ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「ESB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Enterprise Service Bus

PR:映像クリエイター集団はなぜマウスコンピューターの「DAIV」を選んだのか?
映像クリエイターに必要なものは何か。映画やアニメのオープニング映像、ゲームのムービー、CM、Webサイトのアニメーションなど、幅広い作品を手掛けるグラフィックスデザインスタジオ「マウンテンスタジオ」に話を聞いた。(2019/3/29)

医療情報連携基盤にミドルウェアを活用
岩手医科大学は「電子カルテを中心にしないシステム構成」をどう実現したのか
電子カルテをデータ連携の拠点にした院内システムでは、個別システムのデータを他システムで呼び出すことが難しい。岩手医科大学は課題解決のために医療用ミドルウェア「Health Connect」を導入した。(2018/10/26)

マイクロサービスや他のシステムにもアクセス制御を提供
マイクロサービス対応「ADC」の新機能 企業のセキュリティ確保が可能に
ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)は、目新しいネットワークツールではないが、大幅に進化している。最新のADCに加わった幾つかの機能について、セキュリティ面を中心に解説する。(2018/10/16)

直近ニーズと長期的ニーズを見極める
マイクロサービスをどう活用する? エンジニアが知るべき4つの道しるべ
クラウド利用が当たり前の選択肢となり、新たなビジネス展開にマイクロサービス利用は避けて通れない。企業が生き残りをかけたビジネス展開に役立つ、マイクロサービス利用の4つのヒントを紹介しよう。(2017/10/23)

共同創業者でCEOのMarietti氏に聞いた:
APIマネジメントの世界で急速に成長する、Kongという存在
買収の続くAPIマネジメントの世界において、オープンソースかつ独立企業として注目を集めつつあるのがMashapeだ。2015年にオープンソース化した「Kong」は、200万以上ダウンロードされたという。CEOのAugusto Marietti氏に、同社の戦略を聞いた。(2017/4/27)

高コスパなのに上質――性能と静音性を両立したミニタワー「Radiant VX2500Z170」
Fractal Designの上質なケースをベースにサイコム独自の改良を加え、標準構成で5万4630円(税込み)という低価格ながら高い完成度を実現したのが「Radiant VX2500Z170」だ。(2016/12/23)

CherylNomeさんのオススメ:
超有名ゲーマーが選ぶ「AVA」向けゲーミングPCはこれ!
FPSゲームタイトル「AVA」(Alliance of Valiant Arms)の強豪クラン、SunSisterで活躍するCherylNomeさんに、高速&格安のコスパゲーミングPCを組んでもらった。(2016/12/12)

セブン銀行、デビットカードのシステム連携基盤にEBSを活用
口座の利便性向上や決済ニーズに応えるサービスの展開など新サービスの素早い展開と、コスト削減を目的に、IBMのエンタープライズサービスバス(ESB)製品「IBM Integration Bus」を採用している。(2016/11/25)

FinTech時代、銀行系システムはどうあるべきか(3):
FinTech時代の銀行に求められるSoE/SoRアーキテクチャとAPI管理とは
本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンを使う銀行取引やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。今回は、FinTech時代に求められる銀行業務のシステム要件として、Systems of EngagementとSystems of Record、API連携基盤(API管理)に必要な機能や課題、OpenAPIの在り方などについて考察。(2016/11/21)

Computer Weekly製品ガイド
マイクロサービス:小さなパーツで大きなメリット
マイクロサービスがITカンファレンスで注目されている。これはコンテナやソフトウェアの移植性というアイデアとも関係が深い。その仕組みと、注目すべき理由について解説する。(2016/6/23)

サイコム、Fractal Design製Mini-ITXケースを採用したゲーミングデスクトップPC
Fractal Designの「Define Nano S」やAsetec製CPU水冷ユニット「550LC」を採用したコンパクトゲーミングPCを発売。(2016/5/30)

Dev Basics/Keyword:
マイクロサービス
マイクロサービスとは、単一のアプリを「粒度の小さなサービスの集合として開発する」というアプリ開発のスタイルであり、さまざまなメリットがある。(2016/3/4)

開発者の独善アプリであってはならない
モバイルアプリ開発、使われない悲劇を避けるための必須ツールは?
モバイルバックエンドサービス(MBaaS)を使えば企業向けモバイルアプリ開発を簡略化できる。これからのモバイル開発で重要になるレガシーシステムとの接続も容易だ。(2016/1/26)

サイコム、Fractal Designの新ケースを採用した「Radiant VXシリーズ」
共同開発のオリジナルケースを採用。(2015/12/28)

こだわりの静音性:
“安くて上質なPC”が手に入る。そう、サイコムならね――「Radiant GZ2500Z170」にしびれる
エンスー向けの印象が強いサイコムのPCだが、エントリークラスの「Radiant GZ」シリーズにも、Fractal Designと共同開発した新型のオリジナルケースを採用。「安くてもちょっといいPCを」というニーズにぴったり。(2015/11/12)

週末アキバ特価リポート:
3TバイトHDDが今週末も8480円に、東映無線系で特価販売
東映無線各店は今週末も3TバイトHDDの8480円特価を実施。さらに、パソコンハウス東映では蔵出しのジャンクセールも展開中だ。(2015/9/12)

優しい世界! アメリカの教会でプロポーズを交わした男性カップルを周囲がスタンディングオベーションで祝福して話題に
末永くお幸せに!!!(号泣)(2015/8/29)

医療IT最新トピック
「Microsoft Azure」の機械学習を診療技術支援に応用 慶応義塾と日本マイクロソフトら
慶応義塾大学医学部と日本マイクロソフトらが「Microsoft Azure」の機械学習による未来医療の実現へ始動。医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/8/27)

責任者にインタビュー:
「富士通、社内システムを全面的にOpenStackへ移行」の本当の衝撃
富士通が2015年2月に発表した、社内システムの包括的なOpenStackベース基盤への移行は、驚きをもって迎えられた。これについて、同社のIT戦略本部長と、統合商品戦略本部商品戦略企画室長にインタビュー取材したところ、これは発表の内容以上に「シリアスな」OpenStack導入事例だということが分かってきた。(2015/5/1)

Computer Weekly製品導入ガイド
次世代データセンターのためのプロセッサ選定
次にデータセンターを刷新する際は、代替チップアーキテクチャを取り入れる必要がある。その理由について解説する。(2015/3/27)

顧客を通信事業者から一般企業に拡大:
独Enterest、ビッグデータのデータ統合で国内市場を開拓
ドイツに本社を置くEnterestは、一般企業を対象に、データ統合ツールおよび関連コンサルティングサービスを国内で展開する。同社と、その日本における代理店となっているアイエムが、8月7日に東京都内で説明した。(2014/8/7)

レッドハット、「JBoss Fuse Service Works 6」発表
iPaaS実現に向け、「JBoss Fuse Service Works 6」が登場。CamelやSwitchYardを使った連携やモニタリング機能も持つ。(2014/2/6)

TalendがApacheライセンスに移行を発表、再利用しやすい体系へ
データの加工や抽出、マスターデータ管理のためのツール「Talend」がライセンスを変更する。他の製品に組み込んだ配布を許容して、ユーザーの拡大を目指す。(2014/1/29)

情シスの横顔:
頼られるテクニカルスペシャリストを目指す 日産自動車・吉田さん
「オープンソースを極めたい」と語る日産自動車 グローバル情報システム本部の吉田さんは、周囲の優秀な上司や先輩らに刺激を受けながら、同社のIT担当者として不可欠な存在になっていく。(2014/1/15)

3分LifeHacking:
折り目のある書類をスマホのカメラで美しく取り込める「マーカーシート」
スマートフォンのカメラを使って書類をデジタルデータ化する際、「マーカーシート」を併用すれば、書類のシワや折り目を取り除いて美しく取り込むことができる。(2013/11/8)

Server & Storageイベントレポート:
IT環境の変化を先取りする企業事例とIBMのねらい
モバイル・ビッグデータ・ソーシャルネットワーク……、そして史上最速の対応スピードを求められる世界。企業を取り巻くIT環境の変化に、IBMはどのような対応を提案している?(2013/8/7)

クラウドを真に使いこなす
勝手クラウドが招く“サイロ化の悪夢”を避けるために、今考えるべきこと
クラウドの浸透はリソースの調達を手軽にした。だがその手軽さが、無秩序なクラウド利用というITガバナンスの乱れを招く原因にもなっている。IT環境を破綻させないために、今なすべきこととは何か?(2013/8/1)

Amazon Redshiftにも対応:
Hadoop、NoSQLのサポートを強化した「Talend v5.3」
Talend v5.3は、MapReduceのネイティブコードを生成できるようになった。これにより、Talendのジョブを並列分散処理に対応させることできる。(2013/5/23)

レッドハット、JBossミドルウェアの新ラインアップを発表
「Red Hat JBoss Fuse」と「Red Hat JBoss A-MQ」をミドルウェア製品群に追加し、エンタープライズ向けインテグレーションおよびメッセージング機能を強化する。(2013/5/23)

導入事例:
山崎製パン、統合基幹システムをSOA基盤上に刷新
分散稼働していた基幹システムをSOAによる基盤上で刷新。各工場の業務に応じて設計されていたシステムを整理し、全データの一元管理・利用を可能にした。(2013/5/7)

ビッグデータ活用に向け業務データを一元管理・利用:
山崎製パン、基幹システムをSOA基盤上に刷新
山崎製パンは、同社基幹システム「ヤマザキ基幹システム」をSOA基盤上に刷新、稼働を開始した。生産や配送業務の効率化、現場の進捗状況など経営判断に必要な情報の見える化、商品管理などの運用負荷軽減やコスト削減を見込んでいる。(2013/5/7)

IBM Impact 2013 Report:
Fordの走るデータセンター? モバイルで顧客体験を変革へ
ラスベガスで開幕した「IBM Impact 2013」には8000人を超える顧客らが集まった。初日のジェネラルセッションには単にエンジンの性能や走りを追及するメカニカルな思考から脱し、モビリティで顧客との緊密なつながりに新たな可能性を見出そうとしているFordが登場した。(2013/4/30)

エレコム、システム手帳やメモ用紙と一緒に使えるiPad miniケース
エレコムは、iPad miniとシステム手帳、メモ用紙を一緒に使える周辺機器ブランド「xPAD」の新製品5モデルを発表した。(2013/4/30)

エレコム、手書きノートとiPad miniをまとめて持ち歩ける「xPAD」
エレコムは、iPad miniとシステム手帳/ノートを併用できる「xPAD(クロスパッド)」シリーズを発表、計5製品を投入する。(2013/4/30)

大垣共立銀行がATMとCRMシステムを連携へ
ATMで顧客ごとに異なった商品やサービスを提案する仕組みを実現した。(2013/2/1)

SaaS連係に必要な戦略とツール【後編】
専門家がアドバイス、SaaS連係サービス選びの注意点
クラウドとオンプレミス間のアプリケーションを連係するには、きちんとした連係戦略を確立する必要がある。ソフトウェア連係の専門家が、SaaS連係サービスを選定する上で気を付けたい点を解説する。(2012/12/20)

PR:業務のPDCAサイクルを確立し、ビッグデータ活用につなげる手法とは?
市場の成熟に伴い、企業における業務の絶えまない見直しが生き残る上で欠かせなくなっている。その実践にあたり重要性を指摘されているのが、SOAを基盤とするBPMの実施である。ただし、その実践手法は十分に周知されているとはいい難い。最適なアプローチとはいかなるものか。(2012/11/19)

特集:企業システムを柔軟に統合する Part.3:
BPMでシステムインフラを作り変える
システム開発・実行環境だったWebアプリケーションサーバが、BPM機能を取り込んできた。これがどのようなメリットに結び付くのかを押さえよう。(2012/10/22)

業務からデータまでシームレスにプロセス連携:
PR:いま求められる「クラウド最適化の方程式」とは?
クラウド利用が本格化する中、基幹システムとの連携に課題も残る。データプロセスから業務のプロセスまでをシームレスに連携し、最適なクラウド基盤を構築するメソッドはあるのか? 専門家に聞いた。(2012/7/18)

IBM Impact 2012 Report:
モバイルやクラウドでゲームの流れを変えろ
ネバダ州ラスベガスでWebSphereユーザーのための年次カンファレンス「IBM Impact 2012」が開幕した。「Change the game」をテーマに掲げ、ビジネスを見直し、テクノロジーで変革した先進企業の取り組みが数多く紹介されている。(2012/5/1)

クラウドガバナンス現在進行形【最終回】
クラウドのベンダーロックインを回避するための処方せん
クラウドガバナンス現在進行形の最終回。今回は企業のIT戦略の観点からベンダーロックインに焦点を当て、クラウド事業者選定に当たって留意すべきポイントを解説する。(2012/3/30)

レッドハット、複数データベース・データソースの仮想化を実現する新たな基盤ソフトを投入
レッドハットは基盤ソフトウェア「JBoss Enterprise Data Services Platform 5.2」を発表した。複数データベース・データソースから仮想化されたデータモデルをオンデマンドに構築できるという。(2011/11/24)

NEWS
「Infor10」発表、TwitterやFacebookを参考にインタフェース刷新
複数のERP製品で構成する「Infor10」が発表された。コンシューマアプリケーションを参考にインタフェースを開発するなど、使いやすさやアプリケーション間の接続にしやすさが特徴だ。(2011/10/26)

ERPに訪れるコンシューマー化の波 インフォアがソーシャルレディな新版を発表
日本インフォアが「Infor10」を発表。ERPでありながら、ソーシャルやモバイルという要素を取り入れ、UIを刷新した。(2011/10/25)

ガートナーと考える「明日のITイノベーターへ」(2):
ITリーダーは、PaaS市場の動向を見極めよ
クラウドサービスがますます浸透しつつある昨今、ミドルウェアの機能をユーザーに提供するPaaSのニーズが高まりつつある。これに伴い、PaaS市場にも多数のベンダが参入し始めている。ユーザー企業にとっては歓迎すべきことだが、選択肢が増える分、各サービスを見極める選択眼も必要になる。そこで今回は、対談を通じてPaaS市場の現状と今後の展開を分析した。(2011/8/2)

“成熟した”ソフトウェアへの企業の投資は消極的、IDC Japan調べ
コンテンツ管理ソフトウェアやエンタープライズサービスバス、ビジネスプロセス管理ソフトなどの分野でも投資予算の確保が難しく、プロジェクト化に至る企業が少ないという。(2011/7/20)

自社システムのAzure適性チェック
Windows Azure導入前に確認すべき3つの項目
Microsoft製品を広く採用している企業にとっては魅力的に映る「Windows Azure」だが、自社システムの運用状況によっては導入しない方がよい場合もある。Azure導入前に確認すべき3つのチェック項目を紹介する。(2011/7/5)

ESB製品として初:
NECのWebOTX、Salesforceに対応
NECはWebOTX 8.4を発表した。目玉はSalesforceとの連携機能だ。(2011/5/25)

ベンダーフリーの立場から選択したソリューション:
PR:SOA・BPMの豊富な実績を支える情報基盤
BPM(BusinessProcessManagement)の分野において豊富な経験と実績を持つ協和エクシオでは、IBM WebSphereを採用したシステム構築事例を多く手がけている。同社が提供するBPMシステムについて、協和エクシオ ビジネス事業本部の戸塚 勝巳氏に話を伺った。(2011/1/24)

企業システムの常識をJBossで身につける(終):
急速なビジネスの変化に対応できる「BRMS」の常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/11/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。