ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディープラーニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディープラーニング」に関する情報が集まったページです。

AI:
ルクレ、工事用電子小黒板を自動作成するAI技術で特許取得
ルクレは、鉄筋コンクリート工事用の電子小黒板を自動作成するAI技術「電子小黒板生成装置および電子小黒板生成方法」で特許を取得した。同技術を「e-Kokuban」として施工管理クラウド「蔵衛門」に搭載し、配筋検査用写真の準備時間を削減するという。(2022/1/18)

Innovative Tech:
のどの動きをMRIで解析し、口パクをテキストに変換 言語障がい者などのコンピュータ利用の一助に
米カリフォルニア・マーセッド大学の研究チームは、口パク(無声発話)によって動くのどをリアルタイム磁気共鳴画像法(rtMRI)で取得し、その動きから音響情報を理解してテキストに変換する深層学習フレームワークを開発した。(2022/1/18)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/1/18)

安全システム:
デンソーのミリ波レーダーとカメラが第3世代へ、小型化と性能向上が加速
デンソーは2022年1月14日、ADAS(先進運転支援システム)向けのミリ波レーダーとカメラのパッケージ「Global Safety Package 3」を開発したと発表した。(2022/1/17)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2022年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorchに対して検索トレンドや研究論文数、Kaggle実用数などでの比較を行う。総括として「どちらを使うべきか」について筆者なりの考察を加える。(2022/1/17)

NVIDIAがGeForce RTX 3080にメモリ12GB品を追加 AIで表示品質を改善する新ドライバも登場
米NVIDIAは1月11日、デスクトップPC向けGPU「GeForce RTX 3080」のグラフィックスメモリを10GBから12GBに増量した新製品を発売した。(2022/1/13)

プロユースにも耐える性能と機能を備えたクリエイター向けPC「ProArt Studiobook 16 OLED」を試す
ASUS JAPANの「ProArt Studiobook 16 OLED」シリーズは、8コアのRyzenプロセッサとGeForce RTX 3070/3060を備えたクリエイター向けのハイエンドノートPCだ。シリーズ最上位モデルをテストした。(2022/1/12)

国際郵便物をリアルタイムに自動識別:
NECが財務省税関から受注 AI活用のX線画像識別処理システム
NECは、AIを活用して検査対象の国際郵便物をリアルタイムに自動識別するX線画像識別処理システムを財務省税関から受注した。税関検査の高度化と効率化が期待される。(2022/1/11)

絵心ゼロでもかわいい女の子が描ける!? リアルタイムでスケッチからイラストを自動生成する実験が革命的
今後の展開が楽しみ。(2022/1/7)

製造現場改革:
PR:効率性と品質向上を両立、現場の高度なオートメーション化に向けた「現実解」
IoT(モノのインターネット)など先進デジタル技術の活用が製造現場や物流現場で進み、より高度なオートメーション化が実現できるようになってきている。製造現場のさらなる効率性と工程品質向上のために今、何をすべきだろうか。技術商社のリンクスは、オンラインセミナー「LINX DAYS 2021」において、現在生産現場が直面している問題の「現実解」について取り上げた。本稿ではその内容を紹介する。(2022/1/6)

本当に「ネイティブ超え」をしたのか? 新ツール「ICAT」で検証するNVIDIAの最新超解像技術の実力
NVIDIAがゲームにおけるグラフィックスの画質を比較するためのツール「Image Comparison & Analysis Tool(ICAT)」を開発した。これを使って、GeForceの最新ソフトウェアで実装された「 Image Scaling and Sharpening」「DLSS 2.3」の実力をチェックしていこう。(2021/12/30)

新連載:
プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む! ある相談から全てが始まった
「ディープラーニング系の将棋ソフトを使いたい」──広瀬章人八段のこんな相談から、ITmedia NEWSの新しい連載が始まった。(2021/12/29)

2021年のデータ分析「3大ニーズ」とは?――Google Cloud調査
Google Cloudは2021年のデータ分析ニーズで顕著だった3つの要素を明らかにした。調査や開発、ビジネスモデルの構築など、幅広い用途を支えたそれらの中身とは。(2021/12/28)

Innovative Tech:
実世界に溶け込むCG 空中に浮かずに配置し、光の当たり具合も適切に調整
オーストリアのグラーツ工科大学とVRVis Research Center、ニュージーランドのオタゴ大学の研究チームは、実世界に溶け込むようにバーチャルオブジェクトをレンダリングする技術を開発した。(2021/12/28)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(8):
【第8回】土木分野でのドローン活用の有用性と、利点をさらに引き出す“自律飛行技術”
ここ数年、国が旗振り役となって推進しているi-Constructionの進捗により、土木分野でのAI活用が進んでいる。本連載では、「土木学会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会」で副委員長を務める阿部雅人氏が、AIをどのように使いこなしていくかの観点から、AIと土木の現状や課題、その先の将来ビジョンについて考えていきます。連載第8回は、ドローンを土木分野で適用することの利点と、無人飛行であることの有用性をより引き出せる自律飛行技術について解説します。(2021/12/28)

多数のAIを導入している企業で発生
コロナ禍でAIのパフォーマンスが低下した業種、低下した理由
業績が高い企業ほどコロナ禍でもAIに投資しているが、コロナ禍でAIのパフォーマンスが低下してしまったという。低下した業種と理由には納得するしかなかった。(2021/12/25)

エッジコンピューティング:
AIエッジコンピューティングの社会実装拡大へ、OKIがコンテストを実施
OKIは2021年12月15日、AI(人工知能)エッジコンピュータの社会実装を広げることを目指したイベント「AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト2021」を開催。AIエッジコンピュータの世界の広がりを訴えるカンファレンスを開催するとともに、同社のAIエッジコンピュータ「AE2100」を活用した新たなソリューションの成果を評価するコンテストを実施した。(2021/12/24)

一から分かる! テスト自動化(1):
基礎から学ぶ、テスト自動化――導入時に見極めたい、コストの損益分岐点
ソフトウェアテストにおける選択肢の一つとして候補に挙がるのが「テスト自動化」だ。本連載では、テスト自動化に取り組みたいけれどノウハウがない、過去に導入していたがうまくいかなくてやめた人に向けて、テスト自動化の「あるある」な失敗事例とともにどうすればうまく取り入れられるのかを解説する。第1回は「テスト自動化とは何か」と「導入時に注意すべきポイント」について。(2021/12/23)

PR:“スマートシティ”に現実はどこまで追い付いた? IPカメラ開発で業界大手のAxisに“現在地”を聞く
(2021/12/21)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年12月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。(2021/12/21)

AutoML OSS入門(8):
Uberが開発、ノーコードでディープラーニングを実現するAutoML OSS「Ludwig」
AutoML OSSを紹介する本連載第8回は「Ludwig」を紹介します。Ludwigは「データ型ベース(Datatype-based)」という思想を取り込むことでさまざまな課題に対する柔軟かつ容易な最適化を可能にしたAutoML OSSです。(2021/12/21)

人工知能ニュース:
応用範囲を拡大、超低消費電力AI推論アクセラレーターIPの最新版を発表
LeapMindは、超低消費電力AI推論アクセラレーターIP「Efficiera」の最新版「Efficiera v2」を発表した。民生機器、産業機器、ロボットなどさまざまなエッジデバイスへディープラーニング機能を組み込める。(2021/12/20)

Innovative Tech:
トリミングではなく、写真を拡張して良い構図を提案 AIが適切な背景を自動合成
中国の南開大学とTencent AI Lab、韓国のXverseの研究チームは、写真内を切り抜くのではなく、広げる方法で被写体に合わせた構図にして出力する、深層学習を使った外向きクロッピング手法を開発した。(2021/12/20)

Amazon SageMaker Studio Lab入門:
無料でPython/機械学習できるAmazon SageMaker Studio Labとは? Colabと比較
メールアドレスだけで無料で使えるStudio Labは、同種のColabとどう違うのか。Studio Labプロジェクトランタイムのスペック(CPU/GPUや、実行時間、メモリ、ディスクサイズなど)や機能(ランタイムの保存と再開など)について説明する。(2021/12/20)

視点:
顧客価値創出へのAIの貢献
2000年代から続いている第三次AIブームは、ビッグデータを用いてAI自身が知識を習得する「機械学習」の実現から始まった。近年は、知識を定義する要素である特徴量をAI自身が習得するディープラーニングにより、ビジネスでのAIの実用利用が急速に進んでいる。(2021/12/20)

Gartner Insights Pickup(237):
CIO(最高情報責任者)とITリーダーは次はどこへ向かうか
ITリーダーは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で永遠に変わった世界の中で、ITを活用して価値を生み出す無限の可能性を持っている。(2021/12/17)

バグを自動的に埋め込み、それを発見することで学習:
Microsoft Research、バグを発見、修正するためのディープラーニングモデル「BugLab」を開発
Microsoft Researchは、コード内のバグを発見、修正するためのディープラーニングモデル「BugLab」を開発した。BugLabではラベル付きデータを使わずに、バグを自動的に埋め込み、それを発見する“かくれんぼ”ゲームを通じてバグの検出と修正をトレーニングする。(2021/12/16)

PR:CPU、GPU──AIの開発環境に不満はありませんか?
(2021/12/10)

人工知能ニュース:
AIが判断した根拠を一般ユーザーにも分かるように明示、三菱電機と理研が新技術
三菱電機が理化学研究所と共同で「制御の根拠を明示できるAI技術」を開発。今回開発したAI技術によって、AIが判断した制御の根拠や将来の状態を明示することでいわゆる「ブラックボックス問題」を解消し、人が理解しやすいAIの実現に貢献できる。今後は、5年以内となる2026年をめどに製品への搭載による実用化を目指すとしている。(2021/12/15)

Innovative Tech:
手書きスケッチがリアルな髪形に イラストから髪形を自動生成するAI、香港の研究チームらが開発
香港城市大学と香港中文大学、中国の浙江大学の研究チームは、プロではないユーザーがフリーハンドで描いたスケッチから、さまざまなヘアスタイルのフォトリアリスティックな髪の画像を自動生成する学習ベースのネットワークを開発した。(2021/12/15)

AI・機械学習のデータセット辞典:
SVHN:ストリートビューでの家の番地(数字)の画像データセット
データセット「SVHN」について説明。約10万枚(難易度が低いサンプルを含めると約63万枚)の「Googleストリートビューから切り抜いた家の番地における1文字分の数字」の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。(2021/12/16)

AutoML OSS入門(7):
ディープラーニングモデルを自動構築するAutoML OSS「AutoKeras」
AutoML OSSを紹介する本連載第7回は、KerasベースのAutoML OSSである「AutoKeras」を解説します。AutoKerasは、ENAS(Efficient Neural Architecture Search)によりニューラルネットワークの構造設計とハイパーパラメーターチューニングを自動で行うツールです。(2021/12/13)

モノづくり総合版 編集後記:
「AIに教える」のは誰の仕事?
学習データを最も手に入れやすいのは誰なのか。(2021/12/9)

Innovative Tech:
音楽からふりつけを自動生成 ポップスやジャズなどに合わせてキャラクターがダンス
中国の研究チームは、音楽からキャラクターの振り付けを自動生成するダンスモーション合成システムを開発。ポップスやヒップホップ、ロック、ジャズなど、さまざまな音楽スタイルのリズムに応じた動きを作り出す。(2021/12/9)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
白熱する「無人レジ競争」の行方──ショッピングカート式の勝算と課題は?
小売店のレジの無人化にはさまざまな種類がある。その中の一つが、ショッピングカートにレジ機能を搭載する形式だ。日米で広まるショッピングカート式のレジの勝算と課題とは?(2021/12/9)

CNNにも変換可能:
米BrainChipがSNNプロセッサ向け開発キットを発表
ニューロモーフィックコンピューティングIP(Intellectual Property)のベンダーである米BrainChipは、2021年10月に米国カリフォルニア州サンタクララで開催され 「Linley Fall Processor Conference」で、同社のニューロモーフィックプロセッサSoC(System on Chip)「Akida」の開発キットを発表した。(2021/12/8)

AWS re:Invent 2021まとめ(1):
ネットワークからKubernetesまで、AWS re:Invent 2021におけるインフラ関連の発表7つ
AWS re:Invent 2021における多数の発表を、2回に分けてまとめてお届けする。第1回は SD-WAN、Macインスタンス、新たなLocal Zones、Kubernetesサービスの新機能など、インフラ寄りの発表を7つにまとめてみた。(2021/12/8)

人工知能ニュース:
東芝がプラント異常予兆検知AIで新技術、大小2つの変動から正常状態を高精度予測
東芝が大規模で複雑なプラントに設置した数千点のセンサーから得た時系列データを基に、プラントの状態変化の中に埋もれた異常の兆候を早期検知できる異常予兆検知AIを開発。水処理試験設備の公開データセットであるWADIに対してこのAIを用いた異常検知を実施したところ、従来比で12%良好な世界トップレベルの検知性能が得られたという。(2021/12/7)

MetaがAWSを戦略的クラウドプロバイダーに選定 AWS上におけるPyTorchを強化
Meta Platformsは、戦略的クラウドプロバイダーとしてAWSを選定した。連携を強化する2社が共同開発を行う分野とは?(2021/12/6)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(7):
【第7回】コンクリ施工の「配筋、締固め、検査」でも適用が進むAI、最新研究を紹介
ここ数年、国が旗振り役となって推進しているi-Constructionの進捗により、土木分野でのAI活用が進んでいる。本連載では、「土木学会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会」で副委員長を務める阿部雅人氏が、AIをどのように使いこなしていくかの観点から、AIと土木の現状や課題、その先の将来ビジョンについて考えていきます。連載第7回は、インフラ構造物のコンクリート工事で、活用の場が広がるAI活用について、最新研究の論文を複数引用して紹介します。(2021/12/6)

「JupyterLab」ベースのノートブック開発環境でAWSリソースを利用:
機械学習を学び、実験できる無料サービス「Amazon SageMaker Studio Lab」プレビュー版が発表
AWSはJupyterノートブックを使用して機械学習を学び、実験できる無料サービス「Amazon SageMaker Studio Lab」のプレビュー版を発表した。クレジットカード番号は不要であり、AWSアカウントすら必要ない。(2021/12/3)

ごみピットの煙、AIで発見 リチウムイオン電池の誤投棄などで相次ぐ火災を防ぐ
「ごみピット」向け発煙を検知AIシステム「Smoke AI」がJFEエンジニアリングから。ごみピットの発煙モデルなど数万件のデータをディープラーニングで学習させた。(2021/12/2)

スマート工場最前線:
FA難民を救え! サイバーとフィジカルだけじゃないヤマ発のスマート工場【前編】
二輪車大手のヤマハ発動機は、スマート工場プロジェクトでPoCから前に進めないという苦い経験を経て、実際にモノづくりを行う現場の人々にとって実利の得られる形で工場をスマート化する取り組みを進めている。ヤマハ発動機 生産技術本部 設備技術部長の茨木康充氏に、プロジェクトを推進の考え方や仕掛けについて聞いた。(2021/12/2)

AWS re:Invent 2021まとめ(2):
AIの民主化、サーバレスからローコード開発まで、AWS re:Invent 2021におけるデータ、機械学習、開発関連の発表12個
AWSが2021年11月より開催した「AWS re:Invent 2021」における発表を、2回に分けてお届けしているこの連載。前回はインフラ関係の発表を7つに分けて紹介した。今回はデータ、機械学習、開発関連のニュースを12個にまとめて紹介する。(2021/12/15)

製造ITニュース:
富岳がスパコン性能ランキングなど4部門で4期連続世界1位を獲得
富士通と理化学研究所が共同開発したスーパーコンピュータ「富岳」が、国際的なランキング「TOP500」「HPCG」、性能ベンチマーク「HPL-AI」、機械学習処理ベンチマーク「MLPerf HPC」でそれぞれ世界1位を獲得した。(2021/11/30)

ソフトウェア開発の一般的な品質保証プロセスとは大幅に異なる:
ディープラーニングには品質保証が必要、どうやって実現するか
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、ディープラーニングの品質保証プロセスをどうやって構築するかを解説した。ディープラーニングでは、一般的なテスト手法の多くは適用できない。だが適切な手法でテストを行えば、ディープラーニングでより良い結果を出せるようになる。(2021/11/29)

未経験でも社内データサイエンティストになるための4つの指針
DX組織立ち上げの機運が高まる中、まったく異なる業務で活躍されていた方々が社内データサイエンティストの候補となることも多いでしょう。データサイエンティスト候補として選ばれた方々の視点に立ち、データサイエンスのスキルを身に付ける方法について紹介します。(2021/12/8)

製造ITニュース:
深層学習用スーパーコンピュータ「MN-3」が省電力ランク世界1位を獲得
Preferred Networksの深層学習用スーパーコンピュータ「MN-3」が、39.38GFlops/Wの省電力性能を発揮し、スーパーコンピュータの省電力性能ランキング「Green500」において3度目の世界1位を獲得した。(2021/11/26)

僕たちのKaggle挑戦記:
Titanicから始めよう:ベースラインの作成とユーティリティースクリプトの記述
Kaggleの世界に足を踏み出すべく、Titanicコンペティションに参加してみました。今回はベースラインモデルの作成とユーティリティースクリプトの記述を中心に見てみます。(2021/11/26)

PDFファイルをそのまま翻訳できる機能、「DeepL翻訳」に追加
「DeepL翻訳」にこのほど、PDFファイルをそのまま翻訳できる機能が加わった。「便利」「ありがたい」など評判だ。(2021/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。