ニュース
» 2010年12月06日 18時02分 UPDATE

多機能マルウェア「WORM_PROLACO」に注意――トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、日本を含むアジアや欧米で感染報告が相次いでいる不正プログラム「WORM_PROLACO」について、注意を呼び掛けた。

[國谷武史,ITmedia]

 トレンドマイクロは12月6日、11月度のインターネット脅威レポートを公開し、感染報告が増加しているマルウェア「WORM_PROLACO」について注意を呼び掛けた。

 同社によると、WORM_PROLACOは11月中旬ごろから日本やアジア、欧米で感染報告が増加。メールやリムーバブルメディア、共有フォルダ、インスタントメッセンジャーなどの経路を通じて感染を広げるほか、幾つもの機能を持つことが特徴だという。

 メールを通じた感染では、AmazonやGoogle、Twitterなどの著名なインターネットサービスからの通知を装い、ZIP形式による不正な添付ファイルを送りつける例が確認された。これを解凍して現れるファイルを実行すると感染してしまう。銀行を装ってフィッシングサイトに誘導する手口も見つかっている。

 感染後にはルートキット機能によって自身の活動を隠ぺいしたり、別の不正プログラムを作成したりする。また、上記のような手口で別のコンピュータへの感染も試みる。これまでに被害は確認されていないものの、感染したWebサーバの公開フォルダにセキュリティ修正プログラムのダウンロードページを装ったindex.htmlファイルと自身のコピーを作成することも明らかになっている。

trendmicro1206.jpg 「WORM_PROLACO」の主な動作(トレンドマイクロより)

 同社では予防策として、誤って不正な添付ファイルやURLをクリックしないことや、セキュリティソフトで不正なメールを振り分けることを推奨している。企業では共有フォルダやWebサーバのアクセス権限、パスワードを再度見直したり、USBメモリの使用規定を設けたりするといった方法が求められるとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -