ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「ETERNUS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ETERNUS」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「簡単・シンプル」は本当か?:
PR:富士通に聞く、ハイパーコンバージドインフラの「本当の話」
広告などでは「簡単・シンプル」とうたわれることが多いハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、実際に導入・運用する視点に立つと、まだまだ情報が十分とは言えない。そこで本稿では、HCI製品「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN」の企業導入が急速に進展しているという富士通に、HCIのありがちな疑問や不安を導入・運用担当者の視点でインタビュー。HCIの「本当の話」を聞いた。(2018/2/28)

IDC Japanの森山正秋氏が指南:
PR:「主役」になったオールフラッシュストレージ、2018年はどう考え、どう選ぶ?
オールフラッシュストレージの存在感が、この1年余りで急速に高まってきた。SSDの価格低下に伴って用途も広がり、ストレージにおけるメインストリームに近づいてきたと言える。では、オールフラッシュストレージを、ユーザー企業はあらためてどう考え、どう選ぶべきか。IDC Japanの森山正秋氏に聞いた。(2018/1/23)

多種多様なワークロードに対応、「スモールスタート」も可能:
PR:デジタルトランスフォーメーションに不可欠な要素を「オールマイティー」にカバー 富士通「ETERNUS AF series」で得られる真の価値
SSDの低価格化を背景に、2016年はさしずめ「オールフラッシュ元年」と呼べるほど、オールフラッシュストレージ製品が一気に身近なものになってきた。そんな中、富士通が満を持してリリースしたオールフラッシュアレイ製品「FUJITSU Storage ETERNUS AF series」は、企業のどんな課題やニーズに応えてくれるものなのか。実際のモデルケースを挙げながら解説する。(2017/2/20)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第4回】
【徹底比較】ターゲット型アプライアンス主要製品を比較、バックアップソフトとの接続性も
4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。(2016/12/22)

オールフラッシュストレージは「速い」だけでは不十分:
PR:デジタルトランスフォーメーションに不可欠な「データ基盤の新要件」とは?
IoT、X-Techトレンドに象徴されるように、「多種多様な大量データをビジネス価値に変える」デジタルビジネスが国内でも活発化している。これに伴い、“価値を支えるデータ基盤”としてオールフラッシュストレージの導入企業が急速に増えている。だがデジタルビジネスで求められるのは「処理のスピード」だけではない。ではデジタルトランスフォーメーションを推進する上で不可欠となる「データ基盤の新たな要件」とは何か?(2016/12/28)

非構造化データ時代が求めるストレージ
Amazonの影響も無視できない「オブジェクトストレージ」導入が急増する事情
スケーラビリティ、パフォーマンス、低価格は、企業がオブジェクトストレージを導入する大きな動議になるとベンダーは説明する。だが、企業がオブジェクトストレージを選ぶ理由はこれだけではない。(2016/10/4)

PR:増え続けるアーカイブデータの保管に最適な光ディスクという選択肢
現在の企業や組織には取っておかなければならないアーカイブデータが膨大にあり、その長期保管へのニーズが高まっている。そこで注目されているのが、光ディスクだ。富士通の光ディスクライブラリ「FUJITSU Storage ETERNUS DA700」は、アーカイブデータの保管に必須ともいえる3つの要件を満たし、データ活用も視野に入れたソリューションを提供する。(2016/7/19)

製造IT導入事例:
研究開発業務のユーザーPC環境に仮想デスクトップ環境を導入
富士通は、日本たばこ産業医薬事業部の医薬研究開発業務のユーザーPC環境として、仮想デスクトップ環境を構築したと発表した。基盤サーバに、富士通のブレードサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY BX400」を採用している。(2016/4/14)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

富士通「ETERNUS」が対応:
PR:仮想化環境のストレージ運用の課題を解決する「VVOL」とは何か?
多数の仮想サーバを運用する企業ではストレージの制約から、期待通りのパフォーマンスを得られない、あるいはバックアップなどの運用が煩雑だといった課題を抱えている。その解決として注目されるのが、ヴイエムウェアの「vSphere Virtual Volumes」(VVOL)だ。ITmedia エンタープライズ主催の勉強会ではVVOLへの対応をいち早く表明した富士通をはじめ、ストレージの最新動向やVVOLが提供する価値、ユーザーによる先行検証の結果などが紹介された。(2015/3/13)

滋賀銀行、勘定系システムを富士通データセンターで運用へ
富士通の勘定系システムのアウトソーシングサービス「FSPS」を採用し、2017年から運用を開始する。(2015/1/16)

富士通、格納コストを最大50%削減する「仮想化環境専用」ストレージ
富士通は、データ格納コストを従来製品と比較して最大50%削減し、大規模仮想化環境への対応がより容易になった仮想化環境専用ストレージを販売開始する。(2015/1/15)

長年のアライアンスを生かした多様なソリューションを提供:
PR:パッケージ提供から手組みシステムの移行までをトータルでサポートする富士通
富士通は、サーバー移行をきっかけとして自社システムを「モダナイズ」「イノベート」するための多様なソリューションを提供。また、富士通マーケティングでは、ファイルサーバーやメールサーバーを「簡単に、速く、安く」移行できるよう支援する二つのサービスを提供する。(2014/10/31)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月14日現在)
NEC、富士通、アイ・オー・データ機器などの更新情報を追記した。(2014/10/14)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月7日現在)
バッファローやNECなど各社の主な更新情報をアップデートした。(2014/10/7)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月3日夜現在)
アイ・オー・データ機器やバッファローのNAS製品などについて追記した。(2014/10/3)

bashの脆弱性、国内メーカーの対応状況 10月2日夕方現在のまとめ
NECやトレンドマイクロ、ソリトンシステムなどの製品の脆弱性対応などについて追記した。(2014/10/2)

bashの脆弱性、国内メーカーの対応状況 10月1日夕方現在のまとめ
富士通やヤマハ、ミラクルリナックスなどが脆弱性の影響を受ける製品などについて情報を公開している(追記あり)。(2014/10/1)

ここまで来た自動化と可視化:
PR:富士通が投入した「仮想化環境専用ストレージ」って何?
富士通は2014年8月、「FUJITSU Storage ETERNUS TR series」の提供開始を発表した。富士通は同製品を、「仮想化環境専用ストレージ」だと表現する。何が「仮想化環境専用」なのかと調べると、これまでのストレージ装置とは発想がまったく異なることが分かってくる。(2014/9/25)

富士通とのOEM提携で国内販売も強化:
米ティントリのストレージ製品がマルチハイパーバイザー対応に
仮想マシン単位でのモニタリングや制御など、独自の機能を持つTintri VMstoreがRHEV 3.0にも対応、年内にはHyper-Vも同様の管理が可能になるという。富士通ETERNUSブランドへのOEM供給と併せて発表があった。(2014/9/11)

ホワイトペーパー:
重複排除バックアップアプライアンス(エントリーモデル)比較表
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。9製品の重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/6/18)

SMB/遠隔サイト用途にも適する9製品の比較表を提供
【徹底比較】エントリー向け重複排除バックアップアプライアンスの機能と導入コスト
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。その重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/4/2)

ミツカンが情報系システムを刷新、処理時間は12分の1に
経営情報を分析・整理する情報系システムに、富士通にUNIXサーバなどが採用された。(2014/3/28)

Japan Storage Vision 2014レポート:
PR:企業のデータ管理とストレージ、最新動向はこれだ
第3のプラットフォーム(クラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャル技術)の台頭によるITインフラの変革が、企業におけるストレージ・ニーズをも大きく変化させようとしている。IDC Japanが2014年2月に実施したイベント「Japan Storage Vision 2014」の講演から、企業におけるストレージとデータ管理の最新動向をレポートする(2014/3/10)

導入事例:
東京金融取引所、基幹業務システムを刷新 TCOを約半分に
東京金融取引所が金利先物等取引・清算システムを刷新し、総所有コスト(TCO)を半減させた。(2014/2/24)

導入事例:
東大宇宙線研究所が計算システムを刷新 演算性能を10倍に
東京大学宇宙線研究所は、宇宙線観測データを蓄積・高速解析するための計算機システムを刷新。整数演算性能を従来比で約10倍にしたほか、ストレージの増強やデータ入出力性能の向上などを図っている。(2014/1/24)

富士通ストレージ開発のキーマンに聞く:
PR:“世界最高クラス”の性能を実現した「FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series」の中身とは?
富士通の最新ストレージシステム「FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series」と基盤ソフトウェア「FUJITSU Storage ETERNUS SF 16」に込められた開発者の狙いとは何か? アイティメディア エグゼクティブエディターの三木泉が、“世界最高クラス”の性能の中身に迫った。(2013/11/25)

富士通、SAN/NASを“共存”できるディスクストレージを発売
富士通がディスクストレージの新モデルを発表。内部にハイパーバイザーを搭載し、仮想化技術によってSAN/NASの領域を1つの筺体に格納できるようにした。(2013/11/6)

PR:仮想化を成功させるのは「圧倒的なデータ保全の容易性」
データ保全は、サーバ仮想化技術を活用したIT統合を進めるうえでの課題なのだろうか。そうではない。仮想化によるIT統合は、これまで実現できなかったデータ保全手法の統一を進める、大きなチャンスだ。(2013/9/24)

PR:仮想化を成功させるのは「圧倒的な運用管理の容易性」
全社仮想化統合の最も重要な目的の1つは、「ビジネスニーズに即した迅速、柔軟なITの提供」だ。この目的を達成するには、仮想化運用担当者の日常業務を容易にしなければならない。運用にコストが掛かるようでは、本末転倒になってしまう。(2013/9/9)

PR:仮想化を成功させるのは「圧倒的な導入と拡張の容易性」
全社仮想化とは、複数の部署がこれまで運用してきた業務アプリケーションやデータを、単一のIT基盤に統合することで、ITインフラの調達および運用を効率化する取り組みだ。これを成功させるためには、ストレージの導入設計や容量計画のやり方を従来とは大きく変える必要がある。(2013/8/26)

キヤノンが富士通製スパコンを導入へ――試作レスを目指す
キヤノンは、新スーパーコンピュータシステムに「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10」を採用した。(2013/8/6)

コスト効率の高い選択肢を豊富に用意:
PR:富士通のIT-BCP/DRは、具体的に何ができるか
富士通は業務システムおよびデータの要求する保護レベルに応じ、IT事業継続/災害対策の選択肢を豊富に提供している。それぞれのレベルで、コスト効率を高めているのが大きな特徴だ。では、どのようにコスト効率と実効性を両立しているのか。これを具体的に説明する。(2013/3/26)

「Sybase IQ」を組み込んだDWHオファリングモデルを提供 富士通
PCサーバ「PRIMERGY」やストレージシステム「ETERNUS」などにデータベース「Sybase IQ」を組み合わせた中規模DWHのオファリングモデルを富士通が発売した。(2013/1/22)

ITコスト削減とIT運用改善を両立させよう:
PR:とうとう来た、「中小企業にこそサーバ仮想化」の時代
中小企業では普通に見られるIT環境が、実は大きな危険をはらんでいることをご存じだろうか。中小企業の大部分は、業務システムやデータを安心して利用し続けられるような状況ではないのだ。そうはいっても、コスト削減が急務なのに、対策などできない ――。このジレンマを解消できる、おそらく唯一の解決策が、サーバ仮想化だ。(2012/12/26)

採用事例:
富士通、RAIDディスクストレージシステムにウインドリバーの製品群を採用
ウインドリバーは、富士通が提供するETERNUS RAIDディスクストレージシステム製品の開発に、「Wind River VxWorks」「Wind River Linux」および「Wind River Hypervisor」が採用されたことを発表した。(2012/12/11)

富士通、垂直統合型データベースマシンを発売 「性能はオラクルと同等」
富士通がインメモリ型のデータベースアプライアンス製品を発売。ハードウェアとソフトウェアを組み合わせてチューニングを済ませた状態で出荷するため、設置したその日から利用できるという。(2012/12/7)

富士通が「垂直統合型」ラインアップを発表:第一弾はOSSを活用したSymfoware+PostgreSQL
富士通の垂直統合型システムはSymfowareの利便性とOSSの拡張性を両立させた構成になるようだ。(2012/12/6)

永年の協業で培ってきた「新Hyper-VとPRIMERGYの検証実績とノウハウ」でサポート:
PR:いまこそ、乱立し煩雑化した仮想化環境をまとめる“統合仮想インフラ”が必要に
多くの企業が導入している仮想化だが、現状その多くが部門ごとに運用しており、全社レベルでの全体最適化にはほど遠い状況だ。そこで富士通は、最新の仮想化技術を駆使して、全社レベルで仮想化基盤を統合する「統合仮想インフラ」という考え方を提唱している。その統合仮想インフラの中核となるのが同社のPCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」と最新OS「Windows Server 2012」の組み合わせだ。(2012/11/30)

Symantec Back Up Execを搭載:
富士通が150万円のオールインワン・バックアップ装置を発表
(2012/10/16)

富士通、中堅・中小向けのバックアップアプライアンスを発売
ソフトとハードをオールインパッケージにしたバックアップ製品「ETERNUS BE50」を富士通が発売した。(2012/10/16)

PR:事業継続/災害対策、結局何をすべきなのか――富士通の回答
「データ管理のお悩み解決コーナー 〜事業継続/災害対策編〜」では、前編と後編の2回に分けて、@IT編集部が事業継続対策(IT関連)および災害対策につき、検討の際の指針としてのヒントを提示している。これはベンダ中立的な立場で、一般的に十分認識されていないと思われる重要な点を述べたものだ。では、実際に製品やサービスを提供している富士通のような企業はどう考えているのか。富士通におけるストレージ関連ソリューションのキーマンである、プラットフォーム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部シニアディレクターの荒木純隆氏に聞いた。(2012/10/15)

繁忙期のITリソースを効率化:
学校法人が事務情報をクラウド化、繁忙時のサーバ準備期間を1/5に短縮
(2012/10/2)

SMB向けストレージ製品紹介:イメーション
RDX搭載でバックアップまで1台で解決するNAS「Data Appliance T5R」
SMB企業におけるNASの採用が増えている。また、バックアップ対策をより少ないコストで実現したいという声も多い。イメーションはRDXカートリッジを活用するバックアップ機能を備えたNAS製品を提供する。(2012/9/21)

東大物性研究所、富士通製のスパコンシステムを導入へ
富士通の「PRIMEHPC FX10」をベースとした新システムの理論演算性能は90.8テラフロップスとなる。(2012/8/16)

導入事例:
南海電鉄、プライベートクラウド構築で物理サーバを85%削減へ
継続乗降人員数が減少傾向にある中で、事業所単位で運用していた業務システムを統合する。(2012/7/3)

ホワイトペーパー:
徹底検証:VMware VAAI対応ストレージによる性能向上
ファイルコピーなど、VMware ESXサーバ側で行っていた処理をストレージ側だけで完結させる「VMware VAAI」。VMware VAAIによるストレージ「ETERNUS」の性能向上を、詳細なベンチマークテストで実証した。(2012/6/29)

SMB向けストレージ製品紹介:デル
ポートフォリオの拡充を進めるデルのSMB向け「Dell EqualLogic」シリーズ
近年、デルはストレージ分野への積極的な投資により、製品ポートフォリオを急速に拡充させている。独自のストレージ技術や製品ラインアップの拡充を重要な戦略と位置付けている同社のSMB向けストレージを紹介する。(2012/6/15)

神戸大学、情報教育用電子計算機システムにスパコン採用
富士通のスーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX10」を導入する。(2012/6/5)

読者の知りたいにベンダーが答える!
中堅・中小企業の悩みを解決する最適なストレージ構築術
ストレージを効率的に運用したいというニーズは、企業規模を問わない共通課題だ。中堅・中小企業では、少ないIT予算や管理者の不在といったさまざまな制約がある。SMBならではの悩みを解決するポイントを紹介する。(2012/6/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。