園スマートチャレンジ:
4足歩行ロボで平城宮を巡回 NTTコムウェアが社会実験
エヌ・ティ・ティ・コムウェアは1月21日、国営平城宮跡歴史公園(奈良市)で4足歩行ロボットと画像認識AIなどを活用した「自動巡回点検検証」を2月から実施すると発表した。(2021/1/22)

NTTコムは2021年夏頃にドコモの子会社に 個人向けMVNO事業はレゾナントが担当
NTT持株が、NTTドコモの完全子会社化に伴うグループ再編の詳細を公表した。テップ1として、2021年夏頃をめどに、NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアをドコモの子会社とする。ステップ2として、2022年春〜夏頃をめどに、ドコモとNTTコムらが担う役割を整理する。(2020/12/25)

ドコモ、21年夏めどにコム・コムウェアを子会社化
NTTは、2021年夏をめどにNTTコミュニケーションズとNTTコムウェアをNTTドコモの子会社に移管すると明らかにした。個人向け事業はドコモに残し、法人向け営業はコムに一元化。コムウェアは新ドコモグループのソフトウェア開発を担当する。(2020/12/25)

ドコモ完全子会社化へ、NTTが正式発表 NTT Comのドコモへの移管も検討
NTTがドコモを完全子会社化すると正式に発表。買い付け額は4兆3000億円を見込む。現時点では未定だが、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアのドコモへの移管など、グループ再編も検討する。(2020/9/29)

NTTコムウェア、クラウド型勤務管理サービスを無償提供 中小企業のテレワーク導入を支援
NTTコムウェアは、クラウド型勤務管理サービス「follow」を最大6カ月間無償提供する。同サービスは、固定時間の勤務管理だけでなく、時差出勤やフレックスタイム制のような複雑な勤務体系にも対応できる。同社によると、今回の無償提供は中小企業のテレワーク導入支援を目的としている。(2020/6/8)

ドローン点検:
5G/ドローン/ARスマートグラスで点検業務を効率化、実証実験に成功
NTTコムウェアら5社は、5G・ドローン・ARスマートグラスを活用した遠隔ビル外壁点検の実証実験に成功。高速大容量・低遅延な映像伝送によるドローン点検業務の効率化を実現する。(2019/12/4)

ガス圧接継手をAIで検査 NTTコムウェアと清水建設が実証実験
NTTコムウェアは清水建設と共同で、画像認識AIによるガス圧接継手検査の実証実験を実施する。従来の目視検査とAIの画像認識結果を比較して判定精度や作業時間、操作性などを検証する。(2019/11/22)

AI:
「鉄筋継手」をAIで自動検査、NTTコムウェアと清水建設が2020年に試験運用へ
NTTコムウェアは、業務量が膨大な一方で、熟練者の経験に依存している鉄筋継手の検査業務を、独自のAIで自動化する技術を開発した。スマートデバイス上のアプリから撮影するだけで、継手部分の球の形状が適正化かを判定する。2020年中の実用化を目指し、同年1月から、ともに開発を進めてきた清水建設の実現場でトライアルを開始するという。(2019/11/22)

5G、ドローン、ARスマートグラスを活用した遠隔ビル外壁点検 NTTコムウェアらが実証実験
NTTコムウェアら5社は、5GでのドローンとARスマートグラスを活用した遠隔ビル外壁点検の実証実験に成功。点検熟練者が作業現場へ赴く移動時間の削減や、熟練者による複数現場の並行対応による効率的なノウハウ継承などへ寄与できるとしている。(2019/11/19)

AI:
ニチレキら3社、AI画像解析による「局部損傷」診断技術を共同開発
ニチレキ、東日本電信電話、NTTコムウェアは、舗装道路の路面点検/診断/措置の一貫ソリューションに向けて、AIによる「局部損傷」診断技術を共同で開発。2019年度中の実用化を目指す。(2019/9/3)

AI活用の路面診断で「緊急修繕が必要な箇所」を自動検出――ニチレキ、NTT東日本など3社が共同開発、2019年度内に実用化へ
道路舗装業などを手掛けるニチレキ、NTT東日本、NTTコムウェアは、画像解析により、緊急の措置が必要な舗装道路の「局部損傷」を診断するAI技術を共同開発する。重篤な損傷に至る前に補修する「路面点検・診断・措置」の一貫ソリューションとして、2019年度中の実用化を目指す。(2019/7/29)

画像認識AIで道路の損傷を予測 壊れる前にピンポイント補修可能に
NTT東日本とNTTコムウェア、ニチレキが、画像認識AIで道路の損傷を予測する技術を共同開発したと発表した。(2019/7/25)

ドローンでインフラを3Dモデル化、不具合箇所をAIが解析
NTTコムウェアがインフラ設備点検向けのドローンソリューションを発表。ドローンで撮影した画像を3Dモデル化し、このデータをAIが分析することで、インフラ点検業務を効率化するという。(2018/11/28)

“ドローン+AI+MR”でインフラ設備の保守点検 現実とメンテ情報を重ねて表示――NTTコムウェア、「スマートメンテナンスソリューション」を2018年内開始
NTTコムウェアは、通信設備などのインフラ設備の保守点検にドローン、AI、MRを活用する「スマートメンテナンスソリューション」を開始する。ドローンの撮影映像から設備を3Dモデル化。現実の映像に保守点検の支援情報を重ねて表示するなど、点検漏れ抑止や確実な補修作業を支援する。(2018/11/26)

サブスクリプションビジネスの料金請求業務をクラウドで統合サポート――NTTコムウェア、「Smart Billing」を提供
NTTコムウェアは、サブスクリプションビジネス向けの料金請求プラットフォームをクラウドサービスとして提供する「Smart Billing」を開始。契約管理、課金、請求、回収、会計、分析といった料金請求に関わる一連の機能を備え、新規ビジネスの早期立ち上げや請求業務の効率化を支援する。(2018/11/26)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
NTTコムウェアが働き方改革のためにEVIDIAN-BULLの認証基盤を導入した理由
@ITは、2018年6月22日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、EVIDIAN-BULL JAPANの講演「多様化する働き方、変革期の企業システムに求められる認証基盤について」の内容をお伝えする。(2018/8/17)

ETLや名寄せツールを使いこなす
NTTコムウェアとUQコミュニケーションズに学ぶデータ統合の間違いないプロセス
データドリブンな意思決定を志向する企業が増えつつあるが、たくさんのデータを持っていればビジネスに有利といえば、必ずしもそうではないようだ。(2018/4/26)

“ドローン×画像認識AI”で漁業密漁を監視――ミツイワとNTTコムウェア、サービス実用化に向けた共同実証へ
ミツイワは、ドローンによる漁業密漁の監視抑止サービスの映像認識に、NTTコムウェアの画像認識AI「Deeptector」を採用。サービスの実用化に向け、2018年4月から漁場でのフィールド検証を開始する。(2018/3/29)

検査自動化:
月額26万円で画像認識AIによる外観検査ができる、「製造業の関心極めて強い」
NTTコムウェアは、ディープラーニングを用いた画像認識AI「Deeptector」の新製品となる「産業用エッジAIパッケージ」を発表した。HPEのエッジコンピューティング向け製品「Edgeline EL1000 Converged IoT System」にNVIDIAの「Tesla P4」を2枚組み込み、Deeptectorをプリインストールしたパッケージ製品で、月額26万円からで利用できる。(2017/11/2)

「ラーメン二郎」全店舗“見分ける”bot NTTコムウェア技術者が趣味で開発
「ラーメン二郎」のラーメン画像をリプライすると、どこの二郎なのか答えてくれる――そんなTwitterのbotアカウントを、NTTコムウェアの技術者が趣味で開発した。正答率は約87%という。(2017/8/10)

エヌ・ティ・ティ・コムウェア Deep Learning画像認識プラットフォーム:
製品検査に画像認識導入、ディープラーニングで手軽に
NTTコムウェアがディープラーニングを利用した、製造業向けの画像認識プラットフォームを販売開始した。生産ラインの監視や検品といった、これまで熟練者の目視で確認していた業務を監視カメラとAIに刷新できる。既存システムとの連携も容易だとする。(2017/3/9)

人工知能ニュース:
ディープラーニングで画像認識をお手軽に、狙いは製品検査含む「3M領域」
NTTコムウェアは、ディープラーニング技術を活用した画像認識プラットフォームを発売する。製造業の製品検査工程などでの活用を目指す。2017年度の売上高は5000万円を目指している。(2017/3/1)

新たな人事戦略:
NTTコムウェアが導入した「タレントマネジメント」という“武器”
日本企業のグローバル化が加速する中で、新たな課題が浮き彫りになってきた。従来型の人材管理では対応することが難しく、各社は対応に追われている。このような状況の中で、NTTコムウェアは新たなシステムを導入した。それは……。(2015/11/16)

「IT×人事」の新潮流:
NTTコムウェアが“タレントマネジメント”を導入した理由
社員一人一人の資質に焦点を当て、埋もれた人材を発掘する――。今、社内の人材を有効活用する人事戦略「タレントマネジメント」が注目を集めている。NTTコムウェアでは、クラウドを使って社員のスキルを可視化する新人事システムを構築しようとしている。その理由とは?(2015/4/27)

マイナンバー対策などの受託を加速:
NTTコムウェア、「SOC2保証報告書 Type2」取得
NTTコムウェアの同社データセンターサービスが「SOC2保証報告書 Type2」を取得した。クラウドやBCP、マイナンバー対応などでアウトソースを考える企業が選定する基準の1つになる。(2015/4/8)

エネルギー管理:
スマートメーターの情報をテレビに、NTTグループが通信サービスと連携
1年後に始まる小売の全面自由化に向けて、電力と通信を融合したサービスが広がりを見せる。NTT西日本とNTTコムウェアはインターネット通信サービスの利用者にスマートメーターの情報を提供できるシステムを開発した。電力使用量のデータを活用したサービスを他の事業者と共同で展開する。(2015/1/29)

Twitterユーザーの関心分野を分析するサービス、NTTコムウェアが開始
Twitterユーザーの投稿内容を分析し、特定の商品の“ファン”が他にどのような関心分野を持っているかを抽出するサービス「InsightCatcher」を、NTTコムウェアが8月1日から提供開始する。(2013/7/30)

災害時に役立つ通信技術:
モバイル網が途絶えても情報伝達を――NTTコムウェア、Bluetoothで複数スマホ同士を接続するネットワーク技術を開発
NTTコムウェアが、携帯通信ネットワークが機能しない災害時などにBluetoothを使って端末同士が接続してネットワークを作り、情報伝達・共有できる技術を開発した。(2012/12/19)

省エネ機器:
電力効率は世界最高レベル、冷房機器が必要ないデータセンター
大量のサーバを集積しているデータセンターでは、サーバが発する熱を効率良く取り除く必要がある。NTTコムウェアは冷房機器を一切不要としたデータセンターを開発し、このデータセンターを利用したサービスの提供を始める。(2012/10/12)

社内の営業資料やカタログをスマートデバイス向けに電子化――「スマートマニュアル」
NTTコムウェアが、社内の営業資料やカタログをスマートデバイス向けに電子化するソリューション「スマートマニュアル」を発売する。(2012/6/11)

NTTコムウェア、スマートデバイス運用管理の代行サービスを開始
NTTコムウェアは、スマートフォン/タブレット端末の運用管理を代行するサービス「端末ライフサイクルマネジメント」を開始した。1台につき月額700円から利用できる。(2011/10/14)

NEWS
スマートデバイス活用を「ゆりかごから墓場まで」支援、NTTコムウェアが新サービス
管理者にとってPC管理だけでも骨が折れるのに、新たにスマートデバイスを管理するとなると負担は急増する。その負担を軽減すべく、NTTコムウェアはスマートデバイスの導入から廃棄までの支援サービスを発表した。(2011/10/13)

スマホで撮影した写真が動き出すARサービス NTTコムウェアが発売
スマートフォンで写真を撮影すると、写真が動き出したかのように動画を再生――そんなAR広告やキャンペーンを可能にするサービスをNTTコムウェアがSaaS型で提供。月額39万円から。(2011/9/13)

QRコードでカード決済が可能な「EasyDo」がスマホに対応
携帯電話でクレジット決済が可能になるNTTコムウェアの「EasyDo」が、スマートフォンなどでも利用可能になる。商品情報や決済情報が埋め込まれたQRコードを読み取り、表示されたサイトにクレジット番号を入力する。(2011/7/26)

新聞の不動産広告にAR活用 飯田産業とNTTコムウェアが実証実験
折り込み広告の画像を撮影すると、商品にまつわる動画を視聴できる――。飯田産業とNTTコムウェアが、ARを活用した動画配信の実証実験を開始する。(2011/1/21)

ブルーノート東京、ARを使った公演プロモーションの実証実験
ブルーノートジャパンとNTTコムウェアが、ARを使ったプロモーションの実証実験を行う。ポスターなどにスマートフォンをかざすと、画像が動き出し、演奏シーンを再生する。(2010/12/23)

小樽商科大学がAR観光の実験、NTTコムウェアの技術を利用
小樽商科大学がNTTコムウェアの画像認識技術を活用してAR(拡張現実)観光情報提供システムの実験を行う。観光案内地図に掲載された写真を撮影すると、画像を認識して写真に合った動画が再生されるという。(2010/9/3)

NTTコムウェアがクラウドサービスを始動、IaaSとDaaSから
NTTコムウェアは、クラウドサービス基盤「SmartCloud」を利用したICTリソースの貸与と仮想デスクトップサービスを開始する。(2010/7/14)

NTTコムウェア、4700人が利用する仮想デスクトップ環境を構築
NTTコムウェアは、セキュリティ強化を目的に仮想デスクトップ環境を構築した。(2010/6/3)

クラウドビジネス探訪:
クラウドのエンタープライズ利用のタイミングを見極める
NTTコムウェアが2009年夏にサービス提供開始を発表した「SmartCloud(スマートクラウド)」。キャリアグレードのサービスを前提にしたクラウドサービスが生まれた背景とは。(2010/2/27)

マネジメントの真髄:
クラウド時代に真価が問われるもの――力を発揮できるチーム作りとは
企業の多くがクラウド活用を進めていく中、これまで以上に真価を問われるのはシステム運用管理をつかさどる部門だ。自社のサービスプロバイダー事業部門でISO/IEC20000の認証範囲を着々と拡大させているNTTコムウェアは、力を十分に発揮できるチーム作りに取り組んでいる。(2009/9/9)

セミアクティブタグを活用:
NTTコムウェア、ハンズフリー型の入退室管理システムを3万人規模で導入へ
NTTコムウェアは、セミアクティブ型のRIFDを活用した入退室管理システムを、2010年度に22拠点で導入する。別々に運用していたシステムを一本化し、3万人規模が使えるシステムに拡大する見通しだ。(2009/1/29)

7000平方メートル増床:
NTTコムウェアが東京データセンターを増床 倍以上の床面積に
東京にあるデータセンターを7000平方メートル増床する。好条件の立地を生かして、都心の企業にデータセンターサービスを提供していく。(2008/6/25)

QRコードと携帯電話でクレジット決済、NTTコムウェアが新サービス
NTTコムウェアは、QRコードを携帯電話で読み取ることで保険料を支払える新サービスを始める。(2008/4/9)

複数人で同時に3D映像を視聴するシステム NTTコムウェア
かねてから3D映像システムの開発を進めるNTTコムウェアは、奥行き映像を利用してリアルタイムに多視点3D映像を作成する技術を開発した。(2007/11/27)

UCカードとNTTコムウェア、携帯活用の保険会社向けクレジットカード決済システムで提携
(2007/10/15)

NTTコムウェア、管理外PCの接続を遮断する検疫ツール
NTTコムウェアは、PC資産管理/セキュリティ管理システムにおいてポリシー違反PCのアクセスを制御する「AdminITy」の検疫オプション機能を提供開始した。(2007/10/11)

NTTコムウェア、山口銀行にフィッシング対策サービスを提供
NTTコムウェアは、フィッシング対策ソリューション「フィッシュカット」を山口銀行に導入した。(2007/9/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。