レビュー
» 2010年12月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:System Center Data Protection Manager 2007 SP1を使用したWindows Server 2008のベアメタル回復

Data Protection Manager(DPM) 2007 Service Pack 1(SP1)を使用して、ベアメタル回復(BMR)を作成する手順について説明する(提供:マイクロソフト)。

[PR/ITmedia]

 System Center Data Protection Manager(DPM)は、Windows Serverのバックアップと回復を行うための新たな標準となる製品であり、シームレスに統合されたディスクとテープメディア、およびクラウドリポジトリを使用して、マイクロソフトのアプリケーション、仮想化環境、ファイルサーバ、およびデスクトップの継続的なデータ保護を実現します。DPMを使用すると、ITプロフェッショナルとエンドユーザーの両方で、高度なバックアップ、および迅速で信頼性の高い回復が可能になります。

 DPM 2007 SP1では、DPMの実際のソフトウェアに加えて補助的なテクノロジを使用することで、ベアメタル回復(BMR)によって、オペレーティングシステムを必要とせずにサーバ全体を復元できます。

 このホワイトペーパーでは、DPM 2007 SP1を使用して、Windows Server 2008を実行しているコンピュータの重要なボリュームであるBMRバックアップを作成する手順について説明します。バックアップコピーを作成したら、障害発生時にはこのバックアップコピーを使用してコンピュータを再構築できます。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -