ニュース
» 2012年03月13日 10時03分 UPDATE

Nokia、Windows 8タブレットを年内発売か――DIGITIMES報道

NokiaがWindows 8搭載のARMベースの10インチタブレットを第4四半期にリリースすると、DIGITIMESが台湾の部品業者の話として伝えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 フィンランドのNokiaが米Microsoftの次期OS「Windows 8」搭載のタブレットを第4四半期(10〜12月)にリリースすると、台湾のニュースメディアDIGITIMESが3月12日(現地時間)、情報筋の話として伝えた。

 DIGITIMESによると、このタブレットは米QUALCOMMのデュアルコアプロセッサを搭載し、画面サイズは10インチになるという。

 Windows 8は、NVIDIA、QUALCOMM、Texas Instruments(TI)が提供するARMベースのシステムで動作する。米Hewlett-Packard(HP)や米Dellが、第3四半期(7〜9月)にWindows 8タブレットを発売予定であることを認めている

 DIGITIMESは、部品業者からの情報として、Nokia製タブレットの製造は台湾のODM(相手先ブランドによる設計・製造メーカー)であるCompal Electronicsが受託し、最高20万台が初期ロットとして登場すると伝えている。

 MicrosoftとNokiaは2011年4月にWindows Phoneの開発で提携を結んでおり、Nokiaは既にWindows Phone搭載スマートフォンを数モデル発売している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -