ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スケールアウト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スケールアウト」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
Armがサーバ向けプロセッサコア「Neoverse」の第3世代品を投入、シェアも急拡大
Armがクラウド/サーバ向けプロセッサコア「Neoverse」の第3世代プロダクトを発表。また、Neoverseを採用したIC設計のコストとリスクを低減し市場投入期間を短縮するためのサブシステムIP「Arm Neoverse Compute Subsystems(CSS)」の適用範囲を拡大する。(2024/2/22)

庵野氏がSlackフル活用、Confluenceには100GBの設定資料――「シン・エヴァ」制作支えたITシステム
「自社内にシステム部があるアニメ制作会社は2017年当時、珍しい方だと感じていました」――庵野秀明氏が率いるカラーは、IT化で制作効率を高めている映像スタジオの一つだ。(2024/2/14)

YugabyteDBを検証した7社の参加者とディスカッションも:
データベース移行をどう支援する? 今後のロードマップは? Yugabyte創業者がラウンドテーブルで語ったこと
「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は、Yugabyteの共同創業者で製品開発を担当しているKannan Muthukkaruppan氏に話を伺いました。(2024/2/8)

クラウドでのシステム構築を成功させるには【後編】
クラウドネイティブな「ローコード開発」とは? リフト&シフトは駄目なのか?
クラウドアプリ開発を成功に導くためには、「クラウドネイティブ」の原則を実践することが効果的だ。押さえるべきポイントを紹介する。(2024/1/9)

「死亡交通事故ゼロ」を目指すSUBARU Lab:
PR:SUBARUの挑戦を支える、「AI開発を止めないストレージ」とは
「死亡交通事故ゼロ」を実現するため、技術開発を進めるSUBARU。従来の画像認識から進化するため、AI技術の導入を考える同社の前に立ちはだかった壁とは。(2024/2/2)

「VMware Explore 2023 Tokyo」開催:
PR:日本総合研究所とNECが語る、「AI」「マルチクラウド」活用の今
VMwareの年次イベント「VMware Explore 2023 Tokyo」が2023年11月14〜15日に開催された。基調講演に登壇した日本総合研究所の真壁 崇氏と日本電気の小玉 浩氏が、AIやマルチクラウドにどう取り組み、成果を挙げているのか紹介した。(2023/12/27)

CIO Dive:
なぜクラウド変革の半数は「悲惨な結果」に終わるのか?
調査によると、クラウドに対する企業の熱意とは裏腹に、クラウドネイティブの変革の半分は悲惨な失敗に終わっているという。その要因についてリサーチャーたちが語った。(2023/12/7)

「ストレージはより重要な役割を担う」:
PR:サステナブルな社会を支えるストレージとは?
イノベーションの創出、セキュリティ、地球環境への配慮――激しく変化するビジネス環境において企業に求められるものは増えている。着実に、それでいて発展性のある取り組みを進めるために必要なのはどのようなICTインフラか。(2023/12/7)

「Dockerは枯れた技術になりつつある」:
クラウドネイティブをけん引してきた「Docker」10周年 前佛氏が「コンテナの価値を実感するのにちょうど良いタイミング」と断言する理由
多くの企業でITインフラやシステム開発の在り方を見直す機運が高まりつつある。急速に変化するビジネス環境に対応するためには「クラウドネイティブ」の取り組みも欠かせない。さくらインターネットの前佛雅人氏は、2023年に10周年を迎えたDockerの歩みを振り返りながら、コンテナ技術が重要な理由や、開発や運用においてDockerコンテナを利用する際のポイントを解説した。(2023/11/28)

運用管理製品の見直しで直面する4つの課題とは:
PR:「AIドリブンな運用」で運用業務はどう変わる? オンデマンドで探るIT運用の悩み、解決の糸口
ビジネスとITが一体化し、運用管理に求められる要件は複雑化が進んでいる。こうした中、最近注目を集めている生成AIを運用管理製品に組み込む動きがある。生成AIを活用すると運用業務はどう変わるのか。IT運用の悩みをどう解決に導くのか。(2023/11/13)

非構造化データに対応:
IBM、データおよびAI向けストレージの新製品「IBM Storage Scale System 6000」を発表
IBMは、「IBM Storage Scale System 6000」を発表した。今日のデータ集約型およびAIワークロードの需要に対応するよう設計されたクラウドスケールのグローバルデータプラットフォームだとしている。(2023/11/8)

AWS活用で「PCI DSS 4.0」に準拠 6つの観点でクラウドセキュリティを解説:
決済サービスだからこそクラウドをフル活用――PAY.JPがクラウドネイティブを推進する理由
オンライン決済サービス「PAY.JP」では、システム基盤の見直しやPCI DSS準拠といった取り組みを継続的に進め、高いセキュリティ水準の維持に取り組んできた。PAYで代表取締役CEOの高野兼一氏が、クラウドネイティブな取り組みをどう進めているのか、解説した。(2023/11/2)

「最高の開発者体験」の実現に向けて:
PR:Spring Boot 2系のOSS版サポート終了を、モダンなアプリ開発環境を手に入れる“絶好のチャンス”とするための選択肢とは
JavaとSpring Bootの進化は止まらない。Spring Boot 2系のOSS版サポート終了を、モダンなアプリケーション開発・運用を加速する“絶好のチャンス”として生かすにはどうすればよいのか。その決断をするのは今だ。(2023/10/24)

福岡から世界へ! サポートエンジニアの経験を通じて「Oracle ACE」になるまで:
オープンソースのDBとかNewSQLのこと、どう思う? Oracle ACEの渡部氏が気になるポイントとは
「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は、Oracle ACEとして活躍するコーソルの渡部亮太氏に、これまでのキャリアや、NewSQLなど、最近注目のデータベース技術について話を伺いました。(2023/10/19)

IT部門と現場のサイロ化を解消:
PR:製造業のIT・現場の両部門によるデータ活用に活路 “堅牢性”と“俊敏性”が両立するデータ基盤を構築せよ
製造現場のデータ活用を推進するにはサイロ化したシステムを解消し、IT部門と現場のデータを統合する必要がある。これを実現する理想のデータ基盤の在り方を有識者の対談から探る。(2023/9/20)

開発者や管理者向けの機能も多数改善:
オープンソースRDBの最新版「PostgreSQL 16」リリース クエリの並列処理など大幅に改善
オープンソースリレーショナルデータベースの最新バージョン「PostgreSQL 16」がリリースされた。(2023/9/21)

Google、AWS Nitro対抗のクラウド基盤システム「Google Titanium」投入
米Google Cloudが、同社専用に開発したカスタムチップやソフトウェアなどにより構成されるクラウド基盤システム「Titanium」の投入を、発表した。(2023/9/8)

事業部門とIT部門の協力が不可欠:
PR:本当に進んでいる? 調査から見えてきた「データ活用」の今
「DXを成功に導くにはデータの整備、活用が不可欠」といわれるようになり、はや数年。企業はどのような業務に活用しているのか? DXのように価値創出につなげているケースは多いのか? 200人が回答した調査結果を、有識者と分析した。(2023/9/11)

ハイブリッドクラウドへの移行で生じる組織課題とは:
PR:13年運用した大規模インフラのリプレースを決断したZOZOTOWN、SREとデータがビジネスと開発のコミュニケーションハブになれた理由
Splunk Services Japanは2023年7月11日、都内で「Splunk Experience Day 2023 〜DXを阻害するリスクへの対応力 デジタルレジリエンスが変革するシンIT戦略」を開催した。基調講演と、事例講演「ZOZOTOWNにおけるIT運用とSplunkの活用について」の模様をレポートする。(2023/8/14)

NVIDIA、生成AI向け“スーパーチップ”「GH200 Grace Hopper」を2024年に発売
NVIDIAは、「H100」の3倍のメモリ容量を搭載する生成AI向け“スーパーチップ”「GH200 Grace Hopper」を発表した。ジェンセン・ファンCEOは「LLMの推論コストは大幅に低下する」と語った。(2023/8/9)

光伝送技術を知る(22) 光伝送技術の新しい潮流と動向(3):
CXL/UCIeから考える光インターコネクト技術
「ChatGPT」などのAI技術に後押しされ、データセンターは拡張の一途をたどるとされている。その際、光技術はどうあるべきなのか。今回は、チップレット間のインターコネクト技術である「CXL」や「UCIe」に着目し、ここから求められるであろう光インターコネクトの姿を探る。(2023/8/7)

分散サーバのデータ活用に向けて:
企業内に分散するデータの統合、活用やAIでの利用支援でNECとIBMが協業
IBMのSDSをNECのサーバ、ストレージ製品群と組み合わせて、オンプレミス/クラウドに分散するデータを仮想統合し、企業のデータ活用やAI活用につなげる。(2023/7/10)

分散クラウドのアーキテクチャと開発・運用体制の考え方:
企業が検討すべき“分散クラウドにおけるプラットフォームアーキテクチャ”
分散クラウドへの注目が高まっている。本稿は分散クラウドのメリットや導入後の注意点などを紹介する。(2023/7/7)

「ヨタバイト時代」も見据え:
次世代データセンターで期待される光電融合技術
データ消費量が増加の一途をたどるデータセンターでは、次世代の技術として、光電融合技術への注目度が高まっている。(2023/6/26)

オンプレでもクラウドでもマルチクラウドでも:
PR:悩ましい“中小企業とクラウドの関係”  VMware vSphereユーザーが選ぶべき選択肢は?
クラウド移行が進む大企業の陰で、中小企業は課題に直面している。その背景にはシステム部門の人材不足やデジタルトランスフォーメーション(DX)に関するナレッジ不足などがある。専任人材の採用も難しい状況だが、中小企業の「DXで経営スピードを上げたい」という思いは強まっている。この課題を解決するには「自社に合った処方箋」が必要だ。そしてそれは既に活用しているテクノロジーの延長線上にあるかもしれない。(2023/6/20)

Kubernetesのストレージ活用における課題を解決:
Microsoft、コンテナストレージサービス「Azure Container Storage」のパブリックプレビューを公開
Microsoftはコンテナストレージサービス「Azure Container Storage」のパブリックプレビューを公開した。Kubernetesのストレージ活用における課題を解決するという。(2023/6/13)

キャパシティーとスケール戦略の全貌:
なぜABEMAは「サッカーW杯」を安定配信できた? 担当者が明かすリアーキテクチャ、サービスメッシュ導入とは
ABEMAの配信プラットフォームはAmazon Web ServicesとGoogle Cloudの特徴をそれぞれ生かしたクラウドネイティブなアーキテクチャで構成されている。2022年に開催された「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の配信に当たって、安定配信を実現するためリアーキテクチャに取り組んだという。どのような取り組みだったのか。(2023/6/2)

最先端の映像制作で膨大なデータを管理、保護するストレージ基盤とは:
PR:1つの案件で9000万ファイル超えも――白組は膨大なデータをどう管理、保護しているのか
さまざまなビッグタイトルを手掛ける映像制作会社、白組。同社は取り扱うデータ量の増加に悩んでいた。容量が大きいだけの「ファイルストレージサーバ」でもデータは保存できるが、パフォーマンスが低ければハイクオリティーな映像制作を実現できない。白組はどのようにこの課題を解決したのか。(2023/6/20)

多様な環境で動作するITシステムをどう統合管理する?:
PR:今すぐオンデマンドで確認 「クラウド、DX時代のIT運用管理に必要なもの」とは
クラウド、DX時代におけるIT運用管理には何が求められるのか。そのヒントを与えてくれるイベント「Hinemos Solution Seminar 2023」が開催された。イベントの内容はオンデマンドで配信中だ。(2023/5/8)

JPXがAWSでプロジェクトを成功に導く 金融業界におけるハイパースケーラーの勝負はAWSが一歩リードか
クラウド活用が進む金融業界はクラウドベンダー各社にとっては落とせない業界の一つだ。本稿はAWSの取り組みとJPXの事例を紹介する。(2023/3/23)

膨大なデータを生かすためには「ストレージの垣根をなくす」ことが重要:
PR:DXの推進で避けては通れない「データ管理」に求められる4つの要件
日々の業務や意思決定など企業活動と密接に関わっているデータ。DXやデジタル化の推進に伴い、多くの企業で扱うデータ量が増加の一途をたどっている。今後のストレージ戦略において、何を重視すればいいのか、どのような管理が有効なのか。デル・テクノロジーズに聞いた。(2023/3/29)

より迅速かつ柔軟にインテリジェントアプリを構築:
「Azure AI」のオープンソース技術を活用したアプリ構築は何がすごい? データサイエンスタスクをより簡単に構築
Microsoftはデジタルイベント「Azure Open Source Day」で、Microsoft AzureのAIサービスポートフォリオ「Azure AI」で提供される最新のオープンソース技術を使用して、より迅速かつ柔軟にインテリジェントアプリを構築する方法を紹介した。(2023/3/13)

日鉄ソリューションズがNutanixでDaaSサービスを効率化
日鉄ソリューションズがNutanixを採用した。サービス拡大の中で抱えていた課題を解決するためだというが、その課題と選定理由は何だったのか。(2023/3/1)

時代は「統合」から「分離」へ:
PR:マイクロサービス化による「DB分割」で開発、運用が難しくなるこれだけの理由
ビジネス環境や技術の激しい変化に追従するため「マイクロサービス」に注目が集まっている。だが有識者によると「システムの機能を小さなサービスで切り出すだけではデータベースの面で複雑さが増し、管理が難しくなる」という。(2023/2/21)

MicrosoftがAzure OpenAI Serviceの一般提供を開始 ChatGPT含め複数のAIモデルが利用可能に
Microsoftは「Azure OpenAI Service」の一般提供を開始した。同社にとってもマイルストーンとなる発表であり、今後のサービス展開が注目される。(2023/1/19)

DXに悩むITマネジャーにささげる! クラウドネイティブ講座(4):
「窮屈」で「制約の多い」コンテナは、なぜクラウドネイティブで使われるのか
必ずしも「コンテナ=クラウドネイティブ」ではありません。しかも、コンテナを使い始めた人からは、「窮屈」「成約が多い」という声も多く聞かれます。それでもコンテナが広く使われているのは、なぜなのでしょうか?(2023/1/19)

トップインタビュー2023:
ミッションクリティカルなITシステムのクラウド化が進む2023年 OCIの採用がさらに加速する
クラウドベンダーとして注目を集めてるOracle。第4のプレイヤーとしてその名が挙がることも多いが、一体何が優れているのか。「Oracleは第2世代」と話す日本オラクルの三澤智光氏に、Oracleの強みと第1世代との決定的な違いを聞いた。(2023/1/11)

PR:PCサーバ“爆速”化 DellマシンにNECのスパコンエンジンを挿す
(2023/1/5)

ITワード365:
【クイズ】「Amazon.comが運営する完全無人のデジタル店舗……」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2022/12/22)

VMに最適なCPUの選び方【第4回】
仮想マシン(VM)を快適にするIntel、AMD、IBMのCPUはどれだ?
主要CPUベンダーのIntelとAMD、IBM。各社のCPUのうち、仮想マシン(VM)の利用に適した製品はどれなのか。各社の主要製品を説明する。(2022/12/6)

AWSチートシート:
円安時代に再考するAWSコスト節約術(コンピュートリソース編:「EC2」「ECS」「Lambda」)
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回はコンピュート系のサービスに焦点を当てて、コストを最適化するポイントを紹介します。(2022/11/25)

ITワード365:
【クイズITワード365】「Dockerなどのコンテナの運用管理と自動化を実現するためのオープンソースソフトウェア」という意味のIT用語は?
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2022/11/10)

新連載:IT経営者の本棚・愛読書:
IT経営者の愛読書をのぞき見 タクシーアプリ「GO」のMoT経営陣は何を読む?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、タクシー配車アプリ「GO」などを手掛けるMobility Technologies経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2022/11/7)

Inside-Out:
クラウド大普及時代を支えるデータセンター最新事情
普段、意識することはないものの、情報化社会の縁の下の力持ちで、IT革命の陰の立役者ともいえるデータセンター。本稿では、大規模でありながら高い省エネ性能を誇る「ハイパースケールデータセンター」や 脱炭素社会の実現に向けて IIJが注力している「カーボンニュートラルデータセンターリファレンスモデル」など、変貌しながら進化し続けるデータセンターの現在の状況を解説する。(2022/10/7)

Apache APISIXで評価:
「AWS」「Azure」「GCP」のArmサーバを徹底テスト、その納得の勝者は?
オープンソースAPIゲートウェイ「Apache APISIX」の開発チームは、Amazon Web ServicesとMicrosoft Azure、Google Cloud Platformの処理性能と価格性能比を調べた。狙ったのはArmベースサーバの優劣を見極めることであり、APISIXを使って比較テストを実行した。(2022/9/27)

企業のDX実現にも運用DXが寄与する:
PR:「Excelと手作業で運用」や「属人化」をどう改善するか――「運用DX」の現実解
システムがオンプレミスからクラウド中心になると、迅速なITリソースの確保ができるようになる。その一方でシステムは複雑化し、セキュリティやガバナンス対応などの運用業務も日々高度化していく。2022年8月に@ITが主催したセミナーに登壇したNTTデータ先端技術の大上貴充氏は「運用DX」の重要性と、実現のための具体的なアプローチを紹介した。(2022/9/29)

組み込み開発ニュース:
アームが「Neoverse」のロードマップ刷新、NVIDIA「Grace」採用の「V2」を発表
アームは、クラウドやサーバなど向けのプロセッサコア「Neoverse(ネオバース)」のロードマップに追加した新たなプロダクトについて説明した。(2022/9/20)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
夢物語から実現に近づいてきた光インターコネクト
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は8月に開催されたイベントで語られた光インターコネクト関係の話にフォーカスする。(2022/9/16)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(5):
サーバ公開で利用するネットワーク機能――「Amazon Route 53」設定の基本
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。今回は、サーバ公開で利用するネットワーク機能について解説し、DNSのサービスの「Amazon Route 53」の設定を通して、名前解決を行う方法を示す。(2022/9/13)

FinOpsの基本と実践(3):
FinOpsの方程式に即して考えるクラウドコスト最適化と運用体制のヒント
「クラウドのコスト増加をどうにか抑えられないだろうか」――。そんな悩みを解決するのがFinOpsです。FinOpsの基本を踏まえた上で、コスト削減には具体的にどのような方法があるのでしょうか。連載第3回となる今回は、「FinOpsの実践」について解説します。(2022/8/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。