レビュー
» 2011年04月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ERPユーザの課題解決に向けたハイブリット開発のすすめ

企業の競争力の根源であるコアコンピタンスを支える業務とそれ以外の業務に分類し、ERP適用領域の見直しを行うことにより、ERPの効果を高め、さらに柔軟なITシステムをSOAシステム開発で構築する(提供:キヤノンソフトウェア)。

[PR/ITmedia]

 ERPは、統合業務パッケージとしてERPベンダーによって汎化されたベストプラクティスの集合体であり、業務をERPに合わせることにより、業務効率の向上やコスト削減が図れるなどの利点がある。よく言われる利点が業務統合、BPR、リアルタイム経営、国際標準・多国籍システムとなる。しかし、ERPユーザの現状は、バージョンアップ運用負荷の増大、サービス多様化への対応遅延など別の課題もよくいわれている。

 なぜ、ERPの利点を享受しきれないのだろうか?

 ERP導入とは現業業務をERPベストプラクティスに合わせることである。自社のコアコンピタンスを支える業務は、その企業の競争力の根源である業務のはずだ。これらの業務は、そもそも汎用的に作られているERPのベストプラクティスへの適用できるものではないはずである。こういったコア業務は自社内で構築すべき領域なのだ。

 ERP適用業務とコア業務とをバランスよく使い分けて実装することにより、変化対応力とコストのバランスのとれたITシステムが構築可能なのである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ