ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NVIDIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NVIDIA」に関する情報が集まったページです。

レノボがモバイルワークステーションの新製品を発表 「ThinkPad P1 Gen 4」など
レノボのモバイルワークステーション「ThinkPad Pシリーズ」に新製品が登場する。プレミアムモデルである「ThinkPad P1」は第4世代となり、第11世代Core H45/Xeon W-11000プロセッサを搭載。外部GPUは最新のNVIDIA RTXシリーズを選択できる。(2021/8/3)

VRニュース:
VR、DCC、深層学習向けのワークステーションを発売
アスクは、VR、DCC、深層学習推奨ワークステーションとして、「NVIDIA RTX A6000」組み込みモデルの販売を開始する。48GBの大容量メモリと組み合わせてワークロードを大幅に軽減する。(2021/8/3)

コンピュテーショナルストレージ製品ガイド【後編】
FPGAやGPUを搭載した特化型コンピュテーショナルストレージ
コンピュテーショナルストレージには、圧縮や暗号化を行ったりMySQLのクエリを高速化したり、NVIDIAのGPUを使ってデータをリアルタイム処理したりするものもある。(2021/7/27)

AIモデルの処理性能向上につながるキーワード「スパース性」とは NVIDIAが「TensorRT」の最新版を提供開始
NVIDIAは、同社のAIソフトウェアライブラリ「TensorRT」の最新版「TensorRT 8」の提供を開始した。2つの主要機能を強化し、AIモデルの精度向上や軽量化を支援する。(2021/7/26)

NVIDIAがArm CPU×GeForce RTX 3060でレイトレとDLSSが動くデモを披露
NVIDIAが現在開催中の「Game Developers Conference」において、Arm CPUとGeForce RTX 3060搭載システムでリアルタイムレイトレーシングとDLSSが動くデモを公開した。(2021/7/20)

AI時代を支えるNVIDIA【後編】
CPU「Grace」の発表に見え隠れする、“GPUの覇者”NVIDIAの本当の狙い
NVIDIAを単に“GPUベンダー”と呼ぶことはもはやできない。CPUの処理をオフロードする「DPU」に加えて、同社製CPU「Grace」を発表した。その狙いと、これまでのCPUとの違いを紹介する。(2021/8/4)

マウス、NVIDIA RTX A5000/A6000を搭載したクリエイター向けミドルタワーPCを発売
マウスコンピューターは、クリエイター向けPCブランド「DAIV」からNVIDIA RTX A5000/A6000を搭載したミドルタワーPCを発売した。(2021/7/15)

製造ITニュース:
NVIDIAの「英国最速」AIスーパーコンピュータが正式稼働
NVIDIAは2021年7月6日(現地時間)、「英国で最速」(同社)のスーパーコンピュータ「Cambridge-1」が正式稼働を開始したことを発表した。AIを活用したバイオテクノロジーや医療分野での研究活動を支援する。(2021/7/13)

AI時代を支えるNVIDIA【中編】
NVIDIAがHPC市場に投入するDPU「BlueField」の役割 SmartNICとは違うのか?
GPUベンダーとしての確固たる地位を築いてきたNVIDIAが、AI技術分野での存在感を高めている。同社がAI処理などを担うサーバ向けの新たなアクセラレータとして提供するのが「DPU」だ。(2021/7/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
プロ向けの「NVIDIA RTX A4000」が個人ユースでも売れている理由
プロ向けの「NVIDIA RTX A4000」が、ゲーム用途を含む個人ユースで売れているという。また、ゴジラとコラボしたGeForce RTX 3070搭載カードが登場するなど、グラフィックスカードが盛り上がっている。(2021/7/12)

NVIDIAのスパコン「Cambridge-1」、英国で正式デビュー
NVIDIAがスーパーコンピュータ「Cambrdige-1」を正式発表した。ロンドン近郊に構築したこのスパコンは「英国で最も強力なスパコン」とファンCEO。(2021/7/7)

AI時代を支えるNVIDIA【前編】
GPUベンダーから“AIの会社”に変貌 NVIDIAの歴史とこれから
GPU市場を深耕してきたNVIDIAは、AI技術分野で勢力を拡大しようとしている。同社がGPUの用途を開拓してきた歴史を振り返るとともに、今後の方向性を考える。(2021/7/6)

ベタ塗りの落書きがリアルな風景画になる「NVIDIA Canvas」の実力 “美術2”の記者でも絶景は描けるか
米NVIDIAがβ版を公開した「NVIDIA Canvas」。ベタ塗りの落書きをAIで風景写真のように変換するツールだが、素人でもクオリティーの高い作品は作れるのか。学生時代、美術2だった記者が試す。(2021/6/29)

GoogleとNVIDIA、5G活用のクラウドAI導入支援ラボを共同開発
NVIDIAは、Google Cloudと共同で「AI-on-5G Innovation Lab」を設立することを発表した。2021年の後半より、両社は開発を始める予定(2021/6/28)

NVIDIAのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」PCI Express 4.0モデルに80GB構成登場 メモリ帯域幅は毎秒2TBに拡張
NVIDIAのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」のPCI Expressカードモデルに、グラフィックスメモリを80GBに倍増した構成が登場する。従来の40GB構成と比べてメモリ帯域幅が拡張されており、メモリ容量増加以上のパフォーマンスアップを期待できる。(2021/6/28)

ベタ塗りがリアルな風景に──NVIDIAがAIイラストツールを無料公開 作ったデータはレイヤーごとPhotoshopへ引き継ぎ可
米NVIDIAが、簡単なベタ塗りを風景写真のようにAIが自動変換するツールを公開。公式サイトでβ版を無料公開している。(2021/6/24)

組み込み開発ニュース:
過酷な産業環境に対応するエッジAI向けモジュールを発表
NVIDIAは、過酷な産業環境におけるエッジAI向けモジュール「Jetson AGX Xavier Industrial」を発表した。優れた電力効率とAI性能を有し、機能安全を管理するSCEや、エラー検出などの拡張機能を備える。(2021/6/24)

プラットフォームを問わず最大2倍のフレームレート AMDが超解像技術「FidelityFX Super Resolution」の提供を開始
AMDが、主にゲームでの利用を想定した超解像技術「FidelityFX Super Resolution」の提供を開始した。同社製GPU/APUだけではなく、NVIDIAの「GeForce GTX 10/16シリーズ」以上のGPUでも利用できることが特徴だ。(2021/6/23)

「NVIDIA Jetson」のSDKに複数の脆弱性 影響は数百万台か
NVIDIAのJetson向けのSDKに複数の脆弱性が見つかった。数百万台が出荷済みと考えられる。(2021/6/22)

車載半導体:
ザイリンクスがエッジAI向け新製品、単位ワット当たりの性能は「NVIDIAの4倍」
ザイリンクスは2021年6月9日(現地時間)、7nmプロセスを採用した適応型演算プラットフォーム「Versal ACAP(Adaptive Compute Acceleration Platform)」に自動運転車や協働ロボットなどエッジ向けの新シリーズ「Versal AIエッジ ACAP」を追加したと発表した。(2021/6/11)

古田雄介の週末アキバ速報:
「行列の3割はゲーム目的の人」――GeForce RTX 3080 Ti搭載カードが登場!
NVIDIAの新しいハイエンドGPU「GeForce RTX 3080 Ti」を搭載したグラフィックスカードが一斉に店頭に並んだ。発売翌日の夕方にも在庫が見られた他、RTX 3070カードの在庫も多くのショップで確認できた。(2021/6/5)

GeForce RTX 3080 Ti搭載BTOデスクトップPCが各社から販売開始
NVIDIA製最新GPUのGeForce RTX 3080 Ti搭載グラフィックスカードを備えたBTOデスクトップPCが各社から発売された。(2021/6/4)

GPT-3を2日でトレーニング
NVIDIAのArmベースCPU「Grace」がCPU−GPU間のボトルネックを解決
CPUからGPU、GPUからCPUへのデータコピーのボトルネックを解消するため、NVIDIAはArmベースのCPUを開発した。(2021/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
GeForceの供給は? なぜハッシュレート制限を導入した?――NVIDIAのジェンスン・ファンCEOが答える
COMPUTEX TAIPEI 2021の開催に合わせて、NVIDIAのジェンスン・ファンCEOが報道関係者とのオンラインインタビューに応じた。話は非常に多岐に渡ったが、この記事ではコンシューマー向け製品であるGeForceに関する話に絞り、その模様をお伝えする。(2021/6/3)

4Kゲーミングにベターな選択肢! 「GeForce RTX 3080 Ti」の実力をチェック
6月3日22時から販売が解禁される「GeForce RTX 3080 Ti」。その実力はいかほどだろうか。NVIDIAが自ら設計したグラフィックスカードを使ってテストしてみよう。(2021/6/2)

「GeForce RTX 3080 Ti」の国内想定価格は約17.6万円 「GeForce RTX 3070 Ti」は約9万円
NVIDIAが5月31日(米国太平洋時間)に発表した新型GPUを搭載するグラフィックスカードの国内発売日と想定価格が判明した。GeForce RTX 3080 Tiは17万5800円から、GeForce RTX 3070 Tiは8万9980円からで、米国発売日と同じ日付の22時から販売が開始される。(2021/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
NVIDIAがデスクトップ向け「GeForce RTX 3080 Ti」「GeForce RTX 3070 Ti」を発表 6月3日から順次発売
GeForce RTX 30シリーズに、初めて上位バージョンの「Ti」が登場する。GeForce RTX 3080 Tiは「新たなゲーミング向けフラグシップ」、GeForce RTX 3070 Tiは、「シリーズにおける一番の売れ筋のパワーアップ版」という位置付けだ。(2021/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMD、ゲーミングノート向けGPU「Radeon RX 6000M」シリーズ発表
AMDがノートPC向けGPU「Radeon RX 6000M」シリーズを発表した。NVIDIAの「RTX3080」と同等以上のフレームレートで最新のAAAゲームを実行できるとしている。搭載ノートPCはASUSなどから6月上旬発売の見込みだ。(2021/6/1)

製造ITニュース:
NVIDIAのスパコンは4EFlopsで「地球最速」、6000個超の「A100」搭載
NVIDIAは2021年5月27日(米国現地時間)、同社の「A100 Tensor Core GPU」を6159個搭載したスーパーコンピュータ「Perlmutter」が、米国エネルギー省が管轄する国立エネルギー科学計算センター(NERSC)で除幕式を行ったと発表した。「地球上で最速」(NVIDIA)の処理速度を達成したとする。(2021/5/31)

NVIDIA A100を6159基搭載 米NERSCのAIスパコン「Perlmutter」がついに稼働
NVIDIAのデータセンター向けGPUを6159基搭載するスーパーコンピューターが、ついに稼働を開始する。同GPUを搭載するスーパーコンピューターとしては現時点において最大規模のもので、構築はHewlett Packard Enterprise(旧Cray)が担当している。(2021/5/28)

AI処理性能は4EFLOPS:
NVIDIA「A100」を6000基搭載したスパコン「Perlmutter」
NVIDIAは2021年5月27日(米国時間)、米NERSC(National Energy Research Scientific Computing Center)に設置したスーパーコンピュータ(スパコン)「Perlmutter(パールマターのように発音)」に、NVIDIAのハイエンドGPU「A100」が採用されたことを発表した。(2021/5/28)

TechTarget発 世界のITニュース
NVIDIAがVMware「vSphere」向けのAIソフトウェア群を発表 何ができるのか?
NVIDIAはAI技術を使ったアプリケーションをVMwareのサーバ仮想化ソフトウェアで動かすための新製品を発表した。ユーザー企業は何ができるようになるのか。(2021/5/25)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【後編】
NVIDIAのArm買収で広がる波紋 「Armアーキテクチャ」制限の事態も?
NVIDIAがArmを買収することに対して強い懸念が生じている一因は、世界のさまざまな企業がArmのライセンスを受けているからだ。仮に買収が成立した場合、どのような影響が出るのか。(2021/5/21)

GeForceのマイニング制限が3060 Ti/3070/3080にも 5月末出荷製品から適用
NVIDIAは、新たに製造するGeForce 3060 Ti/3070/3080搭載グラフィックスカードにハッシュレート低減措置を導入すると発表した。(2021/5/19)

MSIがCore H45+GeForce 30シリーズ搭載のクリエイター向けノートPCを発表
MSIがクリエイター向けのノートPC3モデルを発表した。いずれもIntelの第11世代CoreプロセッサとNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズを搭載したパワフルなモデルだ。(2021/5/17)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【中編】
Arm買収に打って出たNVIDIA ライセンス事業のオープンさを維持できるのか?
Armの買収が成立した場合、NVIDIAには難しいかじ取りが求められる。“オープン”さが特徴であるArmのライセンス事業と、“クローズド”なNVIDIAのGPU事業は両立するのか。(2021/5/14)

設計開発:
PR:複雑化する自動車の設計開発、ワークステーションの性能を倍化して対応せよ
これまでも自動車の設計開発では先端の3D技術がフル活用されてきた。そこから生み出される3Dモデルは、複雑さを増しながら大規模化しており、これら3Dグラフィックスの表現の進化はGPUに支えられている。NVIDIAの最新GPUボード「NVIDIA RTX A6000」は従来比2倍という飛躍的な性能向上を遂げており、設計開発に用いられるワークステーションの進化に大きく貢献している。(2021/5/12)

NVIDIAがモバイル向け「GeForce RTX 3050 Laptopファミリー」を発表 搭載ノートPCは2021年夏に登場
NVIDIAが、ゲーミングやクリエイション用途のメインストリームノートPC向けGPUを発表した。GeForce GTX 1650シリーズの事実上の後継だが、上位モデルと同様にリアルタイムレイトレーシングやDLSS(AIベースの超解像技術)を利用できることが特徴だ。(2021/5/11)

NVIDIAとAMDの「GPU」製品を比較【後編】
NVIDIA vs. AMD 「GPU」「ビデオカード」の演算能力が高いのはどっち?
NVIDIAとAMDは、共にGPU分野に重点的に投資している。両社のビデオカードは、演算能力などの性能や機能においてどのような違いがあるのか。(2021/5/11)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【前編】
NVIDIAのArm買収にGoogleもMicrosoftも反発 その理由は?
NVIDIAはArmを買収することで、新たな市場開拓が可能になるだろう。だが業界から懸念の声が出ており、話は簡単には進まない。何が問題なのか。(2021/5/7)

“AIの波”に乗る:
NVIDIA「DRIVE Atlan」、1000TOPSの信ぴょう性
現在、自動運転車の市場は潜在的な可能性を秘めている。NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏は、「数兆米ドル規模のエコシステム」の実現に向けた計画を自社イベント「GTC(Graphic Technology Conference)」でアピールした。(2021/5/6)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
デジタルツインを制覇するNVIDIAの「Omniverse」
GPU→AI→デジタルツインという流れで制覇します。(2021/5/6)

NVIDIAとAMDの「GPU」製品を比較【前編】
NVIDIAのビデオカード「A100 Tensor Core GPU」は何がすごい? AI向け機能も
NVIDIAとAMDはデータセンター向けGPU製品で競争している。本稿はまず、NVIDIAのビデオカード製品を紹介する。ビジネス要件にどちらが適しているのか検討してみよう。(2021/5/3)

車載半導体:
「TOPS競争」は次の段階へ、アップデートし続ける自動運転車向けにNVIDIAが1000TOPS
NVIDIAは2021年4月12日(現地時間)、オンラインで開催中のユーザーイベント「GTC(GPU Technology Conference) 2021」(開催期間:同年4月12〜16日)において、自動運転車に関する最新の取り組みを明らかにした。(2021/4/15)

NVIDIA、BlueField-3 DPU活用のAIフレームワーク「NVIDIA Morpheus」を発表
NVIDIAは、サイバーセキュリティプロバイダー向けのAIフレームワーク「NVIDIA Morpheusアプリケーションフレームワーク」を発表。機械学習などのAI機能と高性能DPU「BlueField-3」を活用し、サイバー侵害を即座に検知するAIソリューションを開発できる。(2021/4/15)

NVIDIA Graceとは ArmベースAI専用CPUの実力
NVIDIAは、Armのサーバ向けコア「Neoverse」を採用したデータセンター向けプロセッサ「Grace」を発表した。GraceはAI処理やHPCに向けて、GPUとDPUを組み合わせた。(2021/4/14)

メカ設計ニュース:
NVIDIAがリアルタイム3D設計コラボ基盤「Omniverse Enterprise」を発表
NVIDIAはユーザーイベント「GTC 2021」において、複数の3Dアプリケーションを使い分けて作業する地理的に分散した3D設計チームが、それぞれの場所にいながら共有の仮想空間内でリアルタイムなコラボレーションを実現できるプラットフォーム「NVIDIA Omniverse Enterprise」の一般提供を開始すると発表した。(2021/4/14)

医療AIウェビナーレポート:
PR:コンピュータ診断支援とAIが融合するAI-CAD時代が到来、医療AIの最前線に迫る
医療分野におけるAI活用に向けた開発が加速している。中でもコンピュータ診断支援(CAD)とAIを融合した「AI-CAD」への期待は大きい。NVIDIAのウェビナー「医療AIの社会実装への加速―多様化する医療機器ソリューションへの提案―」では、AI-CADの最新動向をはじめ、医療AIの現状や将来、またAI実装に役立つ最新情報などが紹介された。(2021/4/14)

NVIDIAがデータセンター向けCPU「Grace」を開発 Armアーキテクチャを採用して2023年初頭に発売へ
NVIDIAが、データセンター向けGPUに加えて“CPU”の開発を表明した。現在買収手続きを進めているArmのアーキテクチャを使って設計することで、省電力性と高速演算を両立したことが特徴だ。(2021/4/13)

データセンター向け:
NVIDIA、ArmベースのCPU「Grace」を発表
NVIDIAは2021年4月12日(米国時間)、データセンター向けCPU「Grace」を発表し、CPU市場に正式に参入した。同CPUは、大規模なAI(人工知能)やHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)市場向けに、GPUと組み合わせる設計となっている。(2021/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。