ニュース
» 2010年09月07日 15時45分 UPDATE

日本ベリサイン、ワンタイムパスワード認証サービスを企業向けに提供

ベリサインは、オンラインサービス事業者向けに提供しているワンタイムパスワード認証サービスを、リモートアクセス用途として企業向けにも提供する。

[國谷武史,ITmedia]

 日本ベリサインは9月7日、企業向けワンタイムパスワード認証サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ」を11月から提供すると発表した。

 本サービスは、既にオンラインサービス事業者向けに提供しているサービス「VIP オーセンティケーションサービス」を一般企業でのリモートアクセス用途に対応させたもの。ユーザーIDとワンタイムパスワードによる認証作業を同社のデータセンター内で行うため、ユーザー企業は専用設備を保有する必要がない。年間利用価格は、100ユーザー当たり25万円からとしている。

 認証に標準規格である「OATH」を採用しており、OATHに準拠したさまざまなトークン(ワンタイムパスワードを生成するツール)を利用できる。専用機器を使用する場合が多いが、携帯電話のアプリケーションやWebブラウザの専用ツールバー(日本語対応)などでも利用できる。

 同社では、企業向けのクラウドサービス市場が成長しており、リモートアクセスによって社内システムにアクセスする機会が増えると説明。ユーザー認証では、固定パスワードにワンタイムパスワードなどを利用した二要素認証を用いてセキュリティを強化する必要があるという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -