ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「感染」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「感染」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

中堅企業の在宅勤務に関する調査レポート:
PR:在宅勤務の業務効率を上げるには? 最新の調査レポートから考える
新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として、2020年7月に政府から在宅勤務を含むテレワークで働く社員の割合を7割まで高めるよう要請が出された。従業員100〜1000人規模の中堅企業の在宅勤務の導入は進んでいるのか、2020年12月にその実施状況について実態調査した結果、在宅勤務の導入が十分に進んでいない、または課題を抱えながら実施している現状が浮き彫りになった。(2021/1/22)

シェアオフィスやビアカフェ:
コロナ禍にベイスターズが多角化戦略、狙いは?
新型コロナの感染拡大は、プロ野球界にも大きな影響を与えた。各球団が苦戦を強いられる中、本業以外でも奮闘していたのが、横浜DeNAベイスターズだ。どんな事業を行っているのかというと……。(2021/1/23)

行動変容の難しさ:
夜の街“優良店”でもクラスター、なぜ
新型コロナウイルスで感染の懸念が高いとされる「夜の街」。国立感染症研究所が行った東京・歌舞伎町のホストクラブなどへの実態調査で、積極的に感染防止対策をしていた店舗でもクラスターが発生していたことが判明した。(2021/1/22)

テレワーク、時差、マイカー通勤……大阪の自治体 出勤者7割削減に苦慮
新型コロナウイルス感染拡大を受けて政府が出勤者の7割削減を求める中、大阪府内の自治体では、テレワークなどを駆使して接触機会の低減に努めている。一方、PCの配備や個人情報の取り扱いなど解決すべき課題も多く、試行錯誤が続きそうだ。(2021/1/22)

緊急事態宣言 大企業中心にテレワーク強化 地域差など課題
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言発令を受け、大企業の多くはテレワークを強化し、感染対策に万全を期す。一方、現場に出なければ仕事が回らない業種が多い関西は首都圏より実施率が低いといった地域差も課題となっている。(2021/1/22)

携帯3社、料金の支払い期限を延長 コロナ禍で支払いが困難な人向けに
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが、新型コロナウイルス感染症の影響で携帯電話料金の支払いが困難な個人、法人ユーザーを対象に、支払期限を延長すると発表した。(2021/1/21)

開店前の1時間:
3密回避で店舗を貸し切り アウトドア専門店が「No密」サービス開始
アウトドア用品販売店などを運営する好日山荘は、店舗を貸し切って買い物ができるサービスを開始すると発表した。新型コロナウイル感染拡大により、人との接触が避けられる中、密にならないサービスとして展開する。(2021/1/21)

大手通信キャリアが「料金支払い猶予」措置を実施 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う支援の一環として、大手通信キャリアが通信料金の支払い期限を延長する措置を発表した。措置の適用には、契約者による問い合わせが必要となる。【追記】(2021/1/21)

コロナ禍で疲弊:
飲食店にとって一番の問題は? 大手が行き詰まると
新型コロナウイルスの感染拡大で再び緊急事態宣言が発令されるなか、外食産業は規模の大小を問わず危機的状況に置かれている。業界団体である日本フードサービス協会の赤塚保正会長に、取り組みを聞いた。(2021/1/21)

1月22日から応じる店舗も:
東京都、時短協力金の支給拡大 大企業も対象に、1日6万円
東京都は、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした営業時間短縮要請について、協力金の支給対象を拡大する。新たに1月22日から要請に応じる事業者や、これまで対象外だった大企業にも1店舗当たり1日6万円を支給する。(2021/1/21)

緊急事態宣言 首都圏2週間・関西1週間 大企業中心にテレワーク強化 地域差など課題
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた首都圏1都3県への緊急事態宣言発令が決まり21日に2週間を迎える。大阪府など7府県も20日、1週間となった。大企業の多くは昨年4〜5月の緊急事態宣言時よりテレワークを強化し、感染対策に万全を期す。一方、現場に出なければ仕事が回らない中小の製造業などはテレワークが難しく、こうした業種が多い関西は首都圏より実施率が低いといった地域差も課題となっている。(2021/1/21)

沖縄県の緊急事態宣言で:
「テレワークできる人がうらやましい」と嘆く居酒屋バイト 観光業は「収入がゼロに」
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄県独自の緊急事態宣言を出した。県民からは「覚悟はしていた」などと冷静に受け止める一方で、多くが収入減など生活面での不安を訴えた。(2021/1/20)

「人口減少に伴う地域経済停滞の影響が深刻」:
大都市圏とそれ以外の地域でIT支出に大きな差 IDCが国内IT市場の地域別予測を更新
IDC Japanは、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症による影響を考慮して、国内IT市場の地域別予測を更新した。2021年は経済環境が回復するが、回復のペースは緩やかで、大都市圏とそれ以外の地域でIT支出に大きな差異が生じる見込みだ。(2021/1/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
「週休3日」は本当に実現できるのか ネット上で評判が悪い理由
新型コロナの感染拡大に対応するため、自民党が 週休3日制を提言する方針であることが明らかになった。賃金がそのままで休みが増えれば、ビジネスパーソンにとって“うれしい”ニュースになるわけだが、ネット上では評判がよくない。なぜかというと……。(2021/1/20)

合併ありきの再編論にクギ 地銀トップが語る生き残り策
 「合併だけで良くなると思えない」。地方銀行のトップらはこう口をそろえ、強まる再編圧力にくぎを刺す。菅義偉首相が「数が多すぎる」と指摘、政府や日本銀行は経営統合を促すが、多くの地銀は単独での生き残りを模索する。新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に陥る中小企業や飲食事業者から地銀に資金繰り支援を求める声が高まっており、「地域金融機関の正念場」と存在感を高めることも狙う。地銀を取り巻く環境や今後の展望を関西地銀のトップ4人に聞いた。(岡本祐大)(2021/1/19)

MONOist 2021年展望:
協働ロボットはコロナ禍の人作業を補う手段となり得るか
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による混乱は2021年も続きそうな兆しを見せている。製造現場でも人の密集や密閉空間による作業が制限される中、これらを回避するために人作業の一部を代替する用途で期待を集めているのが協働ロボットの活用だ。2021年はコロナ禍による働き方改革も含め、製造現場での協働ロボット活用がさらに加速する見込みだ。(2021/1/19)

今大人気の意外な輸入商品:
「バナナ」の輸入額が過去最高! なぜ?
新型コロナウイルス感染症の影響で、バナナや冷凍庫といった意外な品目の輸入額が令和2年は相次いで過去最高を更新する見通しとなったことが分かった。(2021/1/19)

組み込み採用事例:
新型コロナ対策製品向けに熱画像センサー技術の使用を無償許諾
日産自動車は、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策に用いられているチノーおよびセイコーNPCの複数の製品に対して、日産自動車が有する熱画像センサー技術の使用を無償で許諾する。(2021/1/19)

スピン経済の歩き方:
「ふざけんなよと」怒り爆発 大手外食が“露骨に冷遇”されるワケ
「ランチがどうのこうのと言われました。ふざけんなよと」――。サイゼリヤの社長がキレたわけだが、その気持ちも分からないわけではない。東京都の感染拡大防止協力金(1日6万円)をみると、中小企業や個人事業主には配られるのに、なぜ大手チェーンには支給されないのか。その背景にあるのは……。(2021/1/19)

モノづくり業界転職トレンド(28):
2021年の転職市場はどうなる?
新型コロナ感染症に振り回された2020年の転職市場。いまだ影響の大きいコロナ禍で、2021年の転職市場はどうなるのだろうか。2020年の振り返りと2021年の見通しについて、転職コンサルタントに話を聞いた。(2021/1/19)

小学生向け「はたらく細胞」のウイルス&細菌図鑑が登場 大人も新型コロナを正しく学べる
講談社はアニメ「はたらく細胞」のイラストをふんだんに使用した小学生向けの図鑑「感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑」を21日に発売する。(2021/1/18)

2021年2月にオンラインで開催:
「ISSCC 2021」の注目論文、Samsungの3nm GAA SRAMなど
2021年2月13〜22日にオンラインで開催される、半導体業界最大級の国際学会「ISSCC 2021」。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で今回は全てのセッションをオンラインで行う。会期以降も同年3月31日までオンデマンドで聴講が可能だ。今回は、注目論文を紹介する。(2021/1/18)

KADOKAWA流働き方改革【後編】:
オフィス移転計画中にコロナ襲来──混乱の中で1000人以上が一斉リモートワーク、KADOKAWA“総力戦”の背景
2020年11月、ところざわサクラタウン内にKADOKAWAの新オフィス所沢キャンパスが稼働を始めた。多くの出版社が集まる飯田橋エリアのオフィスと合わせ「本社2拠点体制」となる。新型コロナウイルスの感染拡大は、新オフィス稼働時を目指して働き方改革を進めるさなかに起こった。総務・人事・ICT部門の横串で作られたABW推進チームは、想定外の一斉リモートワークをどのように乗り越えたのか。また、コロナ禍にオープンした所沢キャンパスは、現在どのように活用しているのだろうか。(2021/1/21)

住宅ビジネスフェア2020:
デジファブの草分け田中浩也教授が提言、afterコロナの建築3Dプリンティングで世界に先駆ける新たな価値
建築用3Dプリンタには大きな可能性が寄せられている。内部構造を自在にコントロールできる3Dプリンタは、通気性や調湿性を持つ建材を容易に作り出せる利点がある。デジタルファブリケーションや3Dプリンティングの可能性に、国内でいち早く着目し、普及啓発に尽力してきた慶応義塾大学 田中浩也教授は、建築3Dプリントと別のテクノロジーを組み合わせることで、新型コロナウイルス感染症の拡大で、一変したwith/afterコロナの社会に対応し、例えば増大するワーケーション需要に応えられるような施設や居住環境を創出して、市場を開拓することも可能だと提唱する。(2021/1/18)

Boseのサプライチェーン強化【前編】
音響大手Boseが「サプライチェーン強化」を決意した理由 東日本大震災が契機
2011年に発生した東日本大震災やタイの洪水は、音響メーカーBoseのサプライチェーンに混乱を引き起こした。同社はこの時に得た教訓を、新型コロナウイルス感染症のリスクと混乱への備えに役立てている。(2021/1/18)

初の週末:
商店街、小売店、レストランはどう? 緊急事態宣言後の大阪市内
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が緊急事態宣言の発令対象に大阪など7府県を追加後、初の週末を16日、迎えた。(2021/1/17)

2020年は2515万人分の個人情報が流出 原因の多くは「ウイルス感染・不正アクセス」
2020年、個人情報の漏えい・紛失事故を公表した上場企業とその子会社は88社、事故件数は103件、流出した個人情報は2515万47人分――という調査結果を東京商工リサーチが発表した。(2021/1/15)

JR東海、従業員を一時帰休 コロナで経営厳しく
JR東海は、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで経営環境が厳しくなっているため、1月25日から2月28日まで、従業員の一時帰休を行う。(2021/1/15)

「シン・エヴァ」再び公開延期 緊急事態宣言受け 「感染拡大の収束が最優先」
カラーは1月14日、新型コロナウイルス感染症拡大と緊急事態宣言の発出を受け、1月23日に予定していた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開を再び延期すると発表した。(2021/1/14)

余剰人員のシェアも:
出前館、配達員へ応募で「支援金」3万円 緊急事態宣言で高まるデリバリー需要に対応
フードデリバリー大手の出前館は1月14日、緊急事態宣言期間中に配達員へ応募し、条件を達成した人に支援金3万円を支給する「個人業務委託応援キャンペーン」を開始すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大により高まるデリバリー需要に対応するため、キャンペーンを通して配達員を確保する考えだ。(2021/1/14)

JR東、車内販売中止 新幹線や特急「乗る前に購入して」
JR東日本は、新幹線と特急列車などで提供している飲料や食べ物の車内販売サービスを、16日から当面の間休止する。新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置という。(2021/1/14)

面接中止、オンライン導入……首都圏の中学受験スタート
コロナ禍での中学受験がスタートした。面接の取りやめや筆記試験のオンライン化、出題範囲の変更など入試の様相は一変。感染リスクへの危惧から恒例の受験風景は様変わりを余儀なくされそうだ。(2021/1/14)

製品動向:
日立がエレベーター向け感染症対策を「非接触・換気強化・密回避」に拡充
日立製作所と日立ビルシステムは、エレベーターを対象に感染症のリスクを軽減する新たなソリューションを開発した。同時に既存の非接触操作を可能にする装置を従来の新設だけでなく、リニューアルにも適用範囲を広げ、感染対策のラインアップを拡充し、ニューノーマルに適応したエレベーターサービスとして順次提供している。(2021/1/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
「クラウド全面移行」をやめた大学の新型コロナ対策
竜巻対策のためにHCIを採用してデータセンターを刷新したアラバマ農工大学(AAMU)。その決断は新型コロナウイルス感染症対策としても役立つことになった。同校の取り組みを追った。(2021/1/14)

最大30分程度:
JR東日本、1月20日から終電繰り上げ 深夜の一部列車を運休
JR東日本は、1月20日から当面の間、深夜の一部列車の運転を取りやめる。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言や自治体などからの要請を受けて、終電を繰り上げる。(2021/1/13)

医療機器ニュース:
新規無針投与デバイスを用いた新型コロナウイルス感染症ワクチンの治験開始
ダイセルは、同社の新規投与デバイスを使用した、新型コロナウイルス感染症ワクチンの投与治験開始について発表した。同デバイスが治療に有効であることが示され、実用化されれば、より多くの人に効果的にワクチンを提供できるようになる。(2021/1/13)

工場セキュリティ:
PR:工場停止の原因はサイバー攻撃、スマートファクトリーを取り巻く脅威とその対処法
人手不足や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響などにより、多くの製造業が工場のスマート化を加速させている。ただ、工場内のあらゆる機械が「つながる」ようになる中、セキュリティ対策と無縁だった工場は「狙われる存在」へと変化する。工場の安定稼働を守るために必要なセキュリティ対策として、どのようなことを行うべきか。(2021/1/15)

Microchip Technology プレジデント兼COO Ganesh Moorthy氏:
PR:エンジニアに“革新を起こす自由”を提供したい、豊富な製品群とサポートで業界を支えるMicrochip
5GやIoT、自動運転、AIなど「6つのメガトレンド」を軸に成長を目指すMicrochip Technology。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けつつ、サプライチェーンを素早く立て直し、堅調な売上高を維持した。Microchip Technologyのプレジデント兼COOを務めるGanesh Moorthy氏は、同社のトータルソリューションでエンジニアを支えたいと強調する。(2021/1/13)

Digi-Key Electronics デジタルビジネス部門 EVP Jim Ricciardelli氏:
PR:コロナ禍で従業員が団結、“追い風が吹く半導体業界”を260万点以上もの常時在庫で徹底支援
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにも負けず、堅調な2020年となった米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronics(以下、Digi-Key)。2021年には、拡張工事を行っていた倉庫が完成し、より一層、品種や在庫の増強に投資する。デジタルビジネス部門のエグゼクティブバイスプレジデント(EVP)を務めるJim Ricciardelli氏に、2021年の市況や戦略を聞いた。(2021/1/13)

琉球銀行とOKI、画面に触れずに操作できるATMの実証実験
琉球銀行と沖電気工業(OKI)は1月13日から、画面に触れることなく操作できるATMの実証実験を始める。OKIが開発した「ハイジニック タッチパネル」の技術を使い、画面の数センチ上に指をかざすことで操作できる。新型コロナの感染防止対策の一環。装置への接触を減らすことを狙う。(2021/1/12)

MONOist 2021年展望:
スマート工場は“分断”が課題、カギは「データ取得」を前提としたツールの充実
工場のスマート化への取り組みは2020年も広がりを見せているが、成果を生み出せているところはまだまだ少ない状況だ。その中で、先行企業と停滞企業の“分断”が進んでいる。新型コロナウイルス感染症(COVID−19)対応なども含めて2021年もスマート工場化への取り組みは加速する見込みだが、この“分断”を解消するような動きが広がる見込みだ。(2021/1/12)

環境整備の遅れ:
公務員のテレワーク進まず 窓口対応に苦慮
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が東京や埼玉など4都県を対象に出した緊急事態宣言では、テレワークで出勤者を7割削減するという目標も盛り込まれた。多くの企業が出勤自粛を進める見通しだが、自粛を呼びかける側である自治体の公務員が十分にテレワークができていない実態がある。(2021/1/12)

自動車メーカー生産動向:
2020年11月はトヨタホンダスズキが前年超え、乗用車メーカーの生産実績まとめ
日系乗用車メーカー8社の2020年11月のグローバル生産実績は、トヨタ自動車、ホンダ、スズキの3社が前年実績を上回った。このうちトヨタは11月としては過去最高となった他、世界販売でも過去最高を更新した。全体的な傾向としては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で大きなダメージを受けた自動車需要の回復傾向が続いているものの、欧州での再感染による主要都市でのロックダウンや、変異種の感染が広がるなど、世界の自動車市場は依然として不透明な状況が続いている。(2021/1/12)

与野党から強い反発:
緊急事態宣言も一転「ザル入国」続行 世界11カ国・地域とのビジネス往来
政府は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令を決めたが、中国や韓国など11カ国・地域との間で合意しているビジネス関係者の往来については、継続する方向で調整に入った。(2021/1/8)

新型コロナの新規感染者、今後1カ月で計14.6万人に 14日がピーク Googleが予測
米Googleが今後1カ月間で新型コロナウイルスの新規陽性者数が計14.6万人に達するという予測を出した。1日の新規陽性者数は1月14日に8984人を記録し、ピークを迎えるとしている。(2021/1/8)

動く実物大ガンダムも時短営業 緊急事態宣言受け 一部で払い戻し対応も
横浜の“動く実物大ガンダム”を運営するEvolving Gは、新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言発令を受け、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の営業時間を1時間短縮する。(2021/1/8)

新型コロナ ワクチンは救世主となるか【前編】:
新型コロナのワクチンは「ワープスピード作戦」によって成功 どの製薬会社もプロセスをしっかり踏んだ
新型コロナウイルスによる感染拡大を食い止めるための切り札として、米国企業で製造されたワクチンの接種が2月下旬にも日本で始まる見通しだ。接種をめぐっては一部で副反応を心配する声もあります。今後の見通しについてワクチン学が専門の東京大学医科学研究所の石井健教授にインタビューしました。(2021/1/8)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが不織布マスクを一般販売、閉鎖予定の岡山工場で国内生産
パナソニックは、これまで社内向けを中心に生産してきた不織布マスクの一般向け販売を開始する。新型コロナウイルス感染症の影響の長期化と、それに伴う社会貢献活動の一環として一般販売を決めた。2020年1月12日10時から、パナソニック公式ショッピングWebサイト「Panasonic Store Plus」で販売を開始。税込み価格は50枚入り1箱で3278円。(2021/1/8)

モビリティサービス:
コロナ禍で自動車の移動は増えた? コンチネンタルが日米欧中で調査
コンチネンタル・オートモーティブは2020年12月23日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が続く中での世界各国における移動手段のトレンドの調査結果を発表した。ドイツ、フランス、米国、日本、中国を対象に調査を実施。他人との接触を避けられる自家用車での移動を選択する人が増加し、公共交通機関やライドシェアのユーザーは世界中で大幅に減少したことが分かった。(2021/1/8)

信州大学医学部附属病院、「HER-SYS」への感染者情報登録にRPAを活用
信州大学医学部附属病院は、厚生労働省所管の新型コロナウイルス(COVID-19)感染者情報の共有システム「HER-SYS」への情報登録業務を「UiPath」を活用したRPAで自動化し、業務効率化と負荷軽減などを実現。手作業で1件当たり3分以上かかっていた情報登録がワンクリックで可能になった。(2021/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。