ニュース
» 2011年10月25日 13時02分 UPDATE

日本HP、統合運用管理ツール群の最新版をリリース

システム上での障害の原因や症状のイベントを関連付けて、詳細状況を可視化する新製品をラインアップに加えた。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月25日、統合運用管理ツール製品群の最新版となる「HP Business Service Management 9」を発表した。他社製品を含むシステム全体の構成を基に、障害などのイベントに関する情報を可視化する「HP Operations Manager i software」をラインアップに追加している。

 新製品のHP Operations Manager i softwareは、「ランタイム・サービスモデル」という監視対象機器に関する全ての構成情報を自動的に集約・分析するデータベースを搭載。インフラからアプリケーション、サービスまでの構成を可視化でき、イベント発生時には根本原因の分析と影響範囲について、高精度に処理を行って、管理者に対応の優先度を判断するために必要な情報を提供するという。

 このほか、物理および仮想のサーバを監視して、問題の根本原因の特定を支援するエージェント型ツールの「HP Operations Manager software 9」や、エージェントレス型の監視ツール「HP SiteScope software 11」、トランザクション管理の「HP Business Process Monitor software 9」、Javaアプリケーションの監視・分析の「HP Diagnostics software 9」、サービスレベル管理の「HP Service Level Management software 9」などをラインアップする。

 構成製品の価格は次の通り。いずれも11月1日から出荷を開始する。

製品名 価格
HP Operations Manager i software 9 420万円から
HP Business Process Monitor software 9 10万800円から
HP Diagnostics software 9 126万円から
HP Real User Monitor software 9 672万円
HP System Availability Management software 9 1万8900円から
HP Service Level Management software 9 6405円から

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -