レビュー
» 2011年10月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ハイパーバイザーの製品比較:仮想化プラットフォームにおいて最高のワークロード統合率を実現するには

主要なハイパーバイザープラットフォームの性能ベンチマークテストを2回実施し、最も高い仮想 マシンの統合率を実現しているプラットフォームを調査した。 2010年夏にアップデート版が各社からリリースされた事を受け、最新版での検証結果 を報告する(提供:ヴイエムウェア)。

[PR/ITmedia]

 今回のテストも、仮想マシンの統合率を中心に検証を行った。ハイパーバイザーのそれぞれのインスタンスには単一のアプリケーションが配置され、それぞれが同時稼動の状態で定常的な負荷を掛ける。これらの インスタンス上のアプリケーションの処理能力が劣化しない限界値を鑑みて、統合率が決定される。

 今回のテストでは、主要ベンダーから提供されている最新世代のハイパーバイザー、VMware vSphere 4.1(ESXi 4.1)、Microsoft Hyper-V R2(Hyper-V)、および Citrix XenServer 5.6(XenServer)に加え、Red Hat Enterprise Linux 5.5

Kernel-Based Virtual Machine(RHEL 5.5 KVM)を検証の対象とした。

 サーバ仮想化の取り組みを開始しているすべての企業が、このレポートの仮想マシンの統合率に関する分析結果を注意深く確認することを推奨する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -