レビュー
» 2012年03月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:事例に見る「仮想スイッチを活用した大規模ネットワーク構築」

総合商社の双日が実施した、ネットワークスイッチの大規模な更新事例。仮想スイッチによるアクティブ−アクティブ構成のネットワーク冗長化や構成の簡素化、拡張性の確保など、示唆に富む事例となっている。

[PR/ITmedia]

 総合商社の双日は、イーサネットスイッチの段階的な更新による複数世代製品の混在、機器の老朽化やサポート切れへの対応といった課題を抱えていた。この問題を解決するため、同社は複数ベンダーのスイッチで徹底した事前検証を実施。こうして選ばれたのが、ジュニパーネットワークスの「EX4200シリーズ」および「EX2200シリーズ」だった。

 双日が重要なインフラとしてジュニパー製品を選択した理由とは何か。同社製品の特徴である、複数のスイッチを1つの論理システムとして運用できる「バーチャルシャーシ機能」のメリット、用途とは何か。双日が実施した、ネットワークの可用性を高める機器構成とは。

 本ホワイトペーパーにより、大企業のネットワーク構築の貴重な事例やジュニパー製品の特徴を知ることができる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -