ニュース
» 2011年10月19日 07時13分 UPDATE

Oracleが定例アップデートを公開、Javaやデータベースの脆弱性に対処

Javaのアップデートでは合計20件、データベースやSun製品などを含むOracle製品のアップデートでは合計57件の脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Oracleは10月18日(米国時間)、予告通りにJavaの定例アップデートとデータベースなど各種製品の定例アップデートを公開し、多数の深刻な脆弱性に対処した。

 Javaのアップデートとなる「Java SE Critical Patch Update」では合計20件の脆弱性に対処した。うち6件は危険度がCVSSベーススコアで最大値「10.0」の極めて深刻な脆弱性となる。

 9月に発覚したSSL/TLSプロトコル関連の脆弱性に対処するパッチも盛り込まれた。この脆弱性を突かれると、SSL/TLS暗号をかわされてWebトラフィックの暗号を解除されてしまう恐れがあるとされる。CVSSベーススコアのリスクレベルは「4.3」となっている。

 また、Java仮想マシン(JVM)の「Oracle JRockit」のパッチはこれまでFusion Middlewareのアップデートに組み込まれていたが、今回からJavaのアップデートの一部として提供されるようになった。

 一方、Java以外のOracle製品のアップデート「Critical Patch Update」ではデータベースなどに存在する合計57件の脆弱性に対処した。対象となるのはDatabase Server、Fusion Middleware、E-Business Suite、Supply Chain Products Suite、PeopleSoft Enterprise、Siebel CRM、Health Sciences Applications、Oracle Linux、Oracle Virtualization、Sun Products Suiteの各製品。

 このうちSun SolarisのLDAPライブラリに存在する脆弱性はCVSSベーススコアで「9.3」の深刻な脆弱性となり、Oracleはできるだけ早くアップデートを適用するよう呼び掛けている。

 次回の定例アップデートはOracle製品向けが2012年1月17日、Java向けは同年2月14日に公開予定。

関連キーワード

Oracle(オラクル) | 脆弱性 | Java | パッチ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -