ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディープラーニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディープラーニング」に関する情報が集まったページです。

AIで“空”の画像を自動変換 夕焼け→虹、曇り空→オーロラなど 商用利用OK
写真素材サイトを運営するACワークスが、AIを活用し、ユーザーがアップロードした画像の空の部分を置き換える無料サービスを公開した。(2021/1/13)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
HPCで導き出す最短の新商品設計、TOYO TIREが目指す「逆問題」の解法とは
高機能化する自動車タイヤの設計・開発プロセスにおいて、重要な役割を占めるのがHPCシステムだ。TOYO TIREは、HPCを用いたディープラーニングにより「逆問題の解法」に取り組み、タイヤ開発のイノベーションを実現しようとしている。(2021/1/13)

Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【前編】
VMwareは「Tanzu」でユーザーをロックインしようとしているのか?
VMwareのKubernetes関連製品群がVMware Tanzuだ。VMwareはTanzuで何をやろうとしているのか。Kubernetesの創始者の1人で現在はVMwareのプリンシパルエンジニアであるジョー・ベダ氏に聞いた。(2021/1/13)

【特集】2021年、DXのビジョンは:
SOMPOは自らを壊し「保険のない世界」を目指す――グループCDO/CIO 尾股 宏氏
既存事業を破壊する中からしか未来は生まれない。そう語るのは保険業界で唯一DX銘柄に選出された企業のCDOだ。同社がこだわるのは同社独自の定義による「リアルデータ」だ。同社グループ CDOの尾股氏にその意図を聞いた。(2021/1/12)

メカ設計ニュース:
仮想世界で共同作業できるプラットフォームのオープンβ開始
NVIDIAは、オープンでクラウドネイティブなプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」のオープンβを開始した。NVIDIAのWebサイトから直接ダウンロードでき、NVIDIA RTX対応GPUで実行できる。(2021/1/8)

Intel、エッジ処理の顔認証技術 深度センサー「RealSense」をベースに深層学習で高速処理
ローカルで全て処理するIntel RealSense ID登場。(2021/1/7)

「子供がゲームより夢中になる」──PFNの教材を使ったプログラミング教室の魅力を探る
AIベンチャーのPreferred Networksと、学習塾のやる気スイッチグループが2020年夏にプログラミング教室を開校。ゲームより夢中になる子供もいるという、同教室の魅力を探った。(2021/1/7)

ルネサス R-Car V3U:
ADAS/自動運転向けの車載用SoC
ルネサス エレクトロニクスは、ADASや自動運転向けの車載用SoC「R-Car V3U」を発表した。セーフティメカニズムを搭載し、信号処理の大部分において、自動車向け安全規格で最も高い機能安全レベル「ASIL D」の要件を達成する見込みだ。(2021/1/6)

やっと現れた市販のAI歌声合成ソフト「Synthesizer V AI」 触って分かるAIの良さ、人の良さ
歌声合成ソフトの業界に新規参入してきたDreamtonicsが、AI歌声合成ソフト「Synthesizer V AI」をリリースした。ソフトを操作してみると、徐々に“AIシンガー”の良さ、人の良さが見えるようになってきた。(2020/12/28)

気になるニュース&ネット記事:
2021年の「AI/機械学習」はこうなる! 5大予測
2020年は、自然言語処理(NLP)のTransformer技術に基づくBERT/GPT-3や、画像生成のディープフェイクが大注目となる一方で、倫理に関する問題がさまざまな方面でくすぶり続けた。2021年の「AI/機械学習」界わいはどう変わっていくのか? 幾つかの情報源を参考に、5個の予測を行う。(2020/12/28)

AIは“イケてる”ファッションを作れるか 「ダサいたま」の汚名返上? さいたま市とNECの挑戦
AIが“カッコいい”と判定したファッションを展示する「さいたまコレクション」が行われた。AIが本当に“イケてるファッション”を判定できるのか? プロジェクトメンバーに聞いた。(2020/12/25)

人と同じ速さでリンゴを収穫するロボット 果実1個につき11秒で デンソーなど開発
デンソーなどが、人とほぼ同じ速度でリンゴやナシなどを収穫するロボットのプロトタイプを開発した。(2020/12/24)

AIがクマやイノシシ撃退 野生動物を音と光で追い払うシステム、開発のきっかけは?
会津大学が発表した、AI技術でクマやイノシシを追い払う「野生動物検出システム」。開発に至った経緯や仕組みを聞いた。(2020/12/23)

Innovative Tech:
天空の城を出現させる深層学習技術 動画内の空を入れ替える「Castle in the Sky」
天空の城、Castle in the Skyというそのまんまのネーミングがされた技術。(2020/12/22)

NVIDIAのハードを採用:
Amazon傘下のZooxがロボタクシーを発表
2020年12月は自動運転車関連のニュースの多い月だった。中でも特筆すべきは、Amazon傘下のZooxがロボタクシーを発表したことだ。(2020/12/22)

JIMTOF2020:
トヨタ自動車が描く、自動運転車の普及への道のり
JIMTOF2020 Onlineが2020年11月16〜27日の期間で開催された。主催者セミナーの基調講演では、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー 先進安全領域 統括部長の鯉渕健氏が「全ての人に移動の自由を—未来のモビリティ社会に向けた自動運転開発の取組み—」をテーマに、自動運転技術開発に関する動向やトヨタ自動車の取り組みなどを紹介した。(2020/12/21)

PR:現場の課題や使い勝手に寄り添う「AIの民主化」を深層学習で実現する方法
AI技術のビジネスの現場での活用が本格化しつつある。特に深層学習を活用した画像認識AIは、目視で実施してきた点検や検査に適用されて成果を生み出している。一方で「PoC(概念実証)止まり」などAIを現場に適用する難しさも指摘される。現場の担当者が簡単に使えて、しかも精度の高いAIはどうすれば実現するのか。(2020/12/22)

PR:求職者のニーズは「柔軟な働き方に対応する会社」へ 優秀な人材から選ばれる企業になるためには?
(2020/12/18)

SoC単体でASIL-Dをサポート:
1チップで自動運転に必要な処理が可能、「R-Car V3U」
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2020年12月17日、車載用SoC(System on Chip)「R-Car」の新製品として、ADAS(先進運転支援システム)/自動運転システムに向けた「R-Car V3U」を発表した。(2020/12/21)

組み込み開発 年間ランキング2020:
新しい電池はカーボンニュートラルに不可欠、“ニヤリ”おじさんが引っ掛かる
2020年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、多くの期待を集める新方式の二次電池の記事でした。(2020/12/21)

現場へのAI実装:
PR:「現場で使えるAI」、三井化学はどうやって実現したのか
製造業から注目を集めるAIだが、その導入が進展しているかと言えば、必ずしもそうとはいえない。PoCの段階から、実際に現場で使えるものにするのに大きな壁があるというのが実情だろう。三井化学は、「現場で使えるAI」という観点で取り組みを進めており、製造現場の外観検査を含めてさまざまな事例が生まれている。この取り組みを支えているのがMathWorksの技術計算ソフトウェア「MATLAB」である。(2020/12/16)

人工知能ニュース:
リアルタイムに学習できるエッジAIが進化、メモリがKBレベルのマイコンにも対応
エイシングは新たなエッジAIアルゴリズム「MST」を開発した。これまでに発表した「DBT」や「SARF」などと比べて使用するメモリを大幅に削減できるため、フラッシュメモリやSRAMの容量がKBレベルの小型マイコンにも実装できる。(2020/12/18)

車載半導体:
ルネサスが自動運転向けに“最高性能”のSoC、NVIDIAと競わず現実解を提供
ルネサスエレクトロニクスは2020年12月17日、次世代のADAS(先進運転支援システム)やレベル3以上の自動運転システムに向けた車載用SoC(System on Chip)「R-Car V3U」を発表した。同社のR-Carシリーズとしては最も高い性能を発揮する。同日からサンプル出荷を開始し、2023年第2四半期の量産を予定している。(2020/12/18)

AIに誤判定を起こす敵対的サンプルとは:
誤った判断を下したとき、AIには何が起きているのか
ヒューストン大学の研究者は、AI技術の一種であるディープニューラルネットワーク(DNN)が誤った判断を下した場合、その原因について、敵対的サンプルによるものだと安易に決めつけてはならないと指摘する。(2020/12/17)

製造IT導入事例:
製鉄工場における設備状態監視基盤の構築にAI分析ソフトを導入
日本製鉄は、製鉄所での設備状態監視基盤を構築するため、NECのAI分析ソフトウェア「NEC Advanced Analytics - インバリアント分析」を採用した。東日本製鉄所君津地区の熱延工場で、NECのAIを活用した長期間運用テストを開始する。(2020/12/16)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2021年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorchに対して検索トレンドや研究論文数、Kaggle実用数などでの比較を行う。総括として「現状はどういう状況で、今後はどうなりそうか」について筆者なりの考察を加える。(2020/12/16)

製造現場向けAI技術:
正常データだけで学習する異常検知AIに新手法、半導体ウェーハで検知精度90%超も
東芝が製品の外観画像から製造状態の異常を検知するAI技術について世界トップレベルの検知性能を達成したと発表。公開データを用いた際の検知精度で従来手法の69.5%から79.1%に向上したという。これにより、製造現場で収集が困難な異常データを使用することなく、正常データを用いて学習を行ったAIで高精度の異常検知を行えるようになる。(2020/12/15)

製品画像の異常検知「世界トップレベル」の精度 独自の深層学習手法を開発 東芝
東芝は、製造現場で製品の外観画像を使って異常を検知するAIの開発で、「世界トップレベルの検知性能を達成した」と発表した。独自の深層学習の手法を用いることにより、正常データのみから高い精度で学習。検知精度は、従来技術と比べて約10ポイント向上したという。(2020/12/14)

Innovative Tech:
動画からその物体だけを消し去る技術 Microsoftなどが開発
深層学習を使い、映像の中から特定のものだけを消去する。(2020/12/10)

Innovative Tech:
質感と形状を同時に転写する画像間スタイル変換技術 豊田工業大など開発
似顔絵のデフォルメ具合も変換後のスタイルに反映される。(2020/12/9)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Food-101N:料理カラー写真(分類ラベルのノイズが多いバージョン)の画像データセット
データセット「Food-101N」について説明。31万9枚、101種類の料理カラー写真(アップルパイや餃子など)の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、ラベルノイズ問題の研究や画像認識などのディープラーニングに利用できる。(2020/12/9)

顧客に応じて最適な画像認識技術を提供するための基盤:
PR:成熟した「画像認識」技術、企業の課題を解決できるか
機械学習技術の発達と5Gなどの大容量高速通信の普及により、業務プロセスへ画像認識技術を適用しやすくなってきた。具体的な問題解決に使いたいというニーズが高まる中、さまざまな画像認識パッケージからどれを選べばよいのかが分かりにくい。(2020/12/9)

Innovative Tech:
人体の133カ所を一度に姿勢推定する技術 香港大など開発
顔や手の細かい部分まで推定するための工夫を凝らした深層学習技術。(2020/12/8)

アスク、Quadro RTXを搭載した教育機関向けのディープラーニング推奨WSを販売を開始
アスクは、ディープラーニングに適した教育機関向けデスクトップワークステーションの販売を開始する。(2020/12/8)

10種類以上のNLPモデルを検証:
AIの文章生成能力はまだ不十分――その理由は、常識推論能力が低いため
南カリフォルニア大学などの研究チームは自然言語処理が近年発展しているものの、AIにはまだ、妥当な文の作成に必要な常識に欠けていることを実証した。(2020/12/7)

Innovative Tech:
PFN、AIで動画を複数の色レイヤーにリアルタイム分解する技術開発
アルファチャンネル含むレイヤーに分解し、彩色や合成に使える。(2020/12/7)

Innovative Tech:
物体を追加しても影や回り込みをリアルに合成する技術 ワシントン大学が開発
映像の中にオブジェクトを追加したときに、不自然さをなくす技術。(2020/12/7)

Innovative Tech:
1台のカメラから人の動きを正確に抜き出す技術 Adobeなどが開発
物理的制約に反する不自然さを減らすための技術を導入した。(2020/12/3)

Innovative Tech:
手描きスケッチからリアルな顔を生成 深層学習に画家の手法導入し改善
画家が実際にやっているような作業を取り入れることで、深層学習による合成精度を上げたという。(2020/12/3)

「神奈川県町田市」表記が許せない人に朗報 ATOKが「神奈川県町田市」入力を指摘する新機能を搭載
町田市は東京! 東京です!(2020/12/2)

Innovative Tech:
AIでノートルダム大聖堂をサクラダファミリア風に──テクスチャや陰影を自在に変更できる画像編集ツール Adobeなど開発
画像の入れ替えを顔だけではなく、建築物やインテリア、風景でも簡単にできる仕組み。(2020/12/2)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Food-101:料理カラー写真(アップルパイや餃子など)の画像データセット
データセット「Food-101」について説明。10万1000枚、101種類の料理カラー写真(アップルパイや餃子など)の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。TensorFlowにおける利用コードも紹介。(2020/12/2)

RTX 2080を確実に上回る実力! “手が届く”GPU「GeForce RTX 3060 Ti」発売前日レビュー
GeForce RTX 30シリーズの新GPU「GeForce RTX 3060 Ti」を搭載するグラフィックスカードが12月2日23時に発売される。この新たなミドルハイGPUの実力はいかほどのものか、NVIDIA自ら設計したグラフィックスカード「Founders Edition」を通してチェックしていく。(2020/12/1)

“神奈川県町田市”を防ぐ新ATOK、2021年2月公開 Android版にAI活用の入力ミス防止機能も
ジャストシステムが月額制の日本語入力ソフト「ATOK Passport」を2021年2月にアップデートする。「神奈川県町田市」などの入力ミスなどを防げるという。(2020/12/1)

ジャスト、モバイルアプリとの連携を強化した日本語ワープロソフト最新版「一太郎2021」
ジャストシステムは、同社製日本語ワープロソフト「一太郎」シリーズの最新版「一太郎2021」を発表した。(2020/12/1)

Innovative Tech:
重なってても大丈夫 1枚の写真から複数の人を3Dモデル化
人体モデルを1枚の写真から、しかも複数の人が重なっている状態でも取得できる。(2020/11/30)

Innovative Tech:
リアルな眼球の動きをVRアバターで再現 Facebookが開発
VRアバターにさらにリアルさを追加できる「眼球の動き」。(2020/11/30)

Innovative Tech:
複雑な白黒画像を精密にカラー化 深層学習を活用
白黒写真の自動カラー化がさらに進化した。(2020/11/30)

テレワークで社内に増えた電子廃棄物、対処はどうする――Blancco調査
Blancco Technology Groupは、電子廃棄物に関する調査「The Rising Tide of E-waste」の結果を発表した。電子廃棄物の問題に対処するために、電子廃棄物ポリシーの導入を担当する役職を設置した日本の大企業の割合は54%だった。(2020/11/30)

PR:2020年に大きく変わる企業の情報セキュリティ対策 まずは何から考えるべきか? 日本HPのエキスパートに聞く
(2020/11/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。