ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ストリーミング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

AppleとSpotifyのストリーミング報酬比較で浮かび上がる、音楽コンテンツビジネスの次の戦略
「Apple Musicはストリーミング1回当たり約1円」という報道の真偽を検証する。(2021/4/30)

5Gエリアでネットサービスの品質が自動向上 「au 5Gエクスペリエンス」がAndroidスマホにも対応
au 5Gエリアにおいて、ネットサービスの品質が自動向上する「au 5Gエクスペリエンス」が、いよいよAndroidスマートフォンにも対応する。ストリーミング品質の自動向上に加えて、動画の一時ダウンロード/保存や限定コンテンツの利用などのサービスも提供されるという。(2021/4/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
ストリーミングの時代に、なぜアナログのレコードが売れているのか
多くの人がストリーミングサービスで音楽を聴いている時代なのに、アナログのレコードが売れているという。欧米だけでなく、世界各地で人気が出ている背景に何があるのか。調べてみると……。(2021/4/22)

広テレやドコモらが協力して「遠隔バスケットボール教室」を開催 5Gで遠隔地から指導支援
広島テレビ放送(広テレ)やNTTドコモ中国支社など7社が、遠隔地でのスポーツ指導格差の解消を目的とした「遠隔バスケットボール教室」を実施した。5G回線を活用し、映像伝送技術やストリーミング配信技術を使いつつ、VRスポーツ指導コンテンツを配信した。(2021/3/23)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
カセットテープからストリーミングへ 音楽再生メディア40年の栄枯盛衰を売上高の推移で振り返ると……
音楽リスニングスタイルも両極化? テープ再生からネット配信へ、そしてまたいつか来た道を戻るのか。(2021/3/12)

コロナ禍の“映画鑑賞”どう変わる? 激動の「ストリーミング戦争」 Netflixは会員数500万人にほぼ倍増
ここ1年で人々の消費の形が変化し、特に映画の受容形態は大きく変わった。新作の公開の場としてストリーミングサービスが活用されている。(2021/2/27)

「Apple TV」アプリが「Chromecast with Google TV」に降臨
Googleが予告通り、Appleの動画サービス・アプリ「Apple TV」を映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」で利用できるようにした。Appleオリジナルの「Apple TV+」の作品を視聴できる。(2021/2/19)

短命の超短編配信サービス「Quibi」のコンテンツをストリーミング端末のRokuが買収
CES 2020で華々しく発表されたがユーザー数が伸びずに10月に終了した超短編動画配信サービス「Quibi」のコンテンツを、米ストリーミング端末シェアトップのRokuが買収した。RokuはQuibiのコンテンツをユーザーに無料で提供する計画だ。(2021/1/9)

Atariの新ゲームコンソール「Atari VCS」は独自OSにChromeブラウザ搭載
Atariは来年初頭に出荷予定の新型ゲームコンソール「Atari VCS」にGoogleのWebブラウザ「Chrome」をプリインストールすると発表した。ゲームモードのままストリーミングやGmailなどが使える。AndroidおよびiOS版コンパニオンアプリを使えば、モバイル端末をキーボードやマウス代わりに使える。(2020/12/17)

「Chromecast with Google TV」に「Apple TV」アプリ追加 「TV+」コンテンツを視聴可能に
Googleが、10月に発表した映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」で、来年初頭にAppleの「Apple TV」アプリおよび「Apple TV+」をサポートすると発表した。他の「Android TV OS」スマートテレビにもロールアウトしていく計画。(2020/12/17)

主戦場はテレビからモバイルへ:
「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコンテンツの前後や合間に再生される広告、バナー上に表示される広告、そして作品中にオーバーレイされる広告などが増え、今後OTTでより多岐にわたる広告を目にするようになるでしょう。(2020/11/30)

Innovative Tech:
マスクしてても口の動きが見える「Unmasked」
加速度センサーからカメラによるストリーミングまで。(2020/11/24)

人工知能ニュース:
エッジAI普及へ、AIプラットフォームのコア技術とマイクロサービスを公開
ラトナは、エッジコンピューティングプラットフォーム「AION」の主要技術と主要マイクロサービスをGitHub上にオープンソース化した。AIONコアや、USBカメラの映像をストリーミング配信するマイクロサービスを含む。(2020/11/19)

「Chromecast with Google TV」日本での販売価格は7600円
Googleが9月に米国で発売した映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」を日本でも発売する。価格は7600円(税込み)。リモコン付きで「Google TV」を利用できる。(2020/11/18)

ソニーの2Q、増収増益に“鬼滅”貢献 PS5は初年度販売数で“PS4超え”目指す
ソニーが10月28日に発表した2021年3月期第2四半期累計(20年4月〜9月)の連結決算は増収増益だった。第2四半期にアニメ「鬼滅の刃」のストリーミング配信がヒットし、音楽事業が伸長したという。(2020/10/29)

NASA、月面4Gネットワーク敷設でNokiaに助成金
米航空宇宙局(NASA)が、月面に4Gネットワークを敷設する目的でNokia傘下のBell Labsに約15億円の助成金を提供する。まずは月面車の制御や高解像度の動画ストリーミングを実現させるのが目的。(2020/10/19)

Googleの「Chromecast with Google TV」はリモコン付きで49ドル
Googleが、4年ぶりに映像ストリーミング端末を発表した。「Chromecast with Google TV」は付属のリモコンで「Apple TV」や「Fire TV」のような画面を操作できる。価格は49ドルで、日本でも発売の見込み。(2020/10/1)

Android版「Xbox beta」アプリ、Xbox本体からのストリーミングなどの新機能
Android版「Xbox beta」アプリが更新され、Xbox本体(One、Series X/S)のゲームをAndroid端末にストリーミングできるようになった。スクリーンショットやクリップの撮影・共有機能も強化された。(2020/9/22)

AppleのApp Storeガイドライン改定でiOS端末でのゲームストリーミングが可能に
Appleが、アプリストアへのアプリ登録のガイドラインを改定した。この改定で、「ストリーミングゲームは、すべてのガイドラインに準拠する限り許可される」という条項が追加された。だが、ガイドラインはストリーミングのメリットを損なうとMicrosoftはメディアに語った。(2020/9/14)

XRプラットフォーム:
PR:5G時代の新常識、VR/ARストリーミング技術が実現する“制約なき世界”
ニューノーマル時代に向けた働き方改革の一環として、XR(VR/AR/MR)テクノロジーを活用した新たなリモートコラボレーションに注目が集まっている。NVIDIAは、「NVIDIA RTX サーバー」の“最高レベルのグラフィックス性能”と、ワイヤレスHMDなどを用いた“モバイルの自由度”を融合させた「NVIDIA CloudXR」を展開し、これまで普及を妨げてきたあらゆる課題からユーザーを解放する。(2020/8/26)

“ナウシカ歌舞伎”も自宅で 松竹、有料配信「歌舞伎オンデマンド」26日スタート
歌舞伎の有料動画配信サービス「歌舞伎オンデマンド」を松竹が26日にスタートする。過去の歌舞伎の舞台公演や、歌舞伎俳優によるトークイベントなどの映像をストリーミング配信する。(2020/8/25)

ゲームストリーミング「GeForce NOW」、Chromebookをサポート
NVIDIAのゲームストリーミング「GeForce NOW」がChrombookに対応した。同サービスは既に、Windows、Mac、Android、SHIELDに対応している。(2020/8/19)

今日のリサーチ:
Official髭男dism、菅田将暉、King Gnuがリーチ力で急上昇 嵐はストリーミング解禁で支出喚起力が前年の1.5倍
博報堂DYメディアパートナーズと博報堂が発表した毎年恒例の「リーチ力・支出喚起力ランキング」。新たにランクインしたコンテンツに共通する特徴とは何でしょうか。(2020/8/18)

10月に「Google Play Music」上でのストリーミング再生終了 12月までには「YouTube Music」に置き換え
移行スケジュールを正式発表。(2020/8/5)

「Google Play Musicは12月末で終了」 YouTube Musicへの移行スケジュール発表
2013年スタートの「Google Play Music」が2020年末に完全終了する。8月下旬から「Music Manager」での音楽ダウンロードなどができなくなり、10月にはストリーミングもできなくなる。コンテンツの移行は12月末まで可能だ。(2020/8/5)

君は音圧戦争を生き抜けるか? 音楽ストリーミング時代のラウドネス・ウォー対策
海苔波形って聞いたことあります?(2020/7/30)

デル、エッジコンピューティングサーバの新製品「Dell EMC PowerEdge XE2420」とサーバ管理の新機能を発表
デル テクノロジーズのエッジコンピューティング向けサーバの新製品「Dell EMC PowerEdge XE2420」が発表された。低レイテンシで負荷の高いエッジアプリケーションにも対応する。併せてテレメトリーデータストリーミングによるサーバ管理ツール「Dell EMC iDRAC9 Datacenter」の提供も開始する。(2020/7/1)

PR:ボーナスも10万円も出た! テレワークもプライベートも快適に過ごせるワンランク上のPCを手に入れよう!
全国的な自粛期間を経て、改めて自宅で使っているPCが旧式でテレワークで四苦八苦し、ストリーミング配信の映像も満足に楽しめなかったという人が多いのではないだろうか。そこで、公私ともども快適なPC環境に生まれ変わるべく、お勧めモデルをピックアップした。ぜひ、ワンランク上のPC体験を獲得してほしい。(2020/6/19)

WWDC基調講演配信、日本では6月23日午前2時から Arm Mac発表の予想も
Apple、「WWDC 2020」の基調講演を6月22日午前10時(日本時間6月23日午前2時)からストリーミング配信すると発表。(2020/6/12)

ソフトバンクのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」、6月10日に開始
ソフトバンクは、6月10日にクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスを提供開始。高負荷のデータ処理をサーバー側で行ってストリーミング配信するため、デバイスを問わずゲームを楽しめるという。(2020/6/5)

日本レコード協会、音楽ストリーミングでもヒット曲を認定 1億再生でプラチナに 4月はKing Gnuなど
音楽ストリーミングサービスで再生された回数に応じてヒット曲を毎月認定する。(2020/5/27)

Amazon Music、広告付き無料ストリーミングを提供開始 Amazonアカウントのみで再生OK
Amazon Musicは、5月14日にプライム会員やAmazon Music Unlimited利用者以外も再生できる広告付きの無料ストリーミング音楽配信を開始。Amazonアカウントがあれば利用でき、Amazon Alexaにも対応する。(2020/5/14)

Amazon Musicで広告付きの無料音楽ストリーミング、日本でも開始 操作には制約も
アマゾンジャパンは音楽配信サービス「Amazon Music」で、同社初の広告付き無料ストリーミング音楽配信を始めた。クレジットカードなどの情報を登録する必要がないのがメリット。(2020/5/14)

Amazon Music、無料版を提供開始 広告付きのプレイリストをストリーミング配信
ラジオサービスからも、数百のステーションが無料配信対象に。(2020/5/14)

Spotify、有料会員数が1億3000万人に 新型コロナで「毎日が週末のような聴き方」に
音楽ストリーミングサービスのSpotifyの1〜3月期決算は増収、黒字転換。有料ユーザー数は31%増の1億3000万人になった。新型コロナウイルスの影響で、リスニングパターンが大きく変わったという。(2020/4/30)

Amazon、音楽ストリーミングサービス「Amazon Music HD」用PCアプリ最新版を公開 新たに“排他モード”を装備
Amazonは、音楽ストリーミングサービス「Amazon Music HD」用PCアプリの最新版を公開した。(2020/4/27)

Apple、360動画ストリーミングの「NextVR」を1億ドルで買収か?
開発陣はAppleとみられるペーパーカンパニーに雇用されているようだ。(2020/4/6)

Netflix、欧州でストリーミング品質を低下 新型コロナのテレワークに配慮 YouTubeとAmazonプライムビデオも
Netflixが欧州で、向こう30日間ストリーミング品質を低下させる。欧州委員の新型コロナ対策の呼び掛けに応じたもの。【UPDATE】YouTubeとAmazonもこれに続いた。(2020/3/20)

ゲームストリーミング「GeForce NOW」日本版、6月に正式サービス開始 5Gでゲーム配信、月額1800円
ソフトバンクとNVIDIAが、「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスを6月に始める。ソフトバンクの商用5Gサービスの一環で提供し、5Gを活用したゲーム配信を行う。価格は6〜7月は無料で、8月以降は月額1800円(税別)。(2020/3/5)

ASUS、デュアルマイクを搭載したストリーミング向けのフルHD対応Webカメラ
ASUS JAPANは、ストリーミング向けをうたったマイク内蔵型Webカメラ「ROG Eye」を発売する。(2020/2/28)

aiko、全楽曲のストリーミング配信を開始 デビュー曲から最新シングルまで414曲
歌手のaikoさんが2月26日、音楽ストリーミングサービスで、全楽曲の配信を始めたと発表。全414曲を配信する。(2020/2/26)

ゲームストリーミング「GeForce NOW」、3月から無料プレサービス
米NVIDIAとソフトバンクはゲームストリーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の無料プレサービスを3月1日から始めると発表した。(2020/2/21)

ソニー、完全ワイヤレス型ヘッドフォン「WF-H800」を2月29日発売 2万2000円前後
ソニーは、2月29日にh.earシリーズのBluetooth対応完全ワイヤレス型ヘッドフォン「WF-H800」を発売。独自の高音質技術「DSEE HX」で、CDなどの圧縮音源やストリーミング再生をハイレゾ相当にアップスケーリングして楽しめる。(2020/2/19)

ハイレゾストリーミングの「モーラ クオリタス」にモバイルアプリ登場 ダウンロード機能も
ソニー・ミュージックエンタテインメントがストリーミング音楽配信サービス「mora qualitas」(モーラ クオリタス)でスマートフォン用アプリの提供を始めた。(2020/2/18)

組み込み開発ニュース:
「Bluetooth LE Audio」に対応したコーデックを提供開始
Synopsysは、次世代のオーディオ規格「Bluetooth LE Audio」の機能を実装した「ARCプロセッサ向けLC3コーデック」の一般提供を開始した。Bluetoothデバイスに、低消費電力のオーディオと音声ストリーミング機能を迅速に実装できる。(2020/2/13)

NVIDIA、ゲームストリーミング「GeForce NOW」欧米で正式スタート 月額5ドルとStadiaの半額
NVIDIAがゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」を欧米で正式スタートした。1セッション1時間の無料プランと、6時間の有料プラン(月額4.99ドル)の2プランだ。(2020/2/5)

今日のリサーチ:
世界のモバイル市場動向 米国では支出上位アプリのほとんどがサブスクリプション型に――App Annie調べ
App Annie「モバイル市場年鑑 2020」では、2019年のモバイル市場とゲーム、金融、小売業界、動画ストリーミング市場の業界動向を予測しています。(2020/1/30)

TVerで民放5局がネット同時配信の実証実験 放送とほぼ同じ内容をストリーミング
在京民放5局が運営する見逃し配信サービス「TVer」で、テレビ番組のネット同時配信を行う実証実験が始まった。夕方の報道番組などをテレビ放送と同時にストリーミング配信する。(2020/1/20)

2020年展望:
テレビ局、4K化で存在感薄く 8K制作も視野に入れた“黒船”
テレビ売り場は4Kテレビが主役になったが、この状況を主導したのはテレビ放送ではない。映像ストリーミング配信などの有料サービスだった。(2020/1/4)

アコースティックな響きをありのままに ハイレゾストリーミングで彩り豊かなリスニング体験をしてみた
「Amazon Music HD」と「mora qualitas」という、2つのハイレゾ音楽サービスが登場した。この2つを徹底比較してみた。(2019/12/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。