ニュース
» 2012年02月21日 12時16分 UPDATE

データセンターの7割強が関東に、地方分散も徐々に進む見込み

IDC Japanは、国内データセンターアウトソーシング市場の地域別予測を発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは2月21日、国内データセンターの地域別アウトソーシング市場の予測を発表した。関東地方にあるデータセンターの2011年シェアは72.3%(金額ベースで4582億円)に達し、東京23区内で34.5%を占めることが分かった。

 調査はサーバの設置場所を企業などに貸し出す「コロケーション」市場を対象に実施。関東地方には大規模データセンターが集中し、特に23区内ではサイト運営やネット通販などの企業の本社が数多く、これらの企業が自社の近くデータセンターのサーバルームを大規模利用していることが背景にあるとしている。

 IDCによれば、2011年3月の東日本大震災を契機に、首都圏以外のデータセンターを利用することへの関心が高まったが、依然として大規模データセンターの新設は首都圏に集中。2012年〜2013年には23区の外側での大規模データセンターの新設が相次ぐため、同エリアのシェアが拡大するとみる。関東地方のデータセンターの市場規模は、2015年まで年間平均成長4.6%で拡大すると予測する。

 なお、北海道や中国、九州などでもデータセンターを拡張する動きが始まっており、今後は地方型センターの利用拡大も見込まれるという。

idc0221.jpg 国内コロケーション市場 データセンター所在地別 売上額予測:2010年〜2015年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

データセンター | IDC | コロケーション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -