ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スケールアウト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スケールアウト」に関する情報が集まったページです。

効率的な情報資産管理で、DXをバランスよく推進:
PR:データ資産の保護は万全ですか? クラウド時代に成功する、3つのポイント
企業のクラウドサービス利用は大幅に促進したが、「万全なデータ保護ができていない」という以前からの課題は一層深刻化している。企業が効率的にデータを保護し、「DXギャップ」を埋めるためにはどうすればよいのだろうか。(2021/4/5)

データ活用とDXを推進する次世代ストレージ
増え続けるデータの保管・分析を成功に導く「階層型ストレージ」構築方法
データの増加に伴うストレージの拡張や、効果的なデータ分析へのニーズは、企業の悩みの種だ。DXを促進し、データにまつわるさまざまな運用・管理の手間を簡略化し得る「ハイブリッドなデータインフラ」とはどのようなものか。(2021/4/5)

非データサイエンティスト向け機能を強化 オラクルのデータウェアハウス製品がアップデート
オラクルは、クラウド型データウェアハウス「Oracle Autonomous Data Warehouse」の機能を拡充した。企業のデータ解析に向けて、データウェアハウスやデータレイクなどのさまざまなデータソースからデータを取り込み、変換し、保管し、管理するための単一のデータプラットフォームを提供する。(2021/3/19)

大規模なAI処理を仮想化 NVIDIAがVMwareと協業で「NVIDIA AI Enterprise」発表
NVIDIAは「NVIDIA AI Enterprise」を発表した。1つのGPUを最大7つのインスタンスに分割し、複数の仮想マシンで稼働するAIアプリケーションで同時に利用可能にする。vSphere上でAIアプリケーションがスケールアウト可能になる。(2021/3/11)

PR:「PPAP問題」の本質とは? 業務改善のプロに聞く、企業の生存戦略に必要なもの
(2021/3/15)

Slack、1月の障害の原因を説明 「AWS Transit Gateway」がトラフィックの急上昇に対応できず
Slackが、日本時間1月4日から5日かけて発生した大規模障害の原因について、AWSのネットワーク基盤の一部が飽和していたと説明した。スケーリングが適切に行われなかったため、AWSのエンジニアが手動でキャパシティーを増やした。(2021/2/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(93):
Windows 10におけるレガシーSMBプロトコルに関する重要な変更とSMB v3新機能まとめ
Windows 10およびWindows Server 2016以降、レガシーなSMB(SMB v1やSMB v2)の扱いについて、既定の動作に幾つか重要な変更が行われています。Windows 10やWindows Server 2016以降への移行時、または機能更新プログラムによる新バージョンへのアップグレードのタイミングで、以前のWindowsネットワークになかった挙動に遭遇した場合は、変更点を確認してみてください。(2021/2/4)

Gartner Insights Pickup(193):
今すぐクラウドに移行すべき7つのワークロード
リモートワークの急増に伴い、在宅勤務環境の整備や事業継続の維持、ビジネスレジリエンス(回復力)の構築という観点から、クラウドサービスが注目されている。(2021/2/5)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
黄昏の時期に入ったx86
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年を通して振り返ってみて感じた「x86」への筆者の見解をお届けする。(2021/1/18)

国内でもいよいよProject APEXサービス本格化へ、デル サーバ部門は選択肢の多様化と利便性の両立を目指す
as a Service型の製品提供を推進すと表明したデル。日本でも選択肢の多様化や顧客の財務モデルの変化に対応した販売体制を強化する。(2020/12/21)

Twitter、「タイムライン」機能の基盤にAWSのクラウド採用
Twitterが、タイムライン機能のシステム基盤にAWSのクラウドを採用。Twitterがタイムラインの処理にパブリッククラウドを使用するのは初。契約は複数年にわたるという。(2020/12/17)

減らないバージョン管理や診断ログ収集の手間
「HCIを入れたのに楽にならない」はなぜ起こる? 運用負荷削減に必要な機能は
運用管理負担の軽減を見込んでHCIを採用する動きが広がっているが、導入後に思ったほどの効果が出ないケースはよくある。ハードウェアの交換や追加など、オンプレミスならではの運用工程を省力化するためには、どんな製品が最適か。(2021/1/7)

「Alexa、今日の売り上げは?」でダッシュボード表示も可能に AWSが3つのデータ分析サービスを発表
AWSは「AQUA(Advanced Query Accelerator) for Amazon Redshift」「AWS Glue Elastic Views」「Amazon QuickSight Q」という3つの新たなデータ分析サービスを発表した。(2020/12/10)

Arm最新動向報告(11):
IntelとAMDを超えたArmのサーバ向けプロセッサ、実はソフトバンクのおかげ?
Armが開催した年次イベント「Arm DevSummit 2020」の発表内容をピックアップする形で同社の最新動向について報告する本連載。今回は、「Neoverseシリーズ」をはじめとするサーバ向けプロセッサの新展開や、「Cortex-Aシリーズ」関連の新IPなどについて紹介する。(2020/12/3)

取扱額8兆円! 「独身の日」セールでアクセス急増、Alibabaが取り組む“サイトが落ちない”工夫とは?
中国で毎年恒例の「独身の日」セール。毎年すさまじい規模のアクセスや売り上げがあるが、大手のAlibaba Groupは、自社の「Alibaba Cloud」などを活用してトラフィックを効率よくさばいている。AIやロボットを活用した取り組みも進めている。(2020/12/2)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(1):
これからの企業ネットワークはどうなる?――Windows Serverとネットワーク仮想化技術の現在と未来
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第1弾は、「Windows Serverとネットワーク仮想化技術」を深掘りする。(2020/11/16)

HCIによる「VDI」設計のポイント【中編】
VDI設計時に忘れてはいけない「3種のテレワーカー」とは?
在宅勤務などのテレワークのために「VDI」を設計する際は、適切なインフラ選びだけではなく、テレワークを実施する従業員の業務特性を踏まえることも欠かせない。どのようなテレワーカーを想定すべきなのか。(2020/10/23)

もうIT担当者を疲弊させない:
PR:大規模データベースのバックアップにも、ランサムウェア対策にも有効な、データマネジメント基盤とは
業務データはデータセンター内のシステムだけでなく、クラウドや各地拠点といった、さまざまな環境で管理されていることが少なくない。サイロ化したデータを確実にバックアップしつつ、それらのデータを有効活用するにはどうすべきか。(2020/10/29)

「AWS」「Azure」「GCP」を安く使う方法【後編】
「Azure」や「GCP」が安くなる主な割引プログラムとは?
クラウドサービスを利用する場合、リソースの利用を確約したり、制限を受け入れたりすることで料金の割引が受けられることがある。「Microsoft Azure」と「Google Cloud Platform」の割引プログラムを紹介する。(2020/10/20)

今までのストレージ階層化は失敗?
使用頻度ではなくファイルサイズによるストレージ階層化の是非
Panasasがファイルサイズに基づくストレージ階層化を打ち出した。小さいサイズをSSD、大きいファイルをHDDに配置する方がパフォーマンスがいいという。使用頻度による階層化は過去のものになるのだろうか。(2020/10/9)

コンテナ化は銀の弾!?:
PR:業務システムを無理なくモダナイズ、「Red Hat OpenShift Container Platform」とNECの「WebOTX」のタッグでできること
コンテナ技術は企業のDXやアプリケーションのモダナイゼーションで欠かせない。ただし、企業においては既存資産を有効活用することも重要だ。NECのアプリケーション実行基盤「WebOTX」は、レッドハットの「Red Hat OpenShift Container Platform」とのタッグで、無理のないモダナイゼーションに役立つ強力な援軍となる。(2020/10/5)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング事例
スケールアウトNAS導入後3年の企業は、ファイルサーバの運用をどう変えたのか
年間2000〜3000件のプロジェクト資料をファイルサーバで管理している三菱UFJリサーチ&コンサルティング。以前はバックアップやパフォーマンス、運用管理などに課題を抱えていたという。同社が課題を解決できた理由とは何か。(2020/9/14)

オールフラッシュの高速処理基盤を気軽に導入:
PR:AI開発や金融機関をはじめニーズが拡大している中小規模のオールフラッシュとは?
「大容量で高速、ハイエンド向けで高価」だったオールフラッシュ。新たに登場した中小規模向けのオールフラッシュは、高処理性能はそのままに低価格を実現する。その詳細とは。(2020/7/31)

国内クライアント仮想化市場、2019年はプラス成長、2020年は「ゼロトラスト」との融合が課題――IDC調べ
IDC Japanによると、2019年の国内クライアント仮想化市場は、「働き方改革」「Windows 10への移行」などが契機の更新案件を中心に堅調な伸びを示した。2020年は、「新しい生活様式」に向けたゼロトラストモデルとの融合が期待されるという。(2020/7/10)

緊急特集 デジタル変革の旗手たち――テレワーク対応編:
変わらないと、LIXIL 2万人超えのテレワーク支援を内製エンジニアでやりきる――LIXIL IT部門 基幹システム統括部 統括部長 岩崎 磨氏
テレワークの実現に向けさまざまな技術やサービスを活用したが、かねてよりいつでもどこでも働ける制度とシステムを整えてきたからこそ、短期間で一気に移行できた。(2020/6/8)

「Commvault」と「Veeam」を徹底比較【前編】
「Commvault」と「Veeam」とは? 2大バックアップ製品の長所と短所
データの損失は事業継続性の観点で企業にとっては致命的になる。そこで役立つのがバックアップ/リカバリー製品だ。その主要ベンダーCommvault SystemsとVeeam Softwareの製品の違いを探る。(2020/6/4)

プライベートクラウドへの移行計画の立て方【後編】
「プライベートクラウド」移行を経営陣に納得させるためにやるべきこと
プライベートクラウドへの移行を実行に移すためには、経営陣の承認を取り付ける必要がある。IT担当者は何をすればよいのか。(2020/6/2)

DXに向けたクラウドデータプラットフォーム、日鉄ソリューションズが提供開始
日鉄ソリューションズは、SnowflakeとLooker、Matillionとパートナー契約を締結した。各社のサービスを連携したクラウドデータプラットフォームは、データを迅速に収集し活用できる状態を実現し、目まぐるしく変化を続ける市場でDXビジネスを迅速にスタートできる。(2020/6/1)

富士通、DX促進に向けてソフトウェアデファインドストレージを販売開始
同社のデータ管理ソリューションは、柔軟なストレージの拡張や管理負荷の軽減、システムのライフサイクル全体を通したコストの削減を実現する。また、ハードウェアに同社のPCサーバを採用すれば、最新の技術を取り入れたストレージ環境を構築できる。(2020/5/29)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【前編】
Googleのクラウドデータベース「Cloud SQL」「Cloud Spanner」とは?
データベース管理システムのコストとパフォーマンスを最適化する手段となり得るのが「クラウドデータベース」だ。Googleが提供する豊富なクラウドデータベースの中から「Cloud SQL」「Cloud Spanner」を取り上げる。(2020/5/21)

プライベート型VDIで中小企業の迅速なテレワーク導入を支援――日立、「かんたんPrivate DaaS支援パック」を提供開始
日立製作所は、新型コロナウイルス感染症拡大防止策としてテレワークの導入を検討している中小企業向けに、プライベートクラウド型のVDI(仮想デスクトップ)サービス「かんたんPrivate DaaS支援パック」の提供を開始した。年間契約を締結した新規顧客は、最大半年間、無償で利用できる。(2020/4/23)

アプリケーションごとに求められる最適なITインフラ選定:
PR:2025年の崖を乗り越えるための切り札になるか? 第三の選択肢「オンプレミス as a Service」が求められる背景とは
2025年の崖を乗り越えるために、ITインフラの刷新が急務になっている。そのような中、オンプレミスやパブリッククラウドなどに続き、第三の選択肢が登場した。(2020/4/13)

スモールスタートと自律運用で高い費用対効果:
PR:DX挑戦企業が求めている「SDS基盤」とは?
データの価値が高まり、その器であるストレージの容量予測はますます困難になった。場当たり的な増強では事業変化への迅速な対応もままならない。必要なサイズで小さく始めて、業務要件に応じて簡単にスケールアウトできるソフトウェア主導のストレージ基盤が登場した。(2020/5/28)

曖昧になるインフラ【後編】
「HCI」と「IaaSのオンプレミス版」のどちらを選ぶべきか?
HCI製品から、パブリッククラウドのソフトウェアやハードウェアをオンプレミス側で運用するアプライアンスまで企業が選択できるインフラは多様になり、境界が曖昧になってきた。どのような観点で選ぶべきなのか。(2020/3/11)

“2025年の崖”に向けたデータ管理環境の整備を:
PR:「本当のDX」を実現するために必要なデータマネジメント、データバックアップの在り方とは
デジタル変革や働き方改革などの取り組みが加速する現在、データマネジメントに対する関心が高まっている。そんな中、東京都内でSB C&Sによるセミナー「Data Management Tech Summit 2020」が開催された。本稿では、データマネジメントの在り方とバックアップ環境の見直しに関する講演の内容をレポートする。(2020/3/6)

特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(2):
コンテナ、サーバレスなどクラウドネイティブに求められる「開発者に優しいセキュリティ」がゼロトラストな理由
コンテナ、マイクロサービス、サーバレス、そしてアジャイル/DevOpsといった、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代に求められる技術や手法を駆使した現在の開発では、どのようなセキュリティバイデザインが求められるのか。(2020/2/19)

パブリッククラウドへの一本化は正しいのか?:
PR:クラウドからオンプレミスへ──最新のITプラットフォームの選び方
企業が目指すべきITインフラの姿はパブリッククラウドに収束するのか? オンプレミスとクラウドの関係は? これらを支えるサーバには何が求められているのか? ニュータニックス・ジャパンが2020年1月に東京で開催した「インビジブルプラットフォームの実現 それはEnterprise Cloudの実現への近道 One Platform. Any App. Any Location.」から、登壇者の講演内容を紹介する。(2020/2/20)

クラウドネイティブ基盤への移行を支援:
5G向けコンテナ型セキュリティ製品「A10 Thunder CFW Container」を提供開始
A10ネットワークスは、5G対応セキュリティ製品「A10 Thunder CFW」のコンテナ版「A10 Thunder CFW Container」を提供開始する。サービスの負荷に応じて、コンテナをスケールアップしたり、スケールダウンしたりできる。(2020/2/17)

マネージドサービスで始めるKubernetes入門(2):
EKSで構築したKubernetesクラスタにアプリケーションをデプロイする
本連載では、AWSが提供するマネージドKubernetesサービスの「EKS」を用いてアプリケーションを公開する方法を紹介。第2回目はEKSで構築したクラスタにアプリケーションをデプロイする方法について。(2020/1/21)

製造ITニュース:
IoTデータ管理向け分散データベースを機能強化
東芝デジタルソリューションズは、少数のサーバ台数でペタバイト級データを管理できる技術を搭載した、ビッグデータ向け分散データベースの機能強化版「GridDB v4.3」の提供を開始した。(2019/12/23)

ハイブリッドクラウドが向かう先【後編】
Microsoft、AWS、Google、VMware、IBMがハイブリッドクラウドで狙うもの
Microsoftはハイブリッドクラウド環境を構築する製品として2017年に「Azure Stack」を投入した。そして2019年、「Azure Arc」を発表した。同社の動きが意味するものとは。(2019/12/19)

AWS re:Invent 2019リポート(3):
AWS re:Invent 2019における、インフラ/データベースに関する大量発表の文脈
Amazon Web Services(AWS)は12月第1週に開催した「AWS re:Invent 2019」で、同社が定義する意味での「値下げ」は発表しなかった。代わりに、インフラ関連では自社開発ハードウェアの活用をはじめ、「あの手この手」でパフォーマンスあるいはコストパフォーマンスを向上させる自社の取り組みをアピールした。(2019/12/18)

特集:マイクロサービス入門(4):
マイクロサービスアーキテクチャにおける「サービス配置」の考え方
マイクロサービスアーキテクチャを用いてシステム開発をする場合、アプリケーションをどのように分割して配置すればいいのか。アプリケーション間の通信はどのような点に留意すべきかを、オイシックス・ラ・大地の川上徹氏が解説します。(2019/12/17)

「コンポーザブルインフラ」4つの疑問【後編】
コンポーザブルインフラを使うべき企業、使ってはいけない企業を分ける条件
サーバ、ストレージ、ネットワークなどのインフラのコンポーネントを必要に応じて構成可能にする「コンポーザブルインフラ」。これが適している用途もあれば、必要のない用途もある。(2019/12/13)

オンプレミスオブジェクトストレージという選択【後編】:
主要オブジェクトストレージサプライヤーと製品の特徴
オブジェクトストレージを選ぶポイントとは何か。オブジェクトストレージに必須の要素とともに、主要サプライヤーとその製品の特徴を紹介する。(2019/12/4)

分散DB「GridDB v4.3」リリース、少ないサーバ台数でもペタバイト級データをミリ秒オーダーで処理可能に
IoTの利用が進むにつれ取り扱うデータサイズも増える。東芝デジタルソリューションズは分散DB「GridDB v4.3」の提供を開始した。(2019/12/3)

データ激増の時代に備えるストレージ戦略とは
ストレージ管理者必見 数年おきのデータ移行を楽にするには
ストレージを利用するとき意外にも負担が大きいのは、人件費を含めた運用コストだ。この運用コストを削減しつつ、激増するデータに合わせてストレージ容量を拡張するために、企業はどう対処すべきなのか。(2019/12/10)

国内企業向け提案事例も:
PR:障害で仮想サーバがダウン……2分でリストアする方法
バックアップをはじめとするデータ管理の領域で革新を起こすべく登場したCohesity。本格的な日本上陸からはまだ日が浅いが、実は日本企業の身近なデータ管理のニーズに応えられる注目製品だ。実際の現場での提案事例から、その実態を探る。(2019/11/25)

セキュリティログ分析基盤活用入門(2):
セキュリティログ分析基盤の設計ポイント、アーキテクチャはどうあるべきか
セキュリティ業務における「ログ」と、その分析基盤の活用について解説する連載。今回は、ログ分析基盤の設計ポイントを、アーキテクチャの観点から紹介します。(2019/12/3)

“最高”のデータベース環境を提供するために:
PR:最高レベルの性能、可用性、セキュリティ、管理性、操作性を提供し続ける「Oracle Exadata」と「Oracle Database」――それぞれの進化のポイント
日本オラクルは2019年9月に発表されたばかりの最新のOracle Exadata「Exadata X8M」と、Oracle Databaseの次期バージョン「Oracle Database 20c」における“進化のポイント”を詳しく紹介した。(2019/11/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。