ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年07月25日 17時00分 公開

画像認識AIで道路の損傷を予測 壊れる前にピンポイント補修可能に

NTT東日本とNTTコムウェア、ニチレキが、画像認識AIで道路の損傷を予測する技術を共同開発したと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 NTT東日本とNTTコムウェア、舗装材料の製造販売を手掛けるニチレキ(千代田区)は7月25日、画像認識AI(人工知能)を使って道路の損傷を予測する技術を共同開発したと発表した。舗装のはがれなど重大な損傷になる前にピンポイントで補修すべき場所を特定できるとして、2019年度のサービス開始を目指す。

photo

 道路を50センチ四方のエリアに分けた画像からひび割れ具合を分析し、重大な損傷になりそうな場所を判断する。従来はひび割れの面積から判断していたが、NTTコムウェアの画像認識AI「Deeptector」を使い、ひびの交点を数えて割れの細かさから舗装の下にある地盤の損傷具合を評価する方法を追加。舗装がはがれ、へこみや穴などの損傷に進行する前に、予防できるとしている。

photo

 高度経済成長期に作られた道路が一斉に老朽化する可能性がある一方、道路の維持費は減っているため損傷箇所を全て補修できない状況にある。3社は、道路の損傷が予測できれば、限られた予算の中でも必要な箇所をピンポイントに補修できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.