ニュース
» 2011年11月24日 11時55分 UPDATE

国内サーバ市場、2011年は復調も、2012年以降はマイナスに

IDC Japanは2011年〜2015年の国内サーバ市場予測を発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは11月24日、2011年〜2015年の国内サーバ市場予測を発表した。2011年の市場規模は前年比3.2%増の4648億円が見込まれるが、2010〜2015年の年間平均成長率としてはマイナス2.4%を予測している。

 2011年は、富士通と理化学研究所が共同開発するスーパーコンピュータ「京」のプロジェクトが市場に貢献し、2001年以降で初めてプラス成長になる見通しだという。また、x86サーバでもSNSを含むインターネットビジネスやクラウドサービスなどの情報サービス向けの出荷が好調となり、小幅のプラス成長を予測する。

 一方、2012年〜2015年の市場規模は小幅な変動に収まり、2015年は3999億円を見込む。同社によれば、2011年も「京」を除いた場合の成長率は前年比5.4%減であり、依然として縮小が続くとコメント。東日本大震災や世界経済の不透明化の影響により、ユーザー企業のIT投資に対するコスト削減意識が一層の高まりを見せているとしている。

idc1124.jpg 国内サーバ市場予測:2006〜2015年。2006〜2010年は実績値、2011年以降は予測。出典:IDC Japan

関連キーワード

IDC | サーバ市場 | 成長率


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -