ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HPE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HPE」に関する情報が集まったページです。

プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【後編】
AWS、Google、Dell EMCの「プライベートクラウド」構築に役立つ認定資格とは?
プライベートクラウド構築に携わるIT管理者を支援すべく、ベンダー各社は自社製品に関する知識や技術の獲得に役立つ認定資格や教材を用意している。AWS、Google、Dell EMCの認定資格や教材を紹介しよう。(2021/4/17)

NVIDIA、BlueField-3 DPU活用のAIフレームワーク「NVIDIA Morpheus」を発表
NVIDIAは、サイバーセキュリティプロバイダー向けのAIフレームワーク「NVIDIA Morpheusアプリケーションフレームワーク」を発表。機械学習などのAI機能と高性能DPU「BlueField-3」を活用し、サイバー侵害を即座に検知するAIソリューションを開発できる。(2021/4/15)

NVIDIAがデータセンター向けCPU「Grace」を開発 Armアーキテクチャを採用して2023年初頭に発売へ
NVIDIAが、データセンター向けGPUに加えて“CPU”の開発を表明した。現在買収手続きを進めているArmのアーキテクチャを使って設計することで、省電力性と高速演算を両立したことが特徴だ。(2021/4/13)

NVIDIAが「GTC 2021」で発表したことの一部まとめ
NVIDIAは4月12日にオンラインで年次カンファレンス「GTC 2021」を開催し、多数の新製品やプロジェクトを発表した。その一部を紹介する。(2021/4/13)

NVIDIA、Armベースのデータセンター向けCPU「Grace」発表
NVIDIAが同社としては初となるCPUを発表した。Armベースのデータセンター向けでコードネームは「Grace」。AIのトレーニングで現在最速とされるサーバの10倍の性能を提供するとしている。(2021/4/13)

プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【前編】
「プライベートクラウド」のスキルが育つHPEとMicrosoftの認定資格・教材とは?
プライベートクラウドの構築と管理には広範なスキルが求められる。こうしたスキルの習得に役立つのが、ベンダーによる認定資格や教材だ。まずはMicrosoftとHPEの主な認定資格や教材を確認しよう。(2021/4/10)

クラウド時代のニーズに応える:
Imperva、クラウドデータベースを統合管理するセキュリティプラットフォームを発表
Impervaは、クラウド向けのデータ中心型セキュリティプラットフォームを発表した。多様なデータベースを統合管理することで、クラウドにおけるデータのセキュリティ確保とコンプライアンスへの準拠を大幅に簡素化する。(2021/4/8)

オンプレミスとクラウドの様相【前編】
「オンプレミス回帰」「脱クラウド」でクラウドサービスの顧客離れは進むのか
オンプレミスのインフラとクラウドサービスを組み合わせて利用することが一般的になり、企業は運用管理が複雑になる問題に直面している。クラウドサービスへの移行の失敗も問題をややこしくしている。(2021/4/6)

2020年の国内サーバ市場、4年ぶりのマイナス成長 明暗を分けた要素は――IDC
IDC Japanによると、2020年通年を対象とした国内サーバ市場は前年比4.1%減のマイナス成長となったが、クラウドサービスベンダー向けカスタムサーバや、「富岳」などのスーパーコンピュータの大型案件用途がプラス成長となり、サーバ市場全体のマイナス成長を下支えした。(2021/3/31)

ITインフラ投資を阻害する最大の要因とは? IDCが調査結果を発表
IDCは「2021年 国内企業のエンタープライズインフラのシステムタイプ別トレンド分析」を発表した。現在重点的に投資しているITインフラについては、約4割が「クラウド、ネットワーク、データセンターを対象とした統合管理システムの構築」を挙げた。(2021/3/24)

Weekly Memo:
クラウドサービスの中身をオンプレミスで提供 HPEの“大いなる狙い”とは?
日本ヒューレット・パッカードが「オンプレミス環境でも従量課金で利用できるサービス」として注力している「HPE GreenLake」。最新動向の説明があったのを機に、その“大いなる狙い”について探っていきたい。(2021/3/22)

国内企業のAIへの取り組みに格差が広がる IDCがAI活用の成熟度調査を公開
IDCは、国内企業を対象にAI活用の成熟度を分析した「IDC MaturityScape Benchmark: Artificial Intelligence in Japan, 2021」を発表した。企業のAIの活用に関する成熟度を5つのステージに分類する。(2021/3/18)

「HDD」の需要と技術進化【中編】
クラウドベンダーは「SMR」HDDを積極採用か オンプレミスのHDD導入傾向は?
クラウドベンダーは、今後も大量のHDDをデータセンターに導入する見込みだ。一方、ユーザー企業の間ではオンプレミスのインフラをサービスとして利用する動きが広がり、これがHDDの需要を押し上げる可能性がある。(2021/3/18)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第1回】
「コンテナ」の良さとは? 「HCI」で「Kubernetes」を動かす意味は?
ベンダーは「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)でコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用しやすくする取り組みを活発化させている。HCIとKubernetesにどのような可能性を見込んでいるのか。(2021/3/12)

クラウドとオンプレミス両方で利用可能 HPEが無停止データベース「HPE NonStop SQL Cloud Edition」を提供開始
HPEは、「HPE NonStop SQL Cloud Edition」の提供を開始する。無停止データベースにデータベース管理ソフトとデータベース監視ツールを同梱し、セキュリティやデータ保護、耐障害性を確保した。(2021/3/8)

Microsoft Focus:
日本独特の“ハイブリッドクラウド需要”にどう応える? MSがAzure Stack HCI刷新で見せたクラウド戦略のゆくえ
日本マイクロソフトは2021年2月末、新たな機能を加えた「新世代」Azure Stack HCIソリューションを発表した。その背景には、単なるソリューション刷新ではなく、クラウド化に当たって日本市場独特のニーズに応えようとする新たなクラウド戦略がある。その具体的な中身を取り上げつつ、Azure Stack HCIが可能にするクラウド移行の形を解説する。(2021/3/5)

AI市場はソフトウェアが強い:
2021年はAI市場が成長する、IDCが予測
IDCは2021年2月23日、全世界の人工知能(AI)市場について、予測を発表した。AIソフトウェアやAIハードウェア、AIサービスを含む調査であり、「Worldwide Semiannual Artificial Intelligence Tracker」により詳しい報告をまとめた。(2021/3/2)

全国の理論物理学研究に利用:
京大、基礎物理学研究所の新スパコン「Yukawa-21」をデルのサーバで構成 その中身は
京都大学基礎物理学研究所は新スーパーコンピュータシステム「Yukawa-21」に、デル・テクノロジーズのサーバで構成するシステムを採用した。全国の理論物理研究者に向けた同システムの構成とは。(2021/2/19)

新卒3年目のリーダーが挑むAI市場、HPEの組織改革と課題解決のアプローチ
圧倒的な量のトランザクションをさばき高速かつ正確なデータ処理が求められるAI基盤には、過去複数のジャンルですみ分けされてきたさまざまな計算機性能と技術が同時に求められる。こうした市場の変化に、HPE自身も体制を刷新して挑むことになるようだ。(2021/1/29)

TechTarget発 世界のITニュース
VMware、NutanixのラマスワミCEOを契約違反で提訴 双方の言い分は?
NutanixのラマスワミCEOを契約に違反で提訴したVMware。NutanixとVMware、両社の言い分とは。(2021/1/25)

高集約が運用変革とコスト削減に「効く」:
PR:Nutanix+AMD搭載サーバが注目される理由とは
ビジネスのデジタル化が急速に進む中、ITインフラ運用には一層の業務効率、コスト効率が求められている。その一つの解が数年前から導入企業が増えているHCIだ。価格や仕様などがHCI導入のハードルになる例が少なくなかったものの、ハードルを解消するすべが見つかった。(2021/1/25)

頭脳放談:
第248回 AMDのデータセンター向けプロセッサ「AMD EPYC」は「お、ねだん以上」?
AMDからデータセンター向けプロセッサ「AMD EPYC」の第2世代が発表された。1つのパッケージに64個のx86コアが含まれているという。Intelのデュアルプロセッサ構成のサーバよりも、1プロセッサで高い性能を発揮するという。巨大なデータセンター市場における戦国時代の幕開けか?(2021/1/22)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
二層構造のIT環境から脱却するために、データセンター変革をどう進めるか
IT部門には、新たなテクノロジーをサポートするための柔軟なインフラ構築が求められる。パブリッククラウドこそ環境整備が進むものの、オンプレミス環境の多くは変革から取り残されている。この二層構造を脱却する方法はあるのだろうか。(2021/1/22)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
人頼みのHDD廃棄が招く情報漏えいリスクに、運用と製品の両面から進める解決策
セキュリティというと標的型攻撃など外部の脅威が注目されがちだが、廃棄処理に関する情報漏えいリスクも無視できない。自治体がHDDの廃棄を委託した企業から個人情報が流出した事件は記憶に新しい。このリスクにどう対処すればよいのか。(2021/1/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
最適な従量制IT環境ベンダーを見極めるために、必ず尋ねるべき5つの質問とは
多くの組織が「as a Service」のITモデルに移行しつつあるが、移行には大きなリスクを伴うため、IT環境ベンダーは慎重に選ばなければならない。自社に最適なベンダーかどうかを見極めるためには、必ず尋ねるべき5つの質問がある。(2021/1/13)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
HPCで導き出す最短の新商品設計、TOYO TIREが目指す「逆問題」の解法とは
高機能化する自動車タイヤの設計・開発プロセスにおいて、重要な役割を占めるのがHPCシステムだ。TOYO TIREは、HPCを用いたディープラーニングにより「逆問題の解法」に取り組み、タイヤ開発のイノベーションを実現しようとしている。(2021/1/13)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
高速なストレージでも解決不能、障害やパフォーマンス低下のリスクをどうする?
アプリケーションワークロードの障害や不安定なパフォーマンスといった問題は、いくら高性能なストレージを導入したところで解決できない。ハイブリッド環境の普及でインフラが複雑化する中、求められるデータ管理戦略とは?(2021/1/13)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
「データ保存だけ」から脱却、AI主導で管理/分析も実現するストレージの現在地
複雑なハイブリッドクラウド環境におけるストレージには、データの保存だけでなく、管理/提供/分析、データ配置の最適化など、高度な機能が求められる。そこで注目したいのが、AI主導でクラウドにも対応する次世代のプラットフォームだ。(2021/1/13)

短命の超短編配信サービス「Quibi」のコンテンツをストリーミング端末のRokuが買収
CES 2020で華々しく発表されたがユーザー数が伸びずに10月に終了した超短編動画配信サービス「Quibi」のコンテンツを、米ストリーミング端末シェアトップのRokuが買収した。RokuはQuibiのコンテンツをユーザーに無料で提供する計画だ。(2021/1/9)

TechTarget発 世界のITニュース
Nutanixが新CEOにVMwareの前COOを任命 サブスクとハイブリッドクラウドを推進
Nutanixが新しいCEOに任命したラジブ・ラマスワミ氏は、前職VMwareでCOOとして手腕を振るってきた。Nutanixが求めるサブスクリプション形式への移行やハイブリッドクラウドの推進を後押しする人選だ。(2021/1/8)

CADニュース:
オンプレミスのIT環境を従量課金制で提供する新サービス
Hewlett Packard Enterpriseは、オンプレミスのIT環境を従量課金制で提供する「HPE GreenLake cloud services」の新サービスとパートナーシップを発表した。さまざまなリモートワーカーに対応した最適なソリューションを提供する。(2021/1/5)

Weekly Memo:
HPEの戦略にみる「新たなDXプラットフォーム競争」とは
日本ヒューレット・パッカードが2021年度の事業戦略を明らかにした。そこから、新たなDXプラットフォーム競争の構図が浮かび上がってきた。(2020/12/21)

HPEのサーバ管理ツールにリモートコード実行の緊急脆弱性の報告
HPEのリモート管理ツールに脆弱性が見つかった。深刻度は緊急(Critical)だ。現段階では修正版はでておらず、緩和策が提示されている。(2020/12/17)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:CPU/GPU搭載ストレージ続々登場
特集はメインフレームのモダナイゼーション事例、コンピュテーショナルストレージの用途と主要製品、RPA事例とコンポーザブルインフラ解説の後編。他に5G対応の物理キーボード搭載スマホなどの記事をお届けする。(2020/12/17)

TechTarget発 世界のITニュース
Dell、2021年度第3四半期ストレージ売上高は7%減 「PowerStore」好調も新規が不調
2021年度第3四半期決算を発表したDell Technologies。ストレージ関連の減収が目立った理由として、同社幹部はミッドレンジストレージアレイの売り上げ伸び悩みを挙げる。(2020/12/15)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco、2021年度第2四半期売上予測は前向き 第1四半期から改善の見込み
2021年度第1四半期の売上高が前年同期比9%減少したCisco Systems。ただし同第2四半期での改善を控えめながら楽観視している。(2020/12/2)

TechTarget発 世界のITニュース
Questが「QoreStor」新版、バックアップへのクラウドストレージ活用をより容易に
「QoreStor」の新版は、バックアップ先としてクラウドストレージを活用しやすくするための新機能を備える。クラウドストレージがより多用されるようになるという、開発元のQuest Softwareの読みを反映させた形だ。(2020/12/1)

新世代テープ規格「LTO-9」のインパクト【後編】
「テープ時代の再来」が誇張ではない理由 LTOは360TBも視野に
テープの新規格「LTO-9」は、データの長期アーカイブやサイバー攻撃対策としての用途が期待できる。LTO-9の特徴とともに、進化を続ける「LTO」の今後の動向を確認しよう。(2020/11/26)

ストレージ分析【後編】
ストレージのAIOpsを実現するツール
ストレージの自動管理が現実的になってきた。現時点で入手・利用可能なツールを幾つか紹介する。(2020/11/26)

新世代テープ規格「LTO-9」のインパクト【前編】
テープ新規格LTO-9の「容量はLTO-8の2倍」が実現しなかった理由
テープの新規格「LTO-9」の内容が明らかになった。容量をはじめ、「LTO-8」に対してどのような点が変わったのだろうか。具体的に見てみよう。(2020/11/19)

TechTarget発 世界のITニュース
Ciscoがパートナー支援策を強化 ソフト販売市場「DevNet Marketplace」立ち上げへ
Cisco Systemsはパートナー支援策を強化する。「DevNet」などの開発者向け認定プログラムの拡充に加え、2021年春には認定取得パートナーがソフトウェアを販売できるオンラインマーケットプレースを立ち上げる。(2020/11/17)

FlashArray//Mを活用
法律事務所がオールフラッシュにPure Storageを選んだ“決定的な理由”
法律事務所のCSKは、サーバ仮想化ソフトウェアを「Hyper-V」から「VMware vSphere」に移行すると同時に、データの可用性を高めるためにオールフラッシュストレージアレイを導入した。どの製品をどう選定したのか。(2020/11/11)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
開発者に聞く、障害対応まで自動化する「自律型データセンター」実現への道のり
優れた可用性を備え、障害発生時には自律的に対応可能な次世代データセンターは、あらゆる組織にとって理想の形だ。その実現に向けた基盤技術として、AIとIoTを活用するITインフラの予防保全ソリューションが今、注目されている。(2020/12/24)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
優れた耐障害性と俊敏性を兼備、自己管理型インテリジェントストレージの実力
多くの企業のIT部門はインフラ管理やトラブル対応に時間を割かれ、ミッションクリティカルなアプリケーションに対応できない状況だ。そこで注目したいのが、高い耐障害性とクラウドのアジリティを兼ね備えたストレージプラットフォームだ。(2020/11/6)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
徹底検証、HCIのシンプルさとCIの柔軟性を併せ持つプラットフォームの実力とは
ビジネスにスピードが求められる現在、アプリケーションや仮想マシンを本番環境に迅速に追加するには、高度なアジリティと柔軟性が求められる。そのためCIやHCIの人気が高まっているが、それぞれに課題も指摘される。(2020/11/6)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
1TB月額約1万5000円から、マルチクラウド運用の課題を一掃するストレージとは?
AzureやAWSが普及しマルチクラウドの採用も増える中、データ保護や可視化などストレージ運用に課題を抱える企業が増えている。そこで注目したいのが、1TB当たり月額約1万5000円という価格で、高い可用性やモビリティを実現するサービスだ。(2020/11/5)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
あえて1CPU構成を採用、ジェットが「第2世代AMD EPYC」導入で得た効果とは?
1ソケット当たり最大64コア/128スレッドを実現する高性能CPU「第2世代AMD EPYC」と、その効果を最大化する次世代サーバの登場で、物理サーバ刷新の動きが加速している。ジェットの事例を基に、同CPU/サーバが企業にもたらす利点を探る。(2020/11/5)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
3 Tier構成の仮想化基盤を“シンプル化”、ベルーナがHCI移行で得た効果とは?
長年にわたるインフラの増設と拡張により、仮想化基盤の保守更新の負荷が高まり、運用も属人化していたベルーナ。この課題を解消すべく、同社はインフラのシンプル化を目指して、3Tier環境からHCIへの移行を決断する。(2020/11/5)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド
普及の進むハイパーコンバージドインフラを構成するSDSなどの技術解説と、6つのユースケース、導入における留意事項、ROIなど、ハイパーコンバージドインフラの価値を正しく理解するために必要な情報を解説した100ページを超えるe-Bookである。(2020/11/5)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
教育系サーバ群を仮想統合、奈良大学に学ぶインフラ環境の高信頼化とシンプル化
物理サーバ群で教育基盤システムを構築していた奈良大学では、運用面とコスト面の課題に直面していた。そのため同大学では、HCIアプライアンスにサーバ群を仮想統合することを決断した。この取り組みにより得られた効果とは?(2020/11/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。