ニュース
» 2011年11月09日 19時21分 UPDATE

富士通、世界各国の特許を検索できるクラウドサービスを提供開始

一部機能がトライアルとして無償利用できる。2012年に商用サービスも始める予定。

[ITmedia]

 富士通は11月9日、世界各国の特許を検索できるSaaS型特許検索サービス「ATMS/PATENTAN」のトライアル版サービスを開始した。一部機能を無償利用でき、2012年3月に商用版サービスの提供も予定している。

 新サービスは、特許庁が公開している世界各国の特許情報をインターネット上で検索できるもの。グループ会社のジー・サーチと共同で開発した。トライアル版サービスではジー・サーチのデータベースサービスのIDがあれば、全文検索や一覧および全文の表示、PDF表示などの基本機能をすぐにできる。また情報のダウンロードや、独特な日本語表記が特長の特許文書を読みやすく変換する読解支援などの機能を有償オプションで提供。1日単位から利用できるという。

 商用版サービスは3タイプのメニューを用意する。料金は1日利用型が0円(税別)から、ID発行型が1ID当たり月額1万円(同)から、ID数フリー型が個別見積りとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -