ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルメディアマーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
エグゼクティブこそ、確固たる「自己ブランディング」が必要な時代
人生100年時代となった今、エグゼクティブのキャリアに対する考え方についても、大きく意識改革をする必要に迫られている。後半における前向きなキャリア構築のためにもっとも重要なこととは一体なんだろうか?(2022/5/26)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
マクドナルドのテークアウト/デリバリー成功の要因はどこにあった? 絶好調で時短協力金も辞退
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのは日本マクドナルドホールディングス、ハンバーガーチェーンのマクドナルドの国内展開をしている企業です。(2022/5/13)

習得の目的は副業:
2022年に習得したいデジタルマーケティングスキル 最も人気が高いのは?
メディアリーチ(大阪市)は、デジタルマーケティングのスキルに関心がある20代以上の社会人を対象に「2022年に習得したいデジタルマーケティングスキルに関する調査」を実施した。最も人気が高かったスキルと、その理由とは?(2022/3/18)

Social Media Today:
残念なTwitterマーケティングを回避する5つの鉄則
Twitterで見られる最もうっとうしい「グロースハック」は何か。ハッシュタグの乱用? 「いいね!」やリツイートを直接要求すること? プロフィールで「フォローバック」に言及していること?(2022/3/14)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「中国製気にしない」「SNSで探しECで買う」Z世代消費の“傾向と対策”
1990年代後半から2000年代に生まれた世代を指す「Z世代」という言葉を見聞きすることが増えた。トレンドの担い手として企業の関心を集めるが、中国でも「Z世代」にターゲットを絞って急成長するスタートアップが次々に現れている。中国のZ世代はどのような特徴を持つのだろうか。(2022/1/6)

今日のリサーチ:
インフルエンサーが2021年にハマったアプリは「TikTok」「Pinterest」「FacePlay」「Qoo10」
サイバー・バズがインフルエンサーを対象に「2021年トレンド振り返り」と「2022年トレンド予測」に関する調査を実施。(2021/12/23)

2021年上半期「トレンドハッシュタグ」調査 コスメ編の1位は「#100均」、スポット編は「#ジブリスポット」、グルメ編の1位は?
パスチャーは、Instagram分析ツール「MASAI」のトレンド分析データから、グルメ・コスメ・スポットの3カテゴリでの21年上半期の「トレンドハッシュタグ」を発表した。(2021/11/28)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(11):
インサイドセールスは「テクニックより習慣が大事」 “7つの習慣”を解説
インサイドセールスの業務を行う中で、「インサイドセールスは小手先のテクニックよりも日々の習慣が大事だ」と思うことが多々あります。そこで、筆者が大事にしている7つの習慣を、それぞれ解説してみようと思います。(2021/11/15)

今日のリサーチ:
2021年のSNSマーケティング予算 約7割の企業が増額――アライドアーキテクツ調査
「食品」「飲料」「化粧品」「外食」「小売」の各業種におけるSNS活用実態は?(2021/11/10)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(10):
需要増加中! インサイドセールス職の給与、瞬間価値と生涯価値
コロナ禍の後押しもあり、需要が増加しているインサイドセールス職。その給与は、フィールドセールスよりも低く設定されていることも少なくない。しかし、瞬間価値と生涯価値の両側面から考えると、新しい景色が見えてくる──。(2021/10/13)

拡大する影響力:
インフルエンサーの投稿を見て商品を購入した経験のある人は2割 購入する理由は?
ネオマーケティング(東京都渋谷区)は、「インフルエンサーとフォロワーの関係」についての調査を実施した。インフルエンサーの投稿を見て商品を購入する理由、何人のインフルエンサーをフォローしているのかなどを聞いた。(2021/9/13)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(9):
“報われない苦労”の元凶 インサイドセールスこそ知るべき「ホリゾンタルとバーティカル」
インサイドセールスの手段を考えるとき、ホリゾンタル/バーティカルという区分けを知ることが重要だ。筆者の失敗談も踏まえながら、どのようにインサイドセールスと向き合うべきかのヒントを紹介する。(2021/9/8)

Webマーケのトレンダーズが異例の「ラノベ共創サービス」 「新入社員の熱烈アピール」で新規事業化
トレンダーズが、小説家とイラストレーターのマッチングサービス「たいあっぷ」の提供をスタート。Webマーケティング事業を手掛ける同社にとって異例のサービスだが、「ライトノベル好きの新入社員の熱烈アピール」によって新規事業化を決めたという。(2021/8/13)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【前編】:
これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティングの第一人者として知られるトライバルメディアハウス代表の池田紀行氏が「ナラティブ」を語り尽くす。(2021/8/5)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(8):
軽んじると、痛い目に! ナーチャリングがインサイドセールスを支えるワケ
インサイドセールスの活動の一つ、ナーチャリング(顧客育成)。新規営業担当であるインサイドセールスにとって、「はじめまして」の連絡と比べ、ナーチャリングは軽んじられることも多い。しかし、状況が変わると痛い目に合うことも……。筆者の実体験を交え、その重要性を解説する。(2021/8/3)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(7):
マーケティング不在は“地獄”──リードを軽んじる企業が、インサイドセールスの立ち上げに失敗する理由
コロナ禍をきっかけに、インサイドセールスを立ち上げる企業が増えた。その際、リードを獲得するマーケティング組織が充実していないと、失敗するという。その理由を、筆者の実体験をもとに解説する。(2021/7/1)

SDGsと「ラバブル」な企業【第2回】:
SDGs推進活動を通しての気付きと企業を取り巻く環境変化
今回は全社的なSDGs推進活動の取り組みを進める中で私が経営者としての視点から得た気付きについて述べてみたいと思います。(2021/6/30)

SDGsと「ラバブル」な企業【第1回】:
SDGsとマーケティングと愛される企業の在り方を考える
本連載では経営とマーケティングの視点で見た「企業とSGDs」をテーマに、私たちの考えていることをお伝えします。(2021/6/23)

SNS活用などデジタルマーケ特化の転職エージェントサービス サイバーバズが提供
企業のSNSアカウントの運用やインフルエンザ―マーケティングを手掛けるサイバーバズの子会社が、デジタルマーケティングのスキルを持った人材に特化した転職エージェントサービスを始めた。業界初だという。(2021/6/21)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(6):
インサイドセールス、コロナ後も必要? 可能性を探る
コロナ禍により、オンライン商談が普及しました。この現象は、インサイドセールスの在り方にどのような影響を及ぼすでしょうか。アフターコロナには「いらなくなる」との意見もありますが、今後の可能性の有無を探ります。(2021/6/1)

辻愛沙子代表のarca、大人のためのコミュニティ型スクールを設立
arca(東京都渋谷区)は、大人のためのコミュニティ型スクール「Social Coffee House(ソーシャルコーヒーハウス)」を6月より開始することを発表した。(2021/5/21)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(5):
「電話がつながらない」「アポイントが取れない」──泥臭いインサイドセールスの仕事と向き合う秘訣は?
日々、電話やメールで顧客とコンタクトを取るインサイドセールスは、モチベーションが下がりやすい仕事です。どのように向き合うべきでしょうか。(2021/4/21)

UGC戦略:
Instagramの口コミ活用で売り上げ400%増! “手作りドッグフード”の、熱量を生むSNS戦略とは?
手作りドッグフード「ココグルメ」が、Instagramの口コミ活用を中心としたUGC戦略で、月次売り上げの昨対比400%増を実現した。どのような取り組みを行ったのか。(2021/4/9)

今日のリサーチ:
Twitter施策の予算 回答者の6割が「増加」――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが実施した「企業のTwitter活用実態調査 2021」によると、Twitter活用予算が増加傾向にあると回答した企業は6割を超えています。(2021/4/7)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(4):
インサイドセールスは「コール数をKPIにするな!」 疲弊や不正を招かない目標設定とは
インサイドセールスの組織では、「1日何件コールしているか」をKPIとして設定している場合が多いです。しかし、この目標設定は現場を疲弊させてしまう恐れがあります。どうしたらいいのでしょうか。(2021/3/26)

各種SNS横断施策も:
企業・ブランド向け「TikTok」トータルプランニング サイバー・バズが開始
キャスティング、動画広告運用、ハッシュタグチャレンジ企画までを一気通貫でサポート。(2021/3/22)

興味関心へのタイムラグを解消:
今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今まさにツイートしたユーザーを狙ってリアルタイムに広告配信が可能になった。(2021/3/2)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(3):
インサイドセールスは「売り込むな!」 成功のカギ、“顧客視点”の持ち方、磨き方
インサイドセールスの仕事は商談を作ることです。しかし「無理なアポイント」を設定することは社内にとっても、顧客にとってもいい結果につながりません。営業(フィールドセールス)やカスタマーサクセスと摩擦を生まず、顧客とも親身に向き合うために、インサイドセールスはどのような意識を持つべきでしょうか。(2021/2/24)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(2):
SFA・CRMの「そして誰も入力しなかった」を防ぐ! インサイドセールスとデータ活用の重要性
電話をはじめとするさまざまな手法を用いてアポイントを獲得する“役割”であるインサイドセールスは、自社サービスを必要としている顧客に丁寧な対応をし、契約につなげるために欠かせない存在です。そして丁寧な顧客対応をするためには、SFAやCRMにデータを蓄積し、活用する必要があります。本記事では、多くの企業が苦心するSFAやCRMの運用のための注意点などを解説します。(2021/1/26)

中国マーケティングの「壁」を乗り越える【第3回】:
「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラットフォームにおける適材適所の施策が欠かせない。中国SNSの最新状況をまとめた。(2021/1/20)

中国マーケティングの「壁」を乗り越える【第2回】:
KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間での口コミとKOL・KOCによる口コミの2種類がある。(2021/1/13)

【新連載】中国マーケティングの「壁」を乗り越える:
中国向け越境ECに今取り組むべき理由をあらためて考える
巨大な中国市場において根強く人気を博す日本商品。新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)拡大の影響で訪日インバウンド消費の復活には時間がかかりそうだが中国向け越境ECは伸びしろが大きい。成功のために押さえておくべきポイントをエキスパートが解説する。(2021/1/6)

今日のリサーチ:
Twitterで2020年に話題になったアーティスト 言及数上位に「嵐」「BTS」「SixTONES」――ホットリンク調査
SNSマーケティング支援のホットリンクが「第1回 SNSサーチ」を実施。(2020/12/29)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス:
インサイドセールスが必要なのはどんな企業? 立ち上げの心得と確認事項
日々インサイドセールスの業務に努める傍ら「ヴィジュアル系インサイドセールス」として情報発信を行う堤貴弘さんが、インサイドセールスについて愛をこめてお届けする新連載。第1回は、インサイドセールスとは何か、インサイドセールスが求められるのはどのような企業か、そしてインサイドセールス部を立ち上げるために必要なことは何かをお話しします。(2020/12/11)

探し物トラッカー「Tile」で盗まれた自転車を追跡 どうやって?
Twitterで、盗難自転車の追跡劇が話題になっている。被害者の加藤さんは探し物トラッカー「Tile」を使って盗難車の大まかな位置を探り、1日がかりで発見した。(2020/11/27)

夢を諦め、30代で営業マンに:
異色の元ビジュアル系社員が、たった1人でインサイドセールスを立ち上げるまで 〜メール配信での大失敗、社内のすれ違いを乗り越えて〜
高校卒業後13年間ビジュアル系バンドのギタリストとして活動し、30代を過ぎてから営業マンに転身した堤さん。現在はホットリンク(東京都千代田区)でのインサイドセールス部の立ち上げ経験をもとに、イベント登壇やSNSの発信を行うインサイドセールスのカリスマだ。異色のキャリアの持ち主は、いったいどのような経緯でインサイドセールス部を立ち上げることになったのだろうか。そして、失敗も成功も経験している堤さんが今だからこそ考える、インサイドセールス立ち上げのポイントとは何か。(2020/11/27)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる プロモーションは「会話」が勝負? シャープやタニタのSNSが人気なワケ
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/11/11)

今日のリサーチ:
Go To Eat利用で行きたいお店 「スシロー」「くら寿司」がツートップ――ONE COMPATH調べ
電子チラシサービス「Shufoo!」利用者を対象とした「Go To キャンペーン」に関する意識調査です。(2020/11/10)

花王が実践する「スモールマス」マーケ、店舗にいない顧客のデータを追うための地道な実務の中身は
「これからはスモールマスマーケティングの時代だ」と言葉にするのは簡単だが、これを実践するには多数の「人」を介した地道な努力の積み重ねが必要だ。積み重ねさえあればその効果を最大化するためのITを使えばうまくいくことも多い。花王グループの場合はこの点にどんな手を打っているだろうか。同社が実践する新しい顧客接点の作り方について実務担当者が語った。(2020/10/29)

今日のリサーチ:
2020年のソーシャルメディアマーケティング市場は5519億円に――サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ
ソーシャルメディアマーケティング市場は順調に成長しているようです。(2020/10/15)

これからの広告の定石を語る【前編】:
トライブを制する者がマーケティングを制する
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と注目のマーケティング手法について、最新事例とともにマーケティング戦略の専門家が解説する。(2020/9/10)

「これからのブランディングとSNS」を語る【前編】:
山口義宏×いいたかゆうた コロナ後の世界でブランディングが重要性を増す理由
SNSが台頭し、消費者行動が変化し続ける今、ブランド設計の正攻法も変わりつつある。これからのブランディングはどうあるべきか。(2020/9/1)

今日のリサーチ:
「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。(2020/8/6)

デジタル業界をけん引してきたリーダーが集結:
IMJ×電通デジタル×ネットイヤーグループ DX推進パートナーとの付き合い方を語る
新しい日常にふさわしい顧客目線のサービスを創出する上でデジタルトランスフォーメーション(DX)は避けて通れない。しかし、具体的には何から始めればいいのか。そもそもあるべきDXとはどういうものか。エキスパートが語り合った。(2020/7/29)

“Twitterトレンド入り”量産の方法とは? ユーザーの話題集める「バンドリ!」のSNS運用
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」を開発・運営するCraft Eggが、3月1〜16日の間“毎日Twitterトレンド入り”を目指して施策を展開し、その8割を成功させた。同社は「ユーザーファースト」に基づく情報の出し方こそがトレンド入りのカギと話す。(2020/7/1)

オンラインセミナーやEC支援など:
Facebook&Instagramの新型コロナ対応ビジネス支援 マーケティング・営業に使える機能・サービスまとめ
コロナ禍を生き抜く企業のためのSNS活用術Facebook&Instagram編。SNSマーケティングのエキスパートによる特別寄稿です。(2020/6/11)

今日のリサーチ:
百貨店・商業施設の新型コロナウイルス対策 顧客はどこを評価しているのか――日経リサーチ調査
新型コロナウイルスの感染拡大対策に取り組む百貨店や商業施設の現状に関するレポートです。(2020/5/19)

今日のリサーチ:
SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を対象に独自調査を実施し、「SNSマーケティング最新レポート」を公開しました。(2020/4/6)

「ITmedia マーケティング」eBook シリーズ:
SNSマーケティングの「中と外」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期でお送りします。今回は「SNSマーケティング」をテーマに、「シャープさん」など公式アカウント担当者の声(中)とオーディエンスとの関係構築(外)について扱ったコンテンツをお届けします。(2020/4/3)

SNSマーケティングの死角:
『100日後に死ぬワニ』炎上、真の引き金は? Twitterデータで迫る
Twitterで毎日連載されていた『100日後に死ぬワニ』が最終回。感動だけでなくステマ疑惑など炎上も発生した。その真のメカニズムにTwitterデータ分析で迫る。(2020/3/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。