ニュース
» 2011年02月10日 17時36分 UPDATE

オルタナブログ通信:ソーシャルメディアの興隆と、マスメディアの立ち位置 (1/3)

ITにまつわる時事情報などが、日々、約250人のブロガーによって発信されているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今回は、「iPhone」「ソーシャルメディアとマスメディア」「Twitter」「Facebook」を紹介しよう。

[森川拓男,ITmedia]

iPhoneはカテゴリ?

sato_yukiko.jpg

 「携帯サイトが見れない(あえてら抜き記述)」という、女子にとって重大なデメリットが明記されていないのはいかんと思いました。

 「スマートフォンってiPhoneと違うの?」:海外速報部ログ


 内田隆平氏「日本のITは世界を制す!?」の「iPhoneの負け」という記事で、ニューズウィーク誌に掲載された記事が紹介された。比較対象は「iPhone」と「Android」。しかし、本稿で年頭にジョップ・ウスマン氏のエントリーを取り上げたように、そもそもこの2つはジャンルが異なるものだ。内田氏も、「この2つのライバル機器(というかライバルOSというか)はそもそもビジネスモデルが異なり、簡単には比較できないというのが正直なところ」としている。「iPhoneは事業そのものであり、売ることで収益が見込めるわけですが、AndroidはオープンソースOSであるため、直接的な収益はゼロです。それぞれのOSがもたらす収益という観点でみればiPhoneが圧勝、いや、勝負になってません」と。

 とは言っても、今年はますますスマートフォンやタブレット市場が拡大する可能性が高く、中でもAndroidの成長の可能性は高い。内田氏も指摘するように、「ビジネスモデルが異なるものの、この両者の勝負は経営的にもいいケーススタディになりそう」だ。

 さて、iPhoneが日本にスマートフォンを広めたのは間違いないが、佐藤由紀子氏「海外速報部ログ」の「スマートフォンってiPhoneと違うの?」に、なかなかショッキングな記述があった。

 いまや、女性誌『anan』でも「女子にやさしいスマートフォンは?」という特集が組まれるご時世、スマートフォンが当たり前になっている。そんな折、佐藤氏が耳にしたのは、女性2人の会話。「女子A:あ、それスマートフォン?/女子B:うん、最近変えたんだ〜/女子A:iPhoneとどう違うの?」……ここで佐藤氏は、「おお、iPhoneはスマートフォンではなく、iPhoneというカテゴリなのだな」と感じている。iPhoneはスマートフォンの一種なのではなく、それ自体が1つのカテゴリになっているのだ。ある意味、iPhoneが市民権を得ている証拠かもしれない。iPhoneと、それ以外のスマートフォンとの間には、大きな壁があるのだ。

 しかし、彼女たちにとってそんなことは関係ない。女子Aの質問に対して女子Bは、「あんまし変わんないと思う」と答え、「使いにくい。サイト見れないし」と付け加えるのだ。女性にとってスマートフォンで携帯サイトが見られないことはデメリットであるようだ。この辺りに、今後のビジネスチャンスの萌芽が見られないだろうか

「スポーツ」ネタが急浮上

 今回の「オルタナブログ通信」は、1月27日〜2月2日にかけて「オルタナティブ・ブログ」へ投稿されたエントリーの中から、冒頭で取り上げた「iPhone」のほか、「ソーシャルメディアとマスメディア」「Twitter」「Facebook」を紹介する。オルタナティブ・ブログを読む際の参考にしてほしい。

 それでは、1月27日〜2月2日を1月4週とした、過去8週分のオルタナティブ・ブログへの投稿状況グラフを見ていただこう。

graph20110203.gif 1月27日〜2月2日を最新としたオルタナティブ・ブログのステータス

 若干の増減はあるものの、投稿総数はほぼ横ばいだ。このまま推移していくのか、注目してみたい。

 2月2日には、鈴木麻紀氏「事務局だより」の笑基跳顔叶転楽挑兎……:2011年の自分を表す漢字1文字のまとめがアップされた。今回はどのようにまとめられるのか気になっていたが、実にユニークな方法で発表されている。ぜひ、見ていただきたい。

 それでは、今回の全エントリーのキーワードランキングを見ていこう。

順位 キーワード(カテゴリー) エントリー数 先週順位
1 社会 41 →(1)
2 ビジネス 30 →(2)
3 ストリーミング・動画 20 ↑(5)
4 イベント 19 →(4)
5 Twitter 17 ↓(3)
雑感 17 ↑(11)
7 iPhone 12 ↑(12)
8 ソーシャルメディア 11 ↓(7)
9 書評 10 ↓(6)
スポーツ 10 ↑(30)

 若干の増減はあるものの、基本的に大きな動きはない――と思ったところ、ベスト10内に急浮上したキーワードがある。「スポーツ」だ。今回の期間は、堀江守弘氏「アスリート堀江守弘の午後はビジネスマン」がアジア冬季競技大会にのスキーオリエンテーリングで参加したことを大里真理子氏「マリコ駆ける!」と共に積極的に情報発信したことで、ベスト10入りを果たすことになった。

 なお、ベスト10以下には、同率11位に「食」「テクノロジー」「電子書籍」「ネットワーキング」(9)が並んだ。また、注目ワードとして「スマートフォン」が15位、「Android」と「Facebook」が同率18位に入っている。

 それでは、オルタナブロガーが1月27日〜2月2日に取り上げた話題を振り返ってみたい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -