ニュース
» 2012年01月16日 12時24分 公開

NEC、標的型攻撃検査サービスを開始

標的型攻撃による被害の有無を確認するための診断サービスを提供する。

[ITmedia]

 NECは1月16日、「標的型攻撃検査サービス」の提供を開始した。標的型攻撃による被害の有無を確認する。

 新サービスでは標的型攻撃を受ける可能性がある端末やサーバを診断対象装置として指定し、装置のHDD全てを「高感度エンジン」やマルウェアの情報を集めた独自のマルウェアデータベースを活用して分析。標的型攻撃の有無の状況を可視化し、受けた攻撃への対処や情報の抜き取りへの対策を支援するという。

 提供価格は100台のPCやサーバを検査対象とする場合で330万円(疑わしいファイルに対する検体判定30ファイル分を含む)を予定。

関連キーワード

スピア型攻撃 | NEC(日本電気) | 診断


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -