ニュース
» 2010年07月12日 14時29分 UPDATE

Windows 7、インストールベースの46%は64ビット版

現在PCに搭載されているWindows 7のほぼ半数は64ビット版であると、Microsoftが公式ブログで発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月8日(現地時間)、2010年6月現在PCにインストールされている「Windows 7」の46%が64ビット版であると発表した。Windows 7は2009年9月に企業向けに、10月に一般向けに発売された同社の最新OS。

 同社Windowsコミュニケーションマネジャーを務めるブランドン・ルブラン氏によると、「Windows Vista」は発売後3年半の時点での64ビット版が占める割合はわずか11%だったという。

 64bit (資料:Microsoft)

 64ビット版普及の理由として、ルブラン氏は、メモリ価格の低下や対応するハード・ソフトの増加を挙げている。米調査会社NPDによると、4月の時点で米国内の小売店で販売されていたPCの77%が64ビット版を搭載していたという。また、米Gartnerは、2014年までに企業で使うPCの75%が64ビット版になると予測している。

 Microsoftは「Windows 7 互換性センター」サイトを設置し、64ビット版に対応するハード・ソフトのリストを掲載しているほか、ユーザーが自分のPCに64ビット版をインストールできるかどうかを診断するための「Windows 7 Upgrade Advisor」を用意している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Windows 7 | 64ビット | Microsoft | Windows Vista


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -