レビュー
» 2010年09月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:スケールアウト NAS で大規模仮想化のリスクを緩和

サーバの仮想化だけでは、真の仮想化とは言えない。ストレージも仮想化に必要なスケールアウトアーキテクチャを採用することで、完全な仮想化を実現が可能となる(提供:アイシロン・システムズ)。

[PR/ITmedia]

 仮想化によるメリットとは、保守性、拡張性、コスト削減、管理の簡素化、業務効率の向上、といった点があげられる。

 多くの企業では、サーバの仮想化を進める一方で、ストレージは従来のスケールアップ型であるSANやNASを利用しているケースが少なくない。

 スケールアップ型ストレージが抱える問題点と、スケールアウト型ストレージの利点を理解し、真の仮想化を実現するためのコツを国内外の事例を含めご紹介。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -