ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディープラーニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディープラーニング」に関する情報が集まったページです。

キャリアニュース:
プログラミング言語別新規求人案件ランキング——1位は前年同様「Java」
レバテックキャリアが「プログラミング言語別求人案件割合ランキング」を発表した。1位は前年に引き続き「Java」が獲得し、3位「Ruby」は初めてランクイン。また、「Python」が過去調査以来、最大の伸び率を記録している。(2019/6/20)

PR:増税前の大チャンス! 令和初の夏ボで買うべき価格帯別PCはこれだ!
2019年最初のボーナス商戦が迫っている。新元号「令和」初であり、増税前最後の大型商戦期だけに、買う方も売る方も否が応でも力が入ってしまう。ここではとっておきのPCお勧めガイドをお届けしよう。(2019/6/20)

Photoshopで加工された顔画像を見抜く技術 Adobeが開発
米アドビリサーチはPhotoshopで加工された顔画像を検知し、元画像を復元するツールをカリフォルニア大学と共同開発したと発表した。(2019/6/19)

「生き残れるデータサイエンティスト」になるために必要な習慣とは?
「SAS FORUM JAPAN 2019」のセッションに、AIベンチャーで働きながら執筆活動などを行うマスクド・アナライズさんが登壇。データサイエンティストを志望する学生に向けてキャリア設計のアドバイスを送った。アップデートとアウトプットを継続することが、業界で生き残るために重要だという。(2019/6/19)

よくわかる人工知能の基礎知識:
それは人類にとって脅威なのか 「強いAI」について考える
「強いAI」と「弱いAI」とは何なのか? いまある議論を整理してみたい。(2019/6/19)

Python入門:
[Python入門]辞書
Pythonには「キーと値」の組を管理するためのデータ構造として「辞書」がある。その基本的な使い方とリストやタプルとの違いなどについて触れる。(2019/6/19)

B2Cだけでない「チャットbot」の用途【前編】
「チャットbot」が社員の仕事を楽しくする
音声アシスタントをはじめとするチャットbotをうまく使えば、企業の従業員のユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させることができる。(2019/6/20)

FAニュース:
パナソニックが溶接現場の困りごと解決へ、浜松のスタートアップと協業
パナソニックは、自律型ロボットシステムソフトウェアを手掛けるスタートアップ企業のリンクウィズとの間で、溶接をはじめとする熱加工現場におけるプロセス改善に向けたソリューション開発に関する共同事業開発契約を締結したと発表した。(2019/6/18)

@IT/Deep Insiderの歩き方:
「AI・機械学習の勉強をこれから始めたい」という人のためのAI技術情報フォーラムです!
AI技術者を応援する新フォーラム、Deep Insiderが@ITに登場した。その背景やメディアのコンセプト、編集方針などをご紹介するとともに、スキルレベル別のAI・機械学習の学習方法と、それらのレベルに応じた本フォーラムのお勧めコンテンツ、準備中の記事企画についてご紹介しよう。(2019/6/18)

機械学習の参考事例:
Deep LearningがECサイトの商品分類でどう活用されたのか
ECサイト運営の業務効率化のために、商品説明を読んで掲載カテゴリーを提案してくれる人工知能を作成した。ディープラーニング実践の参考事例として、筆者の会社がどう取り組んでいったのかを紹介する。(2019/6/17)

これからのAIの話をしよう(自動翻訳編):
Google翻訳より高性能? 「日本の自動翻訳がすごい理由」をNICT隅田氏が解説
国産翻訳エンジンを使った「みらい翻訳」が高精度だとネットで話題に。なぜGoogle翻訳より高精度といわれているのか。開発者のNICT隅田氏に聞いた。(2019/6/17)

Photoshopで加工した顔写真を見分けるAIツール、Adobeが開発
もとに戻すこともできる。(2019/6/15)

人工知能ニュース:
ソニーが予測分析ソフトを無償提供、分析理由の提示とPC単独動作が長所
ソニーは2019年6月12日、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One(プレディクション ワン)」を開発したと発表した。同日より当面の間、無償で利用できる。(2019/6/14)

言語別「エンジニアの求人数」ランキング Ruby・PHPを抑えて1位だったのは……
人材会社のレバテックが、2018年度に企業が募集したITエンジニアの求人(正社員)を、プログラミング言語別に集計した結果を発表。2位はPHP(14.9%)、3位はRuby(8.2%)だった。1位は……?(2019/6/13)

気になるニュース&ネット記事:
Deep Learningコミュニティー「DLLAB」の次回大規模イベント情報と、今後の方針・施策 〜2周年イベントより〜
DLLABの2周年イベントで発表された「DLLABの活動の現状と今後」について説明。「次回の大規模イベント開催」の速報や、今後の施策として計画されている「機械学習+IoTのコンテスト企画」と「企業のための実験室としてのDLLAB活用」について概説する。(2019/6/13)

転職求人の多いプログラミング言語、2位は「PHP」 1位は……
エンジニア向け転職サイトを運営するレバテックが、求人数の多いプログラミング言語ランキングを発表した。(2019/6/12)

「この顧客の成約確率は?」文系でもAI活用 ソニーが予測分析ソフト無償提供
ソニーは機械学習を使った予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始した。ソニーグループ各社で、ダイレクトマーケティングやシフト配置、CRMなどに活用していたものを、外部の法人に提供する。(2019/6/12)

AI時代の人間は「ガンダム」や「聖闘士星矢」のようになる:
パッと見ただけで年収が分かる時代が来る?――DMM亀山会長らが見通す未来
DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏らが未来を見通す――。(2019/6/12)

「AIセキュリティ」の光と影【後編】
「AIセキュリティ製品は万能ではない」理由と、使いこなすためのヒント
AI(人工知能)技術を使ったセキュリティ製品は将来性がある一方で、安易に利用するとリスクが生じる。AIセキュリティ製品が抱える問題と、利用時に知っておくべきことは何か。(2019/6/12)

人工知能ニュース:
オープンソースの深層学習フレームワークと汎用配列計算ライブラリの最新版
Preferred Networksは、オープンソースの深層学習フレームワーク「Chainer」および汎用配列計算ライブラリ「CuPy」の最新版「v6」を発表した。C++製の「ChainerX」が試験的に統合されるなど、パフォーマンスを高めている。(2019/6/11)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:いまだに信じられているクラウド神話
クラウド移行に失敗したり、想定したような結果が得られず幻滅したりしている企業は多い。その原因となる5つの神話を紹介する。他にOffice 2019のライセンス料削減方法、Linuxメインフレームがお勧めな理由、ディープラーニングツール紹介などの記事をお届けする。(2019/6/11)

視覚認識の性能が向上:
高性能なディープニューラルネットのフレームワークを開発、ノースカロライナ州立大
ノースカロライナ州立大学の研究チームが、ディープニューラルネットワーク(DNN)を構築するための新しいフレームワークを開発した。標準的なベンチマークテストで性能を検証したところ、視覚認識の性能がこれまでのフレームワークを上回った。(2019/6/10)

組み込み開発ニュース:
あらゆる機器をIoT化する、IoT組み込みエンジンのライセンスを提供開始
JIG-SAWは、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」のライセンス提供を完全サブスクリプションモデルとして、日本とアメリカで開始した。機器のIoT化と、クラウドからエッジ端末へのリアルタイムコントロールができる。(2019/6/10)

担当部門ディレクターに聞く:
AI戦略、NXPの立ち位置とは
NXP Semiconductorsにおける、機械学習分野の開発は現在、どのようになっているのか。同社のAI戦略・パートナーシップ部門担当ディレクターを務めるAli Osman Ors氏に聞いた。(2019/6/10)

PR:AIの真の利活用を促進するには「失敗を許容する文化」を根付かせるべき
AIは一般的な業務システムのように実装すれば次の日からすぐ成果が出るようなものではない。トライ&エラーを繰り返すことにより精度が上がっていく。これをやらずに短期間での成果を求められると、期待外れに終わることが多い。ではどうすれば成功に導けるのか。(2019/6/18)

デジタル資産を一元管理:
「Sitecore Content Hub」が登場、最良の顧客体験を提供するために「DAM」が必要な理由とは
Sitecoreが2018年にStylelabsを買収して生まれた新製品「Sitecore Content Hub」とはどういうものか。(2019/6/6)

Amazon、気になる服の写真から類似する服を検索・購入できる「StyleSnap」機能を公式アプリに追加へ
Amazonアプリのカメラで撮影したお気に入りの服に似た服をアプリ内で検索・購入できる「StyleSnap」機能が登場する。「残差ネットワーク」で写真から服のカテゴリを細かく解析するとしている。(2019/6/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの次に狙われる? 中国の「監視」を支えるあの企業
ファーウェイに続いて、中国の監視カメラ大手のハイクビジョンが米商務省の“ブラックリスト”入りするのではないかとうわさされている。世界トップシェアを誇る同社の監視技術の裏に何があるのか。そこにはファーウェイとの共通点もあって……(2019/6/6)

よくわかる人工知能の基礎知識:
ディープラーニングは何ができる? エンジニア以外も知っておきたい注意点
第3次AIブームをけん引する技術である「ディープラーニング」。今回はディープラーニングを活用する上で知っておきたい基礎知識を紹介する。(2019/6/5)

「AIセキュリティ」の光と影【前編】
保険ブローカー企業が「AIセキュリティ」製品を導入 「Emotet」を即座に検出
サイバー攻撃が日々進化する中、その新たな対策としてAI(人工知能)技術を使ったセキュリティ製品が次々と登場している。保健ブローカーによるAIセキュリティ製品の導入経緯と、その実力を探る。(2019/6/5)

GPUやTPUは必須
AIの拡大で増大するカスタムハードウェア需要
AIへの投資は今後も増えるだろう。そのAIを支える機械学習にはGPUやTPUといったカスタムハードウェアによるアクセラレーションが必須だ。(2019/6/5)

DeNAが「AIドラレコ」発表 運転傾向をスコア化 まずは商用車向けに
DeNAが、クルマに取り付けたカメラを通してドライバーや道路の状況を自動認識し、運転状況を可視化することで商用車両の事故を削減するサービス「DRIVE CHART」の提供を開始。実証実験ではトラックの追突事故件数がゼロになったという。(2019/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
Intelが「第10世代Core(Ice Lake)」の詳細を発表 次世代ノートPC「Project Athena」も言及
新世代のCPUやGPUの話題で盛り上がった「COMPUTEX TAIPEI 2019」において、Intelが発表した内容を改めて整理した。今後の話を含めてお届けする。(2019/6/3)

人工知能ニュース:
組み込み機器で学習できるAI「DBT」、予測精度1.5倍の「DBT-HQ」を投入
AIベンチャーのエイシングは、組み込み機器などのプロセッサでAIの推論実行だけでなく学習も行える同社の独自技術「DBT」において、従来比で予測精度を50%向上できる「DBT-HQ」を追加すると発表した。(2019/6/3)

組み込み開発 インタビュー:
「MATLAB/Simulink」はなぜAI関連機能を拡充するのか、MBSEも視野に
自動車をはじめとする制御システムの開発に携わる技術者にとって、MathWorksのモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」は、なくてはならないツールの1つになっている。創業から35周年を迎える同社が、近年最も力を入れているのがAI関連の機能拡充だ。(2019/6/3)

品質検査や故障予知など
製造業でのディープラーニング活用、足踏みせずに実現するための最適解は?
「ディープラーニング(深層学習)」の活用に踏み出そうとする動きが広がっているが、自社で実装するにはハードルも高い。どうすればディープラーニングの恩恵をスムーズに享受できるのか、その最適解を探ってみたい。(2019/5/24)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ディープラーニングツール総まとめ
TensorFlowなどのフレームワークだけでなく、さまざまな周辺ツールがそろってきたディープラーニングの世界。どのようなツールがあるのだろうか。他に今後IT管理者が身に付けるべき新スキル、AWSに潜むリスクなどの記事をお届けする。(2019/5/31)

深層学習AIと仮想化でPCの安全性を強化:
AIでデータを守る堅牢モバイルワークステーション「HP ZBook 14u G6」7月発売
日本HPが、PC向けの新セキュリティソリューションとして「HP Sure Sense」と「HP プロアクティブセキュリティ」を発表、それらに対応した新モバイルワークステーションを7月に投入する。(2019/5/30)

2019年7月には新施設を建設か:
デルとEMCジャパン版“宮崎キャンプ”に潜入 新製品の予定や最新動向を聞いてきた
デルおよびEMCジャパンは2019年5月、ユーザー向けイベント「Dell EMC テクニカルセミナー 宮崎キャンプ」を開催した。メディアにはあまり公開されないというその様子をのぞいてきた(2019/5/30)

AI:
AIでミキサー内のコンクリ練り混ぜ画像から、柔らかさを瞬時に把握
太平洋セメントは、コンクリート製造の自動化・高度化をもたらす基盤技術として、練り混ぜ後のコンクリートのスランプを、AIで瞬間的に高精度で予測する技術を開発した。(2019/5/29)

湯之上隆のナノフォーカス(13):
Neuromorphicがブレイクする予感 ―― メモリ国際学会と論文検索から見える動向
2018年、2019年のメモリの学会「International Memory Workshop」(IMW)に参加し、見えてきた新メモリの動向を紹介したい。(2019/5/30)

「歴史的写真」を残すための挑戦――学習データは「模型」で:
JAXAが探査機に“自撮り”させる理由
宇宙開発を行うJAXAでは、惑星探査機から射出された小型プローブを用いて探査機が惑星とともに自撮りするような画像を撮影するために、エッジAIを用いた研究開発を行っている。エッジAIを探査機に搭載する際にどのような課題があったのか、学習データはどう集めたのか。(2019/5/28)

CNNの特徴マップを高速演算
量子コンピュータで加速する機械学習の可能性を実証
膨大な演算が必要な機械学習において、量子コンピュータの応用が効果的であると実証された。(2019/5/29)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
Intelが「第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)」を発表 第9世代Coreプロセッサの新製品も
開発コード「Ice Lake」と呼ばれていた、IntelのモバイルPC向け新プロセッサが正式発表された。同社としては初めてAI(人工知能)に最適化した処理エンジンを搭載し、GPUも刷新。Thunderbolt 3とWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)も内包している。(2019/5/28)

古典研究者の助けに:
AIとOCRで、古典資料に書かれた「くずし字」を判読可能に――研究者たちの挑戦
くずし字で書かれた古典のテキスト化に、ディープラーニングを活用したOCRシステムを利用しようという動きがある。17〜19世紀の書物のラベル付きデータセットを使ったという、その中身とは。(2019/5/27)

AIで生コンの軟らかさを高精度に予測 コンクリート製造の自動化・高度化に活用――太平洋セメント、自社工場向けに新開発
太平洋セメントは、AIによる画像認識技術を活用し、製造過程のコンクリートの練り混ぜ画像から、コンクリートの軟らかさ「スランプ」を高精度に予測する技術を開発。自社工場に実装し、コンクリート品質の安定化や製造工程の省力化、効率化を図る。(2019/5/27)

人工知能ニュース:
DSPコアがChainerに対応、AIアプリケーション開発を促進
Cadence Design Systemsは、Cadence Tensilica Vision Q6、P6、C5 DSPが、Preferred NetworksのChainer学習済みニューラルネットワークモデルに対応したと発表した。(2019/5/27)

AI基礎解説:
AI製品の品質保証はどうする、日本初のガイドラインで品質と開発速度を両立せよ
AI技術を活用した製品の品質保証に関する調査/体系化、適用支援/応用、研究開発を推進するQA4AIコンソーシアムが、東京都内でイベント「Open QA4AI Conference」を開催。日本初となる「AIプロダクト品質保証ガイドライン」について、同コンソーシアム 運営委員長の西康晴氏が説明した。(2019/5/27)

ITはみ出しコラム:
写真から本人そっくりの動画をAIで生成 フェイク動画を後押しするリスクも
お手軽編集で作られた米下院議長のフェイク動画がSNSで拡散して話題になりました。これからAIを使って生成したフェイク動画が本物そっくりになっていったら、人が見分けたり、取り締まったりが難しくなりそうです。(2019/5/26)

人工知能ニュース:
韓国AIベンチャーの挑戦、少ない学習データで金属部品の外観検査精度99%を実現
韓国のAIスタートアップ企業であるSkelterLabsが、独自に開発したAIエンジンを柱に、日本国内での事業展開を見据えた活動を開始した。「2019 Japan IT Week 春 後期」にも出展し、韓国企業などに採用されている同社の技術を紹介。製造業をはじめAI活用を模索する日本企業に向けて、積極的に提案を進めて行く考えだ。(2019/5/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。