ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「Red Hat」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Red Hat」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

日本市場に対応したバックアップを提供 ヴィームが製品アップデート状況を解説
ヴィームは事業戦略説明会を開催し、データ保護における4つのトレンドを踏まえて、レッドハットとの協業や自社製品アップデートの最新状況を発表した。(2024/2/14)

無償版「RHEL」が使えなくなる?
「CentOS Linux」の終了だけじゃなく「移行先が決まらない」のが大問題?
Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の無償版である「CentOS」を廃止し、「CentOS Stream」を提供開始した。CentOS Streamに移行する以外の選択肢はあるのか。(2024/1/27)

コンテナイメージも提供開始:
RHEL 9およびUbuntu 22.04上のSQL Server 2022、本番運用が可能に
Microsoftは、最近ダウンロード提供を開始した「SQL Server 2022」の「CU10」(累積的な更新プログラム10)から、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)9およびUbuntu 22.04にデプロイ(展開)したSQL Server 2022上で本番ワークロードを実行できるようになったと発表した。(2023/11/29)

Edge Tech+ 2023:
エッジデバイスをクラウドネイティブにするレッドハット、着々と事例も積み重ね
レッドハットは、「EdgeTech+ 2023」の出展に合わせて横浜市内で会見を開き、同年10月末に一般提供(GA)リリースを開始したエッジデバイス上でのコンテナ運用を可能にする「Red Hat Device Edge」のユーザーやパートナーの取り組みを紹介した。(2023/11/16)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第6回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のセキュリティを比較 独自要件を満たすには?
「Kubernetes」クラスタの運用管理では、セキュリティ対策が不可欠だ。Kubernetesクラスタ管理ツールの「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」には、それぞれどのようなセキュリティ機能があるのか。(2023/11/2)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第5回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のスケーリング機能の違い 何を自動化する?
Kubernetesクラスタの運用においては、負荷状況に応じて適切なリソースを割り当てる必要がある。リソースのスケーリングにおいて、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が提供する機能の違いとは。(2023/10/31)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第4回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のログ機能を比較 具体的な違いは?
自社の要件に合うKubernetesクラスタ管理ツールを選ぶ際には、監視・ロギング機能を比べるのも手だ。「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」がそれぞれ提供する監視・ロギング機能を比較する。(2023/10/27)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第3回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」をデプロイ機能で比較 何が違う?
Kubernetesクラスタの運用管理ツールは、操作の自動化や一元管理などによる省力化が可能だ。アプリケーションのデプロイや管理において「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」はどう違うのか。(2023/10/25)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第2回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」を比較 Kubernetesクラスタ管理の違いは?
「Kubernetes」クラスタの運用管理ツールにはさまざまな選択肢がある。自社の要件に合うツールを選ぶために、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が備える管理機能を学ぼう。(2023/10/23)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第7回】
LinuxベンダーSUSEが脱「販売」に動くしかない“深い理由”
競合Red Hatから新しいCEOを迎え入れたSUSEは、技術開発に注力するとともに、販売体制を一新する。具体的には何をするのか。(2023/10/13)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第5回】
商用Linux「RHELの今後」を左右する“SUSEの真意”とは?
LinuxベンダーSUSEは、ソースコードへのアクセスを限定する競合Red Hatに対して、OSSの基本である「誰でも利用できること」を追求している。理想とビジネスをどうやって両立させるのか。(2023/10/6)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第4回】
SUSEの「RHEL代替品」は“朗報”なのか、野望に終わるのか?
Red Hatの「RHEL」の代替製品を開発し、Linux市場で攻勢を掛けるSUSE。今後の課題になるのは、RHEL代替製品をどう普及させるかだ。同社のCEOとCTOの考えは。(2023/10/3)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第3回】
Red Hatの「RHEL」に不満な人を救うのは“SUSE”か?
新製品開発に注力し、競合Red Hatに果敢に対抗しようとしているSUSE。「全てはユーザー企業のためだ」と語るSUSEのCEOに、取り組みの“理由”を聞いた。(2023/9/29)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第1回】
OSSらしくない「Linuxディストリビューションの矛盾」とは
LinuxベンダーSUSEはアジアで攻勢を掛ける。同社が事業拡大のチャンスとして見るのは競合Red Hatが打ち出した“ある動き”だ。SUSEの新CEOは何を考えているのか。(2023/9/20)

RHEL互換ディストリビューションの開発を促進:
RHEL互換ディストリビューションの開発促進団体「OpenELA」設立 CIQ、Oracle、SUSEの3社
CIQ、Oracle、SUSEの3社は、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)互換ディストリビューションの開発を促進する業界団体「Open Enterprise Linux Association」(OpenELA)を設立する。(2023/8/16)

「クラウドとオンプレミスの融合」を進めるDell【中編】
「Dell APEX Cloud Platforms」は“クラウドかオンプレか”論争の先を見据える
ハイブリッドクラウドの実現を容易にするために、Dell TechnologiesがMicrosoftやRed Hat、VMwareとの協業で提供するサービス群が「Dell APEX Cloud Platforms」だ。どのようなサービスで構成されているのか。(2023/8/7)

Tech TIPS:
【Azure】AlmaLinuxの仮想マシン(VM)を作成する際の注意点(CentOS7代替)
Red Hat Enterprise Linux 7の互換OSである「CentOS Linux 7」のサポートが2024年6月末に終了する。その移行先として有力な候補の1つである「AlmaLinux」を、Azureの仮想マシンにインストール(デプロイ)する際の注意点を説明する。(2023/8/3)

Herokuの「代替PaaS」を比較【第6回】
Herokuを有償化でやめるなら「Red Hat OpenShift」無償プランが選択肢に?
Red Hatは検証用に「Red Hat OpenShift」の無償プランを用意している。この無償プランは、Salesforceが廃止した「Heroku」無償プランの代わりになるのか。(2023/7/21)

OracleがRed Hatを批判 RHELクローンOSへの非難について「競合を減らして儲けようとしているのでは」
米Red Hatが取ったRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のソースコードの一般公開を事実上終了させる措置と、それに伴う声明に対し米Oracleが反論。クローンOSを切り捨てる目的は競合を減らして儲けを増やすためではないのか、と指摘した。(2023/7/12)

RHELソースコードの代替的な入手方法も紹介:
Rocky LinuxがRed Hatを批判 「GPLで保証された権利の行使を妨害」
Red Hatによる「RHEL」のリリース方針変更を受け、「Rocky Linux」プロジェクトの主催団体が見解と対応方針を声明として発表した。(2023/7/4)

「RHELクローンOSは、付加価値の乏しい便乗製品」と主張:
「RHEL」のリリース方針変更で業界ざわつく Red Hatは反論
Red Hatが「RHEL」関連のソースコード公開に関する変更を発表したことを受け、同社に怒りや批判が多数寄せられた。これに対し、同社幹部は公式ブログで反論を展開した。(2023/6/30)

Red HatがクローンOSベンダを非難 「付加価値もなくコードをリビルドするだけなら、それはオープンソースに対する脅威だ」
Red Hatが、「Red Hat Enterprise Linux」(以下RHEL)のクローンOSを提供しているベンダを「オープンソースに対する脅威だ」と非難するブログを公開。一連の経緯をまとめた。(2023/6/28)

顧客やパートナーは従来通りアクセス可能:
Red Hat、RHELのリリース方針を変更 「CentOS Stream」のリポジトリが唯一の公開場所に
Red Hatは、「CentOS Stream」が今後、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)関連のソースコードを公開する唯一のリポジトリになると発表した。(2023/6/26)

エッジコンピューティング:
「Red Hat Device Edge」は2023年9月に正式リリース、ABBが「Edgenius」に採用
レッドハットが米国開催の年次イベント「Red Hat Summit 2023」で発表した同社製品の新機能について説明。製造業関連では「Red Hat Device Edge」のアップデートや、大手産業機器メーカーであるABBとシーメンスによる取り組み事例などを紹介した。(2023/6/8)

製造業DX:
PR:組み込み開発はどうすればクラウドネイティブを取り込めるのか
組み込み開発エンジニアにとって、Webアプリケーション開発で活用されているクラウドネイティブは畑違いとも言えるものだった。しかし、デジタル技術の進化とハードウェアの性能向上によって状況は変わりつつある。レッドハットとマクニカの担当者に、組み込み開発はどうすればクラウドネイティブを取り込めるのかについて語ってもらった。(2023/5/22)

67%が「セキュリティの懸念でクラウドネイティブの導入を遅らせた」:
「アドオン」ではなく「組み込み型」に Red Hatがクラウドネイティブセキュリティに関するレポートを発表
Red Hatは2023年4月18日、「The State of Kubernetes Security for 2023」(Kubernetesのセキュリティに関するレポート)を公開した。それによると、企業のKubernetes採用率は上がっているが「それに見合ったセキュリティ投資になっていない」という。(2023/5/8)

IT老舗のRed Hatが成長戦略を発表 “25”という数字の先にあるクラウドビジネスとは
ハイブリッドクラウド市場での競争が激化する中で、Red Hatは何を主軸にビジネスを展開していくのか。未来を見据えた事業戦略を同社日本法人の岡社長が語った。(2023/4/28)

組み込み開発ニュース:
オムロンとの協業を深化させるレッドハット、今後の成長は“エッジ”にあり
レッドハットが2023年度の事業戦略を説明。同社は中長期の成長に向けて産業機器や車載機器などのエッジにおけるビジネスの基盤構築に注力しているが、その代表的なパートナーになっているのがオムロンだ。(2023/4/27)

エッジコンピューティング:
オムロンが産業用PCをクラウドネイティブへ、「Red Hat OpenShift」の採用で
レッドハットは、オムロンが産業用PC向けに開発を進めている「仮想化制御プラットフォーム」のPoC(概念実証)のコンセプトモデルに、Kubernetesプラットフォーム「Red Hat OpenShift」が採用されたと発表した。(2023/2/28)

2025年には本格展開へ:
Red Hat OpenShiftをオムロンが採用、コンテナアプリケーションから産業用制御機器をリモートで操作
Red Hatはグローバルで、オムロンによるRed Hat OpenShiftの採用を発表した。OpenShift上のコンテナアプリケーションから産業用制御機器を操作する事例は、今回が世界初だという。日本法人のレッドハットはこの事例を活用し、国内のOTおよびエッジの世界への取り組みを強める。(2023/2/27)

Red HatがSAPと提携拡大、SAPのサービス基盤や社内実践の支援に技術者派遣も
Red HatがSAPとのパートナーシップを拡大する。Red Hat Enterprise Linux上のRISE with SAPソリューションの各種ワークロードに対するサポートを拡大して、SAPユーザーのRed Hat Enterprise Linux採用拡大を狙う。(2023/2/8)

まず仮想マシン、BYOLでスタート:
Oracleクラウド上でRed HatのLinuxを共同サポート、Oracleは幅広い選択肢とコスト効率をアピール
OracleとRed Hatが、OCI上でのRHELの動作を共同でサポートする取り組みを開始した。現時点では仮想マシンとして使えるが、今後はベアメタルサーバでの利用に対応する。Oracleは、Red Hatを信頼するユーザーの取り込みを図る。(2023/2/7)

OracleとRed Hatの協業拡大がもたらす4つのメリット
OracleはRed Hatとの協業拡大を発表した。同社によれば、今回の協業には4つのメリットがあるという。それは一体何か。(2023/2/3)

オラクルとRed Hatが戦略的提携 「Red Hat Enterprise Linux」をOracle Cloudが正式サポート、ハイブリッドクラウド構築など容易に
OracleとRed Hatが戦略的提携。Red Hat Enterprise LinuxをOracle Cloudが正式にサポートする。(2023/2/2)

企業で広がるOpenShift導入、でも課題は残る:
OpenShiftだけでは解決できない「Kubernetesの課題」 解決の鍵は?
コンテナやKubernetesの活用に取り組む企業の間で人気が高いプラットフォームの一つに「Red Hat OpenShift」がある。このプラットフォームを自社の要件に合った形で安心して利用するにはどうすればいいのか。(2023/1/23)

元VMware幹部や元Red Hatのリーダーを幹部に迎え入れてFinOpsに本気 Apptioの思惑
FinOpsへ注力する企業が増えている。Apptioは今回、元VMware幹部や元Red Hatのリーダーなどを採用し、FinOps製品を提供するCloudwiryを買収した。両社は今回の買収をどのように捉えているのか。(2023/1/16)

サポートは2032年までの10年間:
「RHEL 9」互換、無償の「MIRACLE LINUX 9」提供開始 CentOS移行支援も提供
サイバートラストは、「MIRACLE LINUX 9」の提供を開始した。「Red Hat Enterprise Linux 9」との互換性を備えたLinuxディストリビューションで、2032年11月までパッケージアップデートやセキュリティパッチを提供する。(2022/11/2)

エッジコンピューティング:
レッドハットがエッジ市場に本格参入、「Red Hat Device Edge」を展開
エンタープライズ向けLinuxディストリビューション大手のレッドハット(Red Hat)が、エッジコンピューティング市場に本格参入する。「KubeCon+CloudNativeCon North America 2022」において、産業機器向けにコンテナアプリケーションを柔軟にデプロイするソリューション「Red Hat Device Edge」を発表したのだ。(2022/10/28)

IBMがストレージ基盤をRed Hat OpenShift Data Foundationと統合 事業体制も一元化へ
IBMがハイブリッドクラウドの運用を前提にストレージ製品の提供体制を刷新する。Red Hatのストレージ製品との連携を強化してKubernetesプラットフォーム市場にIBMの技術を訴求するとしている。(2022/10/14)

VMwareラグラムCEOに聞く買収の真実【第4回】
OpenShiftの牙城を崩す? ヴイエムウェアCEOが語る「VMware Tanzu」の強みとは
VMwareは、市場で勢いを増すRed HatやNutanixなどの競合ベンダーについてどのように考えているのか。VMwareのCEO、ラグー・ラグラム氏に聞いた。(2022/10/11)

ドコモ、オープンRANの普及に向けた仮想化基地局を追加へ
NTTドコモはオープンRANの普及に向け、海外の通信事業者のニーズに応えるべく検証環境に新たな構成の仮想化基地局を追加。日本電気、レッドハット、Hewlett Packard Enterpriseの協力のもと、システム性能と電力効率の向上を図る。(2022/9/29)

DXをバズワードにしないインフラ:
IBMとRed Hatが実践する「ハイブリッドクラウド戦略」の全貌
市場の急激な変化や多様化する顧客のニーズに迅速かつ的確に対応することが企業の課題となっている。IBMとRed Hatが手を組んで実践する「オープン・ハイブリッドクラウド戦略」はその解決策になるのか。全貌を紹介する。(2022/9/15)

IT企業デスクツアー:
レッドハット日本法人で働くみんなのデスク環境 外資系クラウド企業を支える机を写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニア、デザイナーなどがどんな環境で働いているかチェックする。今回はレッドハットで働く人のデスク周り。(2022/8/15)

「Cloud Operator Days Tokyo 2022」セミナーレポート#2:
上司ブロックを回避、Red Hatが教える「運用自動化に理解のある上司」の作り方とは
Cloud Operator Days Tokyo 2022のセッション「IaCやCIに理解のある上司になる(なってもらう)には」にてRed Hatの中島倫明氏は、運用自動化に理解のない上長に“運用自動化の重要さ”を理解してもらうコツについて紹介した。(2022/7/27)

エグゼクティブ対談:
PR:Red HatとMicrosoftが本音で語る「挑戦し続ける開発現場を作るには」
企業のビジネスを下支えする開発部門が挑戦し続ける体制でなければ、新たな価値は生まれない。今の開発現場に足りないものは、一体何か。開発のエキスパートが語り合った。(2022/7/11)

アクセンチュアとRed Hatが戦略的パートナーシップ拡大 4つの領域でソリューションを共同開発
Red Hatとアクセンチュアは、戦略的パートナーシップを拡大する。4つの領域でソリューションを共同開発し、企業のハイブリッドクラウドへの移行を支援する。(2022/5/27)

Red Hat OpenShift on AWSを活用:
IBMのソフトウェアをAWS上のSaaSとして提供、IBMとAWSが提携
IBMのソフトウェアが、AWS上でサービスとして提供される。IBMがAWSと戦略的な協業の合意をしたと発表した。これらのソフトウェアは「Red Hat OpenShift on AWS」上で稼働する。(2022/5/12)

Automotive Grade Linuxとの関係を聞いた:
Red Hatは車載用Linuxを開発中、GMは2023年から投入のプラットフォームで採用
Red Hatは車載用Linuxを開発中だ。米自動車メーカーGeneral Motorsは、これを車種横断の車載プラットフォームUltifiのベースとして採用する。(2022/5/12)

コンテナ基盤のハードルを下げる:
レッドハットの2022年度、DXコンサルティングの強化と値下げで垂直、水平の市場拡大狙う
レッドハットが2022年度の事業戦略を発表した。組織文化の変革やアジャイル人材の育成で、顧客企業との関わりを深める一方、通信基盤やエッジの市場開拓に注力する。また同社は、興味深い値下げをしたことを明らかにしている。(2022/4/15)

組み込み開発ニュース:
産業用PCの“CentOS難民”を救え、サイバートラストとコンテックが協業
サイバートラストとコンテックは、コンテックのFA向けコンピュータ「VPC-5000シリーズ」において、サイバートラストが提供するRHEL(Red Hat Enterprise Linux)クローンのLinux「MIRACLE LINUX 8.4」をプリインストールした新製品を開発したと発表した。同年4月中旬から受注を開始し、順次出荷する予定。(2022/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。