ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マネージドサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マネージドサービス」に関する情報が集まったページです。

攻撃者目線で脆弱性を評価:
その情報、外部公開で本当に大丈夫? NRIセキュアがASM(アタックサーフェス管理)サービスを提供開始
NRIセキュアは「マネージドASMサービス」の提供を開始する。外部に公開されている企業のIT資産を探索し、検出したIT資産に対して攻撃者目線でリスクを評価する。(2024/6/11)

セキュリティニュースアラート:
「MSP Perspectives 2024」のポイントを紹介 マネージドサービスプロバイダーが直面する最大の課題とは?
SophosがMSPが直面する主要な課題についての洞察をまとめた「MSP Perspectives 2024」を発表した。マネージドサービスプロバイダーが直面する最大の課題は何か。(2024/5/31)

「シリーズ 企業革新」日立編:
Lumadaは日立のビジネスをどう変えたのか 「部門間の連携」を生み出した変革の意味
Lumadaによって日立のビジネスはどう変わったのか。その変遷と現状について、日立製作所マネージド&プラットフォームサービス事業部の広瀬肇事業主管に聞いた。(2024/5/28)

Amazon EFS、クライアント当たりの最大スループットが1.5GB/sに これまでより3倍高速なファイルアクセスを実現
米AWS(Amazon Web Services)は、スケーラブルなNFSサーバをマネージドサービスで提供する「Amazon EFS」(Amazon Elastic File System)のクライアント当たりの最大スループットを、これまでの3倍となる1.5GB/sに拡大したことを発表しました。(2024/5/14)

「AWS Deadline Cloud」発表 VFXや2D/3Dグラフィックスなどの高速なレンダリングファームをマネージドサービスで提供
米Amazon Web Services(AWS)は、VFXや2D/3Dのコンピュータグラフィックスなどの高速なレンダリングのための一連の処理をクラウド上で数分で構築し、マネージドサービスとして提供する「AWS Deadline Cloud」を発表しました。(2024/4/5)

オンプレミスに残る重要データもフルマネージドでクラウドデータ基盤へ――日立とAWSが協業
企業内に残る重要システムには企業のノウハウが詰まっている。だがミッションクリティカルな要件を持つシステムはクラウド移行が難しく、そのデータを生かすにはリスクが伴うことが多かった。日立とAWSがこの問題の解決に本腰を入れる。(2024/3/18)

「ビルドプロセスにかかる時間を数分から数秒に短縮」:
開発ワークフローの速度向上をうたうDockerのマネージドサービス「Docker Build Cloud」登場
Dockerは「Docker Build Cloud」の一般提供を開始した。DockerコンテナイメージのビルドをAmazon Web Servicesで実行することで開発ワークフローの速度向上が見込めるという。(2024/2/23)

データの置き場所が明確になる、というメリットも:
「閉じた環境」「クラウドの最新機能」「マネージドサービス」を組み合わせたサービスを提供開始 NRI
NRIは、「顧客向け専用パブリッククラウドサービス」の提供を2024年4月に開始する。Oracle Alloyを活用して、同社のデータセンター内に閉じた形で構築したパブリッククラウドを、顧客企業が運営するシステムで利用できるようにする。(2024/2/21)

オープンソースツール「localllm」を利用:
Google、GPUを使わずCPUだけで生成AIアプリを開発する方法を解説
Google Cloudは、Google Cloudのフルマネージド開発環境「Cloud Workstation」や「クオンタイズドモデル(量子化されたモデル)」と、新しいオープンソースツール「localllm」を組み合わせることで、GPUを使わずに、LLM(大規模言語モデル)ベースのAIアプリケーションを開発する方法を公式ブログで紹介した。(2024/2/13)

AIで監視アラートの状況を判断:
「AIOpsのコンセプトに基づいたマネージドサービス」 CTCテクノロジーが提供開始
CTCテクノロジーは、AIを活用したシステム運用のマネージドサービスを提供開始した。監視アラートをAIで分析し、システム障害時の一次対応を迅速化させる。(2024/2/2)

国内ITインフラ運用動向を分析:
2025年には約4分の1の企業が「マネージドサービス」を利用する IDC
IDC Japanは、国内ITインフラ運用動向調査の分析結果を発表した。それによると、ITインフラを自社のスタッフだけで運用している割合は低下しており、今後マネージドサービスを利用する意向が高まる見込みだ。(2023/12/18)

本番環境で疑似的な不具合を引き起こす:
Microsoft、フルマネージドのカオスエンジニアリングサービス「Azure Chaos Studio」の一般提供を開始
Microsoftは、「Azure Chaos Studio」の一般提供を開始した。本番環境で疑似的な障害を意図的に引き起こし、アプリケーションのレジリエンス(回復性)を向上させるための実験プラットフォームだ。(2023/12/5)

「Advanced Vulnerability insights」も提供開始:
Google Cloud、マルチクラスタ管理機能を備えた「GKE Enterprise」の一般提供を開始
Google Cloudは、マネージドKubernetesサービスの「Google Kubernetes Engine」の新エディションにあたる「GKE Enterprise」の一般提供を開始すると発表した。(2023/11/27)

セキュリティニュースアラート:
マネージドEDRサービス市場成長の要因とは? ITRが動向予測を発表
ITRは、国内マネージドEDRサービスの市場規模推移および予測を発表した。マネージドEDRの売上規模は増加しており、今後数年間はこの傾向が継続する見込みだ。その要因とは。(2023/11/24)

大規模言語モデルを選択→数秒後にAzure上で試せる「Models as a Service」登場 従量課金制の推論API、ファインチューニングも可能。
米Microsofthが、オープンソースの大規模言語モデルをMicrosoft Azure上でマネージドサービスとしてすぐに試せる「Models as a Service」を提供すると発表しました。(2023/11/17)

トランザクションワークロードをPostgreSQLより高速に実行:
Google Cloud、PostgreSQL互換DBサービスのダウンロード版「AlloyDB Omni」を正式リリース
Google Cloudは、フルマネージドのPostgreSQL互換データベースサービス「AlloyDB for PostgreSQL」のダウンロード版である「AlloyDB Omni」の一般提供を開始した。(2023/10/19)

サイバーセキュリティとクラウドインフラがけん引:
2023年のマネージドサービス市場、全世界で12.7%成長 CiscoとCanalys
Cisco Systemsと調査会社のCanalysは、世界のITマネージドサービス市場の予測結果を発表した。2023年のマネージドサービス市場は全世界で12.7%の成長が予想され、4720億ドルに達すると予測した。(2023/10/16)

オペレーターマネージドWi-Fiの未来【後編】
無線LAN運用をベンダー任せにする「マネージドWi-Fi」の何が駄目なのか
エンドユーザーにとってWi-Fiが欠かせなくなった昨今、Wi-Fiの新たな課題が浮上している。その現状を踏まえ、業界団体のWBAは通信事業者に警告を送る。(2023/10/6)

インフラデプロイ、変更、管理を支援:
Google Cloud、Terraformを活用した新たなIaCマネージドサービス「Infrastructure Manager」を発表
Google Cloudは、Terraformを活用した新たな新たなマネージドサービス「Infrastructure Manager」を発表した。(2023/10/4)

東京リージョンで正式提供開始の生成AIサービス「Amazon Bedrock」、企業での利用に向けた仕掛けとは
Amazon Web Servicesの生成AIマネージドサービス「Amazon Bedrock」が、本国でのリリースから数日遅れの10月3日、東京リージョンで正式に提供開始となった。このサービスには、企業での生成AI活用を促進するための幾つかの仕掛けがある。(2023/10/3)

「Amazon CodeWhisperer」の新しいカスタマイズ機能など4つの発表:
AWS、生成AIのマネージドサービス「Amazon Bedrock」を提供開始
Amazon Web Services(AWS)は、「Amazon Bedrock」の一般提供開始など、生成AIに関する4つのイノベーションを発表した。(2023/10/3)

オペレーターマネージドWi-Fiの未来【中編】
WBAが「マネージドWi-Fi」の推奨事項を公開した“真の狙い”とは
WBAは通信事業者向けに「オペレーターマネージドWi-Fi」(OMWi)のレファレンスアーキテクチャを作成した。このレファレンスアーキテクチャの制作には単なる知識やノウハウの共有以上の狙いがある。(2023/9/29)

コンテナ活用環境はもっと早く柔軟にできる
オンプレミスのコンテナ基盤に3つの不満、NSSOLはクラウド移行で解消できたのか
オンプレミスのコンテナ基盤ではリソース変更の俊敏性、開発に欠かせないマネージドサービスとの連携性などに不満の声がよく上がる。この問題を、日鉄ソリューションズ(NSSOL)はAzure移行で解決したという。環境はどれほど変わったのか。(2023/9/28)

オペレーターマネージドWi-Fiの未来【前編】
マネージドWi-Fi「OMWi」はなぜ“使えない無線LAN”なのか?
企業やエンドユーザーにとって欠かせない存在となっているWi-Fi。通信事業者がマネージドサービスとしてWi-Fiを提供する場合には課題がある。業界団体が改善に乗り出した。(2023/9/22)

MicrosoftとOracle、「Oracle Database@Azure」発表 共同でAzure上でのOracle Exadataベースのマネージドサービスを提供
米Microsoftと米Oracleがクラウドにおける協力関係を強化。両社が共同でMicrosoft Azure上でOracle Exadataをベースとしたデータベースを提供する「Oracle Database@Azure」を発表した。(2023/9/19)

クラウド環境を動かすためのクレジットや、認定資格受験支援も:
PR:「求められる知識多過ぎ……」 マルチクラウド時代、Google Cloud の「自由に学べるプラットフォーム」のすごみとは
複数のクラウドを使い分けるマルチクラウド環境が広まる中で、エンジニアは複数のパブリック クラウドに関する知識はもちろん、それぞれのマネージド サービスに関する知識を求められる機会が増えつつある。エンジニアはどう学べばよいのか。クラウド初学者からスキルアップし、現在はアイレットでクラウド エンジニアとして活躍する廣山 豊氏に話を聞いた。(2023/9/6)

製造業に焦点 GXやサプライチェーン連携、ERP連携も:
iPaaS「HULFT Square」を欧米地区でも展開 セゾン情報
セゾン情報システムズは、マネージド型iPaaS「HULFT Square」を2023年10月から欧米でも提供を開始する。国内既存ユーザーの中でもグローバルで事業を展開する製造業をターゲットにする計画だ。(2023/8/29)

中堅・中小企業のためのマネージドサービス:
中堅・中小もNGAVやEDRを活用して巧妙化するサイバー攻撃から企業を守ろう
エンドポイントセキュリティを導入したい企業が多い一方で、運用のハードルの高さから諦めるケースも多い。そんな企業に向けたマネージドサービスをダイワボウ情報システムが提供している。(2023/8/25)

Kyndrylが事業を拡大し、470億ドル規模のマネージドセキュリティサービス市場に参入
Kyndrylはエンド・ツー・エンドのセキュリティ運用機能とサービスを拡張し、470億ドルのマネージドセキュリティサービス市場に進出する計画を発表した。(2023/8/9)

ソフトバンクと日本マイクロソフトが提携 5GやAI、クラウドと通信インフラを業界別に包括提供へ
ソフトバンクと日本マイクロソフトが手を取り、業界別のソリューション開発を進める。5GやAI、クラウドと通信インフラを組み合わせ、マネージドサービスも含む包括的な提案が可能になる見込みだ。(2023/8/3)

「プロセス」「ツール」「組織」の三位一体で取り組む
92%の工数削減も――NTTデータが取り組んだ「組織に根付く自動化」とは
国内大手のSIerとして顧客企業を支援するNTTデータ。同社がITインフラのマネージドサービスを提供する中で課題となったのが、運用の属人化や処理の複雑さだった。“組織に根付く自動化”を実現するため、同社が取り組んだこととは。(2023/6/7)

設定はどこまで楽?:
Google Cloudが競合クラウドと簡単に直接接続できる「Cross-Cloud Interconnect」を発表
Google Cloudが、他のメジャークラウドと直接接続できるネットワークのマネージドサービスを発表した。発表時点では、AWS、Azure、OCI、Alibaba Cloudに対応している。(2023/6/2)

ラックが中堅・中小企業向けマネージドEDRサービスを提供
ラックは中堅・中小企業向けの新サービスである「マネージドEDRサービス for Trend Micro」を提供する。ハイブリッドワークを導入する中堅・中小企業のEDR運用を支援する。(2023/6/2)

ビジネス成長とともに「複雑性」に立ち向かう:
商品点数1900万点――「モノタロウ」の強みを伸ばす、コンテナ、Kubernetes活用の裏側
間接商材を中心としたECサービス「モノタロウ」では、AWSやGCPへのリフト&シフトを進めている。@ITが主催した「ITmedia Cloud Native Week 2023春」に登壇したMonotaROの藤本洋一氏が、同社におけるクラウドネイティブ推進とマネージドサービスを活用する上での注意点や組織に根付かせるためのポイントを語った。(2023/5/26)

Google Cloud、クラウドで開発環境を提供する「Cloud Workstations」正式リリース 東京リージョンでも利用可能に
Google Cloudが、開発環境一式をクラウド上のマネージドサービスとして提供する「Cloud Workstations」の正式リリースを発表。東京リージョン(asia-northeast1)でも利用可能になった。(2023/5/18)

開発環境とインフラ、管理機能をフルマネージドサービスとして利用可能:
ローコードでクラウドネイティブアプリを開発、OutSystemsがプラットフォーム提供開始
OutSystemsジャパンは、ローコード開発プラットフォームの新製品「OutSystems Developer Cloud」(ODC)の提供を開始した。同社は「セキュリティを含む、クラウドネイティブなアプリケーション開発運用に求められる全ての要素を備えたマネージドサービスだ」と説明している。(2023/5/16)

ソフトバンクが法人向けに「プライベート5G」開始 ネットワークスライシングを活用
ソフトバンクは、法人向け5Gマネージドサービス「プライベート5G」を提供開始。ユーザーは個別にカスタマイズした5Gネットワークを利用でき、まずはパブリック5Gの設備や電波を利用する「共有型」を提供する。(2023/3/29)

NTT ComがマネージドSOARサービスを提供 セキュリティ自動化を容易に実現
NTT Comは2023年3月31日から、SOARの円滑な導入と運用を支援する「マネージドSOAR」の提供を開始する。インシデント対応時の対処をテンプレート化、自動化することで、セキュリティ担当者不足を解消する。(2023/3/28)

Microsoft、フルマネージドな負荷テストサービス「Azure Load Testing」を正式リリース
米Microsoftが、クラウド上で大規模な負荷テストを行えるフルマネージドな負荷テストサービス「Azure Load Testing」を正式リリースした。(2023/2/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(188):
Azure VMのデプロイ自動化にも役立つ「マネージド実行コマンド」、従来の「アクション実行コマンド」との違いは?
MicrosoftはAzure仮想マシンの新機能として、「マネージド実行コマンド」の一般提供を開始しました。既に提供されていた「アクション実行コマンド」とは何が違うのでしょうか。(2023/2/16)

「過去に起きた大規模障害を踏まえ、対策すべきだ」:
PR:知らなかったでは済まされない、「マネージドDB」に潜む“データ不整合”のリスクとは
マネージドサービスを活用すれば、運用負荷を削減し、DX実現に向けた取り組みに注力できるだろう。注意点としては「万が一の備え」ができているかどうかだ。(2023/2/21)

マルチクラウドでデータプラットフォーム構築:
OSSデータインフラのマネージドサービス、「Aiven」の面白さを共同創立者/CEOに聞いた
PostgreSQL、MySQL、Apache Kafkaなどがマネージドで使えるサービスがある。3大クラウドのどこで動かすかを選んでデプロイできる。共同創業者/CEOに同サービスの中身を聞いた。(2022/11/21)

クラウド事例ウォッチ:
ガンホー、「ニンジャラ」でもAWS活用 ゲーム特化のサービス採用で「運用コストを毎月4人月削減」
ガンホーが、対戦アクションゲーム「ニンジャラ」の開発にAWSのゲーム向けマネージドサービスを活用。快適なマッチングシステムが求められる中、フルマネージドサービスを活用し、遊びやすさを保ちつつサーバの運用負荷を削減したという。(2022/10/25)

なぜCIOはすぐにMSP(マネージドサービスプロバイダー)にすがるのか
景気の見通しが悪化し、コスト削減圧力が高まる中、IT業界も市場が冷え込むかと思いきや、盛り上がりを見せるのがMSPだ。CIOらはMSPにすがってでもすぐに実行したいことがあるのだという。(2022/10/13)

Google Cloudが「Cloud Workstations」発表 セキュアな開発環境一式をマネージドサービスで提供
米Google Cloudが、あらかじめ設定済みのセキュアな開発環境一式をマネージドサービスで提供する「Cloud Workstations」を発表。ローカルマシンに開発環境を置いた場合に発生するであろう多くのセキュリティ上の課題を解決するとしている。(2022/10/12)

コンテナベースの機械学習基盤を大解剖(終):
「クラウドならではの失敗、障害を前提に」――機械学習基盤の実運用におけるトラブルと対策
リクルートのエンジニアが内製している機械学習基盤について詳しく解説していく本連載。最終回は、実際に起きたトラブルを取り上げながら、クラウドが提供するマネージドサービスを利用する際に必要な考え方を紹介します。(2022/9/20)

野村総研がマネージドサービスの提供体制を強化
野村総研はデンマークで新たなサービス運営を開始した。マルチクラウド時代に向けてサービス提供体制を強化する狙いだ。(2022/8/25)

Terraform Cloudとの関係は?:
HashiCorpが今秋、マネージドサービス「HashiCorp Cloud Platform」を日本リージョンで提供へ
自動化ツールで知られるHashiCorpは2022年秋に、クラウド型のマネージドサービス「HashiCorp Cloud Platform(HCP)」を、AWSの東京、大阪リージョンから提供開始する。既に提供中のTrraform Cloudと合わせ、マネージドサービスを事業の柱の一つに位置付ける。(2022/8/4)

アプリの改修やサービスの停止は不要
既存vSphere基盤のクラウド化、小さな負荷でスピーディーに実現する方法とは
アプリケーション機能をクラウドのマネージドサービスに置き換えたり、既存の業務アプリケーションをIaaS上に載せたりなど、仮想化基盤をクラウド化する方法は幾つか考えられる。しかし、いずれの方法においても手間がかかるのが実情だ。(2022/7/21)

VMware Sovereign Cloud Initiativeとは? 日立のマネージドサービスが国内初参画
一部の大規模なプラットフォーマーの台頭によって、「データレジデンシー」や「データ主権」の保護を目指す法律や規定の整備が各国で進んでいるが、ここで注目すべきなのが「ソブリンクラウド」だ。これに向けた日立とVMwareの取り組みを紹介する。(2022/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。