レビュー
» 2010年08月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:情報活用に不可避な特権ユーザー管理

特権ユーザを管理しなければならないというニーズが高まっている。では特権ユーザ管理とは何を指すのか、なぜ必要なのか、また技術的対策としてはどの様なものが存在するのか。ITRによるレポートを紹介する(提供:日本CA)。

[PR/ITmedia]

 企業の業務環境は粛々とシステム化が進んでいるが、機密情報の電子化やシステム基盤の拡大が進むにつれて、セキュリティ対策の重要度は増している。とりわけシステム管理者が持つシステム権限は、情報セキュリティの根幹をなすものであり、厳格に管理することが求められている。一般ユーザーに対するアクセス管理は、多くの企業がすでに実践しているところであろう。その一方で、見落とされやすいのは特権ユーザーの管理である。企業は、根本的なアクセス管理の対策として、特権ユーザーをいかに管理するかに目を向けなければならない。

 本ホワイトペーパーは、特権ユーザー管理とはどのようなものであるか、位置づけを紹介し、情報漏洩の発生や、内部統制からの要請といった特権ユーザー管理が注目されるに至った背景を紹介し、また、実施すべき対策として人的対策、技術対策を上げるとともに、技術対策においてはツール市場の動向と導入時におけるツール評価のポイント、そしてこのホワイトペーパーとしての提言を紹介している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -