ニュース
» 2011年01月07日 17時55分 UPDATE

IE 8に任意のコード実行につながる脆弱性、JVNでも公表

Google研究者が公表したInternet Explorer(IE)の脆弱性は、IE 8が影響を受ける。

[國谷武史,ITmedia]

 情報処理推進機構とJPCERT コーディネーションセンターは1月7日、Microsoft Internet Explorer(IE)に未修正の脆弱性が存在するとして、JVN(Japan Vender Note)サイトで注意を呼び掛けた。

 それによると、脆弱性はmshtml.dll ライブラリで解放済みメモリを使用してしまうというもので、IE 8が影響を受ける。脆弱性が悪用されると、Webブラウザがクラッシュしたり、ユーザーの権限で任意のコードを実行されたりする可能性がある。

 この脆弱性は、米Googleのセキュリティ研究者マイケル・ザレウスキ氏が明らかにした。米US-CERTやフランスのセキュリティ企業VUPENでもこの脆弱性を確認したとしている。JVNサイトでは影響を軽減する方法として、MicrosoftのEnhanced Mitigation Experience Toolkitの利用を推奨している。

 IEには、これ以外にも未修正の脆弱性が12月に報告されている。Microsoftは日本時間の12日に月例セキュリティ情報を公開する予定だが、IEに関する修正プログラムの提供は予定されていない。

関連キーワード

Internet Explorer | 脆弱性 | Microsoft | JVN | IE 8


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -