ニュース
» 2011年05月18日 19時37分 UPDATE

サーバ1台から導入可能:富士通、Hyper-Vで検証済みのプライベートクラウドパッケージを提供

富士通はHyper-V環境で動作検証済みの構成を、プライベートクラウドに適したパッケージとして提供開始する。ユーザーは事前の検証や設計を軽減できるという。

[石森将文,ITmedia]

 富士通は5月18日、Microsoft Hyper-V Cloud Fast Trackに対応するプライベートクラウド構築ソリューションを販売開始すると発表した。2011年7月中旬から提供開始する。

  Hyper-V Cloud Fast Trackは、 Hyper-Vでクラウドを構成するのに適したハードウェアやソフトウェア、構築・運用手法などをマイクロソフトとパートナー各社が共同で検証し、動作確認済みのレファレンスとして提供するもの。今回富士通は、同社のブレードサーバ「PRIMERGY BX900」やストレージの「ETERNUS」およびITリソースを管理をするソフトウェア「ServerView Resource Orchestrator」などの構成を、Hyper-V Cloud Fast Trackに対応したパッケージソリューションとして提供する。ユーザー企業は、事前の検証や設計を軽減できるため、短期間でプライベートクラウドを構築可能だという。

 ハードウェアとしては、ブレードサーバ1台から導入できるため「ユーザーのニーズに合わせた柔軟なシステム拡張が可能」(富士通)だとしている。

関連キーワード

Hyper-V | ETERNUS | PRIMERGY


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -