ニュース
» 2011年10月31日 17時36分 UPDATE

千葉工大が仮想化デスクトップを導入 学習環境を快適に

学生の演習環境の整備を目的に、千葉工業大学が仮想化デスクトップを導入した。

[ITmedia]

 千葉工業大学は、学生がCADやデザイン系のアプリケーションを使って、いつでもどこでも自由に学習や開発演習できるように仮想化デスクトップ環境を構築した。システムを導入した富士通が10月31日に発表した。

 千葉工大が採用したのは、富士通のクラウド上で提供する仮想デスクトップサービス「ワークプレイス-LCM」。これによって、同大学の芝園キャンパス内では情報処理演習室だけでなく、どこからでも自由にPCからセンターへ接続できる。アプリケーション導入およびバージョンアップなどの一括作業ができるだけでなく、仮想PC方式により、学生一人一人にPC環境を整えられるため、将来的には自宅からも利用が可能という。

仮想デスクトップ環境イメージ 仮想デスクトップ環境イメージ

関連キーワード

デスクトップ仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -