レビュー
» 2010年12月16日 15時25分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスタリング

高可用性機能の1つであるフェールオーバー クラスタリング。この機能によって、電子メール、データベース、基幹業務アプリケーションなど、組織の重要なアプリケーションやサービスを必要なときにいつでも確実に使えるようになる(提供:マイクロソフト)。

[PR/ITmedia]

 フェールオーバー クラスタリングは長年にわたりWindows Serverに組み込まれてきました。Microsoft Cluster Services(MSCS)は、Windows NT 4.0 Enterprise Edition に最初に導入されました。そのとき以来、MSCS は大幅な強化が継続的に行われ、Windows Server 2008 オペレーティング システムの登場の際に、名前が Windows Server Failover Clustering(WSFC)に変更されました。

 Windows Server 2008では、フェールオーバー クラスタリングのほぼすべてのコンポーネントが強化され、複雑な細部の多くが簡素化されました。クラスタリングの根幹部分の多くは、新しいGUIの背後に隠されています。フェールオーバー クラスターの専門家にフェールオーバー クラスターの展開作業や保守作業を担当してもらう必要がなくなり、代わりにITゼネラリストが新しいウィザードベースの手法で作業を行うことができます。Windows Server 2008では、以前のバージョンと同じレベルの制御性が得られると同時に、極めて柔軟なフェールオーバー クラスターの管理が可能になっています。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -