レビュー
» 2011年01月12日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Dell PowerEdge R815におけるRHEL 5.5 KVM検証環境構築および検証結果

RHEL5が備えるカーネルベースの仮想化機能、KVM(Kernel-based Virtual Machine)についての評価の結果を記載したホワイトペーパーです。AMD Opteronのマルチコア・プロセッサがどれほどパワフルであるか、Dell PowerEdge R815が備える実力ともにご理解いただけます(提供:デル)。

[PR/ITmedia]

 Red Hat Enterprise Linux 5.4から搭載されている、カーネルベースの仮想化機能、KVM(Kernel-based Virtual Machine)についての評価の結果を記載したホワイトペーパーです。AMD Opteronのマルチコア・プロセッサがどれほどパワフルであるか、Dell PowerEdge R815が備える実力ともにご理解いただけます。

 Intel-VT/AMD-V(仮想化支援機能のついたCPU)を搭載したハードウェアがあれば、RHEL上でKVMを利用するために必要なのは、RHEL 5.4以上にアップデートするだけです。有効なサブスクリプションを持っていれば、追加費用は全く必要ありません。お持ちのサブスクリプションがRHEL 5である場合は、1サブスクリプションでRHEL仮想マシンを4つまで利用可能です。さらに、RHEL 5 AP(Advanced Platform)であれば、1サブスクリプションでRHEL仮想マシンを無制限に利用する事が可能です。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ