ニュース
» 2011年06月03日 21時35分 公開

日立、事業継続性を高めるクラウドソリューションを発表

日立はクラウドソリューション「Harmonious Cloud」にBCM(事業継続性管理)に対応するサービスを追加する。

[石森将文,ITmedia]

 日立製作所(以下、日立)は6月3日、同社のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」にBCM(事業継続性管理)に対応するサービスを新設および強化すると発表した。

 具体的には、Harmonious Cloudセンタ(クラウドサービス提供の拠点となる日立のデータセンター)に設置したストレージに、ユーザー企業の情報資産を自動コピーすることでデータの冗長性を高める「データマネージドサービス」と「コンテンツマネージドサービス」を、新たに「ストレージサービス」という区分で提供する。

 また、クライアントPCを仮想デスクトップに移行し高信頼化を図る「クライアントサービス」や、情報システムのクラウド環境への移行を支援する「クラウド環境移行支援サービス」を、6月6日から順次提供していく。またクラウドコンサルティングサービスのメニューに、クラウド化にともなう電力抑制効果を可視化する「省電力コンサルティングサービス」を追加する。

 各サービスの価格および提供時期は以下の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -