ニュース
» 2010年08月04日 11時00分 UPDATE

ループスとモディファイ、ソーシャルメディアマーケティング事業で提携

Twitterを中心としたソーシャルメディアソリューションをクロスセールスする。

[鈴木麻紀,ITmedia]

 ループス・コミュニケーションズ(以下、ループス)とモディファイは8月4日、両社のソーシャルメディアマーケティング事業強化の一環として、互いのサービスを販売し合うと発表した。SMO(ソーシャルメディア最適化)を望むユーザーに対するクロスセリングを目的とする。

 ループスは、企業のソーシャルメディア活用に必要な運用ポリシーの策定や、Twitterマーケティングのコンサルティングサービス「Looops4u」を提供している。モディファイは、ソーシャルメディアからのトラフィックを最大化するSMOツールを開発しており、Twitter、Facebook、mixiやブログなどを一元的に管理するサービス「SM3」を提供している。

 今回の取り組みでは、ループスがモディファイのSMOツール群を自社サービスと組み合わせて販売し、モディファイはループスのコンサルティングサービスをSMOサービスパックとしてメニュー化する。ループスの斉藤徹CEOは「(SMOの)重要課題である効果測定指標も共同で開発していきたい」と意気込む。

 サービス価格は、ループスの「Looops4u」が月額1万円から、モデファイの「SM3」が月額1万円から。8月4日よりクロスセリングを開始する。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | マーケティング


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -