ニュース
» 2011年12月05日 16時24分 UPDATE

富士通、解析シミュレーションのクラウドサービスを発売

実行用の計算環境を提供するメニューや業務を支援するメニューなどを提供する。

[ITmedia]

 富士通は12月5日、解析シミュレーションのクラウドサービス「TCクラウド」の提供を開始した。解析シミュレーション実行用の計算環境を提供する「解析プラットフォーム・サービス・スタンダードクラス」と「同ハイパフォーマンスクラス」、解析シミュレーションの業務を支援する「解析ヘルプデスク」のメニューを発売した。

 解析プラットフォーム・サービス・スタンダードクラスは、1ノード当たり8CPUコア(Intel Xeon 2〜3GHz)を持つ計算リソースを、最小構成1ノード、利用期間1カ月から利用できる。最短では1週間、1ノード単位で増設できる。32並列程度までの中規模の並列計算に適したメニューという。また、同ハイパフォーマンスクラスは、HPC環境をクラウドサービスとして提供。HPC環境を持たない企業や組織でも大規模な解析を高速処理できるようになるという。

 解析ヘルプデスクは問題解決型の支援サービスで、受託解析や教育の実施、ソフトウェアの導入や運用の支援などを手掛ける。解析プラットフォーム・サービスでは同社が販売する解析アプリケーションソフトウェアが利用でき、ISVが提供するソフトウェアも共同で動作検証を進めている。

販売会社 解析分野 ソフトウェア名称
富士通 非線形構造解析 LS-DYNA
板成形加工解析 eta/DYNA FORM
電磁波解析 Poynting
計算化学 SCIGRESS
アンシス・ジャパン/サイバネットシステム 構造伝熱解析 ANSYS Mechanical
熱流体解析 ANSYS FLUENT
熱流体解析 ANSYS CFX
CDaES(CD-adapco) 熱流体解析 STAR-CCM+
ソフトウェアクレイドル 熱流体解析 STREAM
熱流体解析 SCRYU/Tetra
日本イーエスアイ 動的機構応力解析 VPS(PAM-MEDYSA など)
プレス成形解析 PAM-STAMP2G
利用可能および動作検証中のソフトウェア

関連キーワード

富士通 | クラウドサービス | 流体科学


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -