ニュース
» 2011年05月25日 20時11分 UPDATE

ESB製品として初:NECのWebOTX、Salesforceに対応

NECはWebOTX 8.4を発表した。目玉はSalesforceとの連携機能だ。

[石森将文,ITmedia]

 NECは5月25日、サービス実行基盤(アプリケーションサーバ)製品群「WebOTX」の新版を発表した。今回のアップデートにより、バージョンは8.4となる。

 特徴として、パブリッククラウドサービスであるSalesforceと、WebOTX Enterprise Service Busとの連携が挙げられる。NECによると、Salesforceに対応するESB製品は、WebOTX ESBが初だという。

 また導入時の作業負荷を軽減する「インポート機能(インストール情報を他のサーバにコピーできる)」や、バッチプログラム(ジョブ)の優先順位を判断し、重要なジョブから処理したり、負荷状況に応じてバッチサーバを振り分けたりする機能を備えた。

 出荷開始は2011年6月13日を予定。NECでは「メインフレームユーザーや、Salesforceを導入済みのユーザーを中心に拡販し、今後3年間で合計6万システムの導入を目指す」としている。

関連キーワード

WebOTX | Salesforce.com | ESB


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -