ニュース
» 2012年02月27日 08時03分 UPDATE

Windows Phone、第4四半期の出荷は270万台 トップは90万台のNokia

10〜12月期のWindows Phone全体の出荷台数は270万台で、11月に参入したNokiaがシェアトップに立った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社Strategy Analyticsは2月24日(現地時間)、米Microsoftのスマートフォン「Windows Phone」の2011年第4四半期(10〜12月)の出荷台数についての調査結果を発表した。11月に欧州で初のWindows Phoneを発売したフィンランドのNokiaが、90万台出荷してシェアトップになった。

 同四半期のWindows Phone全体の出荷台数は、270万台。米Appleの同四半期の販売台数3700万台とは比べると非常に少ないとはいえ、前期比で36%増と着実に伸びてはいる。

 Nokiaのシェアは33%で、前期にトップだった台湾HTCを抜いた。Strategy Analyticsはプレスリリースでは他のメーカー別出荷台数を表示していないが、Nokia以外のメーカー全体の出荷台数は前期の200万台から180万台に減っている。

 Strategy Analyticsは、Nokiaはまだ困難を乗り越えたとは言えず、業績回復の道のりは長いが、Microsoftのスマートフォンエコシステムでトップに立ったことは、同社にとってわずかではあっても明るい兆しだという。

 米Gartnerが15日に発表した世界のOS別スマートフォン販売シェアでは、Microsoft(Windows MobileとWindows Phone)のシェアは1.9%で6位だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -