ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オーディオ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!オーディオ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でオーディオ関連の質問をチェック

Mac用オーディオツールの定番、Audio Hijack、LoopbackがM1に対応
Macでオーディオ、ビデオの収録をする上で欠かせないツール、Audio Hijack、LoopbackがM1に対応した。(2020/11/29)

【Amazonブラックフライデー】多機能オーディオでおうち生活を楽しく マイク付きイヤフォンや防水スピーカーなど
ネックスピーカーが気になる。(2020/11/27)

iPhone、iPad、HomePod、tvOSが「バージョン14.2」に更新 MagSafe対応、HomePodのサラウンドオーディオなど
iPhone 12対応だけでなく、HomePodの大幅な機能強化も行われた。(2020/11/6)

AirPods Proが対応した「空間オーディオ」とは? iOS 14では音楽体験も変わる
iOS 14ではAirPodsやBeatsなどのヘッドフォンに関する新機能がいくつか追加された。そこで本記事では新機能についてチェックしていこう。(2020/10/25)

Jabraのワイヤレスイヤフォン「Elite 75t/Active 75t」にノイキャン機能が追加
GNオーディオジャパンは、10月21日にJabraのワイヤレスイヤフォン「Elite 75t/Active 75t」へアクティブノイズキャンセリング機能を追加する無料アップグレードを実施。アプリ「Sound +」のファームウェアアップデートを介して行う。(2020/10/21)

レノボ、オーディオ機能を強化したオールインワン設計の会議用端末「ThinkSmart Hub」新モデル
レノボ・ジャパンは、同社製のオールインワン会議用端末「ThinkSmart Hub」の新モデル2製品を発表した。(2020/10/21)

車載情報機器:
ヤマハの車載ブランドオーディオが2車種目の採用、新型「MG5」に搭載
ヤマハは2020年10月19日、上海汽車グループ傘下のブランド・MGが発売する新型車でヤマハブランドのスピーカーシステムが採用されたと発表した。搭載されるのは「MG5」の新モデルで、2020年11月に販売開始の予定だ。ヤマハは2020年の北京モーターショーにおいて、カーオーディオへの再参入を発表していた。(2020/10/20)

【Amazonプライムデー】イヤフォン・スピーカー新規購入&買い替えのチャンス BOSE・SONY・Beats・Ankerなど
オーディオはこだわりだすと無限。(2020/10/14)

Anker製品がAmazonプライムデーに登場! 充電器・オーディオ機器・家電など70製品以上が最大50%オフ
Ankerのセール情報です。(2020/10/13)

Slack、リモートワーク支援の非同期動画メッセージ機能やDiscord的音声チャット機能を計画中
Slackが、定例Web会議の代わりになりそうな非同期動画メッセージ機能と、オフィスでの雑談に近い音声チャットを目指すチャンネルのオーディオオプションのプロトタイプを披露した。(2020/10/8)

アンカー、48時間限定「Amazonプライムデー」で70製品以上を最大50%オフに
アンカー・ジャパンは、10月13日〜14日の48時間限定で実施する「Amazonプライムデー」に70製品以上を用意。スマートフォン関連製品や家電製品、オーディオ製品などを最大50%オフで販売する。(2020/10/7)

iPhoneをシアターに変えたAppleの「空間オーディオ」
Appleが9月にリリースした「iOS 14」には、ワイヤレスイヤフォンの「AirPods Pro」と組み合わせて臨場感のあるバーチャルサラウンドが楽しめる「空間オーディオ」が追加されました。(2020/10/2)

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤフォン「Jabra Elite 85t」11月12日に発売
GNオーディオジャパンは、11月12日に完全ワイヤレスイヤフォン「Jabra Elite 85t」を発売。より強力にノイズを除去し、レベルも自在に調整できるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載している。(2020/9/29)

北京モーターショー2020:
ヤマハはカーオーディオに再参入、北京モーターショーに日系各社が出展
2020年の北京モーターショー(第16回北京国際汽車展覧会、プレスデー:9月26日〜27日、トレードデー:9月28日〜29日、一般公開日:9月30日〜10月5日)が開幕した。日系企業も現地でコンセプトモデルを発表するなど情報を発信している。(2020/9/29)

アナログ・デバイセズ ADZS-SC589-MINIほか:
車載用技術を生かした全機能内蔵型音響システム
アナログ・デバイセズは、オーディオ製品の効率的な開発を可能にするプラットフォーム「SHARCオーディオモジュール」を中心とする、全機能内蔵型オーディオシステムを発表した。車載オーディオバス技術を活用した低遅延のシステムだ。(2020/9/28)

プロジェクト:
ホテル椿山荘東京の庭園に雲海、特殊装置で園内を雲が覆う
ホテル椿山荘東京は2020年10月1日に、東京都文京区の同ホテルにある庭園で、6つのプロジェクト「東京雲海」「千の光のライトアップ」「聴蟲(むしきき)&時の鐘」「祈り星」「オーディオガイド」「椿山復活プロジェクト」をスタートする。(2020/9/25)

石野卓球チューニングの完全ワイヤレスイヤフォン登場 AVIOTから
電気グルーヴの石野卓球さんがチューニングした完全ワイヤレスフォンが9月11日に発売。「オーディオ製品を作ってみたかった」という本人の思いもあり、コラボが実現したという。(2020/9/3)

デザインの力:
スピーカーケーブル間に取り付け音響を改善するオーディオアクセサリー
KaMSは、音響改善アクセサリー「Sound element」を発売した。スピーカーケーブルの間に取り付けるだけで、音のクリア感、臨場感が向上し、原音に近づけられる。(2020/8/28)

Amazon.com傘下のAudible、コインはないけど聴き放題の月額8ドルサービス開始
Amazon.com傘下のオーディオコンテンツサービスAudibleが、従来のプランの約半額のサービス「Audible Plus」を欧米で開始した。コインでのコンテンツ購入はできないが、1万以上のコンテンツに無制限でアクセスできる。従来プランはコインに加え、無制限アクセスも可能になった。(2020/8/25)

'80年代オーディオブームを支えた名機たちがカプセルトイに 「ONKYO オーディオ ミニチュアコレクション」
ケンエレファントは、オンキヨーのオーディオ機器をミニチュア化したカプセルトイを8月18日に発売する。世界初の倍速ダビングに対応したダブルカセットデッキ「TA-W880」など全5種。1回500円(税込)。(2020/7/27)

組み込み採用事例:
TCLと共同開発した8KテレビがIMAX Enhancedグローバル認証取得
オンキヨーは、TCL Electronics Holdingsと共同開発したAndroid TV「TCL QLED TV 8K X915」シリーズが、「IMAX Enhanced」のグローバル認証を取得したと発表した。サウンドバーにオンキヨーのオーディオ技術を搭載している。(2020/7/27)

デザインの力:
「研究開発型」町工場が徹底的にこだわり抜いて開発したアナログプレーヤー
精密旋削加工を武器に、これまで培ってきたモノづくりの技術とノウハウ結集し、ピュアオーディオ向けアナログレコードプレーヤー「AP-0」を新規開発した由紀精密。その誕生の背景には、「研究開発型」町工場を標榜する同社ならではの強みと、ある1人の従業員の熱い思いがあった。(2020/7/16)

WWDC 2020:
「AirPods Pro」に秋の“大型アプデ” 「空間オーディオ」で映画のサラウンド再生も
米Appleが年次開発者会議「WWDC 2020」で「AirPods Pro」に「空間オーディオ」(spatial audio)と呼ぶバーチャルサラウンド再生機能などいくつかの新機能を追加すると発表した。アップデートは今秋実施する。(2020/6/25)

インフィニオン KIT_40W_AMP_HAT_ZW:
完全独立型のRaspberry Pi向けオーディオアンプHATボード
インフィニオン テクノロジーズは、完全独立型のRaspberry Pi向けオーディオアンプHATボード「KIT_40W_AMP_HAT_ZW」を発表した。小型ながら、ラジカセ級のHDオーディオ出力が可能となっている。(2020/6/18)

コロナ後見据え図書館も変化 感染症予防の他オーディオブック充実も
新型コロナウイルスの感染拡大を受け臨時休館を余儀なくされた各地の図書館が再始動している。各種感染症予防を行った上で、終息後も見据えてオーディオブックの充実を図るなど新しい取り組みも始まっている。(2020/6/9)

Jabraの完全ワイヤレスイヤフォン「Elite」シリーズからワイヤレス充電対応モデルが登場
GNオーディオジャパンは、ワイヤレス充電機能を搭載したJabraの完全ワイヤレスイヤフォン「Elite 75t ワイヤレスチャージモデル」「Elite Active 75t ワイヤレスチャージモデル」を7月10日に発売。6月19日には新色「ミント」「コーラル」も発売する。(2020/6/5)

オーディオ、動画を1本のケーブルで:
PR:車載情報ネットワークをシンプルにする新規格「INICnet」とは
INICnetテクノロジを使うと、ハードウェアとソフトウェアを追加せずに複数のオーディオおよびビデオチャンネルを並列、高品質、低レイテンシで伝送できる。加えて、Ethernet/IPチャンネルによりOTA(Over The Air)を含むソフトウェアのダウンロードと診断を可能にする。さらに、車載ネットワークの他の部分とのシームレスな接続を可能にする。しかし、既に各種規格が混在する車載ネットワークに、なぜ新たなオープン規格が必要なのか――。INICnetを解説する。(2020/5/20)

音楽再生と充電が同時に行えるUSB Type-C対応アダプター ベルキンから
ベルキンは5月29日、USB Type-C対応端末用の二股分岐アダプター「CONNECT USB-Cオーディオ+充電アダプタ」を発売する。iPad ProやAndroidスマートフォンを充電しながら、有線ヘッドフォンやイヤフォンなどで音楽を楽しめる。想定価格は2980円(税別)で、全国の家電量販店やAmazon.co.jpなどが取り扱う(2020/5/14)

パイオニア、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したディスプレイオーディオ2機種を発売
パイオニアは、スマホの主要機能を車載機のタッチパネルや音声で操作できる「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したディスプレイオーディオ2機種を発売。「Amazon Alexa」を搭載し、さまざまな音声操作も可能となる。(2020/5/13)

トヨタ自動車、ディスプレイオーディオのCarPlay対応を標準化 Android Autoも
トヨタは2020年6月発売の新型車からスマートフォンとの連携機能を強化する。(2020/4/13)

高級オーディオ向けMUSESシリーズ:
新日本無線、高音質オーディオボリュームを量産
新日本無線は、プロ用や高級オーディオ機器に向けたオーディオボリューム「MUSES72323」の量産を始めた。(2020/4/13)

Amazonのオーディオブックで「ハリポタ賢者の石」などが無料に 公開期間は「学校の閉鎖が続く限り」
アマゾンジャパンはこのほど、オーディオブックサービス「Audible」で「ハリー・ポッターと賢者の石」など子ども向けの小説作品を無料公開した。公開期間は「学校の閉鎖が続く限り」としている。(2020/4/6)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第18回):
ラズパイでハイレゾオーディオや「Spotify」を楽しむ
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。今回はラズパイでハイレゾ音源やSpotifyの音楽を聴けるようにします。(2020/4/3)

「ソニーエレクトロニクス」設立 オーディオ、カメラ、モバイル事業を統合
ソニーは、オーディオやカメラ、モバイルなどの事業を行う中間持株会社「ソニーエレクトロニクス」を設立すると発表した。(2020/3/27)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第17回):
ラズパイでハイレゾオーディオを楽しむ 〜Volumio編〜
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。今回はラズパイで音楽を聴けるようにしてみます。(2020/3/27)

デジタルとアナログを完全分離:
高級オーディオ向けDAC、2チップ構成で提供
旭化成エレクトロニクス(AKM)は、高級オーディオ機器向けD-AコンバーターICとして、デジタル処理とアナログ処理を完全分離した2チップ構成のソリューションを発表した。(2020/3/12)

アナログレコードを立たせて再生するプレーヤー お部屋のインテリアに
垂直に近い85度の角度にレコード盤をセットし、そのまま回転、再生するレコードプレーヤーが登場。中国のオーディオ専業メーカー、Jasmine Audioが開発した。(2020/3/10)

Nordic LE Audio Evaluation Platform:
Bluetooth LE Audio製品向けの評価ソリューション
Nordic Semiconductorは、Bluetoothオーディオの新規格「LE Audio」用製品に対応した評価ソリューション「LE Audio Evaluation Platform」を発売した。オーディオソースなどのソースでも、オーディオ再生などのシンクでも動作する設計となっている。(2020/2/25)

組み込み開発ニュース:
「Bluetooth LE Audio」に対応したコーデックを提供開始
Synopsysは、次世代のオーディオ規格「Bluetooth LE Audio」の機能を実装した「ARCプロセッサ向けLC3コーデック」の一般提供を開始した。Bluetoothデバイスに、低消費電力のオーディオと音声ストリーミング機能を迅速に実装できる。(2020/2/13)

GLIDiCの完全ワイヤレスイヤフォン「Sound Air TW-6000」、SB C&Sが発売
SB C&Sは、2月14日にオーディオブランド「GLIDiC」の完全ワイヤレスイヤフォン「Sound Air TW-6000」を発売する。イヤフォン本体から充電ケースまでコンパクトに仕上げ、フル充電時は最大7時間の連続再生を可能とする。(2020/2/7)

車載情報機器:
自動車にノイズキャンセリングを、ヒュンダイとアナログデバイセズが提携
アナログ・デバイセズは2020年1月23日、Hyundai Motor(現代自動車、ヒュンダイ)と提携し、オールデジタル ロードノイズキャンセレーションシステムを開発すると発表した。ヒュンダイはオーディオシステムやインフォテインメントシステムに、アナログ・デバイセズの高速デジタルインターコネクト技術「A2B(オートモーティブオーディオバス)」を採用する。(2020/1/31)

NAMM 2020:
Universal Audio、Apollo X、Arrowユーザー専用Mac版DAW「LUNA」を発表
Macに新たなDAWが誕生した。ハイエンドのオーディオインタフェースとして定評のあるApollo、Arrowを持っているMacユーザーは無料で使える。(2020/1/20)

わざわざ作った狙いはどこに? あのソニーがコンセプトカー「VISION-S」を発表、センサーやオーディオなど独自テクノロジー満載
販売予定はないようですが、カッコいいクルマ! 【更新】CES現地からのフォトレポート追加(2020/1/9)

CES2020:
ソニーがクルマを作ったのは「車両のシステムアーキテクチャまで理解するため」
ソニーは消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)において、同社の技術を盛り込んだコンセプトカー「VISION-S(ビジョン エス)」を披露した。車両の周囲や車内のセンシング技術、ディスプレイ、オーディオ技術などを搭載し、内外装も独自にデザインした。ソフトウェアを中心とし、通信よってアップデートし続けられる「アダプタビリティ」も取り入れているという。(2020/1/9)

Sonos、Googleをスピーカー技術の特許侵害で提訴
オーディオメーカーのSonosが、Googleを米連邦地裁に提訴した。マルチルームスピーカー技術など、5件の特許を侵害したとしている。また、米国際貿易委員会への提訴で、Google製品の輸入禁止を申し立てた。(2020/1/8)

ハイレゾ対応のオーディオエンジン搭載:
超低消費電力SoCで音声ユーザーインタフェース
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は、「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)で、192kHz/32ビットハイレゾ音源に対応した低消費電力のオーディオSoC(System on Chip)「LC823450/82345x」による音声ユーザーインタフェースなどを紹介した。(2019/11/28)

体当たりッ!スマート家電事始め:
オーディオとAlexaのいい関係、Amazonの「Echo Input/Link」を試した
液晶画面付きやコンセント直差しタイプまで、Amazonのスマートスピーカー「Echoシリーズ」はますますバリエーションが増えている。今回はオーディオと相性の良い製品を試した。(2019/11/19)

小さい音声も高い音質で捉える:
TI、ダイナミックレンジ120dBのオーディオADC
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、比較的音量が小さい声や、少し離れた場所で話しても、歪(ひず)みが少なく高い音質で録音を可能にするオーディオA-DコンバーターIC「TLV320ADC5140」について、記者説明会を開催した。(2019/11/19)

AirPodsにオーディオ飛ばせるトランスミッター、Apple Storeで販売
Apple StoreがTwelve SouthのBluetoothトランスミッター「Twelve South AirFly Pro Bluetoothトランスミッター」をStore 限定で発売した。(2019/11/18)

イノベーションのレシピ:
ホンダのモノづくりをオーディオにも、開発者にこだわりを聞く
ホンダがオーディオ機器用蓄電機を開発した。なぜ、ホンダが畑違いのオーディオ市場に足を踏み入れたのか。また、オーディオ製品の開発にあたり、ホンダの強みが生きた点や苦労した点はどこにあったのか。開発を担当した本田技術研究所の進正則氏などに聞いた。(2019/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。