ニュース
» 2012年02月29日 15時05分 UPDATE

HDFSをサポートしたスケールアウトNAS製品を発表 EMCジャパン

企業のビッグデータ活用を支援すべく、EMCジャパンはHDFSをサポートしたスケールアウトNAS「Isilon」の提供を開始した。

[ITmedia]

 EMCジャパンは2月29日、HDFS(Hadoop Distributed File System)をOSレベルで統合した、スケールアウトNAS(Network Attached Storage)システム「EMC Isilon」を提供開始した。エンタープライズ環境でのHadoop活用を促進させ、企業のビッグデータ分析を支援していく。

 HDFSのサポートは、最新OS「OneFS 6.5」を搭載したIsilonが対象となる。HDFSとは、大規模なファイルを効率的かつ安全に保存するための分散ファイルシステムで、ファイルシステムのメタデータを管理するネームノードと、データを保持するデータノードという2つのサーバで構成される。HDFSをサポートしたIsilonによって、ユーザーはHadoopの分析処理に必要なデータ領域を計算ノードと分離してスケールアウトNASに集約し、エンタープライズクラスの拡張性や可用性、データ保護(スナップショット、レプリケーション、バックアップ)を備えたHadoop向けストレージ環境を構築できるという。加えて、Isilonが実装するNFS、CIFS、FTP、HTTPといった標準プロトコルによって、蓄積される分析対象データへのアクセスを共有ストレージとして可能にし、システムの複雑さを解消する。

IsilonによるHadoop環境(出典:EMCジャパン) IsilonによるHadoop環境(出典:EMCジャパン)

 サーバに直接接続するディスク(DAS)を使って分析処理するApacheベースのHadoopでは、システムの可用性とデータ増加に応じた拡張性が乏しいほか、スナップショットやバックアップの機能がないなど、エンタープライズ環境での導入を阻むさまざまな課題があった。

 今後EMCでは、IsilonとHadoopディストリビューション「Greenplum HD」との連携を進め、非構造化データの分析ソリューションを強化していく。

関連キーワード

Apache Hadoop | EMC | NAS | スケールアウト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -