ニュース
» 2011年06月07日 09時13分 UPDATE

Google、カレンダーを利用した予約システム「Appointment slots」を発表

GoogleカレンダーにAppointment slotsを設定すると、サインアップしたユーザーが予約を直接書き込める。「仕事時間中に予約の電話をする必要がなくなる」とGoogle。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月6日(現地時間)、Googleカレンダーに第三者が直接予約を書きこめる新機能「appointment slots(日本では「予約の時間枠」)を発表した。向こう数日間で全ユーザーが利用できるようになる。

 例えば病院や美容室などが、顧客向けに公開するGoogleカレンダーでこの機能を利用すると、顧客はカレンダー上の空いている時間に直接予約を書き込むことができる。これで「仕事時間中に美容院に予約の電話をしなくて済む」とGoogleは説明する。

 Googleカレンダーに予約の時間枠を設定するには、カレンダー上の枠を設定したい部分でクリックし、表示される設定ウィンドウでAppointment slotsを選択して時間や件名などを入力する。

 appointment slots 1

 こうして時間枠を設定した予約用カレンダーには、各カレンダーにサインアップするためのURLが付与されるので、顧客や同僚など、予約枠を利用してほしい相手にこのURLを告知できる。

 appointment slots 2 URLは設定ページの上部に表示される

 予約を書き込む側は、Googleアカウントを使って予約用URLからカレンダーにサインアップする。予約用カレンダーに自分のGoogleカレンダーの予定がオーバーラップで表示されるため、予約可能な時間を探しやすい。予約するには、予約ボタンをクリックして保存するだけだが、コメントを追加することもできる。誰かが予約を入れた枠は他の訪問者には表示されなくなる。

 appointment slots 3

 サインアップ用URLを例えばGoogleプレイスのページなどに表示すれば、ローカルビジネスにとって強力な顧客開拓ツールになる可能性があるだろう。

関連キーワード

予約 | Google | Googleカレンダー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ