レビュー
» 2010年07月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「金庫ファイルサーバ」活用で防ぐあたらしい情報漏えい対策とは?

情報漏えい対策に伴う導入/運用負担は増える一方。いまや漏えい事件の原因90%は内部関係者によるものだという。いまだに後を絶たない漏洩対策として「金庫ファイルサーバ」という概念とともに、この安全性と導入/運用負担を解決する新しい対応策を解説する(提供:ニューテクノロジー)。

[PR/ITmedia]

 情報漏えい対策を完璧に行おうとすればするほど、導入/運用に膨大な費用と手間がかかり、ユーザーの効率性や利便性が著しく低下することは想像に難くない。いまセキュリティ対策で優先すべきは守るべき箇所を特定し、ピンポイントで対策を実施することだ。

  • 重要データはファイルサーバで一元管理されるべき
  • 重要データは権限管理を行って扱われるべき
  • 重要データに対するログ管理を行うべき
  • 管理者とユーザーに負担の掛からないシステムであるべき

 本ホワイトペーパーでは上記4点の勘所を紐解き、「金庫ファイルサーバ」という概念とともにその対応策を考察する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -