ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「成長率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「成長率」に関する情報が集まったページです。

2020年前半に延期されたプロジェクトが徐々に再開:
「2021年はV字回復してプラス成長」 IDCが国内ITサービス市場予測を発表
IDC Japanは、国内ITサービス市場の予測を発表した。IDCは、2021年はITサービス市場がV字回復するとみており、2020〜2025年の年間平均成長率は2.4%で、2025年の市場規模は6兆4110億円に達するという。(2021/2/26)

製造ITニュース:
国内第3のプラットフォーム市場予測、2024年に21兆円規模に
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場を調査し、2020〜2024年の予測結果を発表した。2024年に同市場は21兆1202億円となり、2019〜2024年の年間平均成長率5.7%で成長すると予測する。(2021/2/4)

米国、中国は堅調、欧州は後退、日本は遅行 コロナ後の経済けん引役は?
2021年の世界経済は、当初の想定を上回って堅調に回復するかもしれない。バークレイズ証券調査部長・チーフエコノミストの山川哲史氏は、21年の世界経済実質GDP成長率を5.9%と予想し、「成長率はさまざまな予想を1%弱上回る」と話した。(2021/1/19)

矢野経済研究所が市場調査:
産業用センサー、2024年は1兆4540億円規模へ
矢野経済研究所は、産業用センサー(環境センシング関連)6品目の市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2020年見込みの1兆1360億円に対し、2024年は1兆4540億円規模となる。2019年から2024年までのCAGR(年平均成長率)は3.4%と予測した。(2021/1/7)

国内アプリケーションPaaS市場、2021年から成長回復か――IDC
IDC Japanによると、2020年はコロナ禍で成長が鈍化するものの、前年比成長率13%で約346億円規模となる見通しだ。(2020/11/6)

3Dプリンタニュース:
選択的レーザー焼結装置市場は2027年までにCAGR22.8%で成長
Report Oceanは、「選択的レーザー焼結市場調査レポート」を発表した。2019年の同世界市場は約4123億5000万ドルと評価されており、2027年までに年平均成長率22.8%で成長すると予測している。(2020/11/2)

材料技術:
世界のフッ素樹脂市場の年平均成長率は6.5%、2027年に117億米ドルになると予測
Report Oceanは、2019年の世界のフッ素樹脂市場は77億米ドルで、2027年までに117億米ドルに達するとの予測を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響による健康機器への需要の高まりが、今後のフッ素樹脂市場をけん引する。(2020/10/27)

今日のリサーチ:
GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しました。間に割って入ったAmazonとMicrosoftは成長率ランキングの2トップでもあります。(2020/10/21)

製造ITニュース:
国内IoTセキュリティ市場最新予測発表、2021年はマイナス成長に
IDC Japanは、国内IoTセキュリティ市場の2019年の実績と2020〜2024年の予測データを公開した。2019年の同市場規模は836億5900万円で、2020年には市場成長率が前年比マイナス5.4%に落ち込むと予測する。(2020/10/19)

国内IoTセキュリティ製品市場動向調査 今後ユーザーに求められる資質は
IDC Japanの予測によると、国内IoT向けセキュリティ製品市場の2019〜2024年の年間平均成長率は3.6%。2020年は対前年比5.4%減に落ち込むものの、2021年以降はプラス成長に回復する見込みだ。(2020/10/9)

消費者サービス業界はAI投資に慎重:
「世界のAI支出額は今後4年間で倍増する」 IDCが予測
IDC Japanは、世界のAIの支出額に関する予測を発表した。2019〜2024年の年間平均成長率を20.1%と見込み、支出額は2020年の501億ドルから2024年には1100億ドル以上になると予測する。(2020/10/5)

世界規模で進むAI活用 総支出額の「ほぼ3分の1」を占めるユースケースとは
IDC Japanによると、AIに対する世界全体の支出額は今後4年間で2倍に増加し、2024年に1100億ドルに達する見通しだ。日本のAI支出額は、2024年までの年成長率が32.1%と、強力な支出拡大が見込まれる。(2020/10/2)

変化する国内IoT市場 データを使いこなすために重要な2つのキーワードとは
IDC Japanの予測によると、国内IoT市場の2019〜2024年の年間平均成長率は10.3%。支出額は2019年が7兆258億円で、2024年は11兆4697億円になる見込みだ。ソフトウェアとサービスに対する支出割合が継続的に増加する。(2020/9/29)

578億ドル規模へ:
AIチップ市場、2026年まで成長率40%で伸びる
AIチップセット市場が、約40%の年平均成長率で成長を遂げている。大量の複雑なデータセットの存在や、顧客企業が性急に推進してきた商用アプリケーションの増加、深層学習やニューラルネットワークの幅広い普及などが後押しとなったのではないかと見られている。(2020/9/23)

製造マネジメント インタビュー:
DevOpsなPLMを目指すアラス、コンテナ活用によるクラウドネイティブ化も視野に
PLMベンダーのアラス(Aras)が事業展開を加速させている。過去3年間平均の売上高成長率は44%と高い伸びを示しており、PLM「Aras Innovator」の契約社数は365社、オープンソース版の利用企業数も1000社を超えた。米国GEの再生エネルギー部門やドイツ自動車部品メーカーのグラマーなどの大手製造業による大規模導入も進んでいる。(2020/9/11)

高い成長率を維持 国内データセンターサービス市場予測を発表――IDC Japan調査
IDC Japanの予測によると、2020年の国内データセンターサービス市場の規模は、対前年比2.9%増の1兆4518億円となる見込みだ。クラウドサービスやホスティングサービスへの需要増加に伴い、2019〜2024年の間は、高い成長率を維持すると見ている。(2020/8/27)

2024年にかけての市場規模は? 国内サーバ市場予測を発表――IDC Japan調査
IDC Japanは、国内サーバ市場のバイヤータイプ別の予測を発表した。2020年の市場規模は、5080億9300万円となる見込みだ。2019〜2024年の年間平均成長率は−2.1%と予測している。(2020/8/25)

KAMIYAMA Reports:
米大統領選と経済と株価
共和党のトランプ氏(現大統領)と民主党のバイデン氏のどちらが大統領になっても、米国経済の成長率予想の差はほとんどないとみている。そもそもコロナ・ショックからの脱却において、政府や中央銀行のとるべき(とることが出来る)政策に大きな違いはない。また長期的に政策の差はあるが、経済成長全体に与える影響は小さい。(2020/7/13)

2020年度国内ICT市場予測を更新 対前年比5.3%減も0.8ポイント改善――IDC調査
IDC Japanは、COVID-19の2020年6月時点の状況を考慮した国内ICT市場予測を発表した。同社は、2020年の同市場の成長率を前回の予測から0.8ポイント改善し対前年比5.3%減とし、2020年の市場規模は27兆5927億円と予測した。(2020/7/7)

2024年の市場規模は5630億円:
新型コロナウイルス感染症の影響は? IDCが国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表
IDC Japanは、国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表した。2019年の市場規模は、対前年比2.6%増の5425億8300万円。2019〜2024年の年間平均成長率は0.7%で、2024年の市場規模は5630億6900万円の見込み。(2020/7/2)

人工知能ニュース:
国内AIシステム市場予測、2024年は3458億8600万円に
IDC Japanは、国内AIシステム市場について、2024年までの予測を発表した。2019〜2024年の年間平均成長率は33.4%で推移し、2024年には3458億8600万円になると予測している。(2020/6/23)

国内IoTインフラストラクチャ市場、2024年までプラス成長 IoTエッジ層でのデータ分析ニーズが増大傾向――IDC予測
IDC Japanによると、2020年の国内IoTインフラストラクチャ市場は、前年比5.1%増の1048億円規模になるという。IoTエッジ層でのデータ分析処理ニーズが高まりつつあることから、今後もIoTエッジインフラを中心に市場拡大が見込まれ、2024年まで年成長率14.6%でプラス成長が続く見通しだ。(2020/6/18)

製造業IoT:
5Gが2024年に国内モバイル通信全体の26.5%を占めると予測
IDC Japanは、国内5G通信サービスの市場予測を発表した。2020年から2024年にかけての国内5Gネットワーク回線数の年平均成長率は107.6%で、2024年末の回線数は6024万回線に達すると予測している。(2020/6/16)

製造ITニュース:
2023年に1兆6700億円規模に、国内クラウド基盤サービス市場予測
矢野経済研究所は、IaaSおよびSaaSの国内クラウド基盤サービス市場の調査結果を発表した。将来的には、市場規模拡大によって成長率は若干低下するものの比較的高い成長を続け、2023年には1兆6700億円に達すると予測する。(2020/5/29)

2020年の企業IT市場、駆け込み需要で思わぬ好調 ニューノーマルでどう変わるか IDC
IDC Japanは国内のエンタープライズIT市場予測を発表した。2019年の市場規模は、対前年比4.4%増の10兆8190億円。2020年は10兆8357億円の見込み。2019〜2024年の年間平均成長率は3.4%で、2024年の市場規模は12兆7665億円になると予測する。(2020/5/15)

製造ITニュース:
国内IoT市場予測、2024年には12兆6000億規模に
IDC Japanは、国内IoT市場について、産業分野別予測とユースケース別の分析結果を発表した。国内IoT市場のユーザー支出額は、2019年から2024年まで年間平均成長率12.1%で成長し、2024年には12兆6363億円に達すると見込んでいる。(2020/5/11)

製造ITニュース:
サブスクビジネス参入企業は新型コロナに強い、売上高の年平均成長率も18%超に
Zuoraがサブスクリプションビジネスに関する調査結果「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」について説明。サブスクリプションビジネスに参入した企業の売上高の年平均成長率は18.1%に達しており、これはS&P 500に登録されている米国企業の年平均成長率3.7%の約5倍に当たるという。(2020/4/22)

2020〜2025年のCAGRは7.6%:
世界のFPGA市場、2025年に86億米ドル規模へ
FPGA市場は2020年の59億米ドルに対し、2025年は86億米ドルに拡大する見通しだ。年平均成長率(CAGR)は7.6%となる。(2020/4/20)

国内パブリッククラウドサービス市場、2024年までに2倍成長へ その要因は?――IDC予測
IDC Japanによると、国内のパブリッククラウドサービス市場は、従来型ITからの移行やDX基盤としての用途が伸び、高い成長を継続する。2024年まで成長率18.7%で推移し、2024年には2019年比2.4倍の2.6兆円超えに達する見込みだ。(2020/3/19)

ドローン:
2020年のドローン世界市場は1.6兆円、2025年まで年平均8.3%で成長
矢野経済研究所が、世界のドローン市場の調査結果を発表した。2018年のドローン世界市場規模は軍用と民生の両需要を合計すると約1.6兆円で、2020〜2025年の年平均成長率を8.3%と予測している。(2020/3/19)

未来につなぐ中小製造業の在り方:
日本の低い経済成長率の要因は本当に中小企業なのか
日本の中小製造業の生産性は本当に低いのか――。中小製造業の将来像をどう描くのかをテーマに、由紀ホールディングス 代表取締役社長で由紀精密 代表取締役である大坪正人氏が呼び掛け、識者によるパネルディスカッションが行われた。本稿ではその内容をお届けする。(2020/3/10)

新型肺炎の影響:
電子機器成長率、工場停止1カ月ごとに1%減か
現時点で、市場調査会社のアナリストは、コロナウイルスによる影響をどのように見ているのか。インフォ―マインテリジェンス(旧IHS Markitテクノロジー部門)のアナリストである南川明氏に、電子機器市場への影響について尋ねた。(2020/2/25)

海外事例:
三菱地所グループ初、フィリピンの住宅開発計画に着手
三菱地所レジデンスは、東南アジア諸国の中でも高い成長率を誇るフィリピンで、現地デベロッパーとともに再開発を推進している。(2020/2/19)

「IT先行企業は収益成長率が2倍」:
IT活用の先行企業が持つ「5つの特徴」とは何か アクセンチュアが発表
アクセンチュアは、調査レポート「Your Legacy or Your Legend? A CEO’s Guide to Getting the Most Out of New Technologies」で、IT活用の「先行企業」は「出遅れ企業」の2倍の収益成長率を上げているとした。(2020/2/14)

ブロックチェーン市場は年率66%成長 5年後には1000億円市場に ミック経済研究所
2018年度に53億円だったブロックチェーン市場規模は、19年には95億円へと増加。同市場は24年まで、年平均成長率66.4%で成長し、24年には1130億円に達すると予測している。(2020/1/17)

大型イベントによって高まるセキュリティ需要:
2023年まで堅調推移 IDCが国内セキュリティ市場を予測
IDC Japanによると、国内セキュリティ市場は2023年まで堅調推移する見込み。2018〜2023年の年間平均成長率は、セキュリティソフトウェア市場が3.4%、セキュリティサービス市場が4.4%と予測する。(2020/1/7)

テクノロジー活用で企業の収益成長率に2倍以上の差――アクセンチュア調査
テクノロジーを活用していない“出遅れ企業”の損失は雪だるま式に増える予想も。(2019/12/6)

今後も成長しそうな“オタク市場”は? 矢野経済研究所が調査
矢野経済研究所が、2018年度の国内における“オタク市場”を調査。アニメ市場の規模は2900億円、アイドル市場の規模は2400億円と推計され、拡大傾向にあるという。ただ、アイドル市場はグループの解散などで19年度の成長率が鈍化する見込み。(2019/11/25)

データ保護、ガバナンスのニーズ増 2023年の「暗号化/鍵管理」市場は160億円規模に成長へ――IDC調べ
IDC Japanによると、情報保護対策製品の市場成長率は堅調に推移し、2023年には「暗号化/鍵管理」は160億円、「情報漏えい対策」は57億円、「eディスカバリー(電子情報開示)ソフト」は73億円規模に達する見込み。その背景には、DXの推進や世界的な情報セキュリティのニーズの高まりがある。(2019/11/20)

マネージドセキュリティサービスに注目:
2019年の世界セキュリティ関連支出額は10.7ポイント増の1066億ドル IDCが予測
IDC Japanが発表した世界のセキュリティ関連支出額に関する予測によると、2019年の全世界支出額は、対前年比10.7ポイント増の1066億ドル。2019〜2023年までの年間平均成長率は9.4%で、2023年の支出額は1512億ドルの見込み。(2019/11/11)

2023年の国内IT支出額は29兆円規模へ 金融・運輸を中心に平均1.9%増で成長――ガートナー予測
ガートナー ジャパンの予測によると、日本のIT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応などが後押しし、2023年まで年平均1.9%増で推移して29兆円に達する。業種別では、特に金融、運輸での高い成長率が見込まれるという。(2019/11/11)

政府官公庁/地方自治体の成長率はマイナス:
2023年国内IT支出は年平均1.9%増の29兆円 ガートナーが予測を発表
ガートナー ジャパンの、国内のIT支出に関する予測によると、2018年から2023年までの年平均成長率は全体で1.9%。2023年の支出額は約29兆円。年平均成長率が最も高い業種は金融で2.4%増と予測する。(2019/11/8)

2018年の国内RPAソフトウェア市場動向、市場規模は前年比成長率113.5%
IDC Japanが発表した国内RPAソフトウェア市場の動向によると、2018年の市場規模は、前年比成長率113.5%の155億600万円。(2019/10/8)

DXが追い風になり基幹システムへの投資が増:
ERPパッケージ市場は2021年にかけて成長率3%前後で堅調推移 矢野経済研究所
矢野経済研究所が発表した国内のERPパッケージライセンス市場に関する調査結果によると、2018年のERPパッケージライセンス市場は対前年比4.4ポイント増の1123億7000万円。2019年は、対前年比3.7ポイント増の1165億2000万円の見込み。(2019/9/25)

年間平均成長率5.1%で2023年度は121億円に:
「Windows 7の延長サポート終了」が国内PC資産管理市場をけん引――ITR予測
ITRが発表した国内PC資産管理市場規模の予測によると、2018年度の市場規模は、対前年度比6.8%増の94億円。2018〜2023年度の年間平均成長率は5.1%で、2023年度の市場規模は121億円の見込みだ。(2019/9/13)

2023年の支出額は約159億ドル:
2019年のブロックチェーン支出額、対前年比80%増の27億ドル IDC予測
IDC Japanが発表した世界のブロックチェーンソリューションに対する支出額の予測によると、2018〜2023年の年間平均成長率は60.2%で、2023年の支出額は約159億ドルの見込み。銀行業の支出額が最も大きい。(2019/9/9)

企業の差別化戦略を支える「カスタマーエクスペリエンス(CX)」市場は堅調に拡大 2022年に6410億ドル規模に――IDC予測
IDC Japanによると、企業にとって重要な差別化要因となる「カスタマーエクスペリエンス(CX)」へのIT投資は、世界9カ国を対象にした調査結果から、2022年まで年成長率8.2%で拡大し、2022年には6410億ドルに達する見通しであることが分かった。(2019/9/4)

「Windows Server 2003のような混乱はない」:
WindowsとLinuxの高成長続く IDCがサーバOSの市場予測を発表
IDC Japanが発表した、サーバ向けOSの国内市場予測によると、2019年の成長率は6.2%。Windowsは「Windows Server 2008」のサポート終了に伴う特需で、2019年は対前年比8.8ポイント増の見込み。Linuxは引き続き2桁成長が続く。(2019/8/7)

Yoleが市場予測:
SiCパワー半導体市場、2024年までに20億米ドルに成長
フランスの市場調査会社Yole Développement(以下、Yole)は、2019年7月、SiC(炭化ケイ素)パワー半導体市場が2024年までに20億米ドルに達する、という予測を発表した。Yoleはさらに、同市場が「2018年から2024年の間、年平均成長率29%で成長する」としている。(2019/7/31)

製造ITニュース:
国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場、2023年に5兆円超
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測を発表した。2018年の市場規模は1兆4647億円、2018〜2023年の年間平均成長率は28.4%で、2023年には5兆1025億円に到達する見込みだ。(2019/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。