ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Salesforce.com」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Salesforce.com」に関する情報が集まったページです。

セールスフォースのAIとTableauの分析機能を統合「Tableau CRM」はどこでどう使える? 幹部が語るメリットと今後
Salesforce.comの分析機能「Einstein Analytics」をTableauのプラットフォームに統合して改称した「Tableau CRM」について、日本で記者会見が実施された。両製品の分析機能やBI機能を生かした統合の構想とメリットは、具体的にどのようなものなのか。(2020/11/26)

Slack、salesforce.comが170億ドルで買収か──Wall Street Journal報道
CRM大手のsalesforce.comが企業向けコラボレーションツール「Slack」を運営する米Slack Technologiesと買収交渉中だとWall Street Journalが報じた。12月1日のsalesforce.comの業績発表までに合意する可能性があるとしている。(2020/11/26)

製造業のDX:
PR:化学・素材メーカーがDXを推進するには何が必要か、主要企業11社の“リアル”
DXが注目される中、中期経営計画に具体的に取り組みを盛り込むなど企業全体での活用を加速させているのが化学・素材メーカーである。では実際に化学・素材メーカーはどのようなことを考え、どのようなことに悩み、DXを進めているのだろうか。セールスフォース・ドットコムが主催し、主要な化学・素材メーカー11社が集まったディスカッションイベント「Salesforce Virtual Chemical Industry Round Table」から、議論の内容を紹介する。(2020/11/25)

製造ITニュース:
Eコマース向け注文プロセス管理システムの国内提供
セールスフォース・ドットコムは、Eコマース向け注文管理システム「Salesforce Order Management」の国内での提供を開始した。リアルタイムでの在庫状況の把握や注文の更新、返品手続きといった注文処理を迅速かつ効率的に実行できる。(2020/11/6)

NTTデータ Salesforceでキリンの顧客向けプラットフォームを開発
NTTデータは、キリンの事業活動の土台となる「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。SalesforceのPaaS「Heroku」で開発された。顧客データを一元管理し、多様化する消費者のニーズに合ったマーケティングを実現する。(2020/10/22)

アフターコロナの職場をどう支える?:
職場のコロナ対策やテレワーク迅速化へ OktaがWork.comと連携を発表
SaaSをまたいだID管理サービスを提供するOktaは、Salesforceが提供する職場復帰支援アプリ「Work.com」との連携を発表した。新型コロナウイルス感染症が収まらない中、Work.comが提供する、従業員の健康管理やオフィスの感染対策の可視化、「密」を防ぐための出社管理といった機能は連携でどのようなメリットを受けられるのか。(2020/10/9)

Work.comの認証機能を提供:
OktaがCOVID-19対応ソリューションでSalesforce.comと提携
Salesforce.comのCOVID-19対応ソリューション「Work.com」との統合で、OktaがSalesforce.comと提携したと発表した。「Work.com」の認証機能を優先的に提供する。(2020/10/8)

Weekly Memo:
中小企業のDXは「SaaS」だけで実現できる――セールスフォースの新施策が示す可能性
企業のITにクラウドサービスが使われるようになってきた中で、特に中小企業においてはSaaSで全てカバーできるのではないか。筆者はかねてそう思ってきたが、セールスフォースの新施策を聞いて、その意を一層強くした。どういうことか、解説しよう。(2020/9/14)

セールスフォース、「中小企業デジタル変革支援パッケージ」を無償提供
セールスフォース・ドットコムは「中小企業デジタル変革支援パッケージ」の無償提供を開始した。テレワークなど、生産性向上や事業継続を見据えた取り組みを進める中小企業を支援する。(2020/9/11)

Weekly Memo:
SaaS専業ベンダーとしてSalesforceに次ぐ存在になれるか――ServiceNowの新たな戦略とは
ITサービス管理を中心としたクラウドサービスを提供するServiceNowが、新たな戦略展開を図ろうとしている。SaaS専業ベンダーとしてSalesforce.comに次ぐ存在になれるか。同社の次なる一手とは。(2020/9/7)

CRMに学ぶ「戦略的データ管理」のヒント【後編】:
効果の高い「リモート営業」「リモート保守」をどう実現する? 新ニーズを支えるCRM“3つの進化”とは
PCやモバイルデバイス、クラウドを使った働き方が進むさなか、新型コロナウイルスの衝撃は、それまで「オプションの1つ」だったリモート対応に、さらなる高度化や利便性といった課題を突き付けた。その解決のヒントになるのが「データ管理、共有」ツールとして始まったCRMだ。その大手であるSalesforce.comに、リモートで営業から顧客先の保守まで網羅するという機能を支える「3つの進化」を聞いた。(2020/8/19)

三井住友FG傘下のプラリタウン、中堅・中小企業のデジタル化推進でセールスフォースと提携
三井住友FGの子会社プラリタウンは、国内中堅・中小企業のデジタル化推進に向け、セールスフォース・ドットコムと業務提携を締結した。グループの取引先となる中堅・中小企業との取引基盤に独自のプラットフォームサービスを活用し、デジタルソリューションの提供で企業の競争力強化を支援する。(2020/8/12)

名詞管理ソリューションのSansanとも連携:
Salesforceを利用した業務をRPAで自動化、UiPathが連携ソリューションを提供
UiPathは、Salesforceに対応した複数のソリューションの提供を開始する。Salesforce向け連携ソリューションは商談成約後の請求書発行やレポートの作成などを自動化できる。Sansan向けの名刺連携ソリューションは、Sansanで管理する名刺データをSalesforceと自動連携させる。(2020/8/11)

マーケターはDXのリーダーであれ:
「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケト)」メンバーが、MAとSFAの連携をテーマに語り合った。(2020/8/5)

セールスフォース 従業員の健康を管理するBCPソリューションを国内で提供開始
セールスフォースは、企業や組織の安全な事業再始動を支援する新しい製品群を発表した。COVID-19のみならず、台風や地震、洪水といった緊急事態での対応や従業員の管理を包括的に支援するという。(2020/7/21)

CRMに学ぶ「戦略的データ管理」のヒント【前編】:
「誰でも使える」ツールを作れ “営業の現場”で始まったデータ戦略は、なぜ30年間生き残れたのか
「データ活用を見据えた効率の良い管理体制を、どう作ればいいのか」――。そんな課題に光を当てるヒントになるのが、1990年代からIT部門ではなく営業の“現場”を中心に広がっていったCRMだ。 Salesforce.comのインタビューから探る。(2020/7/17)

“密”にならないシフトを自動作成 企業のオフィス復帰を支援 セールスフォースが新サービス
セールスフォースが新サービス「Work.com」をリリース。従業員の管理に特化したCRMで、オフィス勤務の再開を目指す企業がターゲット。従業員に健康状態や働きたい場所を聞けるアンケート機能や“3密”を避けた勤務シフトを自動で組む機能などを持つ。(2020/7/15)

モノづくり最前線レポート:
新型コロナ禍からのV字回復をどう描くか、製造業復活のステップ
セールスフォース・ドットコムは2020年7月に業界別のバーチャルイベント「Salesforce Live」シリーズを展開中で、2020年7月14〜17日には製造業向けに特化した「Salesforce Live: Manufacturing」を開催している。本稿では、オープニングキーノート講演の中の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して、製造業はどのような取り組みを進めるべきか」についての内容を紹介する。(2020/7/15)

ゲーム感覚で保険募集人材教育 エヌエヌ生命がオンライン学習プラットフォーム採用
エヌエヌ生命保険は、Salesforce Platformと連携したオンライン学習プラットフォームを導入した。代理店向けの教育に利用し保険募集人の獲得を目指す。同プラットフォームは、代理店ごとの学習度合いと保険募集人の実績の相関関係を容易に把握できるという。(2020/7/9)

今日のリサーチ:
Salesforceが世界29カ国約7000人に調査 ニューノーマル時代のマーケターの役割とは?
Salesforceが発表した年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版のハイライトを紹介します。(2020/6/29)

データモデルの改善とモバイル経由でのKPIモニタリング:
Salesforceによる買収完了後初のアップデートとなる「Tableau 2020.2」 2つの強化ポイントを解説
Salesforceによる買収が完了して日本での組織体制も一新。誰もがデータドリブンの意思決定を迅速に行えるようにするために変わったこととは。(2020/6/9)

ECサイトの迅速な立ち上げを支援:
コロナ禍がD2Cを後押し セールスフォースが最短2週間でECサイト立ち上げ可能なライセンスパッケージ提供
セールスフォース・ドットコムが提供開始した「Eコマース特別ライセンスパッケージ」の中身と同社が今これを提供する意義について解説する。(2020/6/2)

荒川区、特別定額給付金の管理システムをセールスフォースで構築、運用開始
東京都荒川区は「特別定額給付金管理システム」の運用を開始した。セールスフォース・ドットコムが同社パートナーの両備システムズと協力して構築した。特別定額給付金の、住民からの申請を管理したり、進捗を確認したりといった一連の業務を管理する。(2020/5/27)

ECサイトを短期間で構築、セールスフォースが「Eコマース特別ライセンスパッケージ」を提供開始
セールスフォース・ドットコムは「Eコマース特別ライセンスパッケージ」の提供を開始する。最短2週間でECサイトを構築できる。通常3年間のライセンス契約を、同パッケージに限って1年間で提供する。(2020/5/19)

従業員の「密」回避や健康把握へ Salesforceがアフターコロナ向け支援ツールを発表
Salesforce.comは、新型コロナウイルス感染症対策を加速させる新しいソリューション「Work.com」を発表した。従業員の健康評価や勤務管理、接触追跡、緊急対応管理などを支援する。(2020/5/13)

セールスフォース、新型コロナ対応に苦しむ保健所・企業にCRMなど無償提供 電話対応やテレワークを円滑に
セールスフォースが、新型コロナウイルスの影響で業務に支障が出た企業などに対し、同社のクラウドサービスを期間限定で無償提供する支援策を始めた。全国の保健所や中小企業などが対象。提供する製品は、「Service Cloud Enterprise Edition」、PaaSの「Lightning Platform Plus Enterprise Edition」など。(2020/4/22)

保健所の新型コロナ対応業務向け、セールスフォースが業務支援クラウドを無償提供
セールスフォース・ドットコムは期間限定で、全国の保健所に向けて「新型コロナ保健所業務支援クラウドパッケージ」を無償提供する。パートナー企業を通じて、保健所へのシステム導入や運用支援を進める。(2020/4/14)

Weekly Memo:
IBM、HPE、Cisco、SalesforceのCEOメッセージにみる「コロナ禍を切り抜けるIT企業の姿勢」とは
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、IBM、HPE、Cisco、Salesforceといった米IT大手のトップが相次いでメッセージを発信している。彼らの危機感と、現状を切り抜けるための覚悟とは――。(2020/4/13)

厚生労働省、「Salesforce Service Cloud」で新型コロナウイルス関連の情報収集を迅速化
厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報を都道府県や民間検査機関と共有するために、「Salesforce Service Cloud」でクラウドベースの情報共有基盤を構築した。都道府県での感染情報やPCR検査状況、患者受け入れ状況などの把握、確認を迅速化する。(2020/4/10)

セールスフォース、保健所向けクラウドパッケージを開発 千葉県船橋市に無償提供 コロナ関連の問い合わせ対応を支援
セールスフォース・ドットコムが、保健所向けのクラウド型業務支援パッケージを開発。千葉県船橋市の保健所に無償提供した。当初は問い合わせ内容の管理機能を持ち、今後はPCR検査や濃厚接触者の管理機能に対応する予定。(2020/3/31)

船橋市、保健所のCOVID-19対応にセールスフォース・ドットコムの保健所業務支援クラウドパッケージを導入
濃厚接触者管理、問い合わせ対応などをクラウドで管理するパッケージをセールスフォース・ドットコムが無償で提供する。船橋市の要請を受け、無償でのパッケージ提供を決断した。(2020/3/30)

みずほ銀・みずほ信託銀、Salesforceの金融業向けCRMを導入 グループで顧客情報を一元管理
みずほ銀とみずほ信託銀が「Salesforce Financial Services Cloud」を導入。クラウド型の顧客関係管理(CRM)/営業支援(SFA)ツールで、みずほFGは今後、顧客情報などをグループ全体で一元管理し、営業力の強化を目指すという。(2020/3/4)

AIの企業導入の実際【後編】
AI製品「Salesforce Einstein」&「SAP Leonardo」導入事例
AIの導入事例は珍しくなくなったが、特定製品の実際についての情報はまだ少ない。ここでは「Salesforce Einstein」と「SAP Leonardo」の事例を紹介する。(2020/3/4)

salesforce.comの共同CEOが辞任し、創業者のベニオフ氏が単独CEOに
salesforce.comで過去7年間共同CEOを務めたキース・ブロック氏が退任し、創業者で会長兼共同CEOのマーク・ベニオフ氏が単独のCEOに戻る。同社の第4四半期業績は予想を上回る増収増益だった。(2020/2/26)

AIの企業導入の実際【後編】:
AI製品「Salesforce Einstein」&「SAP Leonardo」導入事例
AIの導入事例は珍しくなくなったが、特定製品の実際についての情報はまだ少ない。ここでは「Salesforce Einstein」と「SAP Leonardo」の事例を紹介する。(2020/2/19)

OpenID Summit Tokyo:
2025年には法人市場におけるパスワード管理は不要になる(ただし特権ID管理を除く)
「OpenID Summit Tokyo 2020」が開催。基調講演では、Salesforce.comのイアン・グレイザー氏が、過去を振り返りながら、「アイデンティティー」の未来を予測した。(2020/2/5)

SalesforceとTableauを組み合わせたワンストップサービス、NTTデータが提供開始
NTTデータは、「Salesforce」と「Tableau」を導入する企業に対して、両サービスを組み合わせたワンストップサービスの提供を開始する。経営や業務の課題に対するコンサルティングから、ソリューション導入やカスタマーサクセス支援までを一元的に提供する。(2020/1/24)

Weekly Memo:
ソフトウェアベンダー大手4社の動向にみるエンタープライズIT市場の行方
2020年、エンタープライズIT市場はどう動くか。Microsoft、Oracle、SAP、Salesforce.comのソフトウェアベンダー大手4社の動向から、同市場の行方を筆者なりの視点で探ってみたい。(2020/1/14)

営業ノウハウを共有:
SMBCグループ各社がクラウド型営業支援「Salesforce Sales Cloud」を一斉に導入
SMBCグループ各社が「Salesforce Sales Cloud」を一斉に導入。個々に蓄積・管理してきた営業ノウハウを共有する。法人営業担当が利用する。(2020/1/10)

PR:グローバルなベストプラクティス活用に不可欠なのは、「社員と企業文化の変革」 アフラックにおけるDXプロジェクトの道のり
「『生きる』を創る。」をブランドプロミスとするアフラックは、さらなるサービス向上を目指し顧客接点におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている。「Salesforceの標準機能を徹底活用する」という戦略のもと、自前主義を廃し短期間で大きく業務プロセスを刷新。同社はどのようにして変革を起こそうとしているのか。(2020/1/8)

今日のリサーチ:
セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表 「ウォレットシェアの争奪戦」の行方は?
小売業者、ブランド、オンライン市場で「ウォレットシェアの争奪戦」が起こっています。デジタルチャネルの利用が増す一方で実店舗への期待も依然として高いものがあります。(2019/12/17)

「圧倒的に成長できる外資系企業」ランキング、GoogleやSalesforceが上位に トップ3はコンサルが独占
20代の社員が「他社よりも成長できる」と実感している外資系企業は? 企業の口コミサイトを運営するオープンワークが調査結果を発表。IT企業では、GoogleやSalesforceが上位に入った。トップ3はコンサルティングファームが独占した。(2019/11/20)

Azure上でマーケ支援の「Marketing Cloud」を提供 TeamsとSales Cloudの連携も――SalesforceとMicrosoftが連携強化
Salesforce.comとMicrosoftは、戦略的パートナーシップの拡大を発表。「Microsoft Azure」をマーケティングプラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」の提供基盤とする他、チームコラボツール「Microsoft Teams」からSalesforceのCRMツールなどの検索、表示、共有できる連携機能も開発する(2019/11/18)

SalesforceとMicrosoftが提携強化 Marketing Cloudの基盤にAzure採用
米Microsoftと米Salesforce.comがパートナーシップを拡大。「Salesforce Marketing Cloud」の基盤として「Microsoft Azure」を採用する。CRMと「Microsoft Teams」の連携も視野に入れる。(2019/11/15)

「アメリカンリビエラ」の安全に貢献
SalesforceがドローンとAIで挑むサメ襲撃対策プロジェクト「SharkEye」とは?
カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)の海洋生物学者は、ドローンと「Salesforce Einstein Vision」を使って、ホホジロザメを監視するプロジェクト「SharkEye」に取り組んでいる。(2019/11/15)

スピーディーな事業展開を支える:
PR:急伸長するペット保険 SBIいきいき少額短期保険が進める顧客体験向上への取り組み
SBIグループのSBIいきいき少額短期保険は、「シンプルでわかりやすく」「保険料は手ごろに」という方針のもと、急速に契約数を拡大してきた。スピーディーな事業展開を支えるのがSalesforceだ。成長戦略を実現させる上でITシステムに何が求められるのか。同社の千葉竜介社長に聞いた。(2019/11/13)

DX時代、SIビジネス変革の具体像:
PR:フレクトに聞く、“Salesforce First”を貫く理由とは
DXトレンドの進展を背景に、ビジネスが「体験価値の競争」に変容して久しい。これに伴い、企業のDXを支援するSIerにも従来型の受託ビジネスモデルから、共に価値を考え、スピーディーに実現していく提案型のビジネスモデルへの変革が求められている。だが一社単独での変革はなかなか難しいのが現実だ(詳しくは文末の「セールスフォースに聞く『DX時代に必要とされるエンジニア』とは?」をぜひ参照してほしい)。そうした中、セールスフォースでは、今のIT業界全体の課題でもある『人材の採用』『教育コスト』『継続的な案件創出』といった3点を軸とした支援策「DXアクセラレーションプログラム」を提供している。実際にパートナーは、セールスフォースとのビジネスによる社内の変化やパートナー支援について、どう感じているのか。――今回はSalesforceを中心としたソフトウェア開発、コンサルティング事業、IoT事業を行うフレクトに話を聞いた。(2019/10/29)

Salesforce「Consumer Goods Cloud」担当者に聞く:
消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「Consumer Goods Cloud」担当ディレクターのスニール・ラオ氏に聞いた。(2019/10/23)

デジタル時代にSIerが生き残る要件:
PR:セールスフォースに聞く「DX時代に必要とされるエンジニア」とは?
AI、IoTなど新たな技術の活用に乗り出す企業は着実に増えつつある。だが同時に、技術という手段がいつしか目的化し、ビジネス価値を生み出せずにいる例も枚挙にいとまがない。ではDX(デジタルトランスフォーメーション)とは本来、何を目指し、何をすることなのか? 顧客体験価値の向上には何が必要なのか? その実現を支援するSIerとエンジニアに求められるものとは?――顧客接点や顧客理解の在り方に深い知見を持つ、セールスフォース・ドットコム アライアンス本部 本部長 井上靖英氏に「DXの本質」を聞いた。(2019/10/23)

製造IT導入事例:
クボタがSalesforceを採用、法人農家へのサポートを強化
クボタは、セールスフォース・ドットコムの顧客管理ソリューション「Salesforce」を採用した。デジタル変革プロジェクトを支援し、全国に展開する販売拠点の業務効率化、担い手農家へのサポート対応力を強化する。(2019/10/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。