レビュー
» 2011年08月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:世界1億ユーザーが認めた低価格ネットワーク管理ツールの“決定打”

VoIPアプリ、仮想化環境、ネットワーク帯域など、近年のネットワークインフラの管理対象は多岐にわたる。膨大な管理情報を一元的に集め、可視化するには、高額なネットワーク管理ツールを導入するしか手はないのだろうか(提供:Ipswitch Japan)。

[ITmedia]

 複雑化するネットワークの管理に欠かせないのがネットワーク管理ツール。SNMPに対応する機器の情報を収集し、稼働状況をチェックできる。

 だが近年、音声といったネットワーク上のアプリケーションの多様化、トポロジの複雑化、仮想化環境の普及などにより、管理ツールの標準機能でさまざまな情報を可視化し、全体の因果関係を把握するのが困難になっている。こうした課題には、管理者が適宜必要な機能を追加して、環境の変化に柔軟に対応する製品が有効だ。

 ネットワーク統合管理ツール「WhatsUp Gold」は、機能拡張モジュールを「プラグイン」として提供し、VoIP、トラフィック解析、変更管理、ログ管理、仮想マシンなど、個別の管理ニーズにも応えることができる。SNMPとWMIに対応する機器やアプリケーションを自動検出、200種類以上のリポートを作成可能だ。世界で1億以上のユーザーが利用しており、高機能・低価格のため企業だけではなく公的機関での利用にも適している。

 本ホワイトペーパーでは、WhatsUp Goldが提供する多彩な8つのプラグインの機能を詳細に紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -